倉敷で出合った女性建築士さんの素敵な「暮らしと家」_朝の窓辺に見つけた夢の種♪

20170126-R1260393s.jpg

住む人の心尽くされた心地よいおうちで、
パチパチと薪がはぜる音を聴きながら、
美味しいお料理とワインを愉しんだ夜。

同業の女性たちとの、心地よく弾む会話...

彼女たちと、薪ストーブの柔らかな暖かさは、
その夜、心の芯まで温めてくれ、
シアワセな心地で眠りについて、鳥の声で、目覚めた朝。

リネンのカーテン越し、
キラキラと光が充ちる窓辺で、
夢の種を見つけました(*^-^*)


20170126-R1260388s.jpg

ぬくぬくシアワセなベッドで目覚めて、
目に入ったのは、すべすべコロンとしたタイルの窓台。

可愛い~~♡と、ほっこり。

かなり冷え込んだ朝なのに、薪ストーブの温もりが残るから?
ベッドだけじゃなく、部屋も暖かい。。

私が目覚めたこのお家は、
倉敷の女性建築士asakoさんの自邸♪

↓ リビング吹抜けの小さな窓からの光が本当に美しくってパチリ。

20170126-R1260406s.jpg

ブログ村の女性建築士カテゴリで、出合ったasakoさん。

去年初めてお会いして、以来、東京で何度かお会いする仲。
その度に、いつか旅でもご一緒しながら、ゆっくりおしゃべりしたいですねー♪
と、話していたところ、自邸に招待していただきました!!

倉敷のゼストさん訪問&イギリスヴィンテージスタイルのasako邸でお泊り会。
( ↑ ゼストさんHP、asakoさんブログにリンクします )
現場監督のmitsukoさん、スピカさんと4人で、建築女子のオフ会と相成りました。

その旅のことは、また詳しくUPしますが、
この朝のことは、記憶が鮮明なうちにUPしたくって。。

↓ 私が泊らせていただいたお嬢さんのお部屋...GreenRoom。

20170126-R8249758s.jpg

ペイントされた、くすんだグリーンが、実にイギリス♡

枕元の照明も、手元のトグルスイッチも、可愛いくって、
大人ですが、乙女ゴコロを擽られます(*^-^*)

スピカさんが泊まった息子さんのお部屋...
BlueRoomも、とーーーーっても素敵でしたョ。

↓ asakoさんが大切にしている本。

20170126-R1260402s.jpg

堀井和子さんのクッキングブック。

「 きっと、出美さんも好きよー^m^ 」
と、見せてくださいました。

堀井和子さんは、かつて、オリーブでも連載されいて、
旅や食に関するエッセイがとても素敵で、、

はい!!!私も好きでしたー。(笑)

20170126-R1260381a.jpg


asakoさんは、この本をイギリスへも持っていき、
何度も何度も読み返して、大切にされてきたそう。

そんな本って、ありますよね(*^-^*)

ベッドで読んでもいいですか?と、お借りして、、
朝の光が溢れる部屋で読ませていただきました♪

↓ 写真もとっても美しく...レシピに纏わる文章も本当に素敵。

20170126-R1260386s.jpg

思わず引き込まれて、夢中になって読み耽り、読了。。

20170126-R1260390s.jpg

その中で、惹かれた一節。

- 日本の住宅事情の厳しさは、ひしひしとしたものがあるけれど、
- おばあさんになる頃には、果物の木があれこれ植えてある庭があって、
- dessertのお皿に葉っぱつきで、そっとのせられるといいな、と思っています。

わぁ。一緒だわ!と、ドキリ。。
だって、今の私のココロを代弁してくれているかのようで。。

↓ asakoさんの家にも、暮らしを愉しめる庭がある♡

20170126-R1260426s.jpg

暮らしを愉しめる庭付きの家。
子供の頃からしつこく憧れ続ける私。

施主さんが家づくりをして、
夢を叶えていらっしゃる姿を見ては、
憧れを募らせていました。

↓ 庭に集まるメジロさん夫婦...asakoさんも小鳥好きみたい(*^-^*)

20170126-R1260399s.jpg

先の記事にも書きましたが、去年は、なぜか気力体力が減退気味で、
どうも、憧れを実現させるだけのパワーが自分には残っていない...と感じていました。

でも最近「soliste」という本を読んで、(←その記事にリンク)
人生には、まだまだ愉しみ代が残されていることを知って、
更に、今回の倉敷訪問。。

同業で自邸を建てたasakoさんやmitsukoさんと話せたこと。
asakoさんが心を尽くして設えたその家と暮らしに実際に触れたこと。

20170126-R1260424s.jpg


そして、さっきの一節が、自らの心とリンクしたこと。

変かもですが...(^_^;)
朝の光が充ちるこの窓辺で、
この掌に、本当に芽吹く夢の種を、
ハイって、載せてもらったように感じます。

同じ建築を生業とする女性。
そのふたりが、自邸を建て、それに支えられて、
仕事をして、一生懸命、素敵に生きている姿。。

ふたりとも実にかっこいいのですー(*^-^*)

確実に、私に勇気を与えてくれました。

↓ asakoさんがイギリス時代に描いた絵。

20170126-R1260436s.jpg

言葉に上手く現せないですが、
深い色合いが、ジンと響く絵でした。

生きていれば、誰しも楽しいことばかりじゃなく、
しんどいことも人生には起こりますよね。。

でも、家はやっぱり人生を支えてくれるものです。。と、つくづく。。

いいひブログのキャッチ。。

- 家での暮らしを心地よく過ごせたら、人生の少なくとも1/3は幸せ。。

そんなことを、確実に実感できた旅でした(*^-^*)

この朝の窓辺を、忘れません。。

20170126-R1260375s.jpg

そして、ブログをやっていて、本当に良かった!!

いいひブログをやっていなかったら、この出合いは無かったから。。
これだけは、自分を褒めてあげたいです(笑)

asakoさん、mitsukoさん、
本当に本当にありがとうございました!!!!m(__)m

そして旅をご一緒したスピカさん、
折々で励まされて支えてもらっています。
いつもいつもありがとう(*^-^*)

掌にのせてもらった夢の種を大切に育て、
私も、いつか小さくてもいい...庭付きの自邸を。。
( わ!宣言しちゃった(^_^;) )
( だって変な心の足かせが消えたんですもの!... )

どうか、この日が夢の種だったなぁと、
思い返せる日が来ますように(笑)

ゼストさん訪問記&倉敷散策は、また別にUPいたします!!
本当に素敵♡学びになりましたので、そちらも、どうぞお楽しみに~♪


  
  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

Comments [2]

iihiさん、
遠い倉敷まで来てくださってありがとうございました(*´ー`*)
家づくりで大事にしたいところが同じで(と思ってます?)、年の頃も近い建築女子会はとてもとても楽しくあっという間の二日間でした。
ステキに写真、撮ってくださってありがとう~~
次は東京で会いましょうね!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC01033s.jpg
  • 20150312-DSCF1178S.jpg
  • 20170613-DSC08329s.jpg
  • RC010151s.jpg
  • inagehousecollages.jpg
  • e513a1c671cb811a099c9d9734600e1cd190277a.jpg
  • R9099799s.jpg
  • nhousekigokorogardens.jpg

アーカイブ

  1. 2017年12月
  2. 2017年11月
  3. 2017年10月
  4. 2017年9月
  5. 2017年8月
  6. 2017年7月
  7. 2017年6月
  8. 2017年5月
  9. 2017年4月
  10. 2017年3月
  11. 2017年2月
  12. 2017年1月
  13. 2016年12月
  14. 2016年11月
  15. 2016年10月
  16. 2016年9月
  17. 2016年8月
  18. 2016年7月
  19. 2016年6月
  20. 2016年5月
  21. 2016年4月
  22. 2016年3月
  23. 2016年2月
  24. 2016年1月
  25. 2015年12月
  26. 2015年11月
  27. 2015年10月
  28. 2015年9月
  29. 2015年8月
  30. 2015年7月
  31. 2015年6月
  32. 2015年5月
  33. 2015年4月
  34. 2015年3月
  35. 2015年2月
  36. 2015年1月
  37. 2014年12月
  38. 2014年11月
  39. 2014年10月
  40. 2014年9月
  41. 2014年8月
  42. 2014年7月
  43. 2014年6月
  44. 2014年5月
  45. 2014年4月
  46. 2014年3月
  47. 2014年2月
  48. 2014年1月
  49. 2013年12月
  50. 2013年11月
  51. 2013年10月
  52. 2013年9月
  53. 2013年8月
  54. 2013年7月
  55. 2013年6月
  56. 2013年5月
  57. 2013年4月
  58. 2013年3月
  59. 2013年2月
  60. 2013年1月
  61. 2012年12月
  62. 2012年11月
  63. 2012年10月
  64. 2012年9月
  65. 2012年8月
  66. 2012年7月
  67. 2012年6月
  68. 2012年5月
  69. 2012年4月
  70. 2012年3月
  71. 2012年2月
  72. 2012年1月
  73. 2011年12月
  74. 2011年11月
  75. 2011年10月
  76. 2011年9月
  77. 2011年8月
  78. 2011年7月
  79. 2011年6月
  80. 2011年5月
  81. 2011年4月
  82. 2011年3月
  83. 2011年2月
  84. 2011年1月
  85. 2010年12月
  86. 2010年11月
  87. 2010年10月
  88. 2010年9月
  89. 2010年8月
  90. 2010年7月
  91. 2010年6月
  92. 2010年5月
  93. 2010年4月
  94. 2010年3月
  95. 2010年2月
  96. 2010年1月
  97. 2009年12月
  98. 2009年11月
  99. 2009年10月
  100. 2009年9月
  101. 2009年8月
  102. 2009年7月
  103. 2009年6月
  104. 2009年5月
  105. 2009年4月
  106. 2009年3月
  107. 2009年2月
  108. 2009年1月
  109. 2008年12月
  110. 2008年11月
  111. 2008年10月
  112. 2008年9月
  113. 2008年8月
  114. 2008年7月
  115. 2008年6月
  116. 2008年5月
  117. 2008年4月
  118. 2008年3月
  119. 2008年2月
  120. 2008年1月
  121. 2007年12月
  122. 2007年11月
  123. 2007年10月
  124. 2007年9月
  125. 2007年8月
  126. 2007年7月
  127. 2007年6月
  128. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ