10年分の過去記事からピックアップ!_いいひブログを通して伝えたい想いを改めて。

R6130788ss.jpg

家での暮らしを愉しむこと...

朝の光が差し込むキッチン♪
ベランダで満開だったジャスミンを活けて...パチリ☆

先の旅、パリアパートメントでのひとこまですが、
そんなコトが、つくづく大好きな私です(*^-^*)

旅記事や千石の家竣工PHOTOもUPしたいのですが、
今日は、この記事をUPさせてくださいm(__)m

スタートから丸10年の、いいひブログを通して、
設計者としての価値観や、家づくりの気付きなどを、
独立してから、書き溜めてきました!

家づくりがスムーズか、否か。
家づくりという人生においての大事業に向き合って、
成功する方たちばかりではないこと。。

大っぴらに裏側は話せないけれど、
私自身の経験から役立つんじゃないかなぁということを、
綴ってきたつもりでした。


いいひにご依頼くださる施主さんとの出合いは、
この いいひブログ からが殆どでしたので、
価値観を共有してくださる方々が多かったです。

価値観を共有できる方との家づくりは、
本当に有難く仕合わせなこと!!!!(*^-^*)

また直接の施主さんではなくても、
読者の方々から心のこもったメールやコメントを頂戴して、
共感し合える仕合わせを得られました。。

そう...
生きていてヨカッタなぁと思えるような想いを、
お仕事を通じて...ブログを通じて...
得させていただいていることに、改めて感謝しております。。

日々のお仕事を通じても、気づきは多々。
同じことを繰り返しているようでも、都度、得られることはあります。

それを記事にしようかと思うこともありますが、
一度記事で伝えたことを何度も繰り返すこともはばかられ、
記事にしないことが最近多かったです。。

でも、伝えたいことは伝えたい。。

過去記事まで遡ってくださる方々ばかりではないから、
これは伝えたい!!!って、改めて思う記事を、ピックアップ。

前置きが長くなってしまいましたが、
読んでいただきたい記事一覧です!!

いつかひとつにまとめますが、それまでの繋ぎとして...(^_^;)
リンクをはった記事タイトルの下に、コメントも追記しました。

どうか、どうか...
伝わりますように。。。

「 愛されていない家愛されている家 」
→ 家づくりでは、向き合う決め事の度に、'こだわり'が生まれるもの。
でも、それは、本当に必要ですか?何か大切なことを見失っていませんか?

家づくりの渦中にいる方にこそ、読んでいただきたい記事です。

「 満足できる家_家づくりのバランス感覚 」
→ 会社員時代から数えると200軒以上の方々との家づくりを経験して、
残っている エッセンス( 家づくりの捉え方 )を、記事にしました。
家づくりに向き合っていると、その場面場面で突き詰めて考えますが、
バランスが取れていないと、オカシナ家になってしまいます。。。
「 木をみて森を見ず 」にならないように...という願いを込めて。。

「 家づくりの過程で大切なふたつのこと_前向きなアロマ♪ 」
→ 仕事人生史上最大の苦しく辛かった家づくりを通して得たこと。
家相や暦を大切にするあまり、がんじがらめな条件・要望。
どう好意的にみてもオカシナ設計。
それに対して、当然納得感を得られないままの施主さんと、
家づくりを進めた結果に起こったこと...
今、思い出しても、胃がキリキリ痛むくらい...(>_<)

目先の事情...(賃貸の更新、子供の進学都合など)が何とかなるなら、
納得感を得られなかったら、一度立ち止まりましょう。
「 急がば回れ 」って大切なことです。。

「 家づくりの取捨選択と「人の眼」 」
「 沢山の"好き"から、たったひとつのカタチを。」
→ 取捨選択の難しさは、家づくりをする誰もが経験すること。

色んなことを欲張ってしまいがちだけれど、
最終的には、自分のココロ...芯の部分が、よろこぶモノを選んでほしい。。

「 シンプルな暮らし_機械設備の寿命とメンテの時期 」
→ 何十年と時を経た家の現状を観る・知る機会が多いのが、このお仕事。
当時最新の設備を導入した家でも、
壊れてしまってそのままってことが結構あるのを目撃しています。

設備の更新、外部の補修等々、持ち家に住む以上、メンテナンスが必須。
意外と忘れていることが多いので...知っていただきたく、UPした記事。

「 家づくりの時大切なことって何?_晩秋の静かな時に。 」
「 夕焼けの詩「家を建てるなら」 」
→ 家族の意見が合わない...
家づくりをする時に、意外と自分の敵は身内だったなんてこと、あります。

それが一番キツイことかもしれませんが、
本来、家って、家族が仲良く暮らせることが一番大切。
家づくり渦中にいる時って、そんな根本すら忘れてしまう位、
家族同士で意地を張ってしまうときがあるけれど、
お互いを思いやる気持ちがあれば、何か打開策が見つかるはずです(^^)v

「 家づくりのパートナー選び_信じ合う心 花言葉を添えて♪ 」
→ 人生も家づくりも、平坦なコトばかりではありませんよね。
予期せぬトラブルが起こった時、
意見が合わない時、意図が伝わらない時、
お互いを信じて乗り越える努力が必要な場面も出てくるかもしれません。

自分自身の経験を踏まえて、プロとお付き合いする術みたいなものも...

「 家の記憶 '続'最後から二番目の恋 最終回に。 」
→ 愛される家って、こんなだよね。
本来、家って一世代で終わるものじゃなかった。
便利に快適にということも勿論大切だけれど、
それは暮らし方の工夫なんかで何とかなるもの。
本当に大切なコトって、こんなことかも...と、思っています。

「 家の記憶 」
→ 私自身の 家 の原点がここにあります。

以上。

そして、最後に、いいひブログのキャッチコピー♪

「 家 」での「 暮らし 」を心地よく過ごせたら、
人生の少なくとも、1/3 は幸せ。

今日UPした記事は、全てここに繋がります(*^-^*)

共感し合えてつくった家は、
やっぱり佳き家...愛される家だなぁって思うから。。

日々学びですので、また気づきはUPいたしますが、
ブログを始めて丸10年が過ぎた今、
改めて伝えたいエッセンス...

どうぞ、届きますように...(*^-^*)



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

Comments [2]

いい日さま

だいぶ前に、家作りで悩んでいるときにコメントして、励まされるメールをいただいたものです。
家作りってこんなにも大変なんだと知った作り始め。
そこでめげそうでしたが、その後腕の良い無口な大工さんに家を作っていただくことができました。完成してみれば最低限のものしか付いていないシンプルな我が家でしたが、自分達の身の丈に合った小さな、でも落ち着く家になりました。住み始めて一年が経ち、主人が庭で作ってくれる野菜を家族みんなで美味しいと食べれたり、家を建てている時から巣を作ってくれたツバメが今年もまた巣立ってくれ、汚れよりも来年も来てくれるかなーという思いになれる大好きなお家となっています。
いいひさんの今回のブログをみて過去の記事を読み、改めて家作りは住み始めてから始まるのだな。と再確認しました。
これからもブログ楽しみにしています!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • e513a1c671cb811a099c9d9734600e1cd190277a.jpg
  • R9099799s.jpg
  • nhousekigokorogardens.jpg
  • Jasmine-le-matin-de-Paris-s.jpg
  • 20171103-DSCF1191s.jpg
  • 20171031-RA310116s.jpg
  • 20171009-DSC00360s.jpg
  • 20170612-IMG_0766s.jpg

アーカイブ

  1. 2017年11月
  2. 2017年10月
  3. 2017年9月
  4. 2017年8月
  5. 2017年7月
  6. 2017年6月
  7. 2017年5月
  8. 2017年4月
  9. 2017年3月
  10. 2017年2月
  11. 2017年1月
  12. 2016年12月
  13. 2016年11月
  14. 2016年10月
  15. 2016年9月
  16. 2016年8月
  17. 2016年7月
  18. 2016年6月
  19. 2016年5月
  20. 2016年4月
  21. 2016年3月
  22. 2016年2月
  23. 2016年1月
  24. 2015年12月
  25. 2015年11月
  26. 2015年10月
  27. 2015年9月
  28. 2015年8月
  29. 2015年7月
  30. 2015年6月
  31. 2015年5月
  32. 2015年4月
  33. 2015年3月
  34. 2015年2月
  35. 2015年1月
  36. 2014年12月
  37. 2014年11月
  38. 2014年10月
  39. 2014年9月
  40. 2014年8月
  41. 2014年7月
  42. 2014年6月
  43. 2014年5月
  44. 2014年4月
  45. 2014年3月
  46. 2014年2月
  47. 2014年1月
  48. 2013年12月
  49. 2013年11月
  50. 2013年10月
  51. 2013年9月
  52. 2013年8月
  53. 2013年7月
  54. 2013年6月
  55. 2013年5月
  56. 2013年4月
  57. 2013年3月
  58. 2013年2月
  59. 2013年1月
  60. 2012年12月
  61. 2012年11月
  62. 2012年10月
  63. 2012年9月
  64. 2012年8月
  65. 2012年7月
  66. 2012年6月
  67. 2012年5月
  68. 2012年4月
  69. 2012年3月
  70. 2012年2月
  71. 2012年1月
  72. 2011年12月
  73. 2011年11月
  74. 2011年10月
  75. 2011年9月
  76. 2011年8月
  77. 2011年7月
  78. 2011年6月
  79. 2011年5月
  80. 2011年4月
  81. 2011年3月
  82. 2011年2月
  83. 2011年1月
  84. 2010年12月
  85. 2010年11月
  86. 2010年10月
  87. 2010年9月
  88. 2010年8月
  89. 2010年7月
  90. 2010年6月
  91. 2010年5月
  92. 2010年4月
  93. 2010年3月
  94. 2010年2月
  95. 2010年1月
  96. 2009年12月
  97. 2009年11月
  98. 2009年10月
  99. 2009年9月
  100. 2009年8月
  101. 2009年7月
  102. 2009年6月
  103. 2009年5月
  104. 2009年4月
  105. 2009年3月
  106. 2009年2月
  107. 2009年1月
  108. 2008年12月
  109. 2008年11月
  110. 2008年10月
  111. 2008年9月
  112. 2008年8月
  113. 2008年7月
  114. 2008年6月
  115. 2008年5月
  116. 2008年4月
  117. 2008年3月
  118. 2008年2月
  119. 2008年1月
  120. 2007年12月
  121. 2007年11月
  122. 2007年10月
  123. 2007年9月
  124. 2007年8月
  125. 2007年7月
  126. 2007年6月
  127. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ