愛される家_暮らしを紡ぐ豊かさ inスイス

cozy-home2_2.jpg

なだらかな緑の丘と色づいた木々を臨め、
暖かい日射しが射し込む心地よい窓辺。。

深く出た軒下のバルコニーには、
心地よく佇める白い籐椅子。

窓を縁取るような観葉植物の柔らかい緑。

白木のテーブルには...
白い陶器の花瓶に活けられた、
2輪のサーモンピンクの薔薇。。

全てが心地よさそうに配された室内。。

住むひとが心を尽くしている...この愛された家。。

この空間を観た時、
家での暮らしを心地よく過ごすことが、
本当に豊かなことで...
人間に与えられた最大の贅沢なのだと実感しました。


↑ ↓ 写真は、スイスにて、見学させていただいたエコ住宅。
ピーター・ズントー氏、設計の家のリビングの窓辺です。

また、旅行記が途中なのですが、、
今朝読んだ本の一節が心に残り、、
この家に足を踏み入れた時の感動にピタリとはまったので、、
今日、UPさせていただきました♪

cozy-home.jpg

↑ こちらは違うショット。うっとりとしませんか~♪

ナント、全てご家族でセルフビルドした家!!!

奥さまが、家を案内してくださったのですが、、
この土地を愛し、、地域の素材をつかった家。。

この家を心から愛し、暮らしを愉しんでいらっしゃるのが、
ヒシヒシと伝わってくるのです♪

家での暮らしを豊かに紡ぐこと。。

ホントに贅沢で豊かなことだな~と、、心から感動を覚え、

「 今、ワタシ、生きていてシアワセ~!!!!!
  此処に出合えたこと、、ありがとうございます~♪ 」

と、家のディティールやつくり方を見るよりも、、
この家の暮らしの豊かさを、心に焼き付けていたのです。(笑)

今朝、、久しぶりに読み返し始めた本から、、心に残る伝えたい文章を。。


「 アットホーム 」

最も身近で、最も贅沢なこと。
それは自分の家や部屋を愛することだ。

愛されている部屋は、住人のからだの延長のように不自由なく、
心の延長のように満たされている。
( 中略 )

個人の生活においては、
贅沢とは決して経済的な豊かさではなく、
その人の時間の過ごし方をいうのだと思う。
( 中略 )
富は得るものかもしれないけれど、
豊かさは自分で育むものだから......


上記、「 毎日が旅じたく 」 津田晴美著 より抜粋




家をつくること、、リフォームをすること、、暮らしを整えること。。

大掃除シーズン、、
ある意味、家を見つめなおせるこの時期だから、、
何かを感じてくだされば、幸いです♪


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ  


↑ にほんブログ村、人気ブログランキングに参加しております

  最後まで読んでいただき 
  ありがとうございました!

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 愛されていない家愛されている家 」
「 雨上がりのレインドロップ_暮らしのたね 」
「 GOOD LOOKING LIFE 」

Comments [10]

いいひさま

行ってないのに、この空間に心が飛びました。
素敵な写真と本、そしていいひさんの感性。ありがとうございました。

いいひさん、こんにちは。

こんな素敵なところへ、スピカさんと行って来たんですか。
うらやまし~。
やっぱり、私が住んでいる田舎とは、違いますね~
何て言葉で表現したら良いのか・・・。
山があって、緑があって、テーブルがあり、椅子があり
そして、太陽の光がある・・・。
確かに、私が住んでいる田舎にもあるのですが・・・。
いいひさん、この胸のうち、分かってもらえますか。

>個人の生活においては、
贅沢とは決して経済的な豊かさではなく、
その人の時間の過ごし方をいうのだと思う。

贅沢?って、最近何なんだろ~と感じています。
確かに生活して行くのには、経済的な事を考えます。
でも、経済的な豊かさがいいとも、感じないんですよね。

>豊かさは自分で育むものだから……

私は、豊になりたくて、がんばって働きました。
ただ、贅沢がしたかった訳ではなく
人並みの生活がしたかったんですね。
自分で育むものだから・・・ですかね。
ちょっと、私の考えがまとまらなくてすみません。

とってもいい言葉でした。

keiko様

お久しぶりです!

実は、このスイスの家を見たとき、keikoさんを想ったんですよ。
この家の豊かさ、、ロケーションが、伊那谷とkeikoさんの家と暮らしを彷彿させました。

なので、コメントいただき、とても嬉しかったです。
ありがとうございました♪

たかさん様

コメント、ありがとうございます♪

どんな環境にいても、自分の居るところ…住まいに満足できたら、
それはとても幸せなことなのだと思います。

上を望めばキリが無く、逆に視点を変えて世界を見れば、、
今飢えずにいることだけでも、、仕合せだと感謝できる。。

フォーカスするところが何処かによって、
自分自身の豊かさの基準は、変わってくるのでしょうね。

>山があって、緑があって、テーブルがあり、椅子があり
>そして、太陽の光がある・・・。

スイスのこの素晴らしい家に共通すること…
たかさんも既に持っていらっしゃいますね。
それをまず愛でていくことで、「何か」が変わってくるのだと思います♪

いいひさん、こんばんは。

そうなんですよ~。

>どんな環境にいても、自分の居るところ…住まいに満足できたら、
それはとても幸せなことなのだと思います。

実は、自分が生まれ、育ったこの土地に、なじめなかったんです。
でも、自分が他の土地に行ける。そう思うと気持ちが楽です。
良かったです。

>逆に視点を変えて世界を見れば、、
今飢えずにいることだけでも、、仕合せだと感謝できる。。

私がもっと心の広い人間だったら、
感謝できるのかも知れませんね。
でも・・・今の私には、喪ってきたものを・・・

しがみ付いて堪えているよりも
少し、離れて視点を変えて世界を見てみようかな。
そんな感じです。

これからも、ヨロシクお願いします。

ズントーの家とは、うらやましいです。
でも、ズントーだからというよりは、住まう人の心の豊かさの産物なんでしょうね。
いいひさんの言いたいこと、ほんとうによく分かります。
心が豊かでいるということ、自分の居心地のいい空間を育めることが本当に贅沢なことなんでしょうね。
家があって、経済的に裕福であっても、それがシアワセではなくて、その上にその環境を豊かで愛しめるかどうか、これは、設計の範疇を超えた、住まい手のエリアなのかもしれません。でも、その器であるからこそ、なおいっそう、豊かな空間になる・・・。
建築やディティールはそれを支える脇役なんだろうなとよく思います。苦労して考えた部位が、主張せずにただひっそりと、役目をしている、空間的にも、機能的にもストレスを持っていない。そう思えてなりません。

そういう、人への優しさが伝わるような仕事ができれば嬉しいですね。
心が澄み渡るような記事に、とても癒され、励まされたような気がします。ありがとうございました。

本当にため息が出るくらい素晴らしい景色&建物ですね!
使われている木製サッシがかっこ良すぎます。
こんな所に住めたらどんなに素晴らしいか容易に想像できますね!あ~日本てなんて住みにくい環境なんでしょう。。。いつか海外に移住したいなぁ

たかさん様 メリークリスマス♪
しがみつくより手放した方が良いときもありますよね。
もしも…あの時…という後悔は、
どちらを選択しても生まれるような気もしますが、
誰かのせいにしない生き方は楽になれます。
無責任なことはいえませんが、、
どうぞ自分のココロが、よろこぶことを選んでくださいね。。
良いクリスマスを♪

lime+さま メリークリスマス♪

コメントありがとうございます♪

スイスにて、このズントー設計の家を暮らしごと拝見させてもらえたことは、
本当に仕合せなことでした☆

そして私が言葉足らずだったところを代弁してくださるかのような、
lime+さんのコメントに、共感しあえる歓びを感じました♪

>人への優しさが伝わるような仕事ができれば嬉しいですね。

私も、本当にそう思います。
お互いにそんな仕事を目指して頑張りたいですね。

同じ志…同じ想いで頑張る方が同じ空の下に居てくれる。。
頑張れるし、勇気をもらえます。
今年、紫色のヒヤシンスがきっかけで、このブログ村で知り合えたことに感謝です♪

jinさま、メリークリスマス!!

コメントありがとうございました☆

そうなんです!!素晴らしいロケーションと建物でした。
スイスの家というファクターを通して日本をみると、、
確かに色々といびつでオカシナトコロも多々感じてしまいますが、、
日本のように、こんなに自由に個人が家づくりを出来る国は、なかなか無いようです。
その仕合せには、感謝してきちんと家づくりをしたいなぁと思いました。

ご家族で素敵なクリスマスの夜をお過ごしくださいね♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_3897s.jpg
  • R9112833s.jpg
  • IMG_0948s.jpg
  • mimosaday.jpg
  • kshousestory20200301collage.jpg
  • 20200222shousestory.jpg
  • R0003134s.jpg
  • DSC_3061s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年3月
  2. 2020年2月
  3. 2020年1月
  4. 2019年12月
  5. 2019年11月
  6. 2019年10月
  7. 2019年9月
  8. 2019年8月
  9. 2019年7月
  10. 2019年6月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2019年3月
  14. 2019年2月
  15. 2019年1月
  16. 2018年12月
  17. 2018年11月
  18. 2018年10月
  19. 2018年9月
  20. 2018年8月
  21. 2018年7月
  22. 2018年6月
  23. 2018年5月
  24. 2018年4月
  25. 2018年3月
  26. 2018年2月
  27. 2018年1月
  28. 2017年12月
  29. 2017年11月
  30. 2017年10月
  31. 2017年9月
  32. 2017年8月
  33. 2017年7月
  34. 2017年6月
  35. 2017年5月
  36. 2017年4月
  37. 2017年3月
  38. 2017年2月
  39. 2017年1月
  40. 2016年12月
  41. 2016年11月
  42. 2016年10月
  43. 2016年9月
  44. 2016年8月
  45. 2016年7月
  46. 2016年6月
  47. 2016年5月
  48. 2016年4月
  49. 2016年3月
  50. 2016年2月
  51. 2016年1月
  52. 2015年12月
  53. 2015年11月
  54. 2015年10月
  55. 2015年9月
  56. 2015年8月
  57. 2015年7月
  58. 2015年6月
  59. 2015年5月
  60. 2015年4月
  61. 2015年3月
  62. 2015年2月
  63. 2015年1月
  64. 2014年12月
  65. 2014年11月
  66. 2014年10月
  67. 2014年9月
  68. 2014年8月
  69. 2014年7月
  70. 2014年6月
  71. 2014年5月
  72. 2014年4月
  73. 2014年3月
  74. 2014年2月
  75. 2014年1月
  76. 2013年12月
  77. 2013年11月
  78. 2013年10月
  79. 2013年9月
  80. 2013年8月
  81. 2013年7月
  82. 2013年6月
  83. 2013年5月
  84. 2013年4月
  85. 2013年3月
  86. 2013年2月
  87. 2013年1月
  88. 2012年12月
  89. 2012年11月
  90. 2012年10月
  91. 2012年9月
  92. 2012年8月
  93. 2012年7月
  94. 2012年6月
  95. 2012年5月
  96. 2012年4月
  97. 2012年3月
  98. 2012年2月
  99. 2012年1月
  100. 2011年12月
  101. 2011年11月
  102. 2011年10月
  103. 2011年9月
  104. 2011年8月
  105. 2011年7月
  106. 2011年6月
  107. 2011年5月
  108. 2011年4月
  109. 2011年3月
  110. 2011年2月
  111. 2011年1月
  112. 2010年12月
  113. 2010年11月
  114. 2010年10月
  115. 2010年9月
  116. 2010年8月
  117. 2010年7月
  118. 2010年6月
  119. 2010年5月
  120. 2010年4月
  121. 2010年3月
  122. 2010年2月
  123. 2010年1月
  124. 2009年12月
  125. 2009年11月
  126. 2009年10月
  127. 2009年9月
  128. 2009年8月
  129. 2009年7月
  130. 2009年6月
  131. 2009年5月
  132. 2009年4月
  133. 2009年3月
  134. 2009年2月
  135. 2009年1月
  136. 2008年12月
  137. 2008年11月
  138. 2008年10月
  139. 2008年9月
  140. 2008年8月
  141. 2008年7月
  142. 2008年6月
  143. 2008年5月
  144. 2008年4月
  145. 2008年3月
  146. 2008年2月
  147. 2008年1月
  148. 2007年12月
  149. 2007年11月
  150. 2007年10月
  151. 2007年9月
  152. 2007年8月
  153. 2007年7月
  154. 2007年6月
  155. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ