Angel's Eye レトリーバーの瞳に想うこと

hokaidowanko.jpg

↑ 2年前の北海道。

旅の空の下、、偶然停めた道沿いで、
放牧された馬さんを眺めていたとき、、
出合った牧場わんこ。

ゴールデン?
ラブラドール?
分からないけど
レトリーバー系わんこ。

人懐っこくて、、しばし遊んだ後、、
広~い大きい空を一緒に眺めてくれました。。。

初対面とは思えない位に楽しく心が通って、、
忘れられない旅の思い出です!

wanko7.jpg

彼らには、「 純真無垢 」 という言葉がぴったり。

愛しているオーラで、
私たち人間を癒してくれるチカラってホントすごい!

私が学生時代からずっと好きな漫画があるのですが、、
「 Papa told me 」 最新刊のなかの一話 「 Angel's Eye 」。
このレトリーバーさんが出てくるお話で、お気に入りな章のひとつです。

日常の些事にイライラカリカリしてしまう人間たちに
純真無垢な瞳で寄り添ってくれているセラピストのような彼ら。

仕事でイヤなことがあって凹んでいる通りがかりのOLさんにも
尻尾をふりながらじゃれて遊んでくれて、、
「大好き~!」オーラで癒してくれるレトリーバーさん達を、、
知世ちゃん(この漫画の主人公)がこう云います。


≪ Papa told me 「 Angel's Eye 」 ≫
          以下、知世ちゃんとお父さんとの会話です

たえず怒りや悲しみが生まれては渦巻くこの世界
でも押し寄せるネガティブな黒い雲につぶされちゃうことなく
みんな暮らしていられるのは 誰のおかげだと思ってたの お父さん

― ― え~っと と悩むお父さんに、、、

もーっ
ゴールデンやラブラドールレトリーバーさん達に決まってるじゃないの

「みんな大好きだよパワー」で 暗雲が落っこちてこないよう
ささえてくれてるんだよ アトラスみたいに

さらに明かされる驚愕の新事実!
レトリーバーさん達は 実は  エイリアンなのだ 

宇宙規模のWHOみたいなところから派遣されてきたんだよ
銀河のすみっこの この病んだ星を健康にするために
莫大な費用をかけて

・・・・ 少しあきれ顔、、でもなるほどと思うお父さんに、、

地球の住民の精神衛生が悪化して
どんどんダメな星になって
宇宙のバランスを乱すようなことをしでかしたら困るからね (略)

そこでセラピストとして選ばれたのが
宇宙一ポジティブな思考回路とチャーミングなルックスと表現力を持つ
この種族のみなさんだったわけ
彼らは ある晴れた日
金色のしっぽ型の宇宙船に乗り込んで ・・・・・ 」

―― お父さんが優し~い笑顔で、、、
「 しかし レトリーバーの星というのは
       きっとそうとう楽しいところに違いない 」 

と云ってその話が終わるのです♪

51F1ZojJDSL._SL500_AA240_[1].jpg

榛野 なな恵 著
Papa told me
「私の好きな惑星」より 抜粋



と、、知世ちゃんが読んでいた「犬の惑星」って本に影響されての
お父さんとの会話だったのですが、、、何だか頷けてしまった私です(^^)。
何だかそう考えると楽しいし(^^)。。

我が家はにゃんこ同居ですが、
いつか、、、
レトリーバーさんとも一緒に暮らすことも叶える夢のひとつ。

犬や猫、、、ペットって、
本当に純粋に飼い主を愛してくれますよねーー。
絶対的に私たち人間より命の短い彼らと、
一緒に居るときは、精一杯愛したい。

ペットというより家族のような存在になっている昨今、
家づくりをするときも彼らの行動や習性を理解してつくるのとそうでないのでは、
全く違うモノになってしまいますね。
ペット同居の家では、そんなことを踏まえて設計するようにしています。

今は、ペット同居の家は設計していないのですが
またそんな機会があればいいな~とも思っています(^^)。

梅雨のうっとおしい空模様の東京。
煮詰まって、つい仕事から逃避し(^^;)
昔行った旅行の写真などを眺めていたら、、
この写真に行きあたり、知世ちゃんのお話を思い出した次第。

家づくりネタから離れちゃいましたね。ゴメンナサイ。。

一年も折り返し地点を過ぎました~~!(早いですーー^^;)
振り返ったとき良い一年だったと思えるよう、、頑張りたいですね♪♪(出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

≪ Papa told me について ≫
Wikipedia に 詳しく載っています
父子家庭のパパと知世ちゃんのお話だけど、、
他の様々な登場人物の人間像にも都度惹かれます
なかでも百合子ちゃんや北原さんが私は好き
独特の世界観で、、英国風のインテリアや挿絵も素敵ですよ~

≪ 過去ブログも宜しかったらどうぞ~♪≫
「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

Comments [6]

今回のブログテーマも、はぁ~~~♪となりました~。

写真のわんこは毛並みからいいってゴールデンですね^^
もう8年・・・9年前かな?実家で飼っていました。
大型犬では長生き(?)の11歳でした。
体格以上に我が家では大きな大きな存在でした。
思い出すと今でも涙が溢れてきます。。。

晩年はゴールデンに多い腫瘍になり、目も白内障で見えなくなり、
柔らかくしたドッグフードを手ですくって口まで持って行き、
食べさせることもしました。
一つの大事な命。

新しい家では子供たちが犬を飼いたい、と言いますが、
外にはスペースも無く、室内犬のような小型犬は私が物足りなく、
しばらくはお預けです。

Papa told me は知りませんでした~。
機会があったら見てみたいです^^
「動物のお医者さん」もいいですよ~♪
これみたら般若顔のシベリアンハスキーが飼いたくなります^^;

いいひ様、
今回も素敵なブログ記事ですねー。

むか~し、シェットランドを飼っていたときのことを思い出してしまいました。
彼を最期まで見届けるために、地元の大学に進んだぐらいでしたから・・。

住宅営業時代は、犬や猫を飼っている家に訪問することも多かったのですが、
よく犬の手形(アシ形?)をスーツにつけられ(苦笑いをしながら)、
打ち合わせをしていたこともよくありましたね~。
飼い主さんも驚くぐらい、犬にはとても歓迎されました♪

猫は別に好きではないのですが・・、
なぜかその家の飼い猫たちが常に2~3匹ぐらい私の膝元で
よく寝ておりました・・。(苦笑)

人間サマだとそんなことは全くなかったのですが・・、(笑)
犬や猫にはなぜかよく好かれるようです・・。
(「彼ら」が契約してくれたらな・・と思ったこと数知れず。)

つまらないことを書いてしまいました・・。

いいひ様にお会いできるのを楽しみにしていま~す。

こでまり様

いただいたコメントに思わずウルウルと。。。
彼らは大きな大きな存在で家族の心に生き続けてくれますよねー。

一緒に居ることを当たり前とせず、、
一緒に居られるシアワセを抱きしめて
過ごしていけたらいいですよね♪♪

>写真のわんこは毛並みからいいってゴールデンですね^^
この仔は、、ゴールデンなのですね!
教えていただいてありがとうございます~~!!

動物のお医者さん、、懐かしいですねー!
学生時代すっごく流行りました。友人が大好きでした。
ハスキー犬も流行りましたよね。
でも、、実はまだ読んだことがないので、今度読んでみようと思いま~す!!

テリー様

動物さんの瞳は、素直に疑いなくその人を見ますから、、
テリーさんがお客様宅で大歓迎なのは、すっごく分かりますねー。

テリーさんも犬好きなのですね。。
ウチの主人も大の犬好きで、我が家に猫を迎えるとき戸惑っていましたが
今では、私よりず~っと「親ばか」ぶりを発揮しています。(^^)

私もお会いできるのを楽しみにしております!!
どうぞ気をつけていらしてくださいねーー♪♪

コメント、ありがとうございました~~!!

いいひさん、こんばんは。

動物って不思議な生き物ですよね。
知らないうちに話しかけている自分に
笑ってしまうことがあります。

私がウロウロ散歩するのも
凹んだ自分を取り戻す為です。
また・・・頑張れる自分が好きだったりもします。

〝仕合わせ〟の言葉、
ブログでも使わせて頂いています。
私のお気に入りです。
ありがとうございます。感謝。

たかさん様

お久しぶりです!
お元気そうで何よりです~♪

>〝仕合わせ〟の言葉、
私も好きな言葉で、その意味を感じ入る今日この頃です。
コメントありがとうございました~~!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg
  • IMG_5281.JPG
  • 20190413-P4130078-2s.jpg
  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg

アーカイブ

  1. 2020年12月
  2. 2020年10月
  3. 2020年9月
  4. 2020年7月
  5. 2020年6月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2020年3月
  9. 2020年2月
  10. 2020年1月
  11. 2019年12月
  12. 2019年11月
  13. 2019年10月
  14. 2019年9月
  15. 2019年8月
  16. 2019年7月
  17. 2019年6月
  18. 2019年5月
  19. 2019年4月
  20. 2019年3月
  21. 2019年2月
  22. 2019年1月
  23. 2018年12月
  24. 2018年11月
  25. 2018年10月
  26. 2018年9月
  27. 2018年8月
  28. 2018年7月
  29. 2018年6月
  30. 2018年5月
  31. 2018年4月
  32. 2018年3月
  33. 2018年2月
  34. 2018年1月
  35. 2017年12月
  36. 2017年11月
  37. 2017年10月
  38. 2017年9月
  39. 2017年8月
  40. 2017年7月
  41. 2017年6月
  42. 2017年5月
  43. 2017年4月
  44. 2017年3月
  45. 2017年2月
  46. 2017年1月
  47. 2016年12月
  48. 2016年11月
  49. 2016年10月
  50. 2016年9月
  51. 2016年8月
  52. 2016年7月
  53. 2016年6月
  54. 2016年5月
  55. 2016年4月
  56. 2016年3月
  57. 2016年2月
  58. 2016年1月
  59. 2015年12月
  60. 2015年11月
  61. 2015年10月
  62. 2015年9月
  63. 2015年8月
  64. 2015年7月
  65. 2015年6月
  66. 2015年5月
  67. 2015年4月
  68. 2015年3月
  69. 2015年2月
  70. 2015年1月
  71. 2014年12月
  72. 2014年11月
  73. 2014年10月
  74. 2014年9月
  75. 2014年8月
  76. 2014年7月
  77. 2014年6月
  78. 2014年5月
  79. 2014年4月
  80. 2014年3月
  81. 2014年2月
  82. 2014年1月
  83. 2013年12月
  84. 2013年11月
  85. 2013年10月
  86. 2013年9月
  87. 2013年8月
  88. 2013年7月
  89. 2013年6月
  90. 2013年5月
  91. 2013年4月
  92. 2013年3月
  93. 2013年2月
  94. 2013年1月
  95. 2012年12月
  96. 2012年11月
  97. 2012年10月
  98. 2012年9月
  99. 2012年8月
  100. 2012年7月
  101. 2012年6月
  102. 2012年5月
  103. 2012年4月
  104. 2012年3月
  105. 2012年2月
  106. 2012年1月
  107. 2011年12月
  108. 2011年11月
  109. 2011年10月
  110. 2011年9月
  111. 2011年8月
  112. 2011年7月
  113. 2011年6月
  114. 2011年5月
  115. 2011年4月
  116. 2011年3月
  117. 2011年2月
  118. 2011年1月
  119. 2010年12月
  120. 2010年11月
  121. 2010年10月
  122. 2010年9月
  123. 2010年8月
  124. 2010年7月
  125. 2010年6月
  126. 2010年5月
  127. 2010年4月
  128. 2010年3月
  129. 2010年2月
  130. 2010年1月
  131. 2009年12月
  132. 2009年11月
  133. 2009年10月
  134. 2009年9月
  135. 2009年8月
  136. 2009年7月
  137. 2009年6月
  138. 2009年5月
  139. 2009年4月
  140. 2009年3月
  141. 2009年2月
  142. 2009年1月
  143. 2008年12月
  144. 2008年11月
  145. 2008年10月
  146. 2008年9月
  147. 2008年8月
  148. 2008年7月
  149. 2008年6月
  150. 2008年5月
  151. 2008年4月
  152. 2008年3月
  153. 2008年2月
  154. 2008年1月
  155. 2007年12月
  156. 2007年11月
  157. 2007年10月
  158. 2007年9月
  159. 2007年8月
  160. 2007年7月
  161. 2007年6月
  162. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ