愛するモノを永くつかうこと_愛車ラシーンをリフォーム♪

Rasheen0.jpg
保守的なのかもしれませんが、
普遍的なデザインに惹かれます。。
( ↑ 私の愛車ラシーンと、大好きだった追分の家 )

基本的に飽きないヒトなので、
お気に入りの靴や鞄は、同じモノをふたつ買うこともある。。
( カメラもお気に入りがあると、2台買ってしまおうかと思います )

斬新さとか、、目新しさとかより、
質実剛健な雰囲気とか、機能美というか、、
普遍性のあるそんなモノに惹かれます。

私の愛車は日産ラシーン。。
平成7年の車なので、、もう16歳。。
今存在する車のなかで、未だに愛してやまないデザインです。

初めてラシーンを知ったのは、
20代前半のまだまだ駆け出しで、とても貧乏な頃。。(笑)
テレビでドラえもんを起用したラシーンのCMを見たときから、、
私が乗る車は、絶対ラシーン!と決めていました。

車を持つときの選択肢は、憧れていたラシーンしかなかった。
その頃は、ラシーンは製造中止で、もう中古でしか手に入らず、、
お客さまで、自動車修理工場のK社長に探していただいて、出合った車。
乗り始めて早8年以上になるでしょうか。
途中、故障もせず、、全国色んなところを一緒に旅した車です♪

今は工具やレベルなどを積んでおり、すっかり現場CAR。
走行距離も10万キロを超え、さすがに古くなってきたので、
エコカー減税の時、買換えも考えたのですが、、
スクラップにされてしまうのも忍びなく、、
また、ワタシも、他に乗りたい!と思う車もない。

最近は忙しくって、可愛がってあげる機会も減りましたが、、
やはり愛すべき車、、変わらずいいなぁと思える車なのです。
( このキモチ、、分かる方は分かってくださいますが、、
                ??な方も多いようですね 笑 )

同じカタチでエコな新車があったら、、
と考えますが、現実にはありません。
古びないデザインのモノを永くつかうことが性に合います。
なので、この際、車のリフォームをしようかと迷っています。

前向きにリフォーム検討中なワタシですが、
ネットで情報を集めると、、ラシーンって未だに人気があるんですね!
それも、、老若男女問わず、、ハマるヒトにはハマるみたい。。

↓ こんな、ラシーン専門店さんもありました☆ 
( ラシーンの魅力について語られてます♪ 画像をクリックするとリンクしまーす )
blooom.jpg
あと、なんと、2009年にラシーン本が出てるし、、(!)
デザイン開発にまつわる本も出ていた。。 ↓ ↓

日産ラシーン (エンスーCARガイド) 日産ラシーン (エンスーCARガイド)
エンスーCAR本「STRUT」

三樹書房 2009-03-09
売り上げランキング : 43293

Amazonで詳しく見る
byG-Tools

日産ラシーンのデザイン開発―前例のない開発手法に見るこれからのモノ作り 日産ラシーンのデザイン開発―前例のない開発手法に見るこれからのモノ作り
坂口 善英

三樹書房 2011-04
売り上げランキング : 50581

Amazonで詳しく見る
byG-Tools

もちろん、↑この2冊は、購入してしまいました。

中身はK自動車さんにきちんとメンテナンスをしてもらっていますが、、
私自身、こだわっているようでこだわっていないヒトですし、、
マメじゃないので、他のところは純正仕様のままです。

でも今回は、、
板金塗装で色を変えて、、静かでエコなタイヤに変えて、、
スピーカーを変えて、、出来れば中のシートも何とかして、、
気分一新!!!したい!!

でも、今回色々いじっても、
もしエンジンが先に往かれてしまったらどうしよう…
そんな心配も有ります。

聞くと、リビルト品のエンジンにも載せ替えることも出来るし、
車体さえシッカリ手入れして乗っていたら、後10年以上は大丈夫そう。
確かにネットを調べると、、20万キロは余裕で行けそうだとも。。

K社長いわく、、
「  家と同じですよ。メンテして大切に乗れば、持ちますよ 。
  車も本望じゃないのかなぁ 寿命まで乗ってあげれば。。」
そうよね~~!!と、スイッチが入ってしまったワタシ。

余談ですが、、K社長宅もリフォームしていたし、、
愛してもらっている家なんですよね~。。設計者として嬉しい☆

あぁ、、でも、おバカかなぁ。。
、、でも、、多分してしまうんだろうなぁ。。
スイッチ入ると止まらないこの性格。

今までは白ラシーンでしたが、、
ドラえもんブルーと云われる青いくすんだトタン色か、、
杉並の家の玄関ドアのオリーブグリーンっぽい色か、、
落ち着いたアイボリー、、象牙色もいい。。
、、迷います。。

そんなラシーンを見かけたら、
いいひCARかもしれません(笑)


夏に向け負けない心身になるべく、マジメにリセット中。
またウッカリ貯めこんだ家のなかのつかわないモノ達を処分し、、
壊れているモノを修理し、、使わないモノはリサイクル。
心身の不調も、片付けが進んでいくうちに戻ってきたよう。。

車リフォームもその一環。
晴れやかな自分になれるようガンバリマス。

と、、、
家の話題から遠のいていますね。。
でもでも、、普遍的なデザインって素敵♪、、というのは、
きっと家にも通じることだと思うのです。


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 好きなもの欲しいもの沸点 」

Comments [16]

オリーブグリーンぽい色、良いのではないでしょうか?オススメです(笑)
内装で、シートを淡いベージュ、象牙色?皮製な雰囲気が思い浮かびました‼

さとかた様

ご無沙汰しております♪

杉並の家のオリーブグリーンに会うまでは
ドラえもんブルーが絶対だったのです。
あの色はホントに素敵ですよね~

象牙色の皮製な雰囲気のシートというのも素敵です!!
しっかりイメージングして決めたいと思います☆
コメントありがとうございました♪

いいひさん、こんにちは♪

私もこの時代のラシーン大好きです。
社会人になって、初めて車を買う時、ラシーンも候補にあがりました。(けど、当時の私には買えませんでした。。。)

なんとなく、いいひさんとは、設計の趣向は違うのかもしれませんけども、物の見方・考え方に自分と同じものを(勝手ながら)感じます!
(似て非なる古民家再生同業者にはむしろ私は嫌気がさしていまして・・・ぶつぶつ)

ラシーンのリフォーム!
そのお気持ちわかります!
(私も今、14年落ちの車をまだ乗ってまして、今、いろいろ悩んでいるところでした)
 
実は、私の知人に、クラシックカーに乗っている大工さんがいて、その人の話を聞いていると、案外、新車を買うのと同じくらいで乗れるように修理できちゃったり、ハイブリッドでもないのに意外と燃費がかからないとこが判明したりして、クラシックカーを乗れるようにするのと、私の目指すところの古民家再生と、なんだか通じるものがあるなーって、一人もやもやと考えているところでした。
  
いいひさんの物を大事にする気持ち
気にいったものはずっと使い続ける
ホント共感ですー

(私も小学生5年生の時に買ったマグカップ、まだ使っています☆)

kaori様

こんばんは♪
お返事遅くなってしまい申し訳ございません。
コメント、嬉しく読ませていただきました!!
ラシーン好きなんて、すごーく嬉しいですし、、
kaoriさんのような素敵な方に共感していただけたこと、
と~っても嬉しかったです☆

似て非なるもの…ということってありますね。
それだったらば、似ずとも同じものを感じ合えることは
生きていく上でとても仕合せなことなのかもしれない。。
kaoriさんのコメントを読みながらそう思いました。

クラシックカーについても、なるほど!
kaoriさんの目指す民家再生の家づくりと通じるものがあるという行、、
とても理解できましたよ~。

また、お近くにクラッシックカー好きな方がいらっしゃるとは羨ましい。
私もそんな方のお話色々聞いてみたいです~

何もかもが新しく進化することばかりが大事なの??
最近そんなことばかり考えてしまいます。

kaoriさん、いつかゆっくりお会いしてお話したいですね~♪

お久しぶりです
毎回楽しく読ませていただいております(笑)
ラシーン、坪木さんのアンテナに触れてしまいましたね!
とことんカスタムしちゃいましょう!
家を買う前、68年式のビンテージカーに乗っていたので今の国産なら全然大丈夫です!エンジン、ミッション乗せ換え楽勝です。
そのうちボディーだけラシーンで中身は電気自動車作りましょう!

jin様

こんばんは!!
コメントありがとうございます♪

>そのうちボディーだけラシーンで中身は電気自動車作りましょう!

すごーい!それこそ理想ですね(笑)
車好きのjin様、今度色々教えてくださいねーー

休憩中に、何気なく"ラシーン""デザイン"で検索したらこちらにたどりつきました。
過去の記事のようで、今更のコメントすみません。
滅多に最近話題で聞かないのでうれしくてつい。
我が家はサンドベージュで、10万超えましたので遠出はなるべく避けてますが、出来る事ならずっと乗り続けたい車です。
復刻すりゃあいいのになんて、日々思ってますが、無いでしょうねえ。
大変失礼致しました。。

はじめまして。
その後、ラシーンは乗られていますか?

私はエンジンにトラブル発生で、リビルト品を探すも見つからず、買い替えを余儀なくされそうなので悲しみにくれながら検索していてこの記事にめぐりあい、コメントしてしまいました。

こんにちは♪ はじめまして♪♪
突然失礼します
ラシーン大好きな1960年代生まれなものです
『大好き』ばかりに囲まれて暮らしていけることに感謝しています・・・
もちろん今もラシーンは乗っています(*´艸`*)
後ろは狭いし、燃費は悪いし、税金も高いし
『うんうん♪そうそう♪』とうなずきながら読ませていただきました
古民家・縁側・土間という文言に吸い寄せられます
家も車も人もペットも、想いが詰まっているとキラキラしますね♪

はじめまして。僕もラシーンオーナーです。乗る機会が少なく維持費がかかる上に去年は運転中に2回も動かなくなっり、そろそろ寿命かな・・・
と今月末でラシーンを手放す予定なのですが、とても切なくて色々検索してると、こちらのブログに辿り着きました。
20年経っても本当に良いデザイン!と思います!可愛いけどカッコ良さもオシャレさもある車・・・
僕はドラえもんブルーのラシーンに乗っています。手放す前に一眼レフ持っていろんなとこに行ってラシーンの写真を撮りまくっています!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • R2180039s.jpg
  • DSC_8311s.jpg
  • DSC_1968s.jpg
  • corrinacorrina-s.jpg
  • 20180121-DSC01654s.jpg
  • Maison-La-Roche-collage2.jpg
  • 20180130091812_00001ss.jpg
  • 20180121-DSC01675s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年2月
  2. 2018年1月
  3. 2017年12月
  4. 2017年11月
  5. 2017年10月
  6. 2017年9月
  7. 2017年8月
  8. 2017年7月
  9. 2017年6月
  10. 2017年5月
  11. 2017年4月
  12. 2017年3月
  13. 2017年2月
  14. 2017年1月
  15. 2016年12月
  16. 2016年11月
  17. 2016年10月
  18. 2016年9月
  19. 2016年8月
  20. 2016年7月
  21. 2016年6月
  22. 2016年5月
  23. 2016年4月
  24. 2016年3月
  25. 2016年2月
  26. 2016年1月
  27. 2015年12月
  28. 2015年11月
  29. 2015年10月
  30. 2015年9月
  31. 2015年8月
  32. 2015年7月
  33. 2015年6月
  34. 2015年5月
  35. 2015年4月
  36. 2015年3月
  37. 2015年2月
  38. 2015年1月
  39. 2014年12月
  40. 2014年11月
  41. 2014年10月
  42. 2014年9月
  43. 2014年8月
  44. 2014年7月
  45. 2014年6月
  46. 2014年5月
  47. 2014年4月
  48. 2014年3月
  49. 2014年2月
  50. 2014年1月
  51. 2013年12月
  52. 2013年11月
  53. 2013年10月
  54. 2013年9月
  55. 2013年8月
  56. 2013年7月
  57. 2013年6月
  58. 2013年5月
  59. 2013年4月
  60. 2013年3月
  61. 2013年2月
  62. 2013年1月
  63. 2012年12月
  64. 2012年11月
  65. 2012年10月
  66. 2012年9月
  67. 2012年8月
  68. 2012年7月
  69. 2012年6月
  70. 2012年5月
  71. 2012年4月
  72. 2012年3月
  73. 2012年2月
  74. 2012年1月
  75. 2011年12月
  76. 2011年11月
  77. 2011年10月
  78. 2011年9月
  79. 2011年8月
  80. 2011年7月
  81. 2011年6月
  82. 2011年5月
  83. 2011年4月
  84. 2011年3月
  85. 2011年2月
  86. 2011年1月
  87. 2010年12月
  88. 2010年11月
  89. 2010年10月
  90. 2010年9月
  91. 2010年8月
  92. 2010年7月
  93. 2010年6月
  94. 2010年5月
  95. 2010年4月
  96. 2010年3月
  97. 2010年2月
  98. 2010年1月
  99. 2009年12月
  100. 2009年11月
  101. 2009年10月
  102. 2009年9月
  103. 2009年8月
  104. 2009年7月
  105. 2009年6月
  106. 2009年5月
  107. 2009年4月
  108. 2009年3月
  109. 2009年2月
  110. 2009年1月
  111. 2008年12月
  112. 2008年11月
  113. 2008年10月
  114. 2008年9月
  115. 2008年8月
  116. 2008年7月
  117. 2008年6月
  118. 2008年5月
  119. 2008年4月
  120. 2008年3月
  121. 2008年2月
  122. 2008年1月
  123. 2007年12月
  124. 2007年11月
  125. 2007年10月
  126. 2007年9月
  127. 2007年8月
  128. 2007年7月
  129. 2007年6月
  130. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ