愛された記憶の残る家、ヴォーリズ設計の洋館「駒井家住宅」_早春の京都女子旅♪Vol.2

20170317-DSC05785s.jpg

愛された家と庭。

そこを愛し住んでいた家人が居なくなっても、
その空間には、愛された記憶が残り、
訪れる私たちを幸せにさせてくれます。

そんな家と庭に出合えた先の京都旅。

今日は、ヴォーリズ設計の洋館...「駒井家住宅」

前回 からの続き♪
早春の京都旅Vol.2をUPいたします。


この京都旅で、ぜひ行きたかったのは、此処!(*^-^*)

ヴォーリズ設計の建物は軽井沢にもあり、
軽井沢 軽井沢ユニオン教会や、
朝吹山荘「睡鳩荘」などへ、よく訪ねていました。

↓ 秋の朝吹山荘「睡鳩荘」

45678c50510f5686ecaec93384936cb3a2aeef3d.jpg

朝吹山荘は、軽井沢タリアセンに移築されています。
( ↑↓ 秋の軽井沢で撮った写真 )

20140910_371370s.jpg

過去写真データが消えてしまったので、
ブログにUPしたものしか残っていない。

( 漏水事故から一年経ちましたが、
  くぅ...返す返すも残念無念だわぁ(涙) )

朝吹山荘は、上流階級の邸宅...という感じ。

情報によると、「駒井家住宅」は、
もう少し小規模な個人邸らしいく、
当時のままで残されているそう。。

ピンとくるものがあって、ぜひ訪ねたい!と。
そして、その勘は、大正解!(*^-^*)

愛されていた記憶が残る家と庭に佇めて、
本当に大興奮な訪問だったのです♪

写真的には上手に撮れていないのですが...
その空気感だけでも伝わるといいなぁと思います。

↓ 駒井家住宅は、北白川疎水沿いの遊歩道に面しています。

20170317-DSC05779s.jpg

桜並木があるのですが、
この時は、まだ固く蕾をとじていました。
さぞ、春は美しいのだろうなぁと想像。

20170317-DSC05782s.jpg

↓ アプローチ。

20170317-DSC05784s.jpg

ワクワクしながら、中へ♪
ワクワクしすぎて、帰りは惚けてしまって、
道路側外観写真を失念しています(^_^;)

↓ ホールから玄関を臨む。

20170317-DSC05810s.jpg

↓ ホールに設計図が飾られていました。

20170317-DSC05825s.jpg

↓ 飾り棚。

20170317-R3170078s.jpg

当時の写真と共に、
庭のクリスマスローズが活けられていました(*^-^*)

↓ ホールから、階段方向を臨む。

20170317-DSC05816s.jpg

↑ 写真左が、玄関土間なのですが、巾木部分に小引出。
↑ 階段手摺の曲線も美しいですね(*^-^*)

↓ 玄関ホールから和室方向を臨む。

20170317-DSC05820s.jpg

↓ 和室。

20170317-DSC05812s.jpg

洋館の窓を障子で隠して、
こぢんまりとした落ち着いた和の空間♪

↓ 和室はサンルームとも繋がっています。

20170317-R3170075s.jpg

この繋がり方が、とっても好き。

間取りに回遊性があること。
それぞれの部屋に用途があるけれど、
暮らしの様々な場面が繋がるのは、、
とっても良いなぁと感じます(*^-^*)

駒井家住宅は、デザインが素敵なだけではなく、
暮らし目線の空間の配し方や工夫も多々見られ、
本当に暮らし心地が良さそうなのです!!

↓ サンルームから和室方面を臨む。

20170317-DSC05786s.jpg

私、ずっと此処に居たいくらい、
気に入ってしまった空間!!

セージグリーンのペイントに、ときめきます♡

20170317-DSC05788s.jpg

リビングと和室に繋がっているサンルーム。

訪ねた時は、曇り空でしたので、
日向ぼっこは出来ませんでしたが、
冬の晴れた日は、本当に心地よさそう(*^-^*)

こんな空間に、つくづく憧れます♪

↓ ダイニングからリビング~サンルーム方向。

20170317-DSC05800s.jpg

サンルームのセージグリーンペイントと、
出窓ベンチのシートのグリーンの繋がり。
素敵ですねぇ(*^-^*)

家具・調度品も、当時のままとのこと。

20170317-DSC05801s.jpg

↓ 出窓ベンチソファ正面♪

20170317-DSC05796s.jpg

このCozyな設え♪
なーんと素敵なのでしょう。

少し歪んで写したのが残念。(^_^;)

↓ リビングからダイニング~キッチン方向。

20170317-DSC05794s.jpg

↓ ダイニングから庭へ続く扉。

20170317-DSC05802s.jpg
↓ キッチン♪

20170317-DSC05804s.jpg

キッチン本体や床は、
当時とは変えられていましたが、
食器棚などは、当時のままのよう。

20170317-DSC05805s.jpg

↓ グレイッシュな白いペイントに、愛らしい透明クリスタルのつまみ。

20170317-DSC05809s.jpg

↓ 大理石のパンこね台でしょうか。

20170317-DSC05807s.jpg

↓ 当時のキッチン全景。

20170317-DSC05808.jpg

明るくモダンなキッチンだったのでしょうね。

シンク下もOPENになっていたり、
L型に配したキッチンの中央に、
アイランド作業テーブルがあったり。。
料理が楽しくなりそうなキッチンです(*^-^*)

↓ シンク前の窓からは庭が臨めます。

20170317-R3170071s.jpg

↓ キッチンの勝手口に続き、離れがあります。

20170317-DSC05867s.jpg

此処はヴォーリズ設計ではなく、
大工さんが母屋に合わせて建てたとのこと。

書生さんが住んでいたそうですが、
戦後、米軍が母屋を接収していた際には、
夫妻は、こちらに居住されていたそう。

前の朝ドラ、「べっぴんさん」の、
きみちゃんの家のようなエピソードを、
係の方に教えていただきました。

↓ ダイニングから出ると、藤棚付きのテラス♡

20170317-DSC05866s.jpg

↓ 在りし日、テラスでの駒井ご夫妻の写真。

20170317-R3170131s.jpg

とっても素敵な笑顔。
幸せな空気感に溢れた佳い写真でした(*^-^*)

お庭に、もうひとつ、かなり惹かれるものが!!!

↓ 温室!!!!!

20170317-DSC05865s.jpg

ナショナルトラストの案内の方に、
この温室が出来た経緯を伺いました。

イギリスを旅した駒井博士。
彼の地のガーデニングに感銘をうけ、
庭に、この温室を作られたそうです!!

わぁ...とても分かります!!!!!

↓ 内部が、これまた素敵なのですー(≧◇≦)

20170317-DSC05860s.jpg

簡素なつくりですが、ものすごーーーく素敵!
セージグリーンのペイントがイギリスです♡♡

↓ 工業用照明もグリーン♡

20170317-R3170107s.jpg

庭を一望できる大きく窓辺に、
作業台や棚がありました。

20170317-DSC05862s.jpg

在りし日は、植物に溢れていたのでしょうね(*^-^*)

庭を眺めながら...
イギリスの庭に想いを馳せながら...
ここで苗などをお世話していたのかしら。。

と、お得意の空想が膨らみ、
しばし佇んでしまいました(^_^;)

お庭は、本当に早春のヨロコビに充ちていて。。

↓ クロッカスが花を咲かせ...

20170317-R3170113s.jpg

↓ 水仙たちが香しく...

20170317-R3170111s.jpg

↓ 梅の香りが辺りに充ちていました。

20170317-R3170118s.jpg

↓ 庭から母屋建物方向を臨む。

20170317-DSC05853s.jpg

↓ お庭から母屋方向、角度を変えて。

20170317-DSC05856s.jpg

↓ サンルーム沿いに、梅がきれいに咲いていました。

20170317-DSC05869s.jpg

↑ 紫水晶のドアノブが見えますか?

オフィシャルな扉には、紫水晶のノブ。
プライベートな扉には、白水晶のノブ。
と、分けられていたようです(*^-^*)

↓ 当時の外観写真。

20170317-R3170130s.jpg

二階にもサンルームがあるのですが、
そこは、当時は屋根付きのバルコニーだったようですね。

二階がまだでした!
室内に戻ります。。

↓ ピンボケですが...階段窓を見上げて。

20170317-DSC05823s.jpg

↓ 黄色い装飾ガラス。

20170317-R3170096.jpg

↓ 二階廊下より、階段を俯瞰。

20170317-DSC05826s.jpg

やはり美しいですね(*^-^*)

↓ 夫人の個室。

20170317-DSC05828s.jpg

↓ 博士の書斎。

20170317-DSC05829.jpg

↓ 椅子やランプが素敵♡

20170317-R3170083s.jpg

↓ 名前入りのトランク!

20170317-R3170082s.jpg

↓ 主寝室に繋がる二階サンルーム。

20170317-R3170093s.jpg

↓ 揺り椅子。

20170317-R3170086s.jpg

↓ 庭や遠くの山を見ていらしたのでしょうか。

20170317-DSC05837s.jpg

↓ アンティークガラス越しの梅。

20170317-R3170087s.jpg

設計の素晴らしさもさることながら、
住む人に愛され慈しまれたという空気感が、
時を経た今でも、この家には残っています。

20170317-R3170097s.jpg

多分、幸せな時だけではなく、
悲しく辛い時もあった筈。。。

そんな時、この家と庭で営まれる暮らしのヨロコビに、
きっと支えられたのでしょうね。

残された家に現れる駒井ご夫妻のお人柄。

20170317-R3170080s.jpg

この愛された家と庭が、
日本ナショナルトラストの保護資産...プロパティとして、
夫妻が愛したままに残されて、本当に良かった。

ナショナルトラストの存在は素晴らしいですね。
その紹介ページは → こちらから ← をどうぞ♪

先日、スピカさんに誘われて、素敵な映画をご一緒しました。
「 家は暮らしの宝石でなければならない 」
という、コルビュジェのことば。

この記事をまとめる間中、心に反芻していました。

20170317-DSC05793s.jpg

この家は、宝石のように輝いて、
おふたりの人生を顕していたように感じます。

此処に佇めて、
その幸せな空気感を感じられて、
私たちは、本当に仕合せでした。

ありがとうございました。

いつか、藤の美しい晴れた日に、此処に佇んでみたいな。

駒井家住宅のことを、とても詳しく紹介されているサイトを発見!
ぜひ、この家のなりたち...駒井夫妻の人生に触れてみてください(*^-^*)
→ アート情報総合サイト 京都で遊ぼう

旅記事、次回の予定は、
もうひとつ素敵な京都の民家に行ったので、
そちらをご紹介したいと思います♪
その後に、食べる篇。

もう少し、お付き合いくださいm(__)m



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • nanfutsutabi_vol13.jpg
  • ccc565538928e1091a01e8afe6c3993ea634fae6.jpg
  • nikkojouse20190508-2.jpg
  • springcamp2019s.jpg
  • omeHandOhouse_20190419.jpg
  • may2019s.jpg
  • nhousestory_may2019s.jpg
  • nanfutsutabi_vol12collages.jpg

アーカイブ

  1. 2019年6月
  2. 2019年5月
  3. 2019年4月
  4. 2019年3月
  5. 2019年2月
  6. 2019年1月
  7. 2018年12月
  8. 2018年11月
  9. 2018年10月
  10. 2018年9月
  11. 2018年8月
  12. 2018年7月
  13. 2018年6月
  14. 2018年5月
  15. 2018年4月
  16. 2018年3月
  17. 2018年2月
  18. 2018年1月
  19. 2017年12月
  20. 2017年11月
  21. 2017年10月
  22. 2017年9月
  23. 2017年8月
  24. 2017年7月
  25. 2017年6月
  26. 2017年5月
  27. 2017年4月
  28. 2017年3月
  29. 2017年2月
  30. 2017年1月
  31. 2016年12月
  32. 2016年11月
  33. 2016年10月
  34. 2016年9月
  35. 2016年8月
  36. 2016年7月
  37. 2016年6月
  38. 2016年5月
  39. 2016年4月
  40. 2016年3月
  41. 2016年2月
  42. 2016年1月
  43. 2015年12月
  44. 2015年11月
  45. 2015年10月
  46. 2015年9月
  47. 2015年8月
  48. 2015年7月
  49. 2015年6月
  50. 2015年5月
  51. 2015年4月
  52. 2015年3月
  53. 2015年2月
  54. 2015年1月
  55. 2014年12月
  56. 2014年11月
  57. 2014年10月
  58. 2014年9月
  59. 2014年8月
  60. 2014年7月
  61. 2014年6月
  62. 2014年5月
  63. 2014年4月
  64. 2014年3月
  65. 2014年2月
  66. 2014年1月
  67. 2013年12月
  68. 2013年11月
  69. 2013年10月
  70. 2013年9月
  71. 2013年8月
  72. 2013年7月
  73. 2013年6月
  74. 2013年5月
  75. 2013年4月
  76. 2013年3月
  77. 2013年2月
  78. 2013年1月
  79. 2012年12月
  80. 2012年11月
  81. 2012年10月
  82. 2012年9月
  83. 2012年8月
  84. 2012年7月
  85. 2012年6月
  86. 2012年5月
  87. 2012年4月
  88. 2012年3月
  89. 2012年2月
  90. 2012年1月
  91. 2011年12月
  92. 2011年11月
  93. 2011年10月
  94. 2011年9月
  95. 2011年8月
  96. 2011年7月
  97. 2011年6月
  98. 2011年5月
  99. 2011年4月
  100. 2011年3月
  101. 2011年2月
  102. 2011年1月
  103. 2010年12月
  104. 2010年11月
  105. 2010年10月
  106. 2010年9月
  107. 2010年8月
  108. 2010年7月
  109. 2010年6月
  110. 2010年5月
  111. 2010年4月
  112. 2010年3月
  113. 2010年2月
  114. 2010年1月
  115. 2009年12月
  116. 2009年11月
  117. 2009年10月
  118. 2009年9月
  119. 2009年8月
  120. 2009年7月
  121. 2009年6月
  122. 2009年5月
  123. 2009年4月
  124. 2009年3月
  125. 2009年2月
  126. 2009年1月
  127. 2008年12月
  128. 2008年11月
  129. 2008年10月
  130. 2008年9月
  131. 2008年8月
  132. 2008年7月
  133. 2008年6月
  134. 2008年5月
  135. 2008年4月
  136. 2008年3月
  137. 2008年2月
  138. 2008年1月
  139. 2007年12月
  140. 2007年11月
  141. 2007年10月
  142. 2007年9月
  143. 2007年8月
  144. 2007年7月
  145. 2007年6月
  146. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ