旅で出合う建物・インテリア・庭 一覧

過ぎてゆく夏を振り返って。。雨上がり。なだらかな丘に沿ってしっとりと咲くダリアたち。濃い緑の木々に囲まれた茅葺屋根の家。かつてそこで営まれた暮らしを垣間見て、美味しいランチに舌鼓をうつ♡猛暑だったり豪雨がふったりで...... 続きを読む

ロンドン建築巡り♪ロンドン北部の高級住宅街ハムステッドにある集合住宅。1930年代に建てられたモダニズム建築...ハイポイントⅠ・Ⅱへ。↑ 写真で分かるかな(笑)エントランス庇の支柱が 女神像 というモダニズム建築に非ざ... 続きを読む

富士山の麓...山中湖村へ。ラシーンを走らせてのデイトリップ♪涼やかな風がとても心地よかった6月の或る日、丘の家のMさんに誘っていただき、素敵なオープンガーデンに行ってきました♪東京よりも季節が少し遅いようで、もう一度.... 続きを読む

- 立原道造(michizo tachihara)大正~昭和初めを生き 24歳の若さで夭折した詩人であり建築家。- ヒアシンスハウス 風信子荘別所沼のほとりに、週末を過ごすための小さな小屋を設計。現実には実現されなかった... 続きを読む

「 世界で最も美しい書店 」この文字を見ただけで、胸がときめくのは...きっと無類の本好きな筈!(^m^)2017年初夏に旅したフランス~イギリス旅。前回 からのつづきです!... 続きを読む

涼やかな片品村の初夏へ。緑のグラデーションに、初夏を歓び咲く花たち。エコロヴィレッジさんがもたらす恵みをいただいた...2019年6月17日に旅した記憶を...(*^-^*)... 続きを読む

ロンドン・イーストエンドホクストンにあるインテリア史博物館。元・救貧院の建物を利用し、イギリスらしい大きな木々に囲まれた広場とハーブガーデンが併設されている素敵なトコロ♪私たちが旅した2017年当時は、ジェフリー・ミュー... 続きを読む

のんびりとしたプロヴァンスから、旅の最終日に訪れたのは、南仏の大都会...港町マルセイユ。コルビジェ設計の集合住宅...『 ユニテ・ダビデシオン 』を見学し、その建物内にあるホテルに宿泊。今回の暮らしと家®で連載中の旅行... 続きを読む

蒸し暑さが戻り少し青空が現れ、ようやく夏の気配が感じられた今日、、真夏日に歩きに歩いた旅の一日の、ロンドンの青い空の記憶が浮かんできました!さてさて、今更なのですが...2017年に旅したフランスイギリス旅。何とか最後ま... 続きを読む

朝から雨模様だった6月の或る日曜日。GardenLoverな友人4人で、八ヶ岳へデイトリップを決行!ばら園の農場祭と、友人憧れのお庭を訪ねることが大きな目的。晴れのお出かけも楽しいけれど、しっとりとした雨も、また良いなぁ... 続きを読む

旅する理由。憧れている世界や美しい景の中に、ひと時でも身を置くこと。高揚感を伴って過ごす旅時間は、日常の穏やかな時間がくれるシアワセとは、また違ったものを私達にもたらしてくれる。そして、たとえ、ひと時でも、その空間に佇ん... 続きを読む

ロクブリュヌ・カップ・マルタンの海辺、アイリーン・グレイ設計のヴィラ、E1027。眩しいほどの光と、対比するように生まれる影。室内空間の陰影の美しさ。。それと共に、実に細やかな配慮をされた設計が、記憶に残っています。暮ら... 続きを読む

前回 につづき、2017年初夏フランス~イギリス旅、旅の記録Vol.31になります。湖水地方からロンドンへ。普通の家の暮らしを垣間見てみたい!そして...キッチン付きアパートメントが良い!と、いうことで、B&Bで... 続きを読む

2018年も残すところ、あと僅かですが、今日UPするとお約束していた、暮らしと家®南仏旅行記の、最新記事をUPしました!!今回は、この旅のメインイベントだった、ル・コルビジェの終焉の地、ロクブリュヌ・カップ・マルタン..... 続きを読む

庭の美しいB&B...イギリスを旅するなら、ぜひぜひ訪ねてみていただきたい!!普段は覗けないプライベートな時間...オープンガーデンの訪問客が去った後...傾いたオレンジ色の光が庭を包み、草花木々の濃密なアロマが... 続きを読む

2017年初夏 旅の記録Vol.19! サヴォア邸を訪ねた前回からの続きです。ずっとご無沙汰してしまった旅の記録...複数の読者の方から、「 ぜひ完結させて下さい...」と、リクエストいただきました。。ありがとうございま... 続きを読む

イギリスが好きな私。とりわけ、イギリスの庭のある暮らしが、本当に大好き!( ↑ 写真は、ロンドンの庭の美しいB&B )旅する度にそう感じるのですが...その理由のひとつに、イギリスは、'家と暮らしと庭' を、大切... 続きを読む

パリ、コルビジェ巡りの午後は晴天なり(*^-^*)素敵なものに、たーーくさん出合えるパリだけれど、パリに行ったなら、コルビジェ巡りをしよう!!どぉ?と聞くと、珍しく...(笑)夫との意見がぴったり合った旅程。( と、云っ... 続きを読む

前回 からの続き、2017年初夏に旅したフランス&イギリス...旅の記録Vol.13になります!パリ郊外の美しい島...シャトウでのランチ後、A美さん達と別れて、やって来たのは、パリ右岸にある、ポンピドゥー・セン... 続きを読む

愛された家と庭。そこを愛し住んでいた家人が居なくなっても、その空間には、愛された記憶が残り、訪れる私たちを幸せにさせてくれます。そんな家と庭に出合えた先の京都旅。今日は、ヴォーリズ設計の洋館...「駒井家住宅」前回 から... 続きを読む

春まだ浅い京都。住まい手に愛された空気感の残る...ヴォーリズ設計の素敵な洋館には、春待つ庭に咲きほころんでいた梅が、活けられていました(*^-^*)設計事務所を主宰する友人達...Boisさんとスピカさんと三人で、三月... 続きを読む

岡山倉敷の'暮らしと家'訪問記vol.2~建築女子会の夕べ&美観地区お散歩&リバティと暮らすアトリエのある家訪問~盛り沢山な内容で、長めの記事になってしまいましたが...(^_^;)暮らしと家® のHPで、UPさせていた... 続きを読む

住む人の心尽くされた心地よいおうちで、パチパチと薪がはぜる音を聴きながら、美味しいお料理とワインを愉しんだ夜。同業の女性たちとの、心地よく弾む会話...彼女たちと、薪ストーブの柔らかな暖かさは、その夜、心の芯まで温めてく... 続きを読む

前回 からの続き。旧軽銀座裏手のお寺に車を停め、旧軽井沢銀座から徒歩で行ける、、古い別荘建築を散策することにしました♪最初は、室生犀星の別荘。旧軽井沢銀座から少し入った森の中に佇む...苔の美しい庭と簡素な家。... 続きを読む

ロンドン、、プライベートガーデンの朝。。7月の早朝。鳥の羽ばたき、さえずり、風が木々を揺らす音しか聞こえない。まだ人が起き出さない時間に、朝散歩中の猫さんに遭遇して、すこぶるご機嫌だった一枚(*^-^*)旅の記憶... ... 続きを読む

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2038S.jpg
  • 20220921 Collage.jpg
  • 20220713-IMG_0328.jpg
  • IMG_0816.jpeg
  • nhouse-kurashi-Collages.jpg
  • 20170619-R6190513.jpg
  • IMG_8230.jpeg
  • 20170619-R6190614.jpg

アーカイブ

  1. 2022年10月
  2. 2022年9月
  3. 2022年7月
  4. 2022年6月
  5. 2022年5月
  6. 2022年4月
  7. 2022年3月
  8. 2022年2月
  9. 2022年1月
  10. 2021年12月
  11. 2021年11月
  12. 2021年10月
  13. 2021年9月
  14. 2021年8月
  15. 2021年7月
  16. 2021年6月
  17. 2021年5月
  18. 2021年4月
  19. 2021年3月
  20. 2021年1月
  21. 2020年12月
  22. 2020年10月
  23. 2020年9月
  24. 2020年7月
  25. 2020年6月
  26. 2020年5月
  27. 2020年4月
  28. 2020年3月
  29. 2020年2月
  30. 2020年1月
  31. 2019年12月
  32. 2019年11月
  33. 2019年10月
  34. 2019年9月
  35. 2019年8月
  36. 2019年7月
  37. 2019年6月
  38. 2019年5月
  39. 2019年4月
  40. 2019年3月
  41. 2019年2月
  42. 2019年1月
  43. 2018年12月
  44. 2018年11月
  45. 2018年10月
  46. 2018年9月
  47. 2018年8月
  48. 2018年7月
  49. 2018年6月
  50. 2018年5月
  51. 2018年4月
  52. 2018年3月
  53. 2018年2月
  54. 2018年1月
  55. 2017年12月
  56. 2017年11月
  57. 2017年10月
  58. 2017年9月
  59. 2017年8月
  60. 2017年7月
  61. 2017年6月
  62. 2017年5月
  63. 2017年4月
  64. 2017年3月
  65. 2017年2月
  66. 2017年1月
  67. 2016年12月
  68. 2016年11月
  69. 2016年10月
  70. 2016年9月
  71. 2016年8月
  72. 2016年7月
  73. 2016年6月
  74. 2016年5月
  75. 2016年4月
  76. 2016年3月
  77. 2016年2月
  78. 2016年1月
  79. 2015年12月
  80. 2015年11月
  81. 2015年10月
  82. 2015年9月
  83. 2015年8月
  84. 2015年7月
  85. 2015年6月
  86. 2015年5月
  87. 2015年4月
  88. 2015年3月
  89. 2015年2月
  90. 2015年1月
  91. 2014年12月
  92. 2014年11月
  93. 2014年10月
  94. 2014年9月
  95. 2014年8月
  96. 2014年7月
  97. 2014年6月
  98. 2014年5月
  99. 2014年4月
  100. 2014年3月
  101. 2014年2月
  102. 2014年1月
  103. 2013年12月
  104. 2013年11月
  105. 2013年10月
  106. 2013年9月
  107. 2013年8月
  108. 2013年7月
  109. 2013年6月
  110. 2013年5月
  111. 2013年4月
  112. 2013年3月
  113. 2013年2月
  114. 2013年1月
  115. 2012年12月
  116. 2012年11月
  117. 2012年10月
  118. 2012年9月
  119. 2012年8月
  120. 2012年7月
  121. 2012年6月
  122. 2012年5月
  123. 2012年4月
  124. 2012年3月
  125. 2012年2月
  126. 2012年1月
  127. 2011年12月
  128. 2011年11月
  129. 2011年10月
  130. 2011年9月
  131. 2011年8月
  132. 2011年7月
  133. 2011年6月
  134. 2011年5月
  135. 2011年4月
  136. 2011年3月
  137. 2011年2月
  138. 2011年1月
  139. 2010年12月
  140. 2010年11月
  141. 2010年10月
  142. 2010年9月
  143. 2010年8月
  144. 2010年7月
  145. 2010年6月
  146. 2010年5月
  147. 2010年4月
  148. 2010年3月
  149. 2010年2月
  150. 2010年1月
  151. 2009年12月
  152. 2009年11月
  153. 2009年10月
  154. 2009年9月
  155. 2009年8月
  156. 2009年7月
  157. 2009年6月
  158. 2009年5月
  159. 2009年4月
  160. 2009年3月
  161. 2009年2月
  162. 2009年1月
  163. 2008年12月
  164. 2008年11月
  165. 2008年10月
  166. 2008年9月
  167. 2008年8月
  168. 2008年7月
  169. 2008年6月
  170. 2008年5月
  171. 2008年4月
  172. 2008年3月
  173. 2008年2月
  174. 2008年1月
  175. 2007年12月
  176. 2007年11月
  177. 2007年10月
  178. 2007年9月
  179. 2007年8月
  180. 2007年7月
  181. 2007年6月
  182. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ