Rオリーブ少女の家づくり


先日の続き。。。オリーブ少女の話 第2弾。
しつこい?(笑)

「オリーブ少女って何?」
とダンナに聞かれたのですが、うまく云えなかったので
検索してみたら、こんなふうに定義されていました。

パリのリセエンヌのように
「お金はそんなになくっても、センスを生かして可愛い格好をしたい」と考え、
文学をたしなみ少女マンガなども愛し、
ボランティアや自然環境問題のことも考え、
雑貨やサブカルチャーなどに
「小さいけれど身近な幸福」を見いだして暮らしていた……かつての少女たち(たぶん)
(ブログ 1日70回以上更新してみたい by 大塚幸代  より抜粋)

当時オリーブ少女だった人が、今大人になって
結婚し子供を持ち、家を建てる世代になっています。

hon.JPG  もとオリーブ少女が
今愛読している雑誌って

天然生活、
ku:nel (クウネル)、
Come home!

このあたり
じゃないでしょうか?
(私も好きですが)



これらを読んでいて目についたのは、
新しい家より、古い家を手に入れて少しづつ、自分好みの家に仕立てていく
そんな家づくりをしている方が多いこと。

何故ならお仕着せの家に違和感を覚えるから、、
新しい家に、本当に「いい!」って思えるものがないから、、
などなど、理由はあるようです。

あとは、「こんなモノが好き!」って
感性を理解してくれるつくり手側と出会えないからかもしれません。

例えば、大のお気に入りのSHOPの雑貨が映えるようなシンプルな家がいい。
と思うのが、家づくりの動機にだってなりえます。
でも家づくりをするときに、そんな自分の要望を、つくり手に相談すると、
「?・・・」みたいな顔されてわかってもらえなかったりして。。

わかってもらえないのって悲しいですよね~。
自分が否定されているように感じちゃいます。
私も住み替えにあたって、不動産屋さんに
そんな感情を抱いたことがありました。

自分に置き換えて考えると、家づくりも一緒ですよね。
「わかる!わかる!」といって理解してくれる、つくり手を、
きっと住まい手側も求めているんですよね!?きっと。
だからこそ、どんな小さなお客様のコダワリでも
きちんと理解して、汲み取って家づくりに反映しようとするのが
私の信条かしら。。。
あとは、そんな難しいこと考えていないです。(笑)

ちなみに、もとオリーブ少女のことを中古オリーブ少女と
岡崎京子さんが名付けたそうですが
「Rオリーブ少女」のほうが、いいと思いませんか?

Rオリーブ少女の感性で家づくり、リノベーション。
そんなのを目指そうかな~~と思う今日この頃でした。   (出美)

 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg
  • pantly_madori_jiturei_iihi.jpg
  • 20140717-R0013688s.jpg
  • IMG_6457s.jpg
  • aojisoGenovese.jpg
  • 20180825-DSC04514s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年9月
  2. 2018年8月
  3. 2018年7月
  4. 2018年6月
  5. 2018年5月
  6. 2018年4月
  7. 2018年3月
  8. 2018年2月
  9. 2018年1月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年9月
  14. 2017年8月
  15. 2017年7月
  16. 2017年6月
  17. 2017年5月
  18. 2017年4月
  19. 2017年3月
  20. 2017年2月
  21. 2017年1月
  22. 2016年12月
  23. 2016年11月
  24. 2016年10月
  25. 2016年9月
  26. 2016年8月
  27. 2016年7月
  28. 2016年6月
  29. 2016年5月
  30. 2016年4月
  31. 2016年3月
  32. 2016年2月
  33. 2016年1月
  34. 2015年12月
  35. 2015年11月
  36. 2015年10月
  37. 2015年9月
  38. 2015年8月
  39. 2015年7月
  40. 2015年6月
  41. 2015年5月
  42. 2015年4月
  43. 2015年3月
  44. 2015年2月
  45. 2015年1月
  46. 2014年12月
  47. 2014年11月
  48. 2014年10月
  49. 2014年9月
  50. 2014年8月
  51. 2014年7月
  52. 2014年6月
  53. 2014年5月
  54. 2014年4月
  55. 2014年3月
  56. 2014年2月
  57. 2014年1月
  58. 2013年12月
  59. 2013年11月
  60. 2013年10月
  61. 2013年9月
  62. 2013年8月
  63. 2013年7月
  64. 2013年6月
  65. 2013年5月
  66. 2013年4月
  67. 2013年3月
  68. 2013年2月
  69. 2013年1月
  70. 2012年12月
  71. 2012年11月
  72. 2012年10月
  73. 2012年9月
  74. 2012年8月
  75. 2012年7月
  76. 2012年6月
  77. 2012年5月
  78. 2012年4月
  79. 2012年3月
  80. 2012年2月
  81. 2012年1月
  82. 2011年12月
  83. 2011年11月
  84. 2011年10月
  85. 2011年9月
  86. 2011年8月
  87. 2011年7月
  88. 2011年6月
  89. 2011年5月
  90. 2011年4月
  91. 2011年3月
  92. 2011年2月
  93. 2011年1月
  94. 2010年12月
  95. 2010年11月
  96. 2010年10月
  97. 2010年9月
  98. 2010年8月
  99. 2010年7月
  100. 2010年6月
  101. 2010年5月
  102. 2010年4月
  103. 2010年3月
  104. 2010年2月
  105. 2010年1月
  106. 2009年12月
  107. 2009年11月
  108. 2009年10月
  109. 2009年9月
  110. 2009年8月
  111. 2009年7月
  112. 2009年6月
  113. 2009年5月
  114. 2009年4月
  115. 2009年3月
  116. 2009年2月
  117. 2009年1月
  118. 2008年12月
  119. 2008年11月
  120. 2008年10月
  121. 2008年9月
  122. 2008年8月
  123. 2008年7月
  124. 2008年6月
  125. 2008年5月
  126. 2008年4月
  127. 2008年3月
  128. 2008年2月
  129. 2008年1月
  130. 2007年12月
  131. 2007年11月
  132. 2007年10月
  133. 2007年9月
  134. 2007年8月
  135. 2007年7月
  136. 2007年6月
  137. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ