家の記憶 '続'最後から二番目の恋 最終回に。

memoryofsummerhouse2.jpg

建てた人の想いが残るから?

いい家って、、
たとえ、持ち主が変わっても、、
永く愛されるものですよね・・・

↑ ↓ 大好きだった私たちの小さな夏の家・・・追分の家。


memoryofsummerhouse3.jpg

今も、受け継がれて、、愛されていることが嬉しい^^

さて、、

「 最後から二番目の恋 」


'続' じゃない時、、シリーズの最初ですね。。
ひさしぶりにオモシロイ大人が愉しめるドラマだなぁって、
結構、夢中で観ていました。

主題歌も大好きでした^^
♪ 今日も一日ありがとう その笑顔に助けられた ♪

今回の続編は、途中で、、やっているのに気付いて、、即、、毎週録画!^^

最終回、、日曜の夜観て、キューーーーーンと来てしまったのです。

長倉家の家って、、素敵ですよね。
日本家屋に洋館的要素を採り入れたようなスタイル。。

無国籍mix、、
ヴィンテージっぽいソファや、、
イギリスカントリーな感じのパインのテーブル、、
アジアンな飾りモノ、、

センスの良い施主さんが、、
好きなモノを集めたって感じのテイスト。好きです♪

→ こちら にリンク貼っておきます^^
( ドラマHP インテリアセットの写真が観れます )

最終回でのワンシーンですが、
みんなで食卓を囲みながら、
和平さんが、家について、話すシーンがジンと胸に来ました。

もしかしたら、合っていないトコロもあるかもしれませんが、、
「家」 というモノを、語る時、これは素敵なエピソードだなぁって、
本当にジンと来たんです。。。

それがこちら♪


- ここの家はね、両親が建てたんですけどね・・・
- 親父がね、この、大っっきいリビングにこだわって作ったらしいんですよ。

- お泊りになって分かると思うんですけど、
- それぞれの部屋はそんなに大きくないんです。。

-- うん小ちゃい (笑) ( 吉野さん... きょんきょん )

- でもこのリビングだけは広いんです。

- でも、それが良いんだって親父の考えで・・・
- もう酔っぱらう度に、随分、そんな話聞かされたんですね。

- 家族が・・・  ま、家族じゃない人たちが、
- 家族のように、、常に、、此処に集まって、
- ワイワイやっているのが、親父の理想だったらしいんですよ。。


長倉家のご両親は、若くして亡くなり、
妹弟三人...4人家族の長として、、
家を守っていくことになった和平さん。

当然、、子供だけで維持していく家庭では、
生活に苦しくなることもあり、
一時は家を手放そうかと思ったといエピソードも。。

それが、長倉家に遊びに来ていた外ネコさんが、、
テラスでチョコンと座っていたことで、
此処売ったら、もうこいつ、此処に来れなくなるなって、
売るのを思いとどまったとか。。

- 猫のお蔭だね この家を売らなくて済んだのは・・・

と、和平さんは、笑うのですが、
それを聞いた思春期真っ只中の娘さんが、
「 タイムマシンに乗って、その頃の和平さんを褒めてあげたい!!」って、
話すんですよね~~。。。

この家を建てたお父さんの目論見通り、
人がワイワイと集まる家になった長倉家。
お父さんにしたら、、孫にまで愛される家になったこと、
きっと、天国で喜んでいますよね^^


「 家 」  って、、人生をどう生きたいか...を指し示すようなもの。


この長倉家のお父さんのように、貫いた '意図' が、
当人が居なくなっても、、そのエッセンスが残って、
家族に愛され続けているって、、
本当に素敵なことだなぁって、、感じました。

ドラマなんですけどね(笑)

でも、「家」 って、そんな風であってほしいかな。。と。。

家づくりに携わるイチ設計者として、、
そんなふうにつらつら思うワタシでした^^

冒頭の写真の家もそう。

あまりの佇まいの良さに一目惚れして、、
壊されるなら、残したい!!って、
頑張って手に入れた家でした^^

愛される家は受け継がれていくこと、、
ドラマを通して、、改めてそう感じられて、嬉しかったな(*^_^*)

今日から7月ですね!!
上半期が終わってしまいました。。

今月は、色々と動く時。。
ガンバリマス♪

  読んで下さった皆さまにとって

  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


≪ 別冊いいひブログ も ゆる~く、、毎日更新中♪ ≫
「 365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 家の記憶 」
「 愛されていない家愛されている家 」
「 愛される家_暮らしを紡ぐ豊かさ inスイス 」

Comments [6]

iihiさん、こんばんは。
追分の家のベッドに腹這いになり、
ずうっと窓の外を眺めていたいです。
iihiさんも、そんなこと、なさったかなぁ~^^
永く愛され、住み継がれていく家って、いいですね。

「最後から二番目の恋」、続ももちろん、
私も大好きでしたよ!お家もインテリアも!!
特に、窓辺の奥まったところのソファのあたり♪

こんにちは。大量の本の収納に悩んでいたところ、こちらにたどり着きました。廊下に本棚素敵でした。ウチの場合は玄関正面に壁、そこから横に長い廊下なのですが参考にさせていただきます。
記事が全て素敵でこの3日間読み続けてます。リフォームの前に出会いたかった…く〜っ!

出美さんご無沙汰してます。
私も見てました。「最後から~」
そしてえりなちゃんの言葉に感動して涙してしまいました。

長倉家のおうち本当に心地良い感じ。
ちょっとごちゃごちゃしているところも無国籍な感じも、全て暖かくて、それぞれに素敵な物語がありそう。
家ってその人の気持ちがこもった、こだわった何かがあるとそれを中心にまとまるような気がします。(インテリアも家族も)
そして何より私はカフェ長倉の食事に興味深々でしたよ~
うちのこだわりは…もちろん…明るいキッチンです!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • yatsugatake_daytrip_june2019.jpg
  • hohouse_ome_junes.jpg
  • nikkohousejotosiki20190515s.jpg
  • nanfutsutabi_vol13.jpg
  • ccc565538928e1091a01e8afe6c3993ea634fae6.jpg
  • nikkojouse20190508-2.jpg
  • springcamp2019s.jpg
  • omeHandOhouse_20190419.jpg

アーカイブ

  1. 2019年7月
  2. 2019年6月
  3. 2019年5月
  4. 2019年4月
  5. 2019年3月
  6. 2019年2月
  7. 2019年1月
  8. 2018年12月
  9. 2018年11月
  10. 2018年10月
  11. 2018年9月
  12. 2018年8月
  13. 2018年7月
  14. 2018年6月
  15. 2018年5月
  16. 2018年4月
  17. 2018年3月
  18. 2018年2月
  19. 2018年1月
  20. 2017年12月
  21. 2017年11月
  22. 2017年10月
  23. 2017年9月
  24. 2017年8月
  25. 2017年7月
  26. 2017年6月
  27. 2017年5月
  28. 2017年4月
  29. 2017年3月
  30. 2017年2月
  31. 2017年1月
  32. 2016年12月
  33. 2016年11月
  34. 2016年10月
  35. 2016年9月
  36. 2016年8月
  37. 2016年7月
  38. 2016年6月
  39. 2016年5月
  40. 2016年4月
  41. 2016年3月
  42. 2016年2月
  43. 2016年1月
  44. 2015年12月
  45. 2015年11月
  46. 2015年10月
  47. 2015年9月
  48. 2015年8月
  49. 2015年7月
  50. 2015年6月
  51. 2015年5月
  52. 2015年4月
  53. 2015年3月
  54. 2015年2月
  55. 2015年1月
  56. 2014年12月
  57. 2014年11月
  58. 2014年10月
  59. 2014年9月
  60. 2014年8月
  61. 2014年7月
  62. 2014年6月
  63. 2014年5月
  64. 2014年4月
  65. 2014年3月
  66. 2014年2月
  67. 2014年1月
  68. 2013年12月
  69. 2013年11月
  70. 2013年10月
  71. 2013年9月
  72. 2013年8月
  73. 2013年7月
  74. 2013年6月
  75. 2013年5月
  76. 2013年4月
  77. 2013年3月
  78. 2013年2月
  79. 2013年1月
  80. 2012年12月
  81. 2012年11月
  82. 2012年10月
  83. 2012年9月
  84. 2012年8月
  85. 2012年7月
  86. 2012年6月
  87. 2012年5月
  88. 2012年4月
  89. 2012年3月
  90. 2012年2月
  91. 2012年1月
  92. 2011年12月
  93. 2011年11月
  94. 2011年10月
  95. 2011年9月
  96. 2011年8月
  97. 2011年7月
  98. 2011年6月
  99. 2011年5月
  100. 2011年4月
  101. 2011年3月
  102. 2011年2月
  103. 2011年1月
  104. 2010年12月
  105. 2010年11月
  106. 2010年10月
  107. 2010年9月
  108. 2010年8月
  109. 2010年7月
  110. 2010年6月
  111. 2010年5月
  112. 2010年4月
  113. 2010年3月
  114. 2010年2月
  115. 2010年1月
  116. 2009年12月
  117. 2009年11月
  118. 2009年10月
  119. 2009年9月
  120. 2009年8月
  121. 2009年7月
  122. 2009年6月
  123. 2009年5月
  124. 2009年4月
  125. 2009年3月
  126. 2009年2月
  127. 2009年1月
  128. 2008年12月
  129. 2008年11月
  130. 2008年10月
  131. 2008年9月
  132. 2008年8月
  133. 2008年7月
  134. 2008年6月
  135. 2008年5月
  136. 2008年4月
  137. 2008年3月
  138. 2008年2月
  139. 2008年1月
  140. 2007年12月
  141. 2007年11月
  142. 2007年10月
  143. 2007年9月
  144. 2007年8月
  145. 2007年7月
  146. 2007年6月
  147. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ