子育て世代Mさんが選んだ家づくりの仕様  断熱編


埼玉県越谷市在住 子育て世代 Mさんが選んだ家づくりの仕様。
今日は、、断熱編。

ちなみに、Mさんは、無事決済も終え、新しい家で暮らしをスタートさせています。
床の蜜ろうワックス塗、、造作材のオイル塗、、棚板の設置など
まだまだやることが沢山。
でも、ゆっくりと暮らしを整え始めていらっしゃいます。

断熱とサッシ。
日々の住み心地の良さを実感するためには、おろそかに出来ない大切な仕様。
デザイン性や便利な最新設備品などよりも、、
しっかりと考えなければいけないところなのでしょう。
ただし、断熱については、プロの間でも意見の分かれるほど
様々な方法があります。

優先順位をどう考えるか、、、が結局大切。
大切なのは家のトータルな性能に見合った断熱材と断熱方法の選択。。。
モチロン、、コストも大切ですし、施主様が何に重きを置くかを
きちんと話しあって決めるようにしています。
特に、どれが良いかは、考え方が様々ですので、都度仕様は変わります。

断熱を考えるうえで、知っておいたほうがいいこと

◎ 木造住宅工事仕様書(住宅金融普及協会)の断熱工事
  を参考にしています
 
☑ 自分の住む地域がどこに当てはまるのか?
(全国Ⅰ:北海道~Ⅴ:宮崎・鹿児島まで5つの地域に区分)
Mさん→ Ⅳ地域

☑ 断熱性能を決める (大きく分けて3種類あります)
・ 旧省エネ基準 (昭和55年告示)     ≒  性能表示基準 等級2
・ 新省エネ基準 (平成4年告示)      ≒  性能表示基準 等級3
・ 次世代省エネ基準 (平成11年告示)  ≒  性能表示基準 等級4
     ※ 性能表示の数字が大きくなる順に、断熱性能も高くなる
今、家を建てるなら 「次世代省エネ基準」を選びましょう!
Mさん→ 次世代相当にしました ( 性能表示 等級4 )

☑ 断熱方法の選択
・ 充填断熱 ( 構造体の中に、断熱材を入れます ) 
・ 外張断熱 ( 構造体の外に、断熱材を入れます )
外壁材によっても、、、選択肢が変わってきます
湿式(モルタル塗)仕上には、外張は適さないです
乾式(サイディングやガルバリウム鋼板貼等)なら外張でもOK
また一般的に、施工コストは 「 充填 < 外張 」
Mさん → 外壁材が湿式 → 充填断熱を選択

☑ 断熱材の種類と厚み
断熱材種類の選択は、対コストや個人的な感覚によって様々。
欲しい性能値 (ex.次世代相当にしたい) から逆算して
種類と厚さを決めていきます。
外張なら硬質ウレタンボード等。
充填ならグラスウール、セルロースファイバー、パーフェクトバリア、羊毛等。

☑ その他注意点
断熱材の考え方で大切なのは、偏った考え方をしないこと。
「選択した断熱材をきちんと施工する」 これが重要です!!
あとは、、設計者や施工者から選んだ断熱材について説明を受け
ご自身の感覚でOKかNGか、、、対価格面が折り合うか、、
を、選ぶ時に気をつけてみてはいかがでしょうか?
今回のざっくりとした説明で、、言葉足りないところは、、、
↓ ↓ ↓ チリウヒーター株式会社さんHPを参照してみてください。
どっちがいいの??
木造住宅における外張断熱(外断熱)と充填断熱(内断熱)

偏りのない情報が書かれていて参考になると思います。


 寒い朝ですね。。。
忙しい師走。風邪ひかないよう気をつけて頑張りましょうーー!!
Mさんの家ケーススタディも明日UP予定。また覘いてみてくださいね!(出美)
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

Comments [4]

お世話になります

断熱も大事ですが結局のところバランスが一番大事だと
思いました
住んでみて感じた事は冬の低い日差しをたっぷり取り込むと
夜暖かいんですよね
でも大開口のサッシから冷たい空気が。。。
夏は1.5mの長い軒が日差しをカット、多分涼しいはず。。
そういえばうちの断熱って次世代省エネだったんですね。
25℃設定で暖かいですよエアコン3基中、1基しか使ってません。

オープンハウス、とてもとても行きたかったです。(泣)
素敵なお家ですね!
またゆっくりお話をお聞かせ下さい。
お願いいたします。

korn様

「バランスが一番大事」
家づくりを終えての含蓄あるお言葉ですね。
ホントにそれが分かるのは住んで実感してから。
バランスの取捨選択をお手伝いするのが私達のお仕事。

大開口のサッシは、、、
ドレープカーテンで暖気の逃げを防げるはずなのですが、、、どうでしょう?

また住み心地教えてくださいね!!本当にためになります。
ありがとうございました!!

すぎの様

先日の近山、お疲れ様でした!!
色々楽しい講義でしたね。
またお会いできるのを楽しみにしております。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_1432.jpeg
  • staub20210119s.jpg
  • adachihousetegata-s.jpg
  • mujireizoko2021.jpg
  • NEWYAER2021
  • 20201218-IMG_0655s.jpg
  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年1月
  2. 2020年12月
  3. 2020年10月
  4. 2020年9月
  5. 2020年7月
  6. 2020年6月
  7. 2020年5月
  8. 2020年4月
  9. 2020年3月
  10. 2020年2月
  11. 2020年1月
  12. 2019年12月
  13. 2019年11月
  14. 2019年10月
  15. 2019年9月
  16. 2019年8月
  17. 2019年7月
  18. 2019年6月
  19. 2019年5月
  20. 2019年4月
  21. 2019年3月
  22. 2019年2月
  23. 2019年1月
  24. 2018年12月
  25. 2018年11月
  26. 2018年10月
  27. 2018年9月
  28. 2018年8月
  29. 2018年7月
  30. 2018年6月
  31. 2018年5月
  32. 2018年4月
  33. 2018年3月
  34. 2018年2月
  35. 2018年1月
  36. 2017年12月
  37. 2017年11月
  38. 2017年10月
  39. 2017年9月
  40. 2017年8月
  41. 2017年7月
  42. 2017年6月
  43. 2017年5月
  44. 2017年4月
  45. 2017年3月
  46. 2017年2月
  47. 2017年1月
  48. 2016年12月
  49. 2016年11月
  50. 2016年10月
  51. 2016年9月
  52. 2016年8月
  53. 2016年7月
  54. 2016年6月
  55. 2016年5月
  56. 2016年4月
  57. 2016年3月
  58. 2016年2月
  59. 2016年1月
  60. 2015年12月
  61. 2015年11月
  62. 2015年10月
  63. 2015年9月
  64. 2015年8月
  65. 2015年7月
  66. 2015年6月
  67. 2015年5月
  68. 2015年4月
  69. 2015年3月
  70. 2015年2月
  71. 2015年1月
  72. 2014年12月
  73. 2014年11月
  74. 2014年10月
  75. 2014年9月
  76. 2014年8月
  77. 2014年7月
  78. 2014年6月
  79. 2014年5月
  80. 2014年4月
  81. 2014年3月
  82. 2014年2月
  83. 2014年1月
  84. 2013年12月
  85. 2013年11月
  86. 2013年10月
  87. 2013年9月
  88. 2013年8月
  89. 2013年7月
  90. 2013年6月
  91. 2013年5月
  92. 2013年4月
  93. 2013年3月
  94. 2013年2月
  95. 2013年1月
  96. 2012年12月
  97. 2012年11月
  98. 2012年10月
  99. 2012年9月
  100. 2012年8月
  101. 2012年7月
  102. 2012年6月
  103. 2012年5月
  104. 2012年4月
  105. 2012年3月
  106. 2012年2月
  107. 2012年1月
  108. 2011年12月
  109. 2011年11月
  110. 2011年10月
  111. 2011年9月
  112. 2011年8月
  113. 2011年7月
  114. 2011年6月
  115. 2011年5月
  116. 2011年4月
  117. 2011年3月
  118. 2011年2月
  119. 2011年1月
  120. 2010年12月
  121. 2010年11月
  122. 2010年10月
  123. 2010年9月
  124. 2010年8月
  125. 2010年7月
  126. 2010年6月
  127. 2010年5月
  128. 2010年4月
  129. 2010年3月
  130. 2010年2月
  131. 2010年1月
  132. 2009年12月
  133. 2009年11月
  134. 2009年10月
  135. 2009年9月
  136. 2009年8月
  137. 2009年7月
  138. 2009年6月
  139. 2009年5月
  140. 2009年4月
  141. 2009年3月
  142. 2009年2月
  143. 2009年1月
  144. 2008年12月
  145. 2008年11月
  146. 2008年10月
  147. 2008年9月
  148. 2008年8月
  149. 2008年7月
  150. 2008年6月
  151. 2008年5月
  152. 2008年4月
  153. 2008年3月
  154. 2008年2月
  155. 2008年1月
  156. 2007年12月
  157. 2007年11月
  158. 2007年10月
  159. 2007年9月
  160. 2007年8月
  161. 2007年7月
  162. 2007年6月
  163. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ