ペット目線で床材選び

ama-yuka.jpg

8月に突入!
早いです~。

天候は不安定な感じですが、、
これからが夏本番!

暑いのは、やっぱり堪えます~。。
私は夏が苦手。。

猫も夏が苦手で、冷房も苦手。

なので天然に涼しい場所を探すのが得意。

風が通る窓辺、、ヒンヤリした床、、
居心地のいい場所を求めて、、
一日の間に何度も居場所を変えて
ひねもす のんびり寛いでいます♪

猫を飼っている家には、、床に傷はつきもの。
爪を立てて家中を運動会する彼らにとってふさわしい床材って?
この住まいをリノベーションするときに
優先順位を高くして考えたことのひとつ。

① 固くて傷つきにくいこと (もしくは傷が目立たないこと)
② すべりにくいこと (爪が立つこと)
③ 表面に塗装をしたくなかったこと (ワックスなど極力使いたくない)


これが選定の条件。

ペット用の傷つきにくい合板フローリングもありますが
ココの前に住んでいたマンションがソレ。

コレがダメだったのです(泣)。

5年間住んで、かなりの爪痕が残り、、
売却時にネックに。。。。

他はパーフェクトに気に入ってくださった買い主さんでしたが、
床だけは何とかしてほしいと云われました。。

でも床暖房付だったため、容易に貼り替えられず、、
その代りとして、かなり素敵な突板のウッドブラインドを残す等の+α条件と
貼り替えられない分を値引きして納得していただきました。

傷つきにくいのと傷がつかないのは全く別モノなのですねー。

表面に爪痕が残り、、ツルツルピカピカの仕上なので
ワックス仕上をすると、目立つ目立つ。。

なので、、
猫目線だけではなく、、
人間的都合もだいぶ入っていますが(笑)

今回のウチの床材は、、
チークの無垢フローリング、無塗装。
(実験的にガス温水床暖房を入れてみました)

使いたかった国産のヒノキや杉は柔らかすぎて、、
猫にとっては、、もぉたまらなく最高なのでしょうが(苦笑)
あまりにも爪痕がひどい。。。
( 一度、解っていたけど入れられたお客さまがいらして
 やはり後悔されたことがあったのです )

代わってチークは、、 硬く強靭。
耐久性・耐水性がある。

それに天然の油成分があるので、
オイルや仕上塗料で手入れしなくてもいいんです~!

普段のお手入れも、
固く絞った雑巾で拭き掃除をするだけ。

素足の足ざわりもよくって、、、
スリッパを履かない我が家の暮らし方にはピッタリです。

朝な夕なに、、舐めなめして、
身づくろいをするキレイ好きな猫にとっても、、
その手足が直接触れる床に、
薬剤系のワックスがかかっていないほうが、
いいに決まっていますよね!

見栄えを心配されるかもしれませんが
ワックスをかけていなくても、、私たちは全然大丈夫♪
( ズボラということもあるかもですが... )

住んで一年半位。
モチロン傷もついていますが、全く気にならない。
同じ傷でも、、、ピカピカのモノについた傷とでは、、また全然違います。
味、、?というのでしょうか(笑)。。古びたなりがいい感じです。

気になるのは、床暖房を入れた故の、、実の隙間。
無垢床で無塗装で床暖房対応ってなかなか無いんですよー。
だから実験したのですが、やはり、キビシイ。
( このことについては、、いいモノを見つけたのでまた報告しますね!)

amanoluyuka_1.jpg

あと、おススメは、タイルの床。

床暖房を入れること前提ですが
(冬対策)

この通り、、夏はヒンヤリ涼しいので、
猫たちには大好評です♪

リビング等の風通しのいい窓辺の一角に
インナーテラスの雰囲気で、、
一部分タイル床をつくっても素敵です♪

以前つくったお宅では、
ワンちゃんの定位置になっていましたよ~。
犬さんにも好評でしたねー♪(笑)

床材・壁材、、ペット対応商品群もかなりありますが、、
それらの機能商品でも万全ではないということ。

安易な選択では、せっかく選んだモノが活かされないこともあります。

粗相の問題、、匂いの問題、、音の問題、、など諸々、、
好いことばかりじゃないペット同居の家。

でも猫目線、、犬目線の心地よさ。。
モチロン人間の心地よさ!!!!

家づくりの際には是非ぜひ!
これを考えてあげたいですね。

工夫次第でお互いにストレス少なく、、
心地よく暮らせる家をつくれます♪

彼らはモノ云えないから、、
彼ら目線で叶えたいコトを、、
設計者が代弁することも、、実はあるんです。。

なぁんて。。?!(笑)。 (出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

≪この記事に関連する過去ブログも宜しかったらどうぞ~♪≫
「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」 
間取りのヒント 「猫トイレの工夫」

Comments [4]

お世話になります

きれいな床ですね!
傷がついてもサンディングすればきれいなるから無垢は
いいですよね
8日実はまだ分かりません。。分かり次第メールしますね
個人的にはメチャクチャ楽しみです
それでは

m様

>傷がついてもサンディングすればきれいなるから無垢は
いいですよね
ホントにそうですよね~(笑)
mさんのお宅もノビノビとお使いいただいているので
何だか嬉しかったです♪

8日、お会いできれば嬉しいです~!
皆さんで新宿探索がてら、、足を伸ばしてみてください。
ではでは、、お待ちしておりま~す!!!

いいひ様、こんにちは。

やっぱりチークの床材はいいですねー!!
特に見た目に関しては、かなりのお客様が気に入っていたので
私にとっても印象的な床材でしたね。
ちゃんとチークにも無塗装品があるんですねー。
私は見たことがなかったので、ちょっと驚きました。

私がいた住宅会社も無垢の床材ばかり使うところでしたので、
いろいろなケースを拝見しておりましたが、
床暖対応品と言っても、やはり素材の特性の方が強いらしく、
どれもきれいに実のところに立派な隙間ができておりました。(笑)

唯一、「これは隙間が少ないなー!?」と思ったのは、クリの床材でした。
でも・・・、歩き心地が本当に固くて今ひとつ馴染めなかったのと、
床暖を入れているにもかかわらず、暖まり方がどうも今一つ・・という感じで
特にいい印象はありませんでした。
(あくまで他の床材に比べて・・という意味です。)

無垢材のメンテのことはお客様からよく聞かれましたけど、
私自身あまり熱心な方ではなかったので、
「別に何もしなくてもいいですよ。(^o^)」
とよく答えておりました。(笑)

それでも気になる方にはいいひ様と同じ、AUROを薦めていました。
(同じような値段で信頼できるものを知らないだけですけど・・。)(^_^;)

フローリングは毎日歩くところですし、
しかも足の裏はみなさんが思っている以上に敏感ですから、
自分にとって本当に心地のいいものを選んでください・・と、
アドバイスしていたのを思い出しちゃいました。

床材選びも楽しいですよね~。
最近のお薦めの床材はなんでしょうか?
よろしければ教えてくださいね。

今日もありがとうございました。

テリー様

こんにちは!コメントありがとうございます~♪

>フローリングは毎日歩くところですし、
>しかも足の裏はみなさんが思っている以上に敏感ですから、
>自分にとって本当に心地のいいものを選んでください・・と、

↑ ホントそうですよね~。。
容易く貼り替えの効かない部位なので
慎重に選びたいモノですね。

ウチの実例では、、、
ナラ・メイプル・チーク・バーチといった堅木が殆ど。
パイン・杉は何故か皆さんお選びにはなりませんね。。

共通しているのはウレタン塗装品は使わないことかな。
皆さんオイル系を使い、無垢ならではの足触りを愉しんでいらっしゃいます。

あとは、お客さまのお好みで、、
合板フローリングやPタイルやコルクを使ったお宅もあります。

住まう方の暮らし方によって、選び方も様々なのが床材。
悩ましいですけど、その過程も楽しんでいただきたいものですよね!(^^)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • nikkojouse20190508-2.jpg
  • springcamp2019s.jpg
  • omeHandOhouse_20190419.jpg
  • may2019s.jpg
  • nhousestory_may2019s.jpg
  • nanfutsutabi_vol12collages.jpg
  • Z4140104s.jpg
  • nikkohouse20190325s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年5月
  2. 2019年4月
  3. 2019年3月
  4. 2019年2月
  5. 2019年1月
  6. 2018年12月
  7. 2018年11月
  8. 2018年10月
  9. 2018年9月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年6月
  13. 2018年5月
  14. 2018年4月
  15. 2018年3月
  16. 2018年2月
  17. 2018年1月
  18. 2017年12月
  19. 2017年11月
  20. 2017年10月
  21. 2017年9月
  22. 2017年8月
  23. 2017年7月
  24. 2017年6月
  25. 2017年5月
  26. 2017年4月
  27. 2017年3月
  28. 2017年2月
  29. 2017年1月
  30. 2016年12月
  31. 2016年11月
  32. 2016年10月
  33. 2016年9月
  34. 2016年8月
  35. 2016年7月
  36. 2016年6月
  37. 2016年5月
  38. 2016年4月
  39. 2016年3月
  40. 2016年2月
  41. 2016年1月
  42. 2015年12月
  43. 2015年11月
  44. 2015年10月
  45. 2015年9月
  46. 2015年8月
  47. 2015年7月
  48. 2015年6月
  49. 2015年5月
  50. 2015年4月
  51. 2015年3月
  52. 2015年2月
  53. 2015年1月
  54. 2014年12月
  55. 2014年11月
  56. 2014年10月
  57. 2014年9月
  58. 2014年8月
  59. 2014年7月
  60. 2014年6月
  61. 2014年5月
  62. 2014年4月
  63. 2014年3月
  64. 2014年2月
  65. 2014年1月
  66. 2013年12月
  67. 2013年11月
  68. 2013年10月
  69. 2013年9月
  70. 2013年8月
  71. 2013年7月
  72. 2013年6月
  73. 2013年5月
  74. 2013年4月
  75. 2013年3月
  76. 2013年2月
  77. 2013年1月
  78. 2012年12月
  79. 2012年11月
  80. 2012年10月
  81. 2012年9月
  82. 2012年8月
  83. 2012年7月
  84. 2012年6月
  85. 2012年5月
  86. 2012年4月
  87. 2012年3月
  88. 2012年2月
  89. 2012年1月
  90. 2011年12月
  91. 2011年11月
  92. 2011年10月
  93. 2011年9月
  94. 2011年8月
  95. 2011年7月
  96. 2011年6月
  97. 2011年5月
  98. 2011年4月
  99. 2011年3月
  100. 2011年2月
  101. 2011年1月
  102. 2010年12月
  103. 2010年11月
  104. 2010年10月
  105. 2010年9月
  106. 2010年8月
  107. 2010年7月
  108. 2010年6月
  109. 2010年5月
  110. 2010年4月
  111. 2010年3月
  112. 2010年2月
  113. 2010年1月
  114. 2009年12月
  115. 2009年11月
  116. 2009年10月
  117. 2009年9月
  118. 2009年8月
  119. 2009年7月
  120. 2009年6月
  121. 2009年5月
  122. 2009年4月
  123. 2009年3月
  124. 2009年2月
  125. 2009年1月
  126. 2008年12月
  127. 2008年11月
  128. 2008年10月
  129. 2008年9月
  130. 2008年8月
  131. 2008年7月
  132. 2008年6月
  133. 2008年5月
  134. 2008年4月
  135. 2008年3月
  136. 2008年2月
  137. 2008年1月
  138. 2007年12月
  139. 2007年11月
  140. 2007年10月
  141. 2007年9月
  142. 2007年8月
  143. 2007年7月
  144. 2007年6月
  145. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ