イギリス・ヨークシャー庭の美しいB&Bの朝さんぽ♪_旅の記録Vol.25

20170615-20170615-R6151252s.jpg

旅の朝は、早起き!

東の空に、明けの気配を感じ、
朝を告げにくる鳥たちの歌声が聞こえると、
もう、居ても立っても居られず、
ベッドを飛び起きてしまう(笑)

特に、この朝は、
まだ誰も居ないお庭を
お散歩できるから!!

2017年初夏のフランス&イギリス旅...
前回 に続き、旅の記録Vol.25です♪

イギリス、ノースヨークシャー、
リッチモンドという町にある、
庭の美しいB&Bを知ったのは、この本。↓↓


DSC04328s.jpg

もう17年以上前の本ですが、
飽きずに旅し続ける、
私の 'イギリスLOVER' の発端。

過去記事ですが...
- 旅のきっかけは一冊の本から♪_イギリスレンタカー旅のススメ

↓ ミルゲートハウスは、Ⅱのこちらに掲載。

DSC04330s.jpg

ティムさんとオースティンさんが、1980年に移り住み、以来、丹精込めたお庭。
デイリーメイル社主宰のガーデンコンテストにも入賞。

↓ この詩の石碑は、その入賞した時に記念に作ったそうです!

f74a5514e3065706ea44fd44172dc5bce50ee0cb.jpg

この石碑を調べました。
アイザック・ウォッツ の詩の一節のよう。
( ↑ Wikipediaにリンク )

こう刻まれています。

- We are a garden wall'd around.
- Chosen and made peculiar ground.
- A little spot enclos'd by grace out of the world's wide wilderness.

これを調べていたら、
YOU TUBEで見つけました。

↓ 素敵な歌声でしたのでシェアをさせてください♪



昨日、チェックインした時、
ティムさん達に、此処をどうして知ったの?と、
聞かれて、この本のことを伝えました。

随分前の本なのに!と驚きながら、
喜んでくださっていました。

「 あの頃とは、かなりお庭も変わったョ 」
「 でも、どうぞ愉しんで (^_-)-☆ 」

と、仰っていました。

e67b6ab96f71c1ba792246939c249c5c394c2191.jpg

そんな昨日の会話を思い出しながら、
お庭へ下りていきました。

20170614-R6141131s.jpg

昨日の暮れ時のお庭でも感じたのですが、
植物がどれも力強くPowerが漲っている!

20170615-20170615-R6151204s.jpg

おろしたての朝の空気では、
さらにそれを感じます。

↓ 時を経たガーデンベンチの苔にも萌。(*^-^*)

20170614-R6141133s.jpg

いい具合にウェザードした木のベンチ。
こんな風合いが大好き♪

まだ朝露が残っている草花たちを分けて、
イギリスのテラスハウス特有の縦に長いお庭を進みます。

20170615-20170615-R6151358s.jpg

20170615-20170615-R6151172s.jpg

↑↓ 咲きはじめた薔薇と蕾。

20170614-R6141132s.jpg

朝のひんやりとした空気に充ちる草花のアロマ。
風がそよいでいく葉擦れの音や、鳥たちのうたごえ。

20170615-20170615-R6151243s.jpg

咲いている薔薇にそっと触れ、
香りを愉しむ贅沢な時間。

20170615-20170615-R6151203s.jpg

だんだんと明けてくる朝の光を感じて。

20170615-20170615-R6151310s.jpg

奥へと...♪
階段を下りていきます。

20170615-20170615-R6151183s.jpg

庭の最後、見晴の良い場所にガーデンチェア。

20170615-20170615-R6151169s.jpg

川辺の向こう岸の丘が望めます。

20170615-20170615-R6151170s.jpg

↓ 庭の一番奥にあるガーデンハウス。

5c48b7b20acf60e107e4215590275b1b4c7b61ed.jpg

朝は扉が閉じられていました。

20170615-20170615-R6151218s.jpg

帰りは反対側の壁沿いから戻ります。

R6151234s.jpg

ハニーサックルの甘いアロマにうっとり。

20170614-R6141041s.jpg

↓ 使い込まれたブリキのじょうろ。

R6141066s.jpg

さりげないけど、味のあるサインも素敵。

R6151257s.jpg


20170614-R6141113s.jpg

R6151215s.jpg

↓ ここもしっとりと美しかったぁ。
( 私の写真で表現出来ていませんが...涙 )

20170615-R6151192s.jpg

ベンチに座ってしばし心を空っぽにして、
この時この瞬間に浸りました。。。

20170615-20170615-R6151195s.jpg

美しい草花をパチリとする時、
このうえない幸せに包まれます(*^-^*)

いつも言っていますが...(^-^;
ホントにフォトセラピーです♪

↓ 階段に戻りました。

R6151246s.jpg

763d7a865ef69ebf957670ad8c7bab33c97b2a51.jpg

20170615-R6151185s.jpg

朝の光が強すぎて、写真がヘンな色ですね(^-^;

20170615-DSCF3042.sjpg.jpg

一日が動きはじめます。。

最後に白いベンチで庭を眺めてから、
朝の光が届きはじめたお部屋に戻りました。

20170615-20170615-R6151296s.jpg

紅茶を淹れて、ホッとひと息。

20170615-20170615-R6151295s.jpg

リビングとベッドルームが分かれているお部屋なので、
気兼ねなく音楽をかけてのんびり。

朝食の時間に間に合うよう、
目覚ましをかけている夫が起きてくるまで、
紅茶を飲みながらお庭の余韻を楽しみました(*^-^*)

そしてそして...!
イギリスのB&Bの愉しみは...!!

そう!
美味しいイングリッシュ・ブレックファースト♪

美味しく幸せな朝じかんのことは、
次回 に続きます!

災害や個人的なコト含め、
何があるか分からない今日この頃。。

最後に残るのは記憶...
だと、つくづく思うから。。

既に一年以上経過してしまったのですが、
この旅は、最後までUPさせてください(^-^;

ではでは、もうしばし...
お付き合いくださいませ。。m(__)m



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

Comments [2]

待ちます待ちます!ステキなお庭~~
朝露やイギリスの朝の澄んだ空気とか伝わって来ますー
帰って来たばかりだけどまた行きたいイギリスの魅力ってまさにこういうところにありますね。
続きを楽しみにしてますね!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2768s.jpg
  • stnicholasgarden2017s.jpg
  • nhousesummer2018s.jpg
  • DSC_8191ss.jpg
  • Englishbreakfast2018s.jpg
  • 20170615-20170615-R6151252s.jpg
  • R8030292s.jpg
  • 20180715-2018-07-15-21.27s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年8月
  2. 2018年7月
  3. 2018年6月
  4. 2018年5月
  5. 2018年4月
  6. 2018年3月
  7. 2018年2月
  8. 2018年1月
  9. 2017年12月
  10. 2017年11月
  11. 2017年10月
  12. 2017年9月
  13. 2017年8月
  14. 2017年7月
  15. 2017年6月
  16. 2017年5月
  17. 2017年4月
  18. 2017年3月
  19. 2017年2月
  20. 2017年1月
  21. 2016年12月
  22. 2016年11月
  23. 2016年10月
  24. 2016年9月
  25. 2016年8月
  26. 2016年7月
  27. 2016年6月
  28. 2016年5月
  29. 2016年4月
  30. 2016年3月
  31. 2016年2月
  32. 2016年1月
  33. 2015年12月
  34. 2015年11月
  35. 2015年10月
  36. 2015年9月
  37. 2015年8月
  38. 2015年7月
  39. 2015年6月
  40. 2015年5月
  41. 2015年4月
  42. 2015年3月
  43. 2015年2月
  44. 2015年1月
  45. 2014年12月
  46. 2014年11月
  47. 2014年10月
  48. 2014年9月
  49. 2014年8月
  50. 2014年7月
  51. 2014年6月
  52. 2014年5月
  53. 2014年4月
  54. 2014年3月
  55. 2014年2月
  56. 2014年1月
  57. 2013年12月
  58. 2013年11月
  59. 2013年10月
  60. 2013年9月
  61. 2013年8月
  62. 2013年7月
  63. 2013年6月
  64. 2013年5月
  65. 2013年4月
  66. 2013年3月
  67. 2013年2月
  68. 2013年1月
  69. 2012年12月
  70. 2012年11月
  71. 2012年10月
  72. 2012年9月
  73. 2012年8月
  74. 2012年7月
  75. 2012年6月
  76. 2012年5月
  77. 2012年4月
  78. 2012年3月
  79. 2012年2月
  80. 2012年1月
  81. 2011年12月
  82. 2011年11月
  83. 2011年10月
  84. 2011年9月
  85. 2011年8月
  86. 2011年7月
  87. 2011年6月
  88. 2011年5月
  89. 2011年4月
  90. 2011年3月
  91. 2011年2月
  92. 2011年1月
  93. 2010年12月
  94. 2010年11月
  95. 2010年10月
  96. 2010年9月
  97. 2010年8月
  98. 2010年7月
  99. 2010年6月
  100. 2010年5月
  101. 2010年4月
  102. 2010年3月
  103. 2010年2月
  104. 2010年1月
  105. 2009年12月
  106. 2009年11月
  107. 2009年10月
  108. 2009年9月
  109. 2009年8月
  110. 2009年7月
  111. 2009年6月
  112. 2009年5月
  113. 2009年4月
  114. 2009年3月
  115. 2009年2月
  116. 2009年1月
  117. 2008年12月
  118. 2008年11月
  119. 2008年10月
  120. 2008年9月
  121. 2008年8月
  122. 2008年7月
  123. 2008年6月
  124. 2008年5月
  125. 2008年4月
  126. 2008年3月
  127. 2008年2月
  128. 2008年1月
  129. 2007年12月
  130. 2007年11月
  131. 2007年10月
  132. 2007年9月
  133. 2007年8月
  134. 2007年7月
  135. 2007年6月
  136. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ