町田散策♪_ダリア園と武相荘。

buaisomachidasanpo2022.jpg

過ぎてゆく夏を振り返って。。

雨上がり。
なだらかな丘に沿って
しっとりと咲くダリアたち。

濃い緑の木々に囲まれた茅葺屋根の家。
かつてそこで営まれた暮らしを垣間見て、
美味しいランチに舌鼓をうつ♡

猛暑だったり豪雨がふったりで...
お天気不安定だった7月半ばのある日に、
お花好き・建物好きな友人たちと、
町田さんぽをしてきた日のことを...♪


「 町田ダリア園に行ってみませんか? 」

そんな嬉しいお誘いをうけ予定した日...
我が家のある江東区は土砂降りの朝でしたが、
埼玉・相模原の友人たちのほうは小降りとのことで決行♪

豪雨のなか首都高で都心をやっと抜け、
町田に到着してみると雨はすっかりあがり、
曇天ながら涼やかな風が吹いていました!

↓ 町田ダリア園。

IMG_0265.JPEG

約15,000㎡の園内に約500品種...
約4,000株のダリアを栽培しているそう♡

↓ 丘に面して咲くダリアたち♡

abafddd552b9ad91405004cc49def0ec9ffd736a.JPEG

このダリア園は
障がいをもつ方が働けるように
町田市が設置した施設とのこと。

彼らが生き生きと働く姿をお見かけしました!

色々な作業所はありますが、
植物にふれあう仕事を行政がつくってくれること...
いい街だなぁと感じます(*^-^*)

早速散策♪

25d44dca26bc448ead3619d44f997a632d03c935.jpg

平日だったので空いていました。

IMG_0224.JPEG

ひとつひとつを眺めながら、
それぞれ好みの花を愛でつつ
写真に残しながら進みます。

IMG_0219.JPEG

おふたりの家には、
素敵なお庭があるので、
ご自身の庭に植えられるものも
想定しているのでしょうね。

IMG_0222.JPEG

いいなぁ (≧▽≦)

IMG_0230.JPEG


ダリアってホントたくさんの品種があるのですね(◎_◎;)

↓ これは ルパン。

IMG_0261.JPEG

怪盗ルパン三世をイメージなのでしょうか...(^m^)

IMG_0260.JPEG

赤いダリアに、つい目が向きます。

ー 薔薇も昔は白が好きだったのに、
ー 最近は紅バラノイバラのようなのも可愛いと思うの。。

そんなことを話すと、友人たちも...

ー 年をとると好みが変わってくるよね。
ー おばあちゃん世代が
ー 赤を好むのも分かるようになったかも!?(笑)

と、笑いあいました。

↓ マーマレード。

IMG_0235.JPEG

↓ アンティークロマン

IMG_0226.JPEG


IMG_0223.JPEG

↓ 名前、失念。

IMG_0228.JPEG

可憐な色とほどよい大きさ♡

↓ ブラックエッグ。

IMG_0257.JPEG

シックです♡

↓ スターズレディ。

IMG_0251.JPEG

小ぶりでモダンな雰囲気なダリアには、
今風な命名が多かったですが、
渋い和名もけっこうあって...

IMG_0248.JPEG

↓ 「 大歓声 」

a9ce6983eb187b9cb8f992bff08b21183cb5f6d8.JPEG

おおぶりな赤いダリア。
夜空に打ち上がった花火を連想するからかなぁ...
なるほど~!...とうなづいたり。。

IMG_0244.JPEG

写真は忘れてしまいましたが、
あまりにも渋すぎるネーミングセンスに
大うけしたものもありました。

IMG_0231.JPEG

ひとつひとつを愛でていたら
時間なんてあっという間!!

IMG_0221.JPEG

雨が再び降り始めてきたので、
施設内のお花屋さんを覗いて...
それぞれ気になる苗を買って、
ダリア園を後にしました。

↓ 友人のカングーと私のラシーン♪

04818f00f2490dd3dbc7d97864fe1b2dd6bfd9e1.jpg

可愛い水色に塗り替えたカングー♡
素敵ですよね♪

二代目ラシーンをシダーグリーンにしましたが、
やっぱりブルー系って好きだなぁ...と実感。
私もまた塗り替えたくなってしまいました(^-^;

次に向かったのは、ダリア園から車で5分ほど。

↓ 町田薬師池公園 四季彩の杜 西園。

IMG_0269.jpg

お目当ては直売所でしたが、
板張りの建物群とナチュラルなお庭が、
とっても素敵でした♡

IMG_0273.JPEG

ヤマユリのよい香り♡

IMG_0272.JPEG

ガーデンだけではなく、
雑木林や農園もあって、
町田に自生する草花の植生を見ることができるようです。

そして!!

板張りの建物...やはり好きです(≧▽≦)

IMG_0285.JPEG

IMG_0283.JPEG

この日ご一緒したおふたりは、
実はお施主さんで...
今は友人としてお付き合いしてもらっていますが、
両家、板張りの家を設計させていただきました(*^-^*)

今日も、
やっぱり庭がほしいだの
板張りの建物が好きだの
あーのこーのと話していたら。。

ー 出美さんの板張りの家も建ててくださーい!
ー 牛尾さん、そう!人生あっという間ョ!

と言われちゃいました(^-^;

ホント、本当にそうですね。。
この世からいなくなる時に
悔いが残らないようにしないとね。。

直売所で地物野菜を買って出発!

↓ 武相荘に到着。

20220713-IMG_0291.jpg

駐車場から竹林をぬけて...
階段を上って...

20220713-IMG_0292.jpg

20220713-IMG_0310.jpg

門をくぐった先に。。

20220713-IMG_0293.jpg

立派な枝ぶりの大きな柿の木越しに
武相荘の建物が見えてきます。

20220713-IMG_0306.jpg

まだ青々としている柿の実。

20220713-IMG_0320.jpg

漆喰の壁と経年変化した木部。

20220713-IMG_0321.jpg

味のあるサイン。

白洲夫妻が越してきた当時から、
この建物を 武相荘 と名付けて
呼び親しんでいたそうです。

↓ 名前の由来( 公式ホームページより。)

 - 武相荘とは、武蔵と相模の境にあるこの地に因んで、
 - また彼独特の一捻りしたいという気持から
 - 無愛想をかけて名づけたようです。

↓ 納屋の上...中二階へとつづく階段。

20220713-IMG_0316.jpg

↓ 内部は、バー&ギャラリーになっています。

20220713-IMG_0311.jpg

男の空間ですね。
白洲次郎さんの書籍などが展示。

IMG_0313.JPEG

↓ 武相荘レストラン内部。

20220713-IMG_0304.jpg

↓ 窓越しのテラス。

20220713-IMG_0300.jpg

↓ パーゴラが架るテラス。

20220713-IMG_0301.jpg

いいですねぇぇ♡♡♡
大好物な空間です(≧▽≦)

↓ テラスに面した部屋にも客席。

20220713-IMG_0296.jpg

こちらで遅いランチをとることにしました♪

白洲家に所縁のあるメニューが二品。

↓ 親子丼。

IMG_0297.JPEG

↓ エビカレー。

IMG_0299.JPEG

野菜嫌いだった白洲次郎さんは、
カレーに添えられたキャベツは食べられたそうで...
キャベツの千切りが添えられていました。

↓ オムライス。

IMG_0298.JPEG

添えられたお味噌汁は地味深く...
私がいただいた親子丼は
とっても優しいお味でした♡

カレーは味見させてもらったのですが、
スパイスが効いていて、
個人的にとっても美味しかったです!!

次回があるなら、
海老カレー一択かしら。。(*^m^*)

ランチをいただいた後、ギャラリーへ。

↓ 母屋だった現ギャラリー。

20220713-IMG_0327.jpg

残念ながら母屋は写真撮影NG。

一番、印象に残ったのは、
白洲正子さんが使っていらした書斎。

北西の角の部屋で、
木々の緑を臨む北側の窓に面して文机があり、
部屋の壁はぐるりと本棚で囲まれている。。

入った瞬間に、いいなぁと感じて、
ギャラリーを一周廻った後に再度その窓辺へ。

うん。。やっぱり惹かれました(*^-^*)

IMG_0329.JPEG

この記事をかいたのは、、
この窓辺に惹かれたことを
記憶と共に記録によって補完したかったのもあります。

いつか自分が佇む緑の窓辺に繋がりますように...
と、願いを込めて。

そうそう!
ドラマ 「 名建築で昼食を 」
でも、武相荘を訪ねていたのですね。

内部の様子、、こちらで観ることができますので、
予告版ですが、YOUTUBEのリンク を。

佳いものに触れること、
つくづくと大切ですね。。

そして、それを自分に落とし込むことも...!

そう。まだ遅くない...人生で今が一番若いのだから。。
日々コツコツと学びを重ねます!(^-^;

↓ この日訪ねたところ♪(それぞれリンク付き)
□ 町田ダリア園
□ 町田薬師池公園 四季彩の杜 西園
□ 旧白洲邸 武相荘



  読んでくださった皆さまにとって
  笑顔が生まれる
  いいひになりますように♡

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

いつも、応援ありがとうございます。

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 古い家のノスタルジー_佇まいを残すこと 」
「 愛される家_暮らしを紡ぐ豊かさ inスイス 」
「 ヒアシンスハウス 」
「 涼やかな風と素敵な庭のある暮らし♪_初夏の山中湖オープンガーデン巡り 」
「 女子旅八ヶ岳Day trip_霧雨と薔薇と猫の日曜日♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2038S.jpg
  • 20220921 Collage.jpg
  • 20220713-IMG_0328.jpg
  • IMG_0816.jpeg
  • nhouse-kurashi-Collages.jpg
  • 20170619-R6190513.jpg
  • IMG_8230.jpeg
  • 20170619-R6190614.jpg

アーカイブ

  1. 2022年10月
  2. 2022年9月
  3. 2022年7月
  4. 2022年6月
  5. 2022年5月
  6. 2022年4月
  7. 2022年3月
  8. 2022年2月
  9. 2022年1月
  10. 2021年12月
  11. 2021年11月
  12. 2021年10月
  13. 2021年9月
  14. 2021年8月
  15. 2021年7月
  16. 2021年6月
  17. 2021年5月
  18. 2021年4月
  19. 2021年3月
  20. 2021年1月
  21. 2020年12月
  22. 2020年10月
  23. 2020年9月
  24. 2020年7月
  25. 2020年6月
  26. 2020年5月
  27. 2020年4月
  28. 2020年3月
  29. 2020年2月
  30. 2020年1月
  31. 2019年12月
  32. 2019年11月
  33. 2019年10月
  34. 2019年9月
  35. 2019年8月
  36. 2019年7月
  37. 2019年6月
  38. 2019年5月
  39. 2019年4月
  40. 2019年3月
  41. 2019年2月
  42. 2019年1月
  43. 2018年12月
  44. 2018年11月
  45. 2018年10月
  46. 2018年9月
  47. 2018年8月
  48. 2018年7月
  49. 2018年6月
  50. 2018年5月
  51. 2018年4月
  52. 2018年3月
  53. 2018年2月
  54. 2018年1月
  55. 2017年12月
  56. 2017年11月
  57. 2017年10月
  58. 2017年9月
  59. 2017年8月
  60. 2017年7月
  61. 2017年6月
  62. 2017年5月
  63. 2017年4月
  64. 2017年3月
  65. 2017年2月
  66. 2017年1月
  67. 2016年12月
  68. 2016年11月
  69. 2016年10月
  70. 2016年9月
  71. 2016年8月
  72. 2016年7月
  73. 2016年6月
  74. 2016年5月
  75. 2016年4月
  76. 2016年3月
  77. 2016年2月
  78. 2016年1月
  79. 2015年12月
  80. 2015年11月
  81. 2015年10月
  82. 2015年9月
  83. 2015年8月
  84. 2015年7月
  85. 2015年6月
  86. 2015年5月
  87. 2015年4月
  88. 2015年3月
  89. 2015年2月
  90. 2015年1月
  91. 2014年12月
  92. 2014年11月
  93. 2014年10月
  94. 2014年9月
  95. 2014年8月
  96. 2014年7月
  97. 2014年6月
  98. 2014年5月
  99. 2014年4月
  100. 2014年3月
  101. 2014年2月
  102. 2014年1月
  103. 2013年12月
  104. 2013年11月
  105. 2013年10月
  106. 2013年9月
  107. 2013年8月
  108. 2013年7月
  109. 2013年6月
  110. 2013年5月
  111. 2013年4月
  112. 2013年3月
  113. 2013年2月
  114. 2013年1月
  115. 2012年12月
  116. 2012年11月
  117. 2012年10月
  118. 2012年9月
  119. 2012年8月
  120. 2012年7月
  121. 2012年6月
  122. 2012年5月
  123. 2012年4月
  124. 2012年3月
  125. 2012年2月
  126. 2012年1月
  127. 2011年12月
  128. 2011年11月
  129. 2011年10月
  130. 2011年9月
  131. 2011年8月
  132. 2011年7月
  133. 2011年6月
  134. 2011年5月
  135. 2011年4月
  136. 2011年3月
  137. 2011年2月
  138. 2011年1月
  139. 2010年12月
  140. 2010年11月
  141. 2010年10月
  142. 2010年9月
  143. 2010年8月
  144. 2010年7月
  145. 2010年6月
  146. 2010年5月
  147. 2010年4月
  148. 2010年3月
  149. 2010年2月
  150. 2010年1月
  151. 2009年12月
  152. 2009年11月
  153. 2009年10月
  154. 2009年9月
  155. 2009年8月
  156. 2009年7月
  157. 2009年6月
  158. 2009年5月
  159. 2009年4月
  160. 2009年3月
  161. 2009年2月
  162. 2009年1月
  163. 2008年12月
  164. 2008年11月
  165. 2008年10月
  166. 2008年9月
  167. 2008年8月
  168. 2008年7月
  169. 2008年6月
  170. 2008年5月
  171. 2008年4月
  172. 2008年3月
  173. 2008年2月
  174. 2008年1月
  175. 2007年12月
  176. 2007年11月
  177. 2007年10月
  178. 2007年9月
  179. 2007年8月
  180. 2007年7月
  181. 2007年6月
  182. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ