サヴォア邸、再訪!光とコルビジェの色づかい_2017年初夏/旅の記録⑰

Villa-Savoye_collage-.jpg

パリ、コルビジェ巡りの午後は晴天なり(*^-^*)

素敵なものに、たーーくさん出合えるパリだけれど、
パリに行ったなら、コルビジェ巡りをしよう!!

どぉ?と聞くと、珍しく...(笑)
夫との意見がぴったり合った旅程。
( と、云っても、ふたつしか行けませんでしたが... )

私だけ2011年に訪ねていて、
夫とも一緒に見たかったので...再訪です!!

パリ滞在最終日、午前中は、、
夫、ROME通りにある楽譜屋さん...
私、ラスパイユのビオマルシェ...
と、お互いに好きなところへ行き、パリを満喫。

アパートメントで合流して、、
サヴォア邸のあるパリ郊外のPoissyという街へ♪

前回に続き、
2017年初夏、フランス~イギリスを巡った、旅の記録Vol.⑰ です!!


アパートメントからサヴォア邸までは、
電車を乗り継いで、1時間10分くらい。

Odéon駅でメトロに乗って、RER(高速郊外鉄道)に乗り換え。
Poissy(ポワシー)駅下車。
駅から、バスで、15分位。

↓ ポワシー駅ホーム。

DSC08324s.jpg

2011年にスピカさんとも訪ねた時も、
どのバスなのかウロウロしていると、
サヴォア邸詣でする日本人が多いせいか?
地元の方が親切に教えてくれ、
すぐにバス停が分かりました!(今回も)

けれど、バスだと待ち時間を入れて30分以上かかりそう。

今回、私達には時間が無く...
( もうひとつ、ラ・ロシッュ=ジャンヌレ邸を、どぉしても観たいから^^;)
次のバスを待つより、先を急いだ方が賢明だなぁと判断し、Uberを呼んで、待つこと3分。

ピッカピカのベンツが現れました。
モチロン、冷房完備で快適!(^^)v

車だと、10分かからずに到着します。

↓ サヴォア邸前の通り。

DSC08325s.jpg

↓ サヴォア邸のサイン。

DSC08326s.jpg

↓ 敷地を進んでいくと、道沿いの木立の向こうに、サヴォア邸。

20170613-DSC08417s.jpg

この木々たちの木蔭...
鳥たちがさえずり...

パリの喧騒が嘘のようで♪(*^-^*)

20170613-DSC08329s.jpg

暑い日だったのですが、日蔭に入ると、嘘のように心地よかったなぁ。

↓ 配置図。

20170613-DSC08420s.jpg

まず、外周をぐるり。

20170613-DSC08332s.jpg

教科書で習ったコルビジェ。
連続した横長窓...ピロティの上に浮かぶ箱。

20170613-DSC08331s.jpg

↓ 上手に撮れていませんが、
↓ 動画も宜しかったらどうぞ♪



当然、初めて出合う方が、感動も強いわけで...
夫が飽きずに眺めていました。

20170613-DSC08414s.jpg

「 ハイハイ時間が無いよー 」と、
ガイドさんのように彼を促し内部へ。

20170613-DSC08389s.jpg

↑ 美しいらせん階段。
↓ 伸びやかに二階へといざなうスロープ。

20170613-DSC08333s.jpg

光と影の美しさにうっとり。

1d7a6727d86c9a4252af00178d90c8e9071b95f2.jpg

DSC08401s.jpg

↓ リビング。

20170613-DSC08337s.jpg

テラスに向かって大きく開かれて...

20170613-DSC08340s.jpg

テラスにも、横長の開口が連なり、
周囲の緑を切り取る額縁のよう。。

↓ テラスからリビング方向。

20170613-DSC08404s.jpg

家との繋がりがあり、
緑と空を感じられる空間って、
堪らなく好きだなぁ(*^-^*)

いつかもしも自分達の家を建てる時が来たら、
ゼッタイに、インテリアとアウトドアの中間...緩衝地帯として、
屋根付きテラスとかカバードポーチとかを設けたいなぁと妄想。

↓ 屋上庭園へと続くスロープ。

20170613-DSC08376s.jpg

スロープ前の開口に真っ青な空が臨めます。

此処に佇んだ感覚を...

別荘として建てられたこの建築。
家に居ながらにして、緑と空と繋がれるような、
非日常として愉しめる仕掛けを意図したのかなぁと、感じました!

↓ 目の前に立つと、こんな景が広がります。

20170613-DSC08382s.jpg

今は学校のグラウンド、
その向こうにセーヌ川が臨めますが、
その昔は森とセーヌ川だけだったのでしょうね。

↓ 屋上庭園。

20170613-DSC08378s.jpg

↓ スロープを見下ろして。

20170613-DSC08379s.jpg

↓ 下へ戻って、主寝室に繋がるバスルーム。

20170613-DSC08365s.jpg

タイルで造られた寝椅子。
その向こうに水色のタイルづかいの浴槽。

天窓からの光が美しい♡

20170613-DSC08361s.jpg

今、公開されている映画...
「 ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 」
を、スピカさんと観に行った折、知ったのですが、
サヴォア邸は、雨漏りで施主に訴えられたり...
住み心地的にはあまり良いものでは無かったそう。

美しさと相反する悩ましい問題ですねぇ。。。

そして、この映画を観ると、
人物像としてのコルビジェって...??と、
疑問符が沢山浮かんできてしまいます。(^_^;)

↓ 洗面方向から浴槽と寝椅子を臨む。

20170613-DSC08362s.jpg

↓ キッチン。

DSC08345s.jpg

すべすべの白いタイル天板♡

20170613-DSC08342s.jpg

横長に切り取られた窓から臨める緑と空が美しい。

20170613-DSC08343s.jpg

二回目の訪問でも変わらず心惹かれたのは、
光と影が作り出す陰影。
そして、インテリアの色づかい。

↓ 特に好きな色がこの青色。

20170613-DSC08350s.jpg

↓ 部屋の入口の真上に天窓。

20170613-DSC08386s.jpg

そこからの光が、

R6130878s.jpg

より、この廊下を美しく見せて...

20170613-DSC08387s.jpg

↓ こちらも。。美しいですよねぇ。

20170613-DSC08368ss.jpg

↓ 2011年に訪ねた時の写真。

R8185013_originals.jpg

↓ 色づかいがホント美しい(2011年の写真)

R8184994_originals.jpg

当時のは、心なしか床が新しくみえます。

↓ 今回の旅での、床の写真。

20170613-DSC08352s.jpg

このくらいの古びた質感も大好き♡

たまにサンディングして、
フローリングをよみがえらせるのでしょうか。
それが叶うのは、
無垢の木ならではのことですよね(*^-^*)

この家は、別荘として、1931年竣工。

その後、戦争で接収され、廃墟になりかけたりしたこともあったそう。
建築的価値が認められて、財団で管理運営され、一般に公開。
様々な歴史を経てもなお私達がこうして訪ねることが出来てヨカッタな。

↓ 当時の映像が流されていました。

R6130885s.jpg

この家での暮らしが伺え、
興味深く見入ってしまいました。

↓ 動画もアップしてみました。



途中から撮ってしまったので、見辛いですよね。
スミマセン(^_^;)

20170613-DSC08355s.jpg

下りるのは、階段で。

20170613-DSC08336s.jpg


20170613-DSC08384s.jpg

ホントに美しい螺旋。

↓ 売店。

DSC08391s.jpg

↓ オリジナルグッズやポストカードなど。

20170613-DSC08397s.jpg

↓ 扇子までありました。

20170613-DSC08398s.jpg

ここはチラリと観るだけに。

↓ ゲストブック。

20170613-DSC08390s.jpg

日本語のメッセージもありました!

私達も来て良かった!
ありがとうございます(*^-^*)

名残惜しいけれど、次があるので、出発。

けれど、あまりにも良いお天気のお散歩日和。

Uberは時間がかかりそうで、調べると歩いても20分位。
セーヌ川も近そうだったので、
川辺に出て駅まで歩こうということになりました!

↓ 住宅街で家ウォッチング♪

20170613-DSC08424.jpg

↓ ポプラの木の向こうに、教会が。。

20170613-DSC08428s.jpg

↓ ポワシーの、ノートルダム大聖堂らしいです。

20170613-DSC08427s.jpg

り、立派ですー(^_^;)

DSC08435s.jpg

↓ 中へお邪魔してみました。

20170613-DSC08432s.jpg

美しいですねーー(*^-^*)

20170613-DSC08434s.jpg

モダニズム建築を観た後で、
伝統建築の素晴らしさも堪能。

↓ 駅に近付いた頃、川辺が見えてきました!

R6130865s.jpg

公園もあるみたいで、かなり良さそうでしたが、
ジャンヌレ邸もどうしても行きたいので、
此処は諦めて、ポワシーを後にしました。

サヴォア邸もさることながら、
街歩きも、ホント楽しかったなぁ(*^-^*)

次回も、コルビジェ巡り。
パリJasminにある、ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸へ♪

今回も、長い記事、最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございました(*^-^*)

→ 2011年に訪ねた際の記事 ↓ ↓
「 フランスの色_コルビジェ巡り旅のお土産 」

↓ サヴォア邸の位置情報。



→ コルビジェ財団HPは こちら から♪
→ ヴィラ・サヴォア こちら から♪


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC01033s.jpg
  • 20150312-DSCF1178S.jpg
  • 20170613-DSC08329s.jpg
  • RC010151s.jpg
  • inagehousecollages.jpg
  • e513a1c671cb811a099c9d9734600e1cd190277a.jpg
  • R9099799s.jpg
  • nhousekigokorogardens.jpg

アーカイブ

  1. 2017年12月
  2. 2017年11月
  3. 2017年10月
  4. 2017年9月
  5. 2017年8月
  6. 2017年7月
  7. 2017年6月
  8. 2017年5月
  9. 2017年4月
  10. 2017年3月
  11. 2017年2月
  12. 2017年1月
  13. 2016年12月
  14. 2016年11月
  15. 2016年10月
  16. 2016年9月
  17. 2016年8月
  18. 2016年7月
  19. 2016年6月
  20. 2016年5月
  21. 2016年4月
  22. 2016年3月
  23. 2016年2月
  24. 2016年1月
  25. 2015年12月
  26. 2015年11月
  27. 2015年10月
  28. 2015年9月
  29. 2015年8月
  30. 2015年7月
  31. 2015年6月
  32. 2015年5月
  33. 2015年4月
  34. 2015年3月
  35. 2015年2月
  36. 2015年1月
  37. 2014年12月
  38. 2014年11月
  39. 2014年10月
  40. 2014年9月
  41. 2014年8月
  42. 2014年7月
  43. 2014年6月
  44. 2014年5月
  45. 2014年4月
  46. 2014年3月
  47. 2014年2月
  48. 2014年1月
  49. 2013年12月
  50. 2013年11月
  51. 2013年10月
  52. 2013年9月
  53. 2013年8月
  54. 2013年7月
  55. 2013年6月
  56. 2013年5月
  57. 2013年4月
  58. 2013年3月
  59. 2013年2月
  60. 2013年1月
  61. 2012年12月
  62. 2012年11月
  63. 2012年10月
  64. 2012年9月
  65. 2012年8月
  66. 2012年7月
  67. 2012年6月
  68. 2012年5月
  69. 2012年4月
  70. 2012年3月
  71. 2012年2月
  72. 2012年1月
  73. 2011年12月
  74. 2011年11月
  75. 2011年10月
  76. 2011年9月
  77. 2011年8月
  78. 2011年7月
  79. 2011年6月
  80. 2011年5月
  81. 2011年4月
  82. 2011年3月
  83. 2011年2月
  84. 2011年1月
  85. 2010年12月
  86. 2010年11月
  87. 2010年10月
  88. 2010年9月
  89. 2010年8月
  90. 2010年7月
  91. 2010年6月
  92. 2010年5月
  93. 2010年4月
  94. 2010年3月
  95. 2010年2月
  96. 2010年1月
  97. 2009年12月
  98. 2009年11月
  99. 2009年10月
  100. 2009年9月
  101. 2009年8月
  102. 2009年7月
  103. 2009年6月
  104. 2009年5月
  105. 2009年4月
  106. 2009年3月
  107. 2009年2月
  108. 2009年1月
  109. 2008年12月
  110. 2008年11月
  111. 2008年10月
  112. 2008年9月
  113. 2008年8月
  114. 2008年7月
  115. 2008年6月
  116. 2008年5月
  117. 2008年4月
  118. 2008年3月
  119. 2008年2月
  120. 2008年1月
  121. 2007年12月
  122. 2007年11月
  123. 2007年10月
  124. 2007年9月
  125. 2007年8月
  126. 2007年7月
  127. 2007年6月
  128. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ