暮れの学び_アクシデントとラシーン色決めの過程

色問題でお騒がせしたラシーン、、昨日...戻ってきました~!!!!!

とっても素敵に変身!!!!!!!
思いきって色を変えて、マジメに、、良かったです^^

コメントくださった皆さま、、
いいひの施主さま、、
色んなご意見をくださって、本当にありがとうございました♪

夫婦の間で意見が割れて、、
なかなか決まらなかった色ですが、、


実は、、、、、、ドラえもんブルー♪になったのです!!!!!!


きっとこの記事を読まれた方は、

「 出美さんが、旦那さんを言い包めるコトに成功したのね... 」
「 牛尾さん(夫)、、、気の毒に。。。 」 

↑ いいひ夫婦のパワーバランスをご存知な方は、
そう思われる方も少なくない筈。。(^_^;)

・・・ でも、でもね!!
・・・ 決して、そうではないのですよぉ~。。( ← 強く強調!^^ )

確かに、彼のなかで、少し妥協はしたはずですが、
最終的に納得して、ドラえもんブルーを採択したのは、、
牛尾(夫) なのです。

色々イロイロいろいろ 紆余曲折あったのですが、、
板金塗装をお願いしたK自動車さんの気配りで、、
良い選択が出来たのです。。

その経緯を少しだけ。。

実は、、何度説得しても、、首を縦に振ってくれない牛尾の頑なさに、
私の方が折れて、、一度は、違う色に決めました。

 「 サンドベージュ でお願いします! 」

と、意を決してK自動車さんへ電話。。

 「 え???本当にいいの? 」 と、K社長。

 「 ... ... ハイ。 」

 「 試しに大き目に色つくりますから、観てからにしましょう 」 と、K社長。

 「 いや、良いです。。。見たらまた迷っちゃうし、早く乗りたいし...
   見本帳 通りの色ならいいですから、進めてください。。 」

と、電話を切りました。

数日後、K自動車さんから、電話がかかってきて、
一応見本をつくったから、念のため見てもらいたい...と。

その一本の電話で、結果、色んなコトが良い方向へ進んだのです。

今日、車を取りに行き、聞いた話なのですが、
K自動車さんのなかで、、ラシーンの色がサンドベージュで...との情報が伝わった時、

 「 ええ??? だったら塗らなくていいのに... 」

と、整備工の方々の間でも、そんな会話があったそうです。(^_^;)

で、K社長さんの配慮で、、

 「 この色で進めて良いって言っているけど、見本つくろうよ 」

と、なったらしいのです。

K自動車の社長ご夫妻の自邸は、
会社員時代に私が設計担当でした。
なので、何かと気心が知れていることもあり、、
本音の会話も出来るのですが、、

今日、K夫人も、、

「 みんなで話していたのよ~。
 気分を変えたい...って、オールペンするのに、
 白からサンドベージュじゃ気分変わらないかもね...って。(笑)

 でも、お客さまが これで良い って話していたら、何も言えないじゃない! 

 だから、見本みてもらって、、
 もう一度、じっくり考えてもらおう...って、話になったのよ。
 結果、良かったわよ~。本当に素敵になったもの。。 見ちがえちゃった! 」

「 そうですね~^^本当に良かったです!!お手間かけました 」 と、私。

「 だって、折角なんだから、喜んでもらいたいじゃない!^^ 」 と、、K夫人。

あの柔和な笑顔で、話してくださいました。。

  入たくいたく感謝です☆

だって、あの日板金見本を見に行くことをしなかったら、
今の流れには絶対になっていなかったから。。。

大きく塗装された色を見ると、やはりイマイチで...。。
だったら白のままでいいや。。というのが本音。。

プラスして、実は、見に行く道中で、アクシデントがあり、
そのアクシデントで得た経験も、、
頑なな牛尾が変わる要因になり、、
結果、モノスゴク良い方向へ物事が流れ出したのです。 

アクシデント自体は、イタイコト...でしたが、
そのアクシデントは、、学ぶきっかけでした。

 一見悪い出来事でも、必然の出来事。。

 頑ななココロを省みさせて、、、
 謙虚に自分を見つめ直せるきっかけをくれたギフト。。。

小さい頃から、云われ続けてきたこと。

 周囲の人たちのお蔭で、
 生かされていることを感謝しなさい...
 自分だけのチカラじゃ何にも出来ないのだから...

忘れた訳じゃ決してないけど、
この一年の締めくくりに、、
改めて、、気付くことが出来て、、
本当に良かったです。。

天国の牛パパやおばあちゃんや、
あまが気付かせてくれたのかな。。
みんな、ありがとうね^^

話は戻って、
家づくりのお仕事でも、、
似たようなコトがあります。。

施主さんが '良し' と、決めたコトには、、
やはり、どうかな??と、思っても、、
個人の価値観なので、あまり口を挟めない...という場面。

モチロン、建物スペックに関することや、
そもそも望まれている家の方向性がずれてきたり、、
マイナス側に寄る施主さんの要望には、、
極力反論します!


でも、インテリアや使い勝手に関しては、、
ある意味、人それぞれの価値観で異なります。。

あまりに おかしなコトには、アドバイスしますが、、
基本は施主さんの意思を尊重。

でもそれだけでは足りない。。

 カタチを生み出すコトの重大さ。
 プロとして、伝えるべきコトは伝える必要性。

本来、お客さまが何を意図してこの仕事を依頼したのか...


今回、私の場合は、「 気分一新 」 だったわけですが、
きっと、サンドベージュだったら、、
「 気分一新 」 にはならなかったです。。

そこを汲みあげ、より良いカタチで実現させるという、
今回のK自動車さんの、持って行き方に学ばされました。

 オカシイと感じたことは、、何とか伝える...
 施主さんに理解されより良い選択肢を選んでもらえる、、
 そんな伝達能力をもっと磨かないと!

モノスゴク、、勉強になりました。。
感謝です☆

ラシーン、、昨日は写真を撮れなかったので、
後日、きちんと写真を撮ってお披露目しますね♪

あと、カーオーディオも変えたのですが、
すごーーーーく音楽を聴くのが楽しみになるくらい、成功♪

ますます愛せる車になってホント嬉しい^^

家もそうですが、手をかけてあげると、
喜んでいるように、車にも良い気が流れます♪

一年の締め括りまで、カウントダウン感が漂ってきました。
何とも忙しない師走の空気感ですが、

 くれぐれも気を付けて、、
 地に足付けて、、

頑張りましょうね^^

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 ラシーン15万キロ越え。そして色選びに悩む。 」
「 満足できる家_家づくりのバランス感覚 」
「 失敗と愛しい寝顔 」

Comments [2]

良かったです.
やはり長く愛せるのが一番いいですよ♪
どちらかが妥協したものでは,きっとどちらも後でちょっと後悔するかもしれませんし.

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • R0000135s.jpg
  • 3464d3285abab50e8b961da7daa53313ffb3cf80.jpg
  • 2018trip_epilogue_S.jpg
  • nikkohouse20190825s.jpg
  • kamakurasanpo2019summer-s.jpg
  • c42312aeee42a8b0aeb0888dd108284717bd0a4e.jpg
  • 20190811-R0000224s.jpg
  • 20170620-R6200902s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年9月
  2. 2019年8月
  3. 2019年7月
  4. 2019年6月
  5. 2019年5月
  6. 2019年4月
  7. 2019年3月
  8. 2019年2月
  9. 2019年1月
  10. 2018年12月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年4月
  19. 2018年3月
  20. 2018年2月
  21. 2018年1月
  22. 2017年12月
  23. 2017年11月
  24. 2017年10月
  25. 2017年9月
  26. 2017年8月
  27. 2017年7月
  28. 2017年6月
  29. 2017年5月
  30. 2017年4月
  31. 2017年3月
  32. 2017年2月
  33. 2017年1月
  34. 2016年12月
  35. 2016年11月
  36. 2016年10月
  37. 2016年9月
  38. 2016年8月
  39. 2016年7月
  40. 2016年6月
  41. 2016年5月
  42. 2016年4月
  43. 2016年3月
  44. 2016年2月
  45. 2016年1月
  46. 2015年12月
  47. 2015年11月
  48. 2015年10月
  49. 2015年9月
  50. 2015年8月
  51. 2015年7月
  52. 2015年6月
  53. 2015年5月
  54. 2015年4月
  55. 2015年3月
  56. 2015年2月
  57. 2015年1月
  58. 2014年12月
  59. 2014年11月
  60. 2014年10月
  61. 2014年9月
  62. 2014年8月
  63. 2014年7月
  64. 2014年6月
  65. 2014年5月
  66. 2014年4月
  67. 2014年3月
  68. 2014年2月
  69. 2014年1月
  70. 2013年12月
  71. 2013年11月
  72. 2013年10月
  73. 2013年9月
  74. 2013年8月
  75. 2013年7月
  76. 2013年6月
  77. 2013年5月
  78. 2013年4月
  79. 2013年3月
  80. 2013年2月
  81. 2013年1月
  82. 2012年12月
  83. 2012年11月
  84. 2012年10月
  85. 2012年9月
  86. 2012年8月
  87. 2012年7月
  88. 2012年6月
  89. 2012年5月
  90. 2012年4月
  91. 2012年3月
  92. 2012年2月
  93. 2012年1月
  94. 2011年12月
  95. 2011年11月
  96. 2011年10月
  97. 2011年9月
  98. 2011年8月
  99. 2011年7月
  100. 2011年6月
  101. 2011年5月
  102. 2011年4月
  103. 2011年3月
  104. 2011年2月
  105. 2011年1月
  106. 2010年12月
  107. 2010年11月
  108. 2010年10月
  109. 2010年9月
  110. 2010年8月
  111. 2010年7月
  112. 2010年6月
  113. 2010年5月
  114. 2010年4月
  115. 2010年3月
  116. 2010年2月
  117. 2010年1月
  118. 2009年12月
  119. 2009年11月
  120. 2009年10月
  121. 2009年9月
  122. 2009年8月
  123. 2009年7月
  124. 2009年6月
  125. 2009年5月
  126. 2009年4月
  127. 2009年3月
  128. 2009年2月
  129. 2009年1月
  130. 2008年12月
  131. 2008年11月
  132. 2008年10月
  133. 2008年9月
  134. 2008年8月
  135. 2008年7月
  136. 2008年6月
  137. 2008年5月
  138. 2008年4月
  139. 2008年3月
  140. 2008年2月
  141. 2008年1月
  142. 2007年12月
  143. 2007年11月
  144. 2007年10月
  145. 2007年9月
  146. 2007年8月
  147. 2007年7月
  148. 2007年6月
  149. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ