フランチェスカの家_キッチン間取りとインテリア@マディソン郡の橋


映画やドラマやCMで、
素敵なインテリア空間をみると、、
つい、間取りを描きたくなってしまうワタシ。。。

何度も繰り返し観た映画なら、なおさらのこと!

以前から、ずーーーっと気になっていた...
映画「マディソン郡の橋」の、、フランチェスカの家の、、
キッチン間取りを描いてみました!☆


francesca's kitchenmadori_iihi.jpg

( ↑↑ 画像をクリックすると、PDFが開いて、大きく観ることができます^^)

映画「 マディソン郡の橋 」

( ↑ ウィキペディアにリンクしますので、
   映画の詳しいコトはこちらでどうぞ...♪)

前にカバードポーチの記事でも触れたことがありますが、、
なぜかずっと好きな映画で、年に一回は見直して涙しています...(^_^;)

Storyが展開していく舞台は、フランチェスカの家。

物語の内容は割愛しますが、、
印象的ないくつかの場面があります。。

この間取りを描いてみたくなるほどまでに、
心動かされたのは、、以下の場面。。

 ロバート・キンケイドと、土砂降りの交差点で最後のお別れの場面。。
( もーー涙なしでは観られない... )

 帰宅したフランチェスカが、家族に気付かれないよう、、
 キッチンのラジオをかけ、家事室の片隅みで、声を殺して泣くシーン。。

とても、、印象的でした。。
そう、、オンナはそうやって泣くんです。。^^;
( 恋愛ごとじゃなくても... )

なんだか、、
雨の別れの場面と共に、
グッとココロに響きました。。

そっかぁ...
家族をもつ女性がひとりになれる場所...って、
キッチンやパントリーや家事室なんだなぁ。。
と...思ったのを覚えています。。

サラリーマンの頃、、設計した家の奥さまが、
なるべく開放的なキッチンを希望されていましたが、、
でも一人でそっと籠れるところも欲しい...と...
小さなパントリーを設けた間取り(過去ブログへリンク)
を考えたコトが有りました。。

その奥さまの意図は違うかもしれませんが、
この映画を観て、なるほどと思った次第。

初めて映画を観た当時は私はまだ22歳。

駆け出しのド素人で、
プランなんてまだまだやらせてもらえなかった頃、、
住宅に関する知識もあまり無かったけど、、
フランチェスカの家は、
インテリアも間取りも、ずーーっと気になって、、
ビデオを買って、ストーリー以外の目的でも何度か観ていました。。(^_^;)

18年もの長い間(...もうそんなになるのか!驚!)ずーーーーーーっと、、
気になっていた間取りを描くことが出来て、すっごいスッキリ~!!!!^^

( 色々やるコト多々なのに ><; この性格... ワレナガラアキレマス... )

欧米の家って、、
広いキッチンの一角に、小さなテーブルを置いてあり、
家族の食事は、そこを使うことが多く、、
フォーマルなメインダイニングは別に広い部屋があります。。

フランチェスカの家も、こんなスタイルですね♪

イタリアンオペラ( 歌曲かな?)を 聞きながら、、
踊るような軽やかな足取りで、
このキッチンで料理するフランチェスカ。。

パントリーには、保存食の瓶が並べられ、、
キッチンの奥行の浅いL型に設えられた棚には、
調味料やクックブックなどが素敵に飾られていたり...

インテリアに目を凝らして観ていると、、
良妻賢母...暮らしゴトをキチンと整えている感が、、
とってもよく表現されています♪


間取りを描きながら、、インテリアもチェック♪

▽ キッチンインテリア...基調な色は、、イエロー...黄色☆

 羽目板の腰壁、、モールディング(付け柱など)、、
 窓のロールスクリーン...カフェカーテン(黄色とホワイトのストライプ)、、
 ダイニングセット等につかわれています!


▽ キッチンインテリア...挿し色は、、グリーン☆

 少しくすみが入ったカントリーインテリア独特のペールグリーン系が多かったかな、、
 カップボード、、コンソールテーブル、、カウンター天板、、
 パントリー入口のチェックカーテン、、キッチン小物などに使われていました~

Youtubeのリンクを貼らせていただきますね^^
気になる方は、、DVDでもチェックしてみてくださーい♪



このフランチェスカの家、、
1965年のアメリカが舞台なので、
その当時の典型的な住宅様式が見て取れます。

最近DVDを買って、
メイキングを観て知ったのですが、、
この家、、セットじゃないのです!!

実際のアイオワ州にある古い廃屋だった農家を、
映画を撮るために、改修したそうで、、
全てのシーンを此処で撮影したのだとか!!

映画美術さんってスゴイですね~
インテリアコーディネートかつデコレート...
ホントに暮らしている感を作りあげてしまうのですから...☆

カントリースタイルが好きな方には、、
とっても参考になりそうなフランチェスカの家。

あっ、先日UPした丘の家の玄関網戸も、、
実は、私、参考にしました。。
カントリースタイルではないですが...
応用効きますね~(^_^;)

映画のインテリアって家づくりにも活きてきます♪

他にも、インテリアも好きで間取り的に気になる映画はたーーーくさん!!

超...個人的な趣味の世界ですが、、
呆れずに、またお付き合いいただけると嬉しいデス^^

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 間取りのヒント「小さな家のパントリー付キッチン」 」
「 カバードポーチのある家~マディソン郡の橋_フランチェスカの家~ 」
「 「かもめ食堂」の空色インテリア 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2483s.jpg
  • shouse_aoto_collage (1).jpg
  • YorkshireNight20170615s.jpg
  • 20180426-P4260099s.jpg
  • shousecollage1s.jpg
  • DSC03062s.jpg
  • R9110005s.jpg
  • DSC_9173s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年6月
  2. 2018年5月
  3. 2018年4月
  4. 2018年3月
  5. 2018年2月
  6. 2018年1月
  7. 2017年12月
  8. 2017年11月
  9. 2017年10月
  10. 2017年9月
  11. 2017年8月
  12. 2017年7月
  13. 2017年6月
  14. 2017年5月
  15. 2017年4月
  16. 2017年3月
  17. 2017年2月
  18. 2017年1月
  19. 2016年12月
  20. 2016年11月
  21. 2016年10月
  22. 2016年9月
  23. 2016年8月
  24. 2016年7月
  25. 2016年6月
  26. 2016年5月
  27. 2016年4月
  28. 2016年3月
  29. 2016年2月
  30. 2016年1月
  31. 2015年12月
  32. 2015年11月
  33. 2015年10月
  34. 2015年9月
  35. 2015年8月
  36. 2015年7月
  37. 2015年6月
  38. 2015年5月
  39. 2015年4月
  40. 2015年3月
  41. 2015年2月
  42. 2015年1月
  43. 2014年12月
  44. 2014年11月
  45. 2014年10月
  46. 2014年9月
  47. 2014年8月
  48. 2014年7月
  49. 2014年6月
  50. 2014年5月
  51. 2014年4月
  52. 2014年3月
  53. 2014年2月
  54. 2014年1月
  55. 2013年12月
  56. 2013年11月
  57. 2013年10月
  58. 2013年9月
  59. 2013年8月
  60. 2013年7月
  61. 2013年6月
  62. 2013年5月
  63. 2013年4月
  64. 2013年3月
  65. 2013年2月
  66. 2013年1月
  67. 2012年12月
  68. 2012年11月
  69. 2012年10月
  70. 2012年9月
  71. 2012年8月
  72. 2012年7月
  73. 2012年6月
  74. 2012年5月
  75. 2012年4月
  76. 2012年3月
  77. 2012年2月
  78. 2012年1月
  79. 2011年12月
  80. 2011年11月
  81. 2011年10月
  82. 2011年9月
  83. 2011年8月
  84. 2011年7月
  85. 2011年6月
  86. 2011年5月
  87. 2011年4月
  88. 2011年3月
  89. 2011年2月
  90. 2011年1月
  91. 2010年12月
  92. 2010年11月
  93. 2010年10月
  94. 2010年9月
  95. 2010年8月
  96. 2010年7月
  97. 2010年6月
  98. 2010年5月
  99. 2010年4月
  100. 2010年3月
  101. 2010年2月
  102. 2010年1月
  103. 2009年12月
  104. 2009年11月
  105. 2009年10月
  106. 2009年9月
  107. 2009年8月
  108. 2009年7月
  109. 2009年6月
  110. 2009年5月
  111. 2009年4月
  112. 2009年3月
  113. 2009年2月
  114. 2009年1月
  115. 2008年12月
  116. 2008年11月
  117. 2008年10月
  118. 2008年9月
  119. 2008年8月
  120. 2008年7月
  121. 2008年6月
  122. 2008年5月
  123. 2008年4月
  124. 2008年3月
  125. 2008年2月
  126. 2008年1月
  127. 2007年12月
  128. 2007年11月
  129. 2007年10月
  130. 2007年9月
  131. 2007年8月
  132. 2007年7月
  133. 2007年6月
  134. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ