住み替えること

2007GW 003-1.jpg

人の好みって変わりますね~。

モノの本によると、
5年周期で、人間の好みが大きく変わっていくらしいのです。

私に置き換えると、なるほどと頷けてしまいます。
いい例(悪い例)かもしれませんが。。

人の振り見て、、、何とやらで、
読んだ方の役に立つと嬉しいです。

実は今、住み替えを考えています。


住んで3年にして、
私のしたい暮らしと、
今の住まいが大きくかけ離れていることに気付いたのです。

現在の住まいを決めた時と、
ライフスタイルに大きな変化があったからでしょうか。


そんなはずはない!と、
後悔する自分をなぐさめようと、
引っ越した当時好きだったところを改めて思い出し、
この住まいで快適に暮らしたい~と、努力しています。

駅近、高層階で、夜景がきれいで、東京タワーが見えること。

仕事で疲れて戻ってきた時に、
その眺めをみることができれば、どんなに癒されるだろう。。

会社員でDINKSで、バリバリ働いていた頃、
そう思って決めたマンションでした。

確かに、眺めは素晴らしくよく、
台風が去った後の澄んだ空気のなかでの、
夕日や 夜景は息を呑むほど美しいです。。

最初はそれが嬉しかった。

KICX3691-1_1.JPG


でも、住んでみると、
地面との遠さがことのほか私を寂しくさせました。

あと、駅が近いゆえの電車の音と車の音。

こんな気持ちのいい5月の日でも、
平日の昼間に窓を開けて過ごすことには
ナカナカ忍耐がいるのです(笑)

ベランダの鉢植えのお手入れも落ち着かないほど。。

ずっと会社員DINKSならば問題なかったのでしょうが、、、
たまたま読んだ井形慶子さんの著書「イギリス式暮らしガーデン」に
なるほど~と思わせる一節があったのでご紹介。

イギリス式暮らしガーデン―食べものづくり! 安らぎづくり!

「 見晴らしのよい景色に感動するのはせいぜい1週間。
 見慣れてくれば たとえパノラマのような景色でもありふれた風景となっていく。
 けれど、庭があれば 四季折々の花を咲かせ テーブルを置いて食事をするなど、
 日常的に使う ことができる 」

と。。

ああ、なぜ気付かなかったのだろう。。

でもあの頃、この本を読んだとしたら、何かが変わっていただろうか?
と、想いをめぐらせたところで、まあ、今となっては遅いことですね。

それに、経験しなれば、私はきっと分からなかったのでしょう。

私は田舎育ちだから、
余計にそう思うのかもしれませんが
窓が開けられて、庭のある暮らしを、
今、切望しているのが分かりました。

たとえ都会の小さなベランダ庭でもいいけれど、土と緑が恋しい~。

こんな私の苦い経験から、
若いお客様にアドバイスさせていただくことがあります。

今の自分の好みに偏りすぎた家づくりはおススメしません。

なぜなら冒頭のとおり、人は飽きるものですし、
例え飽きなくても、どんな風に人生が変わるか予測できません。

だから包容力のある家・住まいづくりをしましょうと、、、
じゃあ包容力のある家ってどんな?となりますが、

そのお話は次回にさせていただきます! (出美)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_3897s.jpg
  • R9112833s.jpg
  • IMG_0948s.jpg
  • mimosaday.jpg
  • kshousestory20200301collage.jpg
  • 20200222shousestory.jpg
  • R0003134s.jpg
  • DSC_3061s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年3月
  2. 2020年2月
  3. 2020年1月
  4. 2019年12月
  5. 2019年11月
  6. 2019年10月
  7. 2019年9月
  8. 2019年8月
  9. 2019年7月
  10. 2019年6月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2019年3月
  14. 2019年2月
  15. 2019年1月
  16. 2018年12月
  17. 2018年11月
  18. 2018年10月
  19. 2018年9月
  20. 2018年8月
  21. 2018年7月
  22. 2018年6月
  23. 2018年5月
  24. 2018年4月
  25. 2018年3月
  26. 2018年2月
  27. 2018年1月
  28. 2017年12月
  29. 2017年11月
  30. 2017年10月
  31. 2017年9月
  32. 2017年8月
  33. 2017年7月
  34. 2017年6月
  35. 2017年5月
  36. 2017年4月
  37. 2017年3月
  38. 2017年2月
  39. 2017年1月
  40. 2016年12月
  41. 2016年11月
  42. 2016年10月
  43. 2016年9月
  44. 2016年8月
  45. 2016年7月
  46. 2016年6月
  47. 2016年5月
  48. 2016年4月
  49. 2016年3月
  50. 2016年2月
  51. 2016年1月
  52. 2015年12月
  53. 2015年11月
  54. 2015年10月
  55. 2015年9月
  56. 2015年8月
  57. 2015年7月
  58. 2015年6月
  59. 2015年5月
  60. 2015年4月
  61. 2015年3月
  62. 2015年2月
  63. 2015年1月
  64. 2014年12月
  65. 2014年11月
  66. 2014年10月
  67. 2014年9月
  68. 2014年8月
  69. 2014年7月
  70. 2014年6月
  71. 2014年5月
  72. 2014年4月
  73. 2014年3月
  74. 2014年2月
  75. 2014年1月
  76. 2013年12月
  77. 2013年11月
  78. 2013年10月
  79. 2013年9月
  80. 2013年8月
  81. 2013年7月
  82. 2013年6月
  83. 2013年5月
  84. 2013年4月
  85. 2013年3月
  86. 2013年2月
  87. 2013年1月
  88. 2012年12月
  89. 2012年11月
  90. 2012年10月
  91. 2012年9月
  92. 2012年8月
  93. 2012年7月
  94. 2012年6月
  95. 2012年5月
  96. 2012年4月
  97. 2012年3月
  98. 2012年2月
  99. 2012年1月
  100. 2011年12月
  101. 2011年11月
  102. 2011年10月
  103. 2011年9月
  104. 2011年8月
  105. 2011年7月
  106. 2011年6月
  107. 2011年5月
  108. 2011年4月
  109. 2011年3月
  110. 2011年2月
  111. 2011年1月
  112. 2010年12月
  113. 2010年11月
  114. 2010年10月
  115. 2010年9月
  116. 2010年8月
  117. 2010年7月
  118. 2010年6月
  119. 2010年5月
  120. 2010年4月
  121. 2010年3月
  122. 2010年2月
  123. 2010年1月
  124. 2009年12月
  125. 2009年11月
  126. 2009年10月
  127. 2009年9月
  128. 2009年8月
  129. 2009年7月
  130. 2009年6月
  131. 2009年5月
  132. 2009年4月
  133. 2009年3月
  134. 2009年2月
  135. 2009年1月
  136. 2008年12月
  137. 2008年11月
  138. 2008年10月
  139. 2008年9月
  140. 2008年8月
  141. 2008年7月
  142. 2008年6月
  143. 2008年5月
  144. 2008年4月
  145. 2008年3月
  146. 2008年2月
  147. 2008年1月
  148. 2007年12月
  149. 2007年11月
  150. 2007年10月
  151. 2007年9月
  152. 2007年8月
  153. 2007年7月
  154. 2007年6月
  155. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ