理由(わけ)あって美しい家 すまい塾最終回

akiyuukei.JPG
現場帰り
信号待ちの
車から
きれいな
夕暮れ空が!

荒川土手沿
帰り道をいそぐ
自転車の
シルエットも
何だかキレイ。。。

今日の私の
「ちょっと幸せ」
自分へのご褒美!





前置きが長くなりましたが、、
今日は、その「ちょっと幸せ」がキーワード。

昨日は、半年間参加したNCNすまい塾の最終講義がありました。
自立循環型住宅、CASBEE、南雄三先生の家族論etc、、、
学んだことを、卒業制作としてまとめ発表。

「理由(わけ)あって美しい家 長期高価値住宅」 がお題目。。。

色んな作品を見ることができて、とっても勉強になりました!
3分間で発表する、、短い時間なのですが
みなさんとても上手にご自身を表現されていらっしゃいました。

その中で印象的だったのが、事務所名を忘れてしまったのですが
鈴木さまという建築家の方が発表されていた内容。

「日々の暮らしのなかの、ちょっと幸せ、、プチハッピーを感じられること」
の写真をコラージュして、お題目のテーマでの論文を添え
まとめていらっしゃったのですが、、、その内容が私の琴線に触れました。

うまく説明はできないかもしれないのですが、、、

例えば、、
雨上がりの青い空に浮かぶ雲、、木漏れ日溢れる緑の木立、、
通りがかりに出会う犬の表情、、季節をささやかに教えてくれる道端の草花、、
香ばしい一杯の珈琲、、味わいがある寂びれたベンチ、、
(これは鈴木さまの写真からイメージした文章で、、直接関係ないかもしれません)

こんな日々の暮らしの中で発見すると
「プチハッピー・ちょっと幸せ」的なことってありますよね。

そんな感性をもった人が住まう家って、
きっと永く愛される佇まいのよい家なのではないか?
だから、そんな価値観を共有できる人が暮らすコミュニティは
町並みも美しくなり、誰もが住みたくなるような価値ある住宅地
になっていくのではないか?

と、、、そのようなことを仰っていた。はず。
(ニュアンスが違っていたら鈴木さま、、ゴメンナサイ!)

そう!分かる!わかる~!って感じたのです。
(イギリスの湖水地方、、コッツウォルズ地方の町並みもそうですよね。)

もし家を建てるなら、こんな価値観を共有できる建築家さんに
頼みたいだろうな~と、、、私がお客様ならそう思うはず!!
私自身もそうでありたいと思いますが、、、(笑)。

と、色々想うことあり、、学ぶことあり、、反省すべきことあり、、で
かなり 「お腹いっぱい」 で帰ってきました。

あと、昨日は、播繁先生(長野オリンピック会場のエムウェーブを手掛けられた)
の講演もあり、、、その内容もとっても心に残りました。
長くなるので、、それはまた次回。。。でも聞けて良かったぁ~。

梨農家のI邸も、無事完了検査に合格。(ホッとしております)
日々色んなことに感謝です!(出美)
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

Comments [7]

いいひさん、こんばんは。

分かります~(^o^)丿
価値観を共有できる。・・・人に合わせるのではなく。ですね。
なんだか、イメージが湧いて来てしまいました。
ワクワクしています。

まず、何よりすごいキレイな写真ですねー!!

>だから、そんな価値観を共有できる人が
>暮らすコミュニティは町並みも美しくなり、
>誰もが住みたくなるような価値ある住宅地
>になっていくのではないか?

町、土地の持つ文化って固有で面白いなーと
思っています。なんだか楽しくなるような視点の
発表ですね。

坪木さんも発表されたんですか?
また聞かせてくださいねー。

たかさん様
いつもコメントありがとうございます!
たかさんには分かっていただけるんだろうな~と
このブログを書きながら思っていました(笑)。
拙い文章で伝えきれていないと思いますが、、、
10/4~5に銀座の東京電力ショールームで、この
「理由あって美しい家展」が開催されるそうです。
ご興味があれば、、ぜひ~!(宣伝してしまいましたね、、笑)

banyanさま!

町、土地の持つ文化ってホント面白いし魅力的ですよね!
それがあるから、、旅も楽しい(笑)。
色んな建築的仕掛けより、、こんな価値観を共有できる人のコミュニティだからこそ美しいのでしょうね。特に私はイギリスにそれを感じます。

でも日本に出来ていく新しい家並みは、古い家を建て替えると、、地方もどこも画一的になり、、、少し寂しいですよね。
家づくりは町並みづくりの一端を担っているので、、、つくり手側の意識の責任も大きい。
いろんな事情があり、、難しいのもわかるだけに、、ジレンマも、、!ま、でも出来ることから、、、個人レベルで少しづつでも、、そして全体が良くなると嬉しいです~。

わたしも発表したのですが、、なにせ工務店経験者。
皆さんとは水と油のようで、、、少し反省(苦笑)。
でも、真面目に真摯に家づくりに取り組むキモチは一緒なんだな~と、ならばもっと学びたいな~と思った次第なのです!

写真キレイですか!ありがとうございます。
あんまり美しい暮れ空だったのでカメラを取り出し「パチリ」と。。。

いいひさん、行きたいで~す。
でも、私事ですが、身体が痛くて、まいってます。気分転換に、とっても好いのですが・・・
こちらも、私事ですが、私には旦那様も、子供もいません。ま~旦那様は出来たとしても・・・子供はね~と言う感じです。そんな時に、自分の老後を考えて・・・価値観を共有できる人達の仲で生活できたら、穏やかに心癒されるのではないかと思いました。
以前にも、そんな事を考えました。表現の仕方は違うかも知れませんが、価値観は同じではないかと・・・
ただ、それを実行するのには、まだ早いような・・・もう少し、頑張って見たいような気がしますが・・・
また、ステキなお話を聞かせてください。

たかさん様
お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい。。
お身体大丈夫ですか?季節の変わり目ってツライですよね~。
色んなライフスタイルがあり、ホントに人それぞれだと思います。
日々の小さな「シアワセ~」感を大切に頑張っていきたいですね♪

いいひさん、こんばんは。
お気遣い頂きありがとうございます。
身体の方は、鋭い痛みは和らいで、ダルさが残っているだけになりました。
私もほのぼのとした、日々の小さな「シアワセ~」感を大切にしたいと思います。結構、忘れがちかもしれません。反省。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg
  • kinounanitabeta_madori20200113-2.jpg
  • 3046e9f84077f561b07d47fbf8eb5ed928985b4e.JPG
  • 20191219-R0002691s.jpg
  • 2020newyears.jpg
  • P1050105s.jpg
  • 839F77EB-893B-4D8A-A04C-A3C69571282Bs.jpg

アーカイブ

  1. 2020年1月
  2. 2019年12月
  3. 2019年11月
  4. 2019年10月
  5. 2019年9月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2019年4月
  11. 2019年3月
  12. 2019年2月
  13. 2019年1月
  14. 2018年12月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年8月
  31. 2017年7月
  32. 2017年6月
  33. 2017年5月
  34. 2017年4月
  35. 2017年3月
  36. 2017年2月
  37. 2017年1月
  38. 2016年12月
  39. 2016年11月
  40. 2016年10月
  41. 2016年9月
  42. 2016年8月
  43. 2016年7月
  44. 2016年6月
  45. 2016年5月
  46. 2016年4月
  47. 2016年3月
  48. 2016年2月
  49. 2016年1月
  50. 2015年12月
  51. 2015年11月
  52. 2015年10月
  53. 2015年9月
  54. 2015年8月
  55. 2015年7月
  56. 2015年6月
  57. 2015年5月
  58. 2015年4月
  59. 2015年3月
  60. 2015年2月
  61. 2015年1月
  62. 2014年12月
  63. 2014年11月
  64. 2014年10月
  65. 2014年9月
  66. 2014年8月
  67. 2014年7月
  68. 2014年6月
  69. 2014年5月
  70. 2014年4月
  71. 2014年3月
  72. 2014年2月
  73. 2014年1月
  74. 2013年12月
  75. 2013年11月
  76. 2013年10月
  77. 2013年9月
  78. 2013年8月
  79. 2013年7月
  80. 2013年6月
  81. 2013年5月
  82. 2013年4月
  83. 2013年3月
  84. 2013年2月
  85. 2013年1月
  86. 2012年12月
  87. 2012年11月
  88. 2012年10月
  89. 2012年9月
  90. 2012年8月
  91. 2012年7月
  92. 2012年6月
  93. 2012年5月
  94. 2012年4月
  95. 2012年3月
  96. 2012年2月
  97. 2012年1月
  98. 2011年12月
  99. 2011年11月
  100. 2011年10月
  101. 2011年9月
  102. 2011年8月
  103. 2011年7月
  104. 2011年6月
  105. 2011年5月
  106. 2011年4月
  107. 2011年3月
  108. 2011年2月
  109. 2011年1月
  110. 2010年12月
  111. 2010年11月
  112. 2010年10月
  113. 2010年9月
  114. 2010年8月
  115. 2010年7月
  116. 2010年6月
  117. 2010年5月
  118. 2010年4月
  119. 2010年3月
  120. 2010年2月
  121. 2010年1月
  122. 2009年12月
  123. 2009年11月
  124. 2009年10月
  125. 2009年9月
  126. 2009年8月
  127. 2009年7月
  128. 2009年6月
  129. 2009年5月
  130. 2009年4月
  131. 2009年3月
  132. 2009年2月
  133. 2009年1月
  134. 2008年12月
  135. 2008年11月
  136. 2008年10月
  137. 2008年9月
  138. 2008年8月
  139. 2008年7月
  140. 2008年6月
  141. 2008年5月
  142. 2008年4月
  143. 2008年3月
  144. 2008年2月
  145. 2008年1月
  146. 2007年12月
  147. 2007年11月
  148. 2007年10月
  149. 2007年9月
  150. 2007年8月
  151. 2007年7月
  152. 2007年6月
  153. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ