スイス視察旅のレポート_ミネルギーPエコ住宅

2010swissreport.jpg

近くの森の恵みでつくった手づくりのリース、、
簡素だけど愛らしいほうき、、

ズント―氏設計のルツイ邸玄関先にて。

スイスを旅したときに出合った、、
家での暮らしを紡ぐ豊かさ。。。

↑ ↑ そんなことを想い出す一枚です♪

いつか、、記事にしよう…と、思っていた
2010年、2011年と続けて行った南ツアー(海外視察旅)のこと。。
 
旅が大好きな私なので、単に遊びに行っているのでは??疑惑…
きっと、家族や友人はそう思っているのかも…もしかしたら施主さんも...^^;
 
既にレポートとしては、、まとめて提出しているのだけれど、、
ブログとしてUPするとなると、まとめなおす時間がない。。。。。
うーん…と、漠と思っていたそんな折、、
昨日、クラシカメンバーとのキッチンセミナー打ち上げ兼忘年会で、
スピカさんの自立循環型住宅の学びのお話を聞きました。
 
これから避けて通れない 自然エネルギーを住まいに採り入れる設計手法を、、
真剣に学ばれて、、、実務の設計に活かされている女性建築士さん♪
( 自立循環…いうなら…自然エネルギーを住宅に採り入れるパッシブ住宅 )
ご興味のある方は、、ぜひぜひ、、スピカさんに相談されたらいかがでしょう。。

そう、、昨日お話していて感じたのですが、
ひとりづつの意識が少しづつ変わっていくことで、
きっと 何かが カチリと切り替わったように、
大きく動く時も 来るのでしょうね。。。

そんなこんなで、、この視察旅レポートも、、
住まいの環境に関連するレポートなので、、
読んで下さった方にとって、、何かヒントになれば嬉しいな…と思い、、
2012年も残り僅か、、このままお蔵入りさせるのも何なので、、
今日は、そのレポートをそのままUPしたいと思います。。
 
( 2010年当時のレポートなので、、
  古い情報かも…ですので、ご了承ください… )
 
少しだけ、、レポートのさわりを。。
 
【 ミネルギーPエコ 住宅見学_Hosenruck村シェーラー邸 】
 
― 生活の質を上げて、エネルギー消費量を減らす―
 
  省エネ建築 ≒ ミネルギー建築
 
 市民の大部分は、省エネをしたい のではなく、
 まず 生活の質を上げたい というのが本音。
 
 省エネルギー基準を、、
 マーケティング上の課題としてとらえ、、
 インセンティブ(補助金や建蔽率優遇など)を与え、
 施主 が この制度を使いたくなり、、
 かつ ミネルギー仕様の家に住むと、、
 心地よく生活の質も上がるようになる。。

 と、いうことを広告し、魅力的なブランド構築に成功させた。。

そのスイス…彼の地でのスマートな施策や仕組みを、
ジャーナリストの滝川薫さんが懇切丁寧に説明してくださり、、
実際のミネルギー住宅やオフィスなどを見学した旅でした。。
 
その時の学びの記録なのですが、宜しかったらご覧ください!!
( 下記画像をクリックするとPDFがひらきます 計4頁… )

2010 swissreport.jpg
改めて読み直すと、思うコト多々。。
日々に精一杯なのですが、少しづつでも私も進みます。。

学びの記録、、
次回は、2011年イギリス視察旅レポートをUPする予定です!
 

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な ’いいひ’ が訪れますよう…
     
  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて…(出美)
 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 愛される家_暮らしを紡ぐ豊かさ inスイス 」
「 学びの旅_2030年型省エネ住宅を訪ねて♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_1432.jpeg
  • staub20210119s.jpg
  • adachihousetegata-s.jpg
  • mujireizoko2021.jpg
  • NEWYAER2021
  • 20201218-IMG_0655s.jpg
  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年1月
  2. 2020年12月
  3. 2020年10月
  4. 2020年9月
  5. 2020年7月
  6. 2020年6月
  7. 2020年5月
  8. 2020年4月
  9. 2020年3月
  10. 2020年2月
  11. 2020年1月
  12. 2019年12月
  13. 2019年11月
  14. 2019年10月
  15. 2019年9月
  16. 2019年8月
  17. 2019年7月
  18. 2019年6月
  19. 2019年5月
  20. 2019年4月
  21. 2019年3月
  22. 2019年2月
  23. 2019年1月
  24. 2018年12月
  25. 2018年11月
  26. 2018年10月
  27. 2018年9月
  28. 2018年8月
  29. 2018年7月
  30. 2018年6月
  31. 2018年5月
  32. 2018年4月
  33. 2018年3月
  34. 2018年2月
  35. 2018年1月
  36. 2017年12月
  37. 2017年11月
  38. 2017年10月
  39. 2017年9月
  40. 2017年8月
  41. 2017年7月
  42. 2017年6月
  43. 2017年5月
  44. 2017年4月
  45. 2017年3月
  46. 2017年2月
  47. 2017年1月
  48. 2016年12月
  49. 2016年11月
  50. 2016年10月
  51. 2016年9月
  52. 2016年8月
  53. 2016年7月
  54. 2016年6月
  55. 2016年5月
  56. 2016年4月
  57. 2016年3月
  58. 2016年2月
  59. 2016年1月
  60. 2015年12月
  61. 2015年11月
  62. 2015年10月
  63. 2015年9月
  64. 2015年8月
  65. 2015年7月
  66. 2015年6月
  67. 2015年5月
  68. 2015年4月
  69. 2015年3月
  70. 2015年2月
  71. 2015年1月
  72. 2014年12月
  73. 2014年11月
  74. 2014年10月
  75. 2014年9月
  76. 2014年8月
  77. 2014年7月
  78. 2014年6月
  79. 2014年5月
  80. 2014年4月
  81. 2014年3月
  82. 2014年2月
  83. 2014年1月
  84. 2013年12月
  85. 2013年11月
  86. 2013年10月
  87. 2013年9月
  88. 2013年8月
  89. 2013年7月
  90. 2013年6月
  91. 2013年5月
  92. 2013年4月
  93. 2013年3月
  94. 2013年2月
  95. 2013年1月
  96. 2012年12月
  97. 2012年11月
  98. 2012年10月
  99. 2012年9月
  100. 2012年8月
  101. 2012年7月
  102. 2012年6月
  103. 2012年5月
  104. 2012年4月
  105. 2012年3月
  106. 2012年2月
  107. 2012年1月
  108. 2011年12月
  109. 2011年11月
  110. 2011年10月
  111. 2011年9月
  112. 2011年8月
  113. 2011年7月
  114. 2011年6月
  115. 2011年5月
  116. 2011年4月
  117. 2011年3月
  118. 2011年2月
  119. 2011年1月
  120. 2010年12月
  121. 2010年11月
  122. 2010年10月
  123. 2010年9月
  124. 2010年8月
  125. 2010年7月
  126. 2010年6月
  127. 2010年5月
  128. 2010年4月
  129. 2010年3月
  130. 2010年2月
  131. 2010年1月
  132. 2009年12月
  133. 2009年11月
  134. 2009年10月
  135. 2009年9月
  136. 2009年8月
  137. 2009年7月
  138. 2009年6月
  139. 2009年5月
  140. 2009年4月
  141. 2009年3月
  142. 2009年2月
  143. 2009年1月
  144. 2008年12月
  145. 2008年11月
  146. 2008年10月
  147. 2008年9月
  148. 2008年8月
  149. 2008年7月
  150. 2008年6月
  151. 2008年5月
  152. 2008年4月
  153. 2008年3月
  154. 2008年2月
  155. 2008年1月
  156. 2007年12月
  157. 2007年11月
  158. 2007年10月
  159. 2007年9月
  160. 2007年8月
  161. 2007年7月
  162. 2007年6月
  163. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ