ロンドン建築巡り③ロンドンで最も美しい本屋さんへ♪_旅の記録Vol.39

20170619-DSC09192.jpg

「 世界で最も美しい書店 」

この文字を見ただけで、
胸がときめくのは...
きっと無類の本好きな筈!(^m^)

2017年初夏に旅したフランス~イギリス旅。
前回 からのつづきです!


旅は、一冊の本がきっかけで、
目的地を決めることもありますよね♪

↓ この本でも紹介されている

710qg2mYG9L.jpg

ロンドン Daunt Books Marylebone店。

かつて、Timeout誌でも、
ロンドンで最も美しい本屋さんに選ばれたとか。。

海外に行く時は、
必ず本屋さんに行きたがる私なので...

この旅のロンドン滞在では、
ぜひ立ち寄ってみたかった。。

と、言うことで...^m^

↓ DAUNT BOOKS マリルボーン店に到着!

20170619-20170619-DSC09188.jpg

地下~グランドフロア階(1階)~吹抜けた回廊の空間構成。

↓ いわゆる1階。
↓ 天窓が配された吹抜け空間。

20170619-DSC09191.jpg

 天窓のシェードを通した柔らかい光。
 グリーンのランプ。
 ウイリアムモリスのクロス。

 一番奥...
 青みがかったグリーンの壁に囲まれた
 美しいアーチ窓。。

実にフォトジェニック♡
素敵です♡

↓ 冒頭の写真に戻りますが...
↓ 籐椅子が置かれたその空間にうっとり。

d73ad058778413f553e374967ba585a01e68d2db.jpg

↓ 吹抜けの回廊から見下した景。

20170619-20170619-DSC09197.jpg

 窓のステンドグラスのパターン...
 籐椅子と丸テーブル...
 中央に活けられたホワイト系の花々...
 ヘリンボーンの床...

みーんな好きなものばかり♡

20170619-DSC09194.jpg

↓ 回廊の渡り廊下から店内奥を臨む。

fb2a977f6d4e920ab82cd97a3ccb5189e803ca5f.jpg

↓ 地階への階段。

20170619-DSC09196.jpg

こんな素敵な本屋さん...
ロンドナーが羨ましいな。

20170619-20170619-DSC09189.jpg

この本屋さんは、
世界各国のガイドブック・写真集・小説・絵本が、
国別に揃えられていました。

↓ やっぱりGreat Britainコーナーへ。
( イギリスに居るのに(^-^; )

20170619-20170619-DSC09201.jpg

↓ ダウントンアビーの写真集発見!

20170619-20170619-DSC09208.jpg

イギリスの美しい景が
たくさん載っている写真集たち...
素敵♡

新婚旅行では、
ピカデリーの Hatchards という王室御用達本屋へ行き、
カントリーサイドの景を写し撮った...          
重い写真集を記念に買って帰ったな。

とか思い出していました。

今ではInstagramやピンタレストで、
素敵画像に身近に振れられますが...
20年前は違ったから。。(^-^;

20170619-DSC09206.jpg

海の生物の写真集を興味深く眺めたり。。

20170619-DSC09199.jpg

地下には椅子とテーブルがあって、
そこで本を閲覧できるようでした。

DSC09204s.jpg

時間を忘れる位、
落ち着いて本の世界に入り込める空間。

1910年に建築されたという
エドワード様式の建物の魅力を堪能。

本好きにも建築好きにもお勧めです(*^-^*)

改めて読み返して印象に残った
冒頭に紹介した本のまえがき...

- ワンクリックで本が買えても、そこには物語は生まれません。

- 書店へと向かう道すがらの風景、書店を満たす空気、
- 働く人々の気配りや出逢った人々との語らいには、
- ささやかながらも物語にあふれています。

- わたしたちは便利で効率的な暮らしを貧欲に求めていても、
- 決してそれだけでは満たされることはないのです。

- だからこそ、わたしたちは書店へと向かうのかもしれません。
 
※ 上記 「世界で最も美しい書店」清水 玲奈著 より抜粋

本屋さんで コレっという本に出合うこと。

人生の楽しみの一つだなと常思っています。

そして出合った本が
自分の生き方に少なからずも影響を与え、
何度も読み返すことで自分自身の血肉となり、
人生の一部にもなっていくような感覚。

世の中が進んで電子書籍が増えても、
やっぱり本好きは本屋さんが好きだと思う。

本屋さんは無くなってほしくないな。

↓ そうそう!
↓ 泊ったエアビーのご近所にも
↓ DAUNT BOOKSがありました♪

20170619-20170619-IMG_2414.jpg

またイギリスを旅したいと...
GoogleMAPでエア旅程を組立て
妄想旅している私。

日本では、このコロナ禍で
大好きなお店が無くなっていて...(涙)

イギリスの好きな宿やお店が
次の旅まで存続してほしいなぁと祈るこの頃。。

... 3年前の旅行記ですが
... まだ 続きます(^-^;

次回 ロンドン建築巡り④
ハムステッドのモダニズム建築へ♪

超々久しぶりのブログ更新。

こんなにブログをお休みしてしまったのは初めてです。。

でもあるコトに向き合うも立ち行かない疲れからなのか?
なかなかブログに触れらない日々が続き。。
( こんなこと初めてです (>_<) )

が...

9月になり気分一新させます!!
明るく元気に頑張れる...と、
自らに暗示をかけて!!(^-^;

宜しければ、
またお付き合いくださると幸いです。m(__)m

↓ DAUNT BOOKS マリルボーン店情報





  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!


  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20211030-IMG_9442.jpg
  • IMG_8568s.jpg
  • nhousekodaira.jpg
  • 2seckshousestorys.jpg
  • 20210821-IMG_7532.jpg
  • Cornishware-800x314.jpg
  • sakan_kodairahouse.jpg
  • 2021SUMMERS.jpg

アーカイブ

  1. 2021年11月
  2. 2021年10月
  3. 2021年9月
  4. 2021年8月
  5. 2021年7月
  6. 2021年6月
  7. 2021年5月
  8. 2021年4月
  9. 2021年3月
  10. 2021年1月
  11. 2020年12月
  12. 2020年10月
  13. 2020年9月
  14. 2020年7月
  15. 2020年6月
  16. 2020年5月
  17. 2020年4月
  18. 2020年3月
  19. 2020年2月
  20. 2020年1月
  21. 2019年12月
  22. 2019年11月
  23. 2019年10月
  24. 2019年9月
  25. 2019年8月
  26. 2019年7月
  27. 2019年6月
  28. 2019年5月
  29. 2019年4月
  30. 2019年3月
  31. 2019年2月
  32. 2019年1月
  33. 2018年12月
  34. 2018年11月
  35. 2018年10月
  36. 2018年9月
  37. 2018年8月
  38. 2018年7月
  39. 2018年6月
  40. 2018年5月
  41. 2018年4月
  42. 2018年3月
  43. 2018年2月
  44. 2018年1月
  45. 2017年12月
  46. 2017年11月
  47. 2017年10月
  48. 2017年9月
  49. 2017年8月
  50. 2017年7月
  51. 2017年6月
  52. 2017年5月
  53. 2017年4月
  54. 2017年3月
  55. 2017年2月
  56. 2017年1月
  57. 2016年12月
  58. 2016年11月
  59. 2016年10月
  60. 2016年9月
  61. 2016年8月
  62. 2016年7月
  63. 2016年6月
  64. 2016年5月
  65. 2016年4月
  66. 2016年3月
  67. 2016年2月
  68. 2016年1月
  69. 2015年12月
  70. 2015年11月
  71. 2015年10月
  72. 2015年9月
  73. 2015年8月
  74. 2015年7月
  75. 2015年6月
  76. 2015年5月
  77. 2015年4月
  78. 2015年3月
  79. 2015年2月
  80. 2015年1月
  81. 2014年12月
  82. 2014年11月
  83. 2014年10月
  84. 2014年9月
  85. 2014年8月
  86. 2014年7月
  87. 2014年6月
  88. 2014年5月
  89. 2014年4月
  90. 2014年3月
  91. 2014年2月
  92. 2014年1月
  93. 2013年12月
  94. 2013年11月
  95. 2013年10月
  96. 2013年9月
  97. 2013年8月
  98. 2013年7月
  99. 2013年6月
  100. 2013年5月
  101. 2013年4月
  102. 2013年3月
  103. 2013年2月
  104. 2013年1月
  105. 2012年12月
  106. 2012年11月
  107. 2012年10月
  108. 2012年9月
  109. 2012年8月
  110. 2012年7月
  111. 2012年6月
  112. 2012年5月
  113. 2012年4月
  114. 2012年3月
  115. 2012年2月
  116. 2012年1月
  117. 2011年12月
  118. 2011年11月
  119. 2011年10月
  120. 2011年9月
  121. 2011年8月
  122. 2011年7月
  123. 2011年6月
  124. 2011年5月
  125. 2011年4月
  126. 2011年3月
  127. 2011年2月
  128. 2011年1月
  129. 2010年12月
  130. 2010年11月
  131. 2010年10月
  132. 2010年9月
  133. 2010年8月
  134. 2010年7月
  135. 2010年6月
  136. 2010年5月
  137. 2010年4月
  138. 2010年3月
  139. 2010年2月
  140. 2010年1月
  141. 2009年12月
  142. 2009年11月
  143. 2009年10月
  144. 2009年9月
  145. 2009年8月
  146. 2009年7月
  147. 2009年6月
  148. 2009年5月
  149. 2009年4月
  150. 2009年3月
  151. 2009年2月
  152. 2009年1月
  153. 2008年12月
  154. 2008年11月
  155. 2008年10月
  156. 2008年9月
  157. 2008年8月
  158. 2008年7月
  159. 2008年6月
  160. 2008年5月
  161. 2008年4月
  162. 2008年3月
  163. 2008年2月
  164. 2008年1月
  165. 2007年12月
  166. 2007年11月
  167. 2007年10月
  168. 2007年9月
  169. 2007年8月
  170. 2007年7月
  171. 2007年6月
  172. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ