古い家のノスタルジー_佇まいを残すこと

madobe.jpg  

週末の家。。

午後の光が 挿しこみ始める 夏の窓辺。

濃く茂った 木々の葉が 太陽を透かして
緑のグラデーションを織りなす様を 映し出す木製の組子窓。

時を経た木部は、、
飴色を通り越し、黒く鈍い光を放つ。。

古い家ならではの味わいってありますよね!
夏が来ると、、特に、、昔住んでいた家を思い出し
懐かしさに、くぅ~っと胸をしめつけられることがあります。。

amase.jpg

↑  写真の家は、、私と同い年の家。

その懐かしさを募らせる家のひとつです。

オイルショック当時で、材料がない時代で
ラワンや唐松をつかって建てられた週末や休暇をすごすための簡素な家。

断熱材もないし、、窓も木製だし、、外壁も下見板張り、、屋根もトタン。
なのに、三十云年間、雨漏りもせず、、腐りもせず、、佇んできた潔さ!

軒先や外壁の一部に朽ちたような箇所もあったけど
メンテしてあげて、少し治せば、まだまだ行けました。。。
週末や休暇のためだけの家とはいえ、、素晴らしいです!

amase3.jpg

この家、、私たちが所有していたのは、ほんの数年でしたが
元の持主の老婦人が、長年、、慈しんで大切に使っていらした家。

愛された家にしか、かもしだすことのできない空気感と
その佇まいの良さに一目惚れした家でした。

買い取った業者さんに、手を入れられる寸前に出合ったのが幸運?!

そのタイミングが、私の恋心に火をつけて、、、
どうしてもこの佇まいを残したい!!!!という想いのもと、、、
そんなこんなの経緯を経て、、、、( 長くなるので割愛 ^^; )
私たちの家になったのでした。

今は私たちの手許を離れましたが、、
新しい住人になった方も、この佇まいに、心底惚れてくださったご夫婦。

だからこそ、手放す気になったのですが、、、
でも早まったかな~と思うくらい、、
素敵な家でしたので、ホント懐かしいです。。。(笑)
 



またまた前置きが長くなってしまいましたが、、、
古い家と今の家のことを、最近色々とモノ想う出来事がありました。

今、埼玉県の菖蒲で、築35年の母屋と築45年位の離れがある家を
リフォームする相談を受けています。

離れは取り壊すという当初のお話でしたが、、
あまりの佇まいの良さに、、牛尾と二人、現調しながら感心していたら、、
それに気付いた施主さんが、、その良さを再認識してくださって
その離れも、、お父上の書庫兼書斎、ゲストルームとして活きることになりました。

日曜日に、耐震診断のため、改めて色々と詳しく見てきましたが
やっぱり腐っていない。。状態はいいんです。。
築30年くらいの建売住宅だと、壁の中身は腐ってボロボロ。。
という酷い状態を見受けることもあるのですが、、そこのお宅は大丈夫。

母屋は色々とリフォーム遍歴を重ねているので
離れほど条件はよろしくない部分もありましたが、でも優等生。
ただし、耐震的に云えば、、残念ですが劣等生になるので、、
古い家の佇まいを壊すこと無く、耐震的にどう工事するか悩みどころ。

でも過剰なことを一切省いて、建物のカタチやつくり方で工夫していた
昔の家の方が、、やっぱり腐らずに長持ちしているんですねー。
それが、よ~く解りました。

寒かったら、コタツやストーブで暖をとる。。
夏は、風通し良く建てられているので、、たいがいの日はクーラーなし。
だからお聞きすると光熱費も驚くほど安い。。
でも、そんな暮らし方で、困ることはないとの施主さん談。。

ただ、太陽光発電やエコキュートも気にされていらしたので、
モチロンその説明もさせていただきましたが、、、
今の暮らし方を拝見すると、過剰設備となってしまい、、
かえって光熱費が高くなる公算が高い。。。

私たちは、何でも新しいモノをお勧めする立場ではないので、、
施主さんの暮らし、、将来も含めた暮らしを共に考えて
不要なモノにはハッキリとNOを伝えさせていただくのです。。

残念に思われたら申し訳ないな~と思ったのですが、、、
施主さんもやっぱり!と一言。良かったです。
そんなやりとりって大切ですね。

省エネ法やら何やらと、、国全体で向かっている方向と逆行してしまいますが、、
過剰なまでの断熱や省エネ対策をするより、、
そんな暮らし方の施主さんのほうが、
ある意味ずっとエコなような気がするんですよねーー。
「 住む人の暮らし方次第の対応でいい 」 それが現場での実感。
 



土曜日に聞いてきた 「瑕疵」の事故事例からも
改めて学ぶことが多々で、(講座とっても良かったですよー!それはまた…)
今、頭のなかで色んなことが駆け巡っています。

もしこの先、、木や材料が手に入らないとして、、
自分の家を、今、建てるとしたらどんな家を建てるかで、
牛尾と、、日曜日の帰り道、ひとしきり話し込んでしまいました。

一番大切なのは、、色んな流行りに踊らされず
大本のところを、はき違えてしまわない「軸芯」を忘れないこと。かな。
そしてどう新しいことを、日々の仕事に反映させていくか。。勉強ですね。。

でも、古い家っていいですよね~。
今の新しい家には無い佇まい。。堪らなく好きです~♪
リノベーション、、リフォーム、、古い家を残すお仕事をさせていただくのは、、
ある意味、、新築同様 (いやそれ以上?^^;) に大変ですけど、、、
それ以上のやりがいやヨロコビもあります。

今回も施主さんに喜んでいただけるように頑張りたいと思っていま~す! (出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

≪この記事に関連する過去ブログも宜しかったらどうぞ~♪≫
「 建築家が建てた幸福な家 」
「 改めて家の不具合「瑕疵」のことを学ぶ 」

Comments [8]

いいひ様、おはようございます!!
いつもながら素敵な写真と素敵な文章に感動してしまいました~!!

私が生まれ育った家は、戦前からの建物だったので、
ライフスタイルはまさにその老夫婦みたいな感じでした。
今は大部分が建て替えられてしまいましたが、
それでも「離れ」の部分はそのまま残されています。
やっぱり夏にエアコンをつけた覚えがほとんどないんですよね~。


> 省エネ法やら何やらと、、国全体で向かっている方向と逆行してしまいますが、、
> 過剰なまでの断熱や省エネ対策をするより、、
> そんな暮らし方の施主さんのほうが、
> ある意味ずっとエコなような気がするんですよねーー。
> 「 住む人の暮らし方次第の対応でいい 」 それが現場での実感。

国の進めていることって、本当に住む人の役に立つことなのかな・・?と思うことも時折ありますね。
性能が高いはずの材料でも経年劣化の激しいものも多かったりしますので・・。

私の講演の質疑でもあったのですが、今後の住宅・・というか、住まいは、
数字で測る客観的な基準(ハード面)ではなくて、その個々人のライフスタイルや、
何をもって快適とするか(ソフト面)がより一層重視されるのではないか?
というふうにお答えいたしました。

「断熱や省エネ、耐震など、ほどほどでいいんじゃないの・・。」
ということを伝えたことになります。。(笑)
もっと大事なことがあるんだよ・・という意味でお話ししたのですが、
いいひ様のお客様のように、共感していただければいいですね。

頭で考える性能ではなくて、自分の感性が喜ぶ住環境作りが
もっと主流になるといいな・・なんて思いました。
また、いいひ様とお話しできるとおもしろいかもしれませんね。

長文、大変失礼しました。
そして、ありがとうございました。

テリー様

おはようございます!

>私が生まれ育った家は、戦前からの建物だったので、

すごいですね~!今でも「離れ」があるんですよね。
耐震性の問題は残りますが、古い家だからこその良さは残してあげたいですね。。

>性能が高いはずの材料でも経年劣化の激しいものも多かったりしますので・・。

なるほど!テリーさんは、施工者としての経験もおありなので
材料のこと色々ご存知なのでしょうね。
わたしも、現場で、職人さんから教えていただくこと多々です。
法律や商品の詳細は知らなくても、家にとって良いモノは何なのか、、
本質でモノを見抜いて教えてくださる大工さんを心から尊敬します。
そうではない、やっつけ仕事的な方も中にはいらっしゃるので
一概には言えませんが・・・

でも「ほどほど」具合って、お客さまにお伝えするのって
なかなか難しいですよね~(^^)
このブログで云わんとしたかったことも、伝わっているのかどうか実は疑問です~(^^;)
私自身も、まだ思うこと勉強すること多々なので仕方ないですけどね!

テリーさんのご意見、大変ためになりました。
そして、同じふうに考えていらっしゃることも解って
とても心強く思えました。

いつも、元気をいただくコメント!ホントにありがとうございます!!!

この窓辺、、、以前もUPされていましたよね?

窓辺だけでも素敵だと思いましたが、外観もまた簡素で素敵、、、
もし住み替える機会があったら、シンプルな小屋のようなおうちが良いな、、、と思っているのですが、まさにこんな感じ!
そして、こんな空間が作れたら、、、と、目指したい雰囲気でもあり、、、
やっぱり、良いと思うもののツボ(?)が同じなのですねー。

ところで、菖蒲町のリフォームのお話は、Yさんのお宅ですか?
だとしたら、とっても嬉しいです。
いろいろ制約があるようで、いいひさんにお願いするのは難しいかと思っていたので、、、

keikoさま

こんにちは!
そうです。。去年も同じ時期に違うアングルで載せましたねー。
やっぱりこの時期になると、懐かしく思い返しているようです(笑)。

わたしも自宅ならこんな感じの家に住みたいですー。
執着するわけではないですが、、、この家はホント大好きでした。
いつかこんなふうに簡素でかつ佇まいの良い家を建てるのが目下の目標かな(笑)。

菖蒲町は、、、そうです。Yさんのお宅です!
打合せは、ゆっくりですが、、、確実に進んでいます。
来年3月までには必ず終わらせる予定。
とっても善い方ですねー。
喜んでいただけるように頑張りますね!

いいひ様、おはようございます!!

これはお節介かと思ったのですが・・・、(^_^;)

> すごいですね~!今でも「離れ」があるんですよね。
> 耐震性の問題は残りますが、古い家だからこその良さは残してあげたいですね。

戦災に遭っていない金沢は、戦前の建物が意外と多く残されています。
それらのリフォーム工事に携わっていたときに思ったのですが、
今の在来工法と違い、伝統工法
(ボルト・釘を使わず、胴差や通し貫で剛性を取っている、コンクリート基礎もない。)
で組まれているものも多く、3年前の能登地震の時も壁一つ割れていない建物もそれなりにあります。

私が現調の時に見るのは、主に湿気の影響とシロアリの被害、
それ以外には壁の微妙なゆがみ、床の不陸などでしょうか。
伝統工法でしっかりと組まれていても、周辺の湿気の影響でダメになっている建物も当然ありますから。

耐震的に一番不安に思った建物は、
いわゆる材料のない時代(私たちが生まれた頃?)に大量に作られた
建売住宅が多かったように思います。
すでに湿気やシロアリにやられていて、手が付けられないものも多かったです。。

でも・・、伝統工法で作られた家って、現状の構造計算では、×になっちゃうんですよね~。
ちょっとジレンマを感じてしまいます・・。

なんとなく、いいひ様に知っていただきたくてつい書き込んでしました~。
読んでいただき、ありがとうございます!

テリー様

こんばんは!
スミマセンお返事遅くなってしまいました。
今週は打合せが多く、、お引渡もあり、、何やらバタバタしておりました。

伝統工法の家についての情報ありがとうございます!

伝統的な家づくり、、色んなジレンマを感じながらも、
残していかなければ…ということで、、近山スクール東京でも学んでいます。。
お仲間の設計事務所の皆さんも、みんな伝統工法が好きで、大切に思っていらっしゃって、熱心に勉強会に参加されていて
色々と教えてくださいます。

構造計算ではNGになってしまうというのは一概にもどうやら云えないようで・・・少し光明も見えてきたのでしょうか。。
心あるつくり手さん達が奮闘されて色々国にも働きかけているようです。

>耐震的に一番不安に思った建物は、
>いわゆる材料のない時代(私たちが生まれた頃?)に大量に作られた
>建売住宅が多かったように思います。

↑ そうなんですよねーー。
ホント酷いモノが多いので、、そんな家に出合うと
やるせない気持ちになってしまいます。。。

色々法的な整備が変わってくるなかでも
しっかりとブレない視点で家づくりに取り組まなければいけませんね。。。

また色々と教えていただけるとシアワセです!
どうもありがとうございました!!!!

西の魔女の家でコメントをさせていただきましたら、 温かな御返事をいただきありがとうございました。

私は今 北関東の山にある工房に住んで仕事をしております。たてて10年になりますが、一昨年から東京にあった部屋も引き払い本格的に山の生活になりました。
とはいえ、まだここを終の住処とも思えず、今の工房をリフォームして今後に備えようか、それとも別の場所を探そうかと楽しく苦しく思案中です。

この記事にあるような佇まいの家にとてもひかれます。

いつか気持ちが決まりかけたら ご相談させていただきたく、これからもブログを楽しみに拝読いたします。

良い一年となりますようにお祈りいたします。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20210821-IMG_7532.jpg
  • Cornishware-800x314.jpg
  • sakan_kodairahouse.jpg
  • 2021SUMMERS.jpg
  • HANNOHOUSESTORY20210713.jpg
  • khousestorymar2021.jpg
  • kodairanoies.jpg
  • IMG_3518.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年9月
  2. 2021年8月
  3. 2021年7月
  4. 2021年6月
  5. 2021年5月
  6. 2021年4月
  7. 2021年3月
  8. 2021年1月
  9. 2020年12月
  10. 2020年10月
  11. 2020年9月
  12. 2020年7月
  13. 2020年6月
  14. 2020年5月
  15. 2020年4月
  16. 2020年3月
  17. 2020年2月
  18. 2020年1月
  19. 2019年12月
  20. 2019年11月
  21. 2019年10月
  22. 2019年9月
  23. 2019年8月
  24. 2019年7月
  25. 2019年6月
  26. 2019年5月
  27. 2019年4月
  28. 2019年3月
  29. 2019年2月
  30. 2019年1月
  31. 2018年12月
  32. 2018年11月
  33. 2018年10月
  34. 2018年9月
  35. 2018年8月
  36. 2018年7月
  37. 2018年6月
  38. 2018年5月
  39. 2018年4月
  40. 2018年3月
  41. 2018年2月
  42. 2018年1月
  43. 2017年12月
  44. 2017年11月
  45. 2017年10月
  46. 2017年9月
  47. 2017年8月
  48. 2017年7月
  49. 2017年6月
  50. 2017年5月
  51. 2017年4月
  52. 2017年3月
  53. 2017年2月
  54. 2017年1月
  55. 2016年12月
  56. 2016年11月
  57. 2016年10月
  58. 2016年9月
  59. 2016年8月
  60. 2016年7月
  61. 2016年6月
  62. 2016年5月
  63. 2016年4月
  64. 2016年3月
  65. 2016年2月
  66. 2016年1月
  67. 2015年12月
  68. 2015年11月
  69. 2015年10月
  70. 2015年9月
  71. 2015年8月
  72. 2015年7月
  73. 2015年6月
  74. 2015年5月
  75. 2015年4月
  76. 2015年3月
  77. 2015年2月
  78. 2015年1月
  79. 2014年12月
  80. 2014年11月
  81. 2014年10月
  82. 2014年9月
  83. 2014年8月
  84. 2014年7月
  85. 2014年6月
  86. 2014年5月
  87. 2014年4月
  88. 2014年3月
  89. 2014年2月
  90. 2014年1月
  91. 2013年12月
  92. 2013年11月
  93. 2013年10月
  94. 2013年9月
  95. 2013年8月
  96. 2013年7月
  97. 2013年6月
  98. 2013年5月
  99. 2013年4月
  100. 2013年3月
  101. 2013年2月
  102. 2013年1月
  103. 2012年12月
  104. 2012年11月
  105. 2012年10月
  106. 2012年9月
  107. 2012年8月
  108. 2012年7月
  109. 2012年6月
  110. 2012年5月
  111. 2012年4月
  112. 2012年3月
  113. 2012年2月
  114. 2012年1月
  115. 2011年12月
  116. 2011年11月
  117. 2011年10月
  118. 2011年9月
  119. 2011年8月
  120. 2011年7月
  121. 2011年6月
  122. 2011年5月
  123. 2011年4月
  124. 2011年3月
  125. 2011年2月
  126. 2011年1月
  127. 2010年12月
  128. 2010年11月
  129. 2010年10月
  130. 2010年9月
  131. 2010年8月
  132. 2010年7月
  133. 2010年6月
  134. 2010年5月
  135. 2010年4月
  136. 2010年3月
  137. 2010年2月
  138. 2010年1月
  139. 2009年12月
  140. 2009年11月
  141. 2009年10月
  142. 2009年9月
  143. 2009年8月
  144. 2009年7月
  145. 2009年6月
  146. 2009年5月
  147. 2009年4月
  148. 2009年3月
  149. 2009年2月
  150. 2009年1月
  151. 2008年12月
  152. 2008年11月
  153. 2008年10月
  154. 2008年9月
  155. 2008年8月
  156. 2008年7月
  157. 2008年6月
  158. 2008年5月
  159. 2008年4月
  160. 2008年3月
  161. 2008年2月
  162. 2008年1月
  163. 2007年12月
  164. 2007年11月
  165. 2007年10月
  166. 2007年9月
  167. 2007年8月
  168. 2007年7月
  169. 2007年6月
  170. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ