旅の記憶_ベス・チャトー ガーデンへひとりドライブ♪イギリス庭めぐり旅2014

BethChattoGardensCollage2014.jpg


旅の記憶を辿って...

旅日記という形式でUPするのは、本当に苦手で...(>_<)
どの旅も最終回まで行かないのですが...(^_^;)
その中でも忘れらない感動は残しておきたいし...
皆さんともシェア出来たらいいなぁと思うのです。。

なので、'旅の記憶' として、
思い出を綴ってゆくカタチで。。

今日は、2014年7月に旅したイギリス...
ベス・チャトー ガーデン を...♪

2014julyBethChattoGardens03.jpg


旅する前に、「 ベス・チャトー奇跡の庭 」 を読みました。

巻末、ベスさんへのインタビューでのある一節...
↓ ↓ 日本の読者に向けてのメッセージ ↓ ↓

- 人生には つらいことや悲しいことがたくさんあります。
- ガーデニングは私がそんな時期を乗り切るのを助けてくれました。
- いつも乗り越えさせてくれました。

- 同じように、ガーデニングが、
- 日本の方々にとっても時に慰めとなり、
- また人生の喜びの源になりますよう、心から願っています。

この一節が、私の心に響いて離れませんでした。

2014julyBethChattoGardens05.jpg

1960年から、彼女の半生をかけて、
イギリスのなかでも最も雨の少ない地域の、
しかも、荒れ地だった土地に、
池をつくり、森をつくり、
水遣り不要のグラベルガーデン(砂利の庭)をつくり、
さも '元々その場所に在った' かのように 自然に、
美しい庭に生まれ変わらせた...その情熱。。

2014julyBethChattoGardens29.jpg

彼女の人生が垣間見えてくる前述の文章に心動かされ、
ベスさんがご存命のうちに、
どうしても、そのお庭に佇んでみたいと思い、
初参加したガーデン巡りツアーの後、
ひとりドライブで行こうと決めました!!


... 遡ること、2014年7月14日の朝に。 ...

ツアーの疲れを吹き飛ばし、
5時前にはシッカリと起き...(笑)
ヒースローへ。

ピカピカのお天気が、このプチトリップを祝福してくれているようで...

london20140714.jpg

ひとりドライブという 緊張感 より、
ワクワク感が勝っていました!!!

過去何度もイギリスで運転はしているのですが、
ひとりは初めてなので旅立つ前、
夫からきちんと責任とれるように準備しなければダメと言われ...
イロイロと準備して臨んだので、不安は無。
( この辺りの準備のコトは機会があればまた... )

heathrow20140714.jpg

5回目の利用で、勝手も分かるヒースローのハーツから、
いざ、ベスチャトーガーデンのあるコルチェスターへ♪

uk-drive-20140714.jpg

身動きが、自分の意のままということは、、
まるで、羽が生えたように自由!!!
その開放感ったら堪らなく嬉しくって。

車窓に広がるカントリーサイドの景にワクワク。

ヒースローからだと、北東方向...
市内を突っ切る方が距離は短いですが、渋滞が凄いと聞いていたので、
ロンドン市内を迂回して、車で約2時間。
順調なドライブで、無事に到着しました!!!!

2014julyBethChattoGardens57.jpg

無事に到着した安堵感。
憧れのお庭を前にした高揚感。

この時、旅っていいなぁ...と、
つくづくと感じていたのを覚えています。。

さてさて、、

入るとすぐに、グラベルガーデンが迎えてくれます!

↓ 写真で見ていましたが、グラス類が美しくって。

2014julyBethChattoGardens00.jpg

私の写真じゃ伝わらないですが...(^_^;)
まず、ココだけで感嘆符の連続。(笑)

ベスさんの本からですが、
敢えてオーナメンタルグラス類を使うとすれば、
このスティパ・ギガンテアを選ぶそうです。。

写真では伝わりにくいですが、
光を受けるとキラキラ輝いて...
他の草花たちを映えさせています。

2014julyBethChattoGardens60.jpg

ツアーで訪ねたスペシャルプランツナーサリーでも、
グラベルガーデンに出合い、その魅力を存分に感じていたので、
ここでも興味津々に観ました。

2014julyBethChattoGardens61.jpg

ベスさんは図面にデザインを描くよりも現場主義。

このグラベルガーデンの島状のアールも、
ホースを使って、その場で描いていったそう。

2014julyBethChattoGardens63.jpg

↓ 個人的に、この景がすごーーく好き♡

2014julyBethChattoGardens12.jpg

このお庭は、殆ど水遣りしないそう。。

乾燥に耐える草花たちが、
実に活き活きと美しく其処に在ります。。


2014julyBethChattoGardens13.jpg

ここだけでも見ごたえ十分ですが、まだまだ入場前。。

この日は、グレートディクスター近くまで移動するので、
遅くても2時過ぎには出発したいので、先を急ぎます。

↓ 入園ゲート脇の、この大樹。。

2014julyBethChattoGardens41.jpg

大きな樹って大好き!!
包まれるような安心感。。抱きつきたい♡

↓ 入ってすぐに出合うウォーターガーデン。

2014julyBethChattoGardens09.jpg

足を踏み入れた途端の空気感が違う。。

鳥の羽音...
風がそよぐ音...

2014julyBethChattoGardens65.jpg

まだ朝露の残る葉からは、、
澄んだ緑の匂い...

2014julyBethChattoGardens64.jpg

此処は特別な場所だぁ...と。
涙ぐんでしまうくらい。。

2014julyBethChattoGardens59.jpg

だって、こんな美しい庭に出合えたから。

2014julyBethChattoGardens38.jpg

木々も草花も、
よそよそしくなく、
活き活きと瑞々しく存在していて...

2014julyBethChattoGardens16.jpg

けれど完璧に美しく...

2014julyBethChattoGardens08.jpg

その生を存分に謳歌しているよう。。

凄い!すごーい!
すごーーーーい!!
と、ひとり大興奮。(笑)

その時、日本語で 「 おはようございます 」と声を掛けられ、
振り向くと 上品なご夫婦連れがいらっしゃいました。

お話すると、ご夫婦で庭めぐりの旅をされていらっしゃるとか。

2014julyBethChattoGardens04.jpg

Y先生のツアーに参加してきたことを話すと、
奥さまにイロイロ質問され、
巡ってきたお庭のことをお伝えすると、
とっても、羨ましがられました。。

2014julyBethChattoGardens07.jpg

私は、夫婦仲良く旅できるおふたりが、、
とーーーーっても羨ましいです!!と伝えると、
「 次回は、あなたもご主人と一緒だといいですね 」と、
優しい笑顔をくださいました。

そして、「 良い旅を... 」
と、お互いに声掛け合ってお別れ。

そうそう...ひとりで静かに庭を歩いているせいもあるのか...
この旅で訪ねたどこの庭よりも、
生き物たちにも多く出合えて。。

↓ 親子連れのクロウタドリ(多分...)がゆったりと池を泳ぎ...

2014julyBethChattoGardens20.jpg

↓ 水色のトンボが喜ばし気に池の周りをクルクル回遊^^

2014julyBethChattoGardens21.jpg

↓ 低く喉を鳴らして悠々と庭を散歩するキジバト。

2014julyBethChattoGardens24.jpg

↓ 花の周りをせっせと行交うミツバチ。

2014julyBethChattoGardens28.jpg

↓ 木漏れ日に輝く蜘蛛の巣までも美しい。

2014julyBethChattoGardens25.jpg

↓ ベスさん自邸のお庭にいた愛らしい小鳥たち。

2014julyBethChattoGardens43.jpg

眺め良い木蔭のベンチに離れがたく座っていると、
ハリネズミさんにも遭遇。

2014julyBethChattoGardens17.jpg

写真には残せなかったけれど...
何だか嬉しかったなぁ(*^_^*)

勿論、訪ねている私たち人間も。

2014julyBethChattoGardens23.jpg

みんなどこか満ち足りたお顔になっていて。。

2014julyBethChattoGardens67.jpg

ゆったりとこの庭時間を愉しんでいました。

2014julyBethChattoGardens66.jpg

この穏やかな天国のような庭に居る仕合せ。

↓ 作業するガーデナーさんたちにも遭遇。

2014julyBethChattoGardens46.jpg

笑顔で挨拶してくださり、
写真OKか尋ねると、
このスマイルをくださいました♪

↓ ウッドランドガーデンへ。

2014julyBethChattoGardens02.jpg

緑が本当に輝いて...美しく...

2014julyBethChattoGardens27.jpg

少し湿り気のある濃い緑の木々の間を、
一歩一歩と歩くたび、心がシンと鎮まって。。

↓ 離れがたかったベンチ。

2014julyBethChattoGardens18.jpg

↓ 牧場柵とゲートの向こうは、明るく拓けたメドウが♪

2014julyBethChattoGardens31.jpg

ひゃーーーここも美しい。

2014julyBethChattoGardens30.jpg

とても心惹かれた景でした。

2014julyBethChattoGardens32.jpg

庭めぐりツアーでは常に駆け足だったので、
自分のココロの赴くまま、時間の許す限り、
気に入った場所で佇める幸せは本当に嬉しかった。

勿論、ツアーでしか得られない素晴らしい学びも多々でしたョ^^

↓ スポットライトのような木漏れ日に照らされて咲く花。

2014julyBethChattoGardens33.jpg

こんな何気ない一瞬を撮ることも、
私にとっては、このうえない幸せで。。

2014julyBethChattoGardens70.jpg

↓ ウッドガーデンを抜けたトコロにある橋のある景。

2014julyBethChattoGardens68.jpg

↓ ほぼ同じペースで歩いていた三人組の奥さまたち。

2014julyBethChattoGardens22.jpg

ずーーーっとお喋りしながら、
草花を愛でていて、実に楽しそう!
お庭好きな友人との女子旅も良いな。

2014julyBethChattoGardens06.jpg

↓ 池の向こうに見えるのがベスさんの自邸。

2014julyBethChattoGardens10.jpg

↓ ベスさん自邸南側に広がるスクーリーガーデン。

2014julyBethChattoGardens35.jpg

グラベルガーデンに植えるには小さすぎる植物のために作ったとか。。

2014julyBethChattoGardens48.jpg

ここでガーデン猫さんに遭遇。

2014julyBethChattoGardens36.jpg

かなり暑かったので、グッタリしていたけれど、
撫でてあげて、水筒の水を少し鼻に付けてあげると、
起き上がって、木蔭へと入っていきました。

頑張って長生きするんだよ。。

↓ ベスさん自邸。

2014julyBethChattoGardens40.jpg

↓ お家の周りのお庭。その向こうに池が臨めます。

2014julyBethChattoGardens42.jpg

↓ バードフィダーに集まる小鳥たち。

2014julyBethChattoGardens37.jpg

プライベートなお庭を介してのポンドガーデンの眺めは、
きっと素晴らしいのだろうなぁと想像。

2014julyBethChattoGardens71.jpg

↓ ナーサリーの温室。

2014julyBethChattoGardens49.jpg

↓ ナーサリー。植える適所を看板で示してあるようです。

2014julyBethChattoGardens51.jpg

お庭を堪能して、此処で植物を連れて帰れるなんて、最高ですねぇ。。

2014julyBethChattoGardens53.jpg

↓ 売店入口

2014julyBethChattoGardens52.jpg

↓ 売店を抜けてカフェ方向を臨む。

2014julyBethChattoGardens72.jpg

↓ カフェの前には、アイスクリームの屋台。

2014julyBethChattoGardens47.jpg

お姉さんが素敵な笑顔をくださいました♪

↓ 清潔感ある北欧風インテリアなカフェ室内。

2014julyBethChattoGardens55.jpg

グラベルガーデンを眺めながら、美味しい食事が出来ます!

↓ ビュッフェのような感じ。

2014julyBethChattoGardens73.jpg

胸がいっぱいで...とりあえずサラダと炭酸水をいただきましたが、
シッカリとした野菜の味で、実に美味しかったです♪
もっとイロイロ試してみても良かったなぁ。。

↓ ベスさんの写真が飾られていました。

2014julyBethChattoGardens54.jpg

ここまで素晴らしい庭を作り上げたこと。

成し遂げる強さ。
強さの裏側を支えたのもきっとお庭。

自ら手をかけるお庭が、
人生を生きる辛さや悲しみを和らげ癒し、
至上のヨロコビを以て、きっと支えてくれたのでしょうね。。

此処に来ることが出来て、本当に良かった。。(*^_^*)

↓ ナーサリーにたなびく煙のなかのアガパンサスたち。

2014julyBethChattoGardens34.jpg

↓ 青空にサンジャクバーベナとアガパンサス。

2014julyBethChattoGardens56.jpg

大幅に時間オーバーしてしまったベスさんのお庭。

本当は、一気にライ辺りまで走って、
チェックインする前に、アンティークを観る予定だったけれど、
このお庭の魅力には勝てませんでした。

今振り返っても、
心ゆくまでこの庭を愉しめたこと、
本当に良かったなぁと思うのです。。

この後、、

ベスさんと文通仲間だったという、
グレート ディクスター・ガーデンを翌朝訪ねるため、、
南東部にあるファームハウスまで移動。
ココも実に素敵だった♡

次回の記事は、そのファームハウスでの滞在のことをUP予定

また、不定期ですが、旅の記憶を辿ってみたいと思います♪

長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございました!!!

↓ ↓ この記事の旅記事はこちらの一覧からどうぞ♪
「 イギリス庭めぐり旅_2014夏 一覧 」



    読んで下さった皆さまにとって
   素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

   家での暮らしが心地よいことが
   住む人の幸せに繋がります!!
   心を込めて♪ (出美)


最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 旅のきっかけは一冊の本から♪_イギリスレンタカー旅のススメ 」
「 秋色のガーデンカフェへ♪ 」
「 シテ島の小鳥市と花市@パリ 」

Comments [6]

こんにちは!
ベス・チャトーガーデン、待ってました~!!

このところ雨続き・・我が庭の色も沈みがちのところ、
この圧倒的な美しいお庭を見せていただいて、
元気が出ました^^

おおらかで、植物たちがほんとうに生き生きしていますね。
そういうお庭って、生き物たち(人間も含め)にも
とっても居心地のよいお庭なのだなぁと思いました♪

いいひさん、こんにちは。
イギリスの旅での、ひとりドライブワクワクします。いつもながらいいひさんの行動力には本当に感心します。
 写真も構図の切り取りがとてもいいですね~
植物の深い色、イギリスの豊かな環境を感じます。ガーデナーのお庭を作り上げる情熱も熱いですね。
またイギリスのお庭に浸りたくなってきました~

こんにちは、お久しぶりです *^-^*
お変わりないですか?
来週からの英国の旅に先立って今回の予習をしていたところ、この記事に出会いました。

素敵な写真がたくさんで、あの時の良い思い出が蘇ってきました。
こんなに良いお天気に恵まれて、旅を続けられたんですね。

今回は東イングランドの庭園を旅するツアーに参加します。
車での旅もチャレンジしたかったのですが、安全第一で…。
ロンドンではTate Modern を観て来るつもりでいます。

また、ご一緒したいなぁー、と思います。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • nanfutsutabi_vol13.jpg
  • ccc565538928e1091a01e8afe6c3993ea634fae6.jpg
  • nikkojouse20190508-2.jpg
  • springcamp2019s.jpg
  • omeHandOhouse_20190419.jpg
  • may2019s.jpg
  • nhousestory_may2019s.jpg
  • nanfutsutabi_vol12collages.jpg

アーカイブ

  1. 2019年6月
  2. 2019年5月
  3. 2019年4月
  4. 2019年3月
  5. 2019年2月
  6. 2019年1月
  7. 2018年12月
  8. 2018年11月
  9. 2018年10月
  10. 2018年9月
  11. 2018年8月
  12. 2018年7月
  13. 2018年6月
  14. 2018年5月
  15. 2018年4月
  16. 2018年3月
  17. 2018年2月
  18. 2018年1月
  19. 2017年12月
  20. 2017年11月
  21. 2017年10月
  22. 2017年9月
  23. 2017年8月
  24. 2017年7月
  25. 2017年6月
  26. 2017年5月
  27. 2017年4月
  28. 2017年3月
  29. 2017年2月
  30. 2017年1月
  31. 2016年12月
  32. 2016年11月
  33. 2016年10月
  34. 2016年9月
  35. 2016年8月
  36. 2016年7月
  37. 2016年6月
  38. 2016年5月
  39. 2016年4月
  40. 2016年3月
  41. 2016年2月
  42. 2016年1月
  43. 2015年12月
  44. 2015年11月
  45. 2015年10月
  46. 2015年9月
  47. 2015年8月
  48. 2015年7月
  49. 2015年6月
  50. 2015年5月
  51. 2015年4月
  52. 2015年3月
  53. 2015年2月
  54. 2015年1月
  55. 2014年12月
  56. 2014年11月
  57. 2014年10月
  58. 2014年9月
  59. 2014年8月
  60. 2014年7月
  61. 2014年6月
  62. 2014年5月
  63. 2014年4月
  64. 2014年3月
  65. 2014年2月
  66. 2014年1月
  67. 2013年12月
  68. 2013年11月
  69. 2013年10月
  70. 2013年9月
  71. 2013年8月
  72. 2013年7月
  73. 2013年6月
  74. 2013年5月
  75. 2013年4月
  76. 2013年3月
  77. 2013年2月
  78. 2013年1月
  79. 2012年12月
  80. 2012年11月
  81. 2012年10月
  82. 2012年9月
  83. 2012年8月
  84. 2012年7月
  85. 2012年6月
  86. 2012年5月
  87. 2012年4月
  88. 2012年3月
  89. 2012年2月
  90. 2012年1月
  91. 2011年12月
  92. 2011年11月
  93. 2011年10月
  94. 2011年9月
  95. 2011年8月
  96. 2011年7月
  97. 2011年6月
  98. 2011年5月
  99. 2011年4月
  100. 2011年3月
  101. 2011年2月
  102. 2011年1月
  103. 2010年12月
  104. 2010年11月
  105. 2010年10月
  106. 2010年9月
  107. 2010年8月
  108. 2010年7月
  109. 2010年6月
  110. 2010年5月
  111. 2010年4月
  112. 2010年3月
  113. 2010年2月
  114. 2010年1月
  115. 2009年12月
  116. 2009年11月
  117. 2009年10月
  118. 2009年9月
  119. 2009年8月
  120. 2009年7月
  121. 2009年6月
  122. 2009年5月
  123. 2009年4月
  124. 2009年3月
  125. 2009年2月
  126. 2009年1月
  127. 2008年12月
  128. 2008年11月
  129. 2008年10月
  130. 2008年9月
  131. 2008年8月
  132. 2008年7月
  133. 2008年6月
  134. 2008年5月
  135. 2008年4月
  136. 2008年3月
  137. 2008年2月
  138. 2008年1月
  139. 2007年12月
  140. 2007年11月
  141. 2007年10月
  142. 2007年9月
  143. 2007年8月
  144. 2007年7月
  145. 2007年6月
  146. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ