7分後、7年後の幸せなあなたへ

41N3K9DFWSL._SS500_[1].jpg 7分後、7年後の
幸せなあなたへ

何だか
素敵なタイトルだと
思いませんか?

そのタイトルに惹かれ、
多分4年前に読んだ本。




この本は、、内容はエコの本なのですが、、サブタイトルにもあるように
― エコから学ぶ「自分マネジメント術」 ― という、、、
しなやかに生きるための気付きを与えてくれる本でもあります。

しかも肩肘はらない自然体で前進できるヒントがいっぱいなのです!!
少しだけ抜粋すると、、、


7分後、7年後の幸せなあなたへ  枝廣淳子著 朝日新聞社刊 
より 以下 抜粋

はじめに

あなたはいまハッピーでしょうか?
だれもが心のどこかで「幸せ」を求めていると思います。
私も「どうせ生きるなら、幸せな自分を生きたい」と思います。
でも、幸せって、だれかが外からポンと渡してくれるものじゃなくて、
自分の内にあるものだと思うのです。

ヘンな例えですが、同じお料理を見ても、おなかがすいているときと、
おなかがいっぱいのときでは、わき上がってくる感じが違うでしょう?
同じように、同じ状況や同じ相手でも、自分の心の状態によって、
感じる幸せや不幸せは違ってくるのだと思います。

とすると、幸せは自分の外にあるのではなくて、自分の内にある。
「腑に落ちる」というときの「腑」が
幸せをかんじる感覚器なんじゃないかなあ、と私は思うのです。

「7分後」のあなたは何をしているでしょうか?(略)
ひとつでもふたつでも、本書に込めた私の思いや経験、
ものの見方や考え方がご自身の「腑」に落ちるとき、
幸せの扉をコンコンとノックしている音が聞こえるかもしれません。

そして「7年後」のあなたは幸せでしょうか?
「そんなこと、わかりっこないよ。
     どういう状況になっているか、わからないんだから」
と思ったとしたら、それは自分の幸せを他人や自分以外の状況に
預けてしまっているのかもしれません。
自分で自分の手綱を握ることができれば、たとえどういう状況になっても
「幸せな自分」 「なりたい自分」 「ありたい自分」
でいられるはずだと思うのです。

「ベター・ザン・ナッシング (ゼロよりまし)」

気がついたときに、できるところから。
そのうちに、ちょっとだけはじめた変化が日常となり、(中略)
ほかにできることにも気づく。(中略)
無理なく自分の背中を一押しし、できるようになってくる。

「カンペキができないなら、やらない」という
「オール・オア・ナッシング」症候群に陥るのではなく、
ちょっとずつできるところから、自分の地球への影響を意識し、
変えられるところは変えていったらいい。


ね!なんだかスッと受け入れられる文章だと思いませんか?

他にも、、、
自分の心とつながること、、もう一度地球とつながること、、への気付き。
なりたい未来から現在の行動を決めるバックキャスティングの方法。
シェアリング、、キャンドルナイト、、等
今、世の中に認めはじめられたことを、出版された2004年当時から既に、
コレって良さそうだからやってみない~?的な、
柔らかく平らな目線で語られていました。

ちなみに、、バックキャスティングの方法は、家づくりにも活かせます!
こんな暮らしをしたい!っていう未来の姿から、、、
住みたい家のカタチを描いて、、、そこへ辿り着くにはどうしたらいいのか
計画を立てればいいのですから。。。ね!

過去の自分を振り返ること、、あんまりしないのですが、、例の自分棚おろし中。
目にとめていた文章をノートに書き記してあったので・・・。
この本からのエッセンスが、今の自分につながっていることに気付けました。(笑)

過去のことを少しだけ、、、
4年前といえば、甲状腺を悪くして、、会社を休ませてもらって手術して、、
職場復帰したけれど、、、バリバリだった頃のようには働けず、、、、
焦って、心身とも、とっても辛かった時期でした。

手術の前に通院していた頃、、、そして術後、、、月に一度の通院。
病院は、気の遠くなるようなの待ち時間がつきものですが、
検査の結果が出るまでの間(2時間位)は、
街に出て時間をつぶししていいことになっていました。

その時間に決まって立ち寄る本屋さんで見つけたのがこの本。
その本屋さんは、表参道の裏通りにある、、クレヨンハウス。

子供向けの書籍を置く本屋さんとして有名ですが、、
3階には、女性向けのセレクトショップのようなフロアがあります。
アロマの香りが何とも心地よく、オーガニックのコスメや雑貨、、
女性向けにセレクトされた様々なテーマの書籍を置くショップ。

そこで、気になる本を何冊か選びます。
その後、地下にある食堂で、野菜中心のランチビュッフェで昼食をとり、
当時レストランになっていたスペースの、、、(今は無くなっています)
大きく空へ空へと枝を伸ばそうとしている楡の木が見える席で、
診察時間までの間、買ったばかりの本をめくりながら、
食後のコーヒーを飲むのが、とっても楽しみな時間でした。

今思い返すと、病気がきっかけで得た、贈り物のような時間だったのかな(笑)。
心の栄養になるような本と、た~くさん出会ったのも、この本屋さん。
ワーカホリック、、仕事中毒だった自分がリセットされた場所。

あの頃、ホント、、これからどうしようと思い悩んでいた私に、
自分ができるところから少しづつでもいいから
まず、はじめることの大切さを教えてくれた本でした~!(笑)

何事も、7代先のことを考えるという、ネイティブアメリカンイロコイ族の掟が
この本のタイトルの由来だそうです。
今日いいひブログを読んで下さった、7分後、7年後の幸せなあなたへ。。。
この本のエッセンスが届けば良いなあと思いま~す!!(出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

Comments [2]

いいひさん、こんばんは。

なんだか、心に残るタイトルでした。
>変えられるところは変えていったらいい。
>自分ができるところから少しづつでもいいから

私は、この10年間が無駄ではなかったんだな~と
最近、つくづく思います。
自分のスタイルが、はっきり見えてきたからです。
これからも、自分ができるところから
進んで行きたいと思います。

7分後、私は、
いいひさんのコメントを書き終え
7年後の自分を夢見ているかも知れません。

たかさん様

このタイトルいいですよね~。
著者の枝廣さんは、主婦から同時通訳者になり、
環境ジャーナリストになった方。スゴイですよね!
当時はその華やかな転身にすっごく惹かれたけど、、、
今は普通の暮らしのなかで、シアワセを感じられることを
大切にしながら、、、日々を過ごせたら良しと思う私が居ます。(笑)。
コメントありがとうございました!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg
  • IMG_5281.JPG
  • 20190413-P4130078-2s.jpg
  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg

アーカイブ

  1. 2020年12月
  2. 2020年10月
  3. 2020年9月
  4. 2020年7月
  5. 2020年6月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2020年3月
  9. 2020年2月
  10. 2020年1月
  11. 2019年12月
  12. 2019年11月
  13. 2019年10月
  14. 2019年9月
  15. 2019年8月
  16. 2019年7月
  17. 2019年6月
  18. 2019年5月
  19. 2019年4月
  20. 2019年3月
  21. 2019年2月
  22. 2019年1月
  23. 2018年12月
  24. 2018年11月
  25. 2018年10月
  26. 2018年9月
  27. 2018年8月
  28. 2018年7月
  29. 2018年6月
  30. 2018年5月
  31. 2018年4月
  32. 2018年3月
  33. 2018年2月
  34. 2018年1月
  35. 2017年12月
  36. 2017年11月
  37. 2017年10月
  38. 2017年9月
  39. 2017年8月
  40. 2017年7月
  41. 2017年6月
  42. 2017年5月
  43. 2017年4月
  44. 2017年3月
  45. 2017年2月
  46. 2017年1月
  47. 2016年12月
  48. 2016年11月
  49. 2016年10月
  50. 2016年9月
  51. 2016年8月
  52. 2016年7月
  53. 2016年6月
  54. 2016年5月
  55. 2016年4月
  56. 2016年3月
  57. 2016年2月
  58. 2016年1月
  59. 2015年12月
  60. 2015年11月
  61. 2015年10月
  62. 2015年9月
  63. 2015年8月
  64. 2015年7月
  65. 2015年6月
  66. 2015年5月
  67. 2015年4月
  68. 2015年3月
  69. 2015年2月
  70. 2015年1月
  71. 2014年12月
  72. 2014年11月
  73. 2014年10月
  74. 2014年9月
  75. 2014年8月
  76. 2014年7月
  77. 2014年6月
  78. 2014年5月
  79. 2014年4月
  80. 2014年3月
  81. 2014年2月
  82. 2014年1月
  83. 2013年12月
  84. 2013年11月
  85. 2013年10月
  86. 2013年9月
  87. 2013年8月
  88. 2013年7月
  89. 2013年6月
  90. 2013年5月
  91. 2013年4月
  92. 2013年3月
  93. 2013年2月
  94. 2013年1月
  95. 2012年12月
  96. 2012年11月
  97. 2012年10月
  98. 2012年9月
  99. 2012年8月
  100. 2012年7月
  101. 2012年6月
  102. 2012年5月
  103. 2012年4月
  104. 2012年3月
  105. 2012年2月
  106. 2012年1月
  107. 2011年12月
  108. 2011年11月
  109. 2011年10月
  110. 2011年9月
  111. 2011年8月
  112. 2011年7月
  113. 2011年6月
  114. 2011年5月
  115. 2011年4月
  116. 2011年3月
  117. 2011年2月
  118. 2011年1月
  119. 2010年12月
  120. 2010年11月
  121. 2010年10月
  122. 2010年9月
  123. 2010年8月
  124. 2010年7月
  125. 2010年6月
  126. 2010年5月
  127. 2010年4月
  128. 2010年3月
  129. 2010年2月
  130. 2010年1月
  131. 2009年12月
  132. 2009年11月
  133. 2009年10月
  134. 2009年9月
  135. 2009年8月
  136. 2009年7月
  137. 2009年6月
  138. 2009年5月
  139. 2009年4月
  140. 2009年3月
  141. 2009年2月
  142. 2009年1月
  143. 2008年12月
  144. 2008年11月
  145. 2008年10月
  146. 2008年9月
  147. 2008年8月
  148. 2008年7月
  149. 2008年6月
  150. 2008年5月
  151. 2008年4月
  152. 2008年3月
  153. 2008年2月
  154. 2008年1月
  155. 2007年12月
  156. 2007年11月
  157. 2007年10月
  158. 2007年9月
  159. 2007年8月
  160. 2007年7月
  161. 2007年6月
  162. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ