在来木造は以外とフレキシブル_間取りを変える木造戸建てハーフリノベ着工中!@鴻巣の家

shouse4-20151114.jpg

木造戸建てハーフリノベが着工しております!
リフォームにしては規模が大きいので、ハーフリノベーション。
場所は、埼玉県鴻巣市。

築21年、在来木造住宅。
ご夫婦ふたりのお住まいです。

☑ 台風シーズンになると雨漏りすること
☑ 外装を一度も手を入れていないのでそのメンテナンス
☑ 将来1階だけで暮らせるように...間取り動線の変更

が、主なご要望。

既存の柱・壁の移設など、
間取りの変更を伴うリフォーム。

これ...なかなか難しいと思われがちですが、
'在来木造' って、
割合 フレキシブルに対応できるということ...
以外と皆さんご存知ないのかもしれません。。



2×4工法やハウスメーカーのパネル式工法は、
一般的に間取りの変更は難しい...と云われています。

比べると、梁と柱で組み上げている '在来木造' は、
抜いた柱の部分を、梁を架け替えて補強することが可能。

筋交いが入っている '耐力壁' も、
違う場所に入れ直すことも出来ます。

勿論、構造チェックで全体のバランスを確認して、
補強することが大前提ですが...!!


さてさて、鴻巣の家...

既存間取りの使い勝手ですが、
キッチンは広いけれど、
リビングダイニングと離れているのが使いにくかったそう。

↓ 独立型キッチン。

shouse2-20151114.jpg

雨漏りと結露がひどいこと以外は、
本当にきれいに使っていらっしゃったので、
手を加えるのが勿体ない位。。

でも、いずれ加齢した際に、一階だけで暮らせるよう、
今回、間取りまで手を加えることになったのです。。

LDKを一体にして、水廻りへの動線も整理。

↓ 柱・壁を抜いた箇所を梁補強。

shouse20151114.jpg

工事途中なので、ガチャガチャしていますが...(^_^;)
お伝えしたいのは、梁部分のトコロ。

補強方法は、現場によって異なりますので、
リフォーム・リノベーション計画の際には、
設計者に構造を良く検討してもらって、
抜ける壁抜けない壁 を見極めるようにしてくださいね。。

あと、
雨漏りで、構造体への影響を懸念したところも、
大丈夫そうなので...ホッとしました。

shouse9-20151114.jpg

原因は、バルコニー笠木と雨戸戸袋周りの納まりの悪さ。
今回、補修する箇所になります。

↓ キッチン食器棚裏、結露による劣化。

shouse3-20151114.jpg

キレイに丁寧にお住まいでも、
やはり、こういう劣化はあるのですよね。。

リフォーム・リノベーションに際しての、
素材づかい・設備選びなど、、
また今度、ご紹介出来たらいいなぁと思います。

戸建リノベーションは、どこまで手を加えるべきか...
その都度、、本当に悩みます。。。。。。。。。


どの施主さんも限られた予算ですし、
あまりやり過ぎると、
新築でいいじゃない...ということにもなる。。

「 予算と内容のバランス 」
...これを、よくよく話合える信頼関係を築けるか...


あと、やはり価値観を共有できることも大切。
何が正解って無いけれど、
やっぱり、分かり合えた方が佳き結果となるから。。

リフォームに限ったことではないですが、
家づくりにおいて、
これ、ホント、つくづく大切なことだと痛感しています。


↓ ご主人DIYのキッチンワゴン。

shousewagon2015.jpg

Sさんの家の至るところに、
こんな風に手づくりされたモノがあって、
愛されている家なんだなぁと感じられたのも、
お請けしたいと思った理由のひとつでした^^


実は、Sさんとのご縁、Sさんの娘さんが繋いでくださったのです。

先日現場での打ち合わせの時、初めてお聞きしたのですが、
娘さんがいいひブログをご存じで、ご両親に紹介くださったとのこと。。

嬉しかったです(*^_^*)

ブログへのUPも聞きそびれていたのですが、
お聞きすると快くご了承くださいました。
本当にありがとうございます<(_ _)>

もうひとつ...
少々我が家から遠い鴻巣市でも、お請けできるかなぁと踏み切ったのは、
北本の家 を手掛けてくださった タカサン建築さんがいらしたから。

やはり、リフォームは、一見の工務店さんでは難しいと思うので。。

今回は、工事開始とほぼ同時に、
実にタイムリーに、圏央道のインターが開通したので、
空いていれば車で一時間ちょっと。ラッキーでした!!

鴻巣の家は、年内に内部は完成...の予定。

横浜でも、来月からマンションリノベーションが始まります!
こちらも、実に共通項が多い施主さんなのですが...
川べりの家 の工務店さんがいらしたからお請けできた次第。^^

施主さんから得たご縁のお蔭で、
また新たにご縁が広がってゆく...

感謝だなぁとつくづく感じます。。

ライトコートのある 文京の家 も、
確認申請が下りて、来月から本格着工。

色々イロイロ頑張ります!!!!!!!!!!!!!



  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)


最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログ はこちらから♪ ≫
久しぶりに更新しました!(>_<)
「 (ほぼ)365日カメラが好き♪猫ときどき花・旅 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 住宅医学びの備忘録_高齢者の家、住宅改修設計視点 」
「 猫と暮らす家♪_自然素材のマンションリフォーム 」
「 いいひの設計実例_Vol.2 第二の人生を愉しむ家K邸リノベーション 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20170207-DSC_2780s.jpg
  • DSC05310s.jpg
  • 20170126-R1260445s.jpg
  • R2130031s.jpg
  • 20170125-R1250268s.jpg
  • R2050002s.jpg
  • 20170128-R1280196s.jpg
  • 20170126-R1260379s.jpg

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ