家づくりの流れ

1,お問合せ

お問合せフォーム、または電話(03-3648-5711)、
またはFAX(03-3648-5712)でお願いいたします。
メールでの家づくりや間取りに関する相談は、無料で行っておりますので、お気軽にどうぞ!

next

2,ご面談・ご要望シートの記入

ご面談では、家づくりへのご要望をヒアリングさせていただきます。
ラフプランをご依頼される方にご要望シートをお渡ししております。
ご家族構成、どんな家にしたいのか等を、アンケート形式で答えていただくものです。
ご要望シートを記入くださることによって、より良いプランをご提案したいと思っておりますので、ご協力ください。

next

3.現地調査依頼シートの記入

※敷地の大きさ、道路の幅、建蔽率、容積率、現地の現況を調べます。
お客様で分かる情報があれば、ご提示くださるようご協力をお願いしております。

next

4,ラフプラン作成→初回お打合せ

初回お打合せとなります。
ヒアリング・ご要望シートに基づいて作成したファーストプランを持って
初回お打合せ をさせていただきます。
ラフプランがあることによって、家づくりへの様々なご希望、夢、
それを叶えるための予算 など具体的にお話をすることができます。
また、色々とお話するなかで、私共とお客様の相性の良し悪しもご確認いただけます。
※ラフプランと初回お打合せまでは、無料とさせていただきます。
プランをご覧いただき、相性が合わないと感じられたらお気兼ねなくキャンセルして下さい。

next

5.基本設計依頼・資金計画

正式に、弊事務所へ基本設計の依頼をしていただきます。

設計事務所と建てる家づくりでは、
この時点で建築工事費の具体的な金額をご提示することは出来ません。

ご予算に合わせ、最大限コストパフォーマンスの良い家の間取りと仕様を
打合せしてまとめていくことが基本設計になります。

十分に練りあげた基本設計がいい家づくりの要となります!

施主さんが、頭のなかで描いている夢の家を、
現実にするためには、つくり手に伝えるための図面が必要です。
十分な打合せを重ねます。

同時に、総額予算の資金計画書を作成いたします。
工事費、設計・工事監理費、概算諸費用(税金・引越し代・式典費・保険代など)
家づくりにかかる総費用を設計者と施主がお互いに把握するためです。
ありがちなことなのですが、夢ばかりが大きくなり、
いざ見積もりをとってみたら予算オーバーで、夢が半減・・・。
そうならないためにも、全体予算をにらみながら
ご要望の取捨選択をしながら基本設計を進めていきます。

6,施工者へ見積依頼

施工者さんとお客様も、永いお付き合いになります。
お客様の家を現実にカタチにしてくださる大切な立場の施工者さんを選定し
これまでにまとめた設計図書を施工者(工務店)に見積を依頼します。

next

7,見積監理

施工者より提示された見積内容に落ちがないか、適正コストかどうかをチェックします。
予算調整のためコスト削減になるようなVE案(減額案)などもご提示いたします。
金額を最終的に調整し、建築工事費をまとめていきます。

next

8,実施設計(設計契約)

基本設計を基に、更に踏み込んだ実施設計をいたします。

-実施設計内容(2階建ての場合)-
配置図、平面図、立面図、断面図、矩計図、平面詳細図
建具表、外観パース、仕様書、電気配線図、構造計算、構造図を作成

next

9,施工者決定(工事請負契約)

工事金額が折り合ったところで、支払い条件、工程などを確認後、
施工者さんとお客様で、工事請負契約を結んでいただきます。
その際、約款のチェックなども、ご一緒に行います。

next

10,設計監理(最終実施設計図書作成)

色決め、仕様の最終打ち合わせを行います。
見積後、変更になった箇所なども反映した最終実施図面をまとめます。

next

11,工事監理

工事開始後、設計図書に基づいた工事が行われているかを 立会い検査のもと監理いたします。

≪現場立会い検査≫

  • 配置検査(やり方完了後、施主様にも立会っていただきます)
  • 配筋検査(基礎工事)
  • 構造体検査(上棟後)
  • 防水検査(サッシ周り、バルコニー、屋根)
  • 電気配線打合せ~配線状況の検査
  • 竣工検査
  • 他、上記以外、工程のタイミングに合わせ、必要に応じて現場に行き工事監理を行います。

next

12,完成

お引渡し、ご入居。
完成後、大きな季節の変わり目を目処に、つくり手さんと共に点検に伺います。
お客様と いいひ と つくり手(工務店さん)との繋がりは家がある限り続きます。