ノスタルジックな洋館

IZUMO.jpg

↑ 写真は、一年前出雲へ旅した時に、出会った建物。

こんなテイストの日本人がつくる洋館って、素敵。
何とも言えない味があって、本当に、好きです。

出来た当時は、違った風合いだったのでしょうか??

でも今の少し朽ちた感じもシャビーで素敵。。

オレンジ色の瓦、、羽目板の剥げたペンキ、、
白いペンキを塗った木製の窓や建具、、

この何とも言えない折衷具合がイイですよねー。

旅の途中だったので、
詳しい建物の由来を調べてこなかったのが失敗。。

IZUMO2.jpg  

こちらは集会所だと思います。。

昔の小学校って、こんな感じでしたねー。

ノスタルジック。。
古びてもなお、味わいの残る建物。。

これからも残ってほしいです。

私が子供時代過ごした小学校校舎の床も無垢の床板で、、、
毎日の雑巾がけで磨きこまれてトロ~ンと黒光り。。

その感触や木を拭くときの匂い。。
今でも五感が覚えているな~。。懐かしい!!

昔の知識人が建てた住宅...
和洋折衷な洋館風の家って一番好きかも。

そんな家を好むお客様がいらしたら、つくってみたいな~(笑)。

今日で三月も終わりですねー。早~い。。
さあ、、新しい月に向け、、、頑張っていきましょうね!!

まずは無事に三月を過ごせたことに感謝して。。。(出美)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

Comments [2]

こんにちは!

初めてコメントさせていただきます

洋風の外観と瓦って結構マッチするんですね。
宮崎駿の世界観をイメージできます。。

尾澤様

尾澤さんこんにちは!コメントありがとうございます~!!
そうですねーー。昔の洋館の和と洋のバランス具合って絶妙!
宮崎駿さんが描く家って、この良さを表現されていますよね。
それにしても家事で焼失したトトロの家、、時を経た家でかつ住む人に愛されてきた家にしかない良さを思うと残念でなりません。。。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC01033s.jpg
  • 20150312-DSCF1178S.jpg
  • 20170613-DSC08329s.jpg
  • RC010151s.jpg
  • inagehousecollages.jpg
  • e513a1c671cb811a099c9d9734600e1cd190277a.jpg
  • R9099799s.jpg
  • nhousekigokorogardens.jpg

アーカイブ

  1. 2017年12月
  2. 2017年11月
  3. 2017年10月
  4. 2017年9月
  5. 2017年8月
  6. 2017年7月
  7. 2017年6月
  8. 2017年5月
  9. 2017年4月
  10. 2017年3月
  11. 2017年2月
  12. 2017年1月
  13. 2016年12月
  14. 2016年11月
  15. 2016年10月
  16. 2016年9月
  17. 2016年8月
  18. 2016年7月
  19. 2016年6月
  20. 2016年5月
  21. 2016年4月
  22. 2016年3月
  23. 2016年2月
  24. 2016年1月
  25. 2015年12月
  26. 2015年11月
  27. 2015年10月
  28. 2015年9月
  29. 2015年8月
  30. 2015年7月
  31. 2015年6月
  32. 2015年5月
  33. 2015年4月
  34. 2015年3月
  35. 2015年2月
  36. 2015年1月
  37. 2014年12月
  38. 2014年11月
  39. 2014年10月
  40. 2014年9月
  41. 2014年8月
  42. 2014年7月
  43. 2014年6月
  44. 2014年5月
  45. 2014年4月
  46. 2014年3月
  47. 2014年2月
  48. 2014年1月
  49. 2013年12月
  50. 2013年11月
  51. 2013年10月
  52. 2013年9月
  53. 2013年8月
  54. 2013年7月
  55. 2013年6月
  56. 2013年5月
  57. 2013年4月
  58. 2013年3月
  59. 2013年2月
  60. 2013年1月
  61. 2012年12月
  62. 2012年11月
  63. 2012年10月
  64. 2012年9月
  65. 2012年8月
  66. 2012年7月
  67. 2012年6月
  68. 2012年5月
  69. 2012年4月
  70. 2012年3月
  71. 2012年2月
  72. 2012年1月
  73. 2011年12月
  74. 2011年11月
  75. 2011年10月
  76. 2011年9月
  77. 2011年8月
  78. 2011年7月
  79. 2011年6月
  80. 2011年5月
  81. 2011年4月
  82. 2011年3月
  83. 2011年2月
  84. 2011年1月
  85. 2010年12月
  86. 2010年11月
  87. 2010年10月
  88. 2010年9月
  89. 2010年8月
  90. 2010年7月
  91. 2010年6月
  92. 2010年5月
  93. 2010年4月
  94. 2010年3月
  95. 2010年2月
  96. 2010年1月
  97. 2009年12月
  98. 2009年11月
  99. 2009年10月
  100. 2009年9月
  101. 2009年8月
  102. 2009年7月
  103. 2009年6月
  104. 2009年5月
  105. 2009年4月
  106. 2009年3月
  107. 2009年2月
  108. 2009年1月
  109. 2008年12月
  110. 2008年11月
  111. 2008年10月
  112. 2008年9月
  113. 2008年8月
  114. 2008年7月
  115. 2008年6月
  116. 2008年5月
  117. 2008年4月
  118. 2008年3月
  119. 2008年2月
  120. 2008年1月
  121. 2007年12月
  122. 2007年11月
  123. 2007年10月
  124. 2007年9月
  125. 2007年8月
  126. 2007年7月
  127. 2007年6月
  128. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ