建築家が建てた幸福な家


今日は、、、家づくりにおすすめの本を
ご紹介させていただきます!

今プランニングをさせていただいているお客様の家は築30年の木造住宅。
しっかりとした造りであるから、、、壊してしまうのも勿体ない。。。
また今の住宅にない風情もある。。。
と、いうことで、リノベーション案と共に建替え案を考えています。
でも当時との価値観の違いなのでしょうか?
使いづらいところも出てきてしまう。。。
世代交代していくなかで、、どう住み継ぐか?色んな案が浮かんできます。

経年変化した住宅を見つめ直していると、、

時の洗礼を受けることがどんな意味なのか?
改めてジックリと考え直すいいきっかけになっています。

「飽きない家」=「経年変化に耐えられる家」=「長命住宅」
だったらどうつくる??そんなことをツラツラ思い巡らせていたときに
事務所の本棚に並ぶ本のなかからふと目にとまった本。

前から持っていた本ですが、、、
「建築家が建てた幸福な家」 松井晴子さん著
今日はこの本をご紹介!

 

建築家が建てた幸福な家 建築家が建てた幸福な家
松井 晴子

エクスナレッジ 2004-11
売り上げランキング : 18824

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

 


ページをめくると、、暮らしぶりやインテリアも写しだされた写真と、、
間取りも載っている、、(新築時から、どんな風に手を入れたのかも、分かる)
それに24軒それぞれの家づくりとその後住み継ぐエピソードと、、
住み継がれた家々の表情が生き活きと感じられます。

とても面白く、、、読みごたえ、見ごたえがあります。
きっとこれから「家」を考えるひとにとって
「長年家を維持していくことって、、こんなこと!」って腑におち
役に立つんだろうな~!思える内容の本でした。

ページをめくると、、どれも20年以上経っている住宅だけど、、
今見ても古臭くなく経年変化を経た素敵な家。
奇をてらったデザインとかではなく、、
普遍的なシンプルなデザインが多いように感じます。
経年変化にも、、飽きにも耐えてくれている。

↓ 帯に書かれていた文章がこの本の魅力を伝えてくれていますね!

ここに紹介する
建築家が設計した二十四軒の住宅は
原形をとどめながら
二十年以上生き延びてきたこと、
住人が愛おしんで
住み続けていること、
それだけでも
私の中では
十分に「名作」になっている。

上記 「建築家が建てた幸福な家」本文より抜粋



「長命住宅」を建てるら、、、
家の機能や設備もモチロン大切なのでしょうが、普遍的なデザインも絶対必要。
結局なところ、住まい手が維持していくものですから
魅力的な愛される家をいかにしてつくるか?ということなのでしょうね~。
それに、誰が見ても魅力的な家は、資産価値も高いはず。。
↑ コレってすごく大切なことだと思うのです。

メンテナンスをするからこそ、、長持ちし
そこに住み手の愛情があるからこそ、、、魅力的な住まいになる。。

愛される家をのこしていきたいですね~。(出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村に参加しております。
 最後まで読んでいただき
 ありがとうございました!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg
  • IMG_5281.JPG
  • 20190413-P4130078-2s.jpg
  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg

アーカイブ

  1. 2020年12月
  2. 2020年10月
  3. 2020年9月
  4. 2020年7月
  5. 2020年6月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2020年3月
  9. 2020年2月
  10. 2020年1月
  11. 2019年12月
  12. 2019年11月
  13. 2019年10月
  14. 2019年9月
  15. 2019年8月
  16. 2019年7月
  17. 2019年6月
  18. 2019年5月
  19. 2019年4月
  20. 2019年3月
  21. 2019年2月
  22. 2019年1月
  23. 2018年12月
  24. 2018年11月
  25. 2018年10月
  26. 2018年9月
  27. 2018年8月
  28. 2018年7月
  29. 2018年6月
  30. 2018年5月
  31. 2018年4月
  32. 2018年3月
  33. 2018年2月
  34. 2018年1月
  35. 2017年12月
  36. 2017年11月
  37. 2017年10月
  38. 2017年9月
  39. 2017年8月
  40. 2017年7月
  41. 2017年6月
  42. 2017年5月
  43. 2017年4月
  44. 2017年3月
  45. 2017年2月
  46. 2017年1月
  47. 2016年12月
  48. 2016年11月
  49. 2016年10月
  50. 2016年9月
  51. 2016年8月
  52. 2016年7月
  53. 2016年6月
  54. 2016年5月
  55. 2016年4月
  56. 2016年3月
  57. 2016年2月
  58. 2016年1月
  59. 2015年12月
  60. 2015年11月
  61. 2015年10月
  62. 2015年9月
  63. 2015年8月
  64. 2015年7月
  65. 2015年6月
  66. 2015年5月
  67. 2015年4月
  68. 2015年3月
  69. 2015年2月
  70. 2015年1月
  71. 2014年12月
  72. 2014年11月
  73. 2014年10月
  74. 2014年9月
  75. 2014年8月
  76. 2014年7月
  77. 2014年6月
  78. 2014年5月
  79. 2014年4月
  80. 2014年3月
  81. 2014年2月
  82. 2014年1月
  83. 2013年12月
  84. 2013年11月
  85. 2013年10月
  86. 2013年9月
  87. 2013年8月
  88. 2013年7月
  89. 2013年6月
  90. 2013年5月
  91. 2013年4月
  92. 2013年3月
  93. 2013年2月
  94. 2013年1月
  95. 2012年12月
  96. 2012年11月
  97. 2012年10月
  98. 2012年9月
  99. 2012年8月
  100. 2012年7月
  101. 2012年6月
  102. 2012年5月
  103. 2012年4月
  104. 2012年3月
  105. 2012年2月
  106. 2012年1月
  107. 2011年12月
  108. 2011年11月
  109. 2011年10月
  110. 2011年9月
  111. 2011年8月
  112. 2011年7月
  113. 2011年6月
  114. 2011年5月
  115. 2011年4月
  116. 2011年3月
  117. 2011年2月
  118. 2011年1月
  119. 2010年12月
  120. 2010年11月
  121. 2010年10月
  122. 2010年9月
  123. 2010年8月
  124. 2010年7月
  125. 2010年6月
  126. 2010年5月
  127. 2010年4月
  128. 2010年3月
  129. 2010年2月
  130. 2010年1月
  131. 2009年12月
  132. 2009年11月
  133. 2009年10月
  134. 2009年9月
  135. 2009年8月
  136. 2009年7月
  137. 2009年6月
  138. 2009年5月
  139. 2009年4月
  140. 2009年3月
  141. 2009年2月
  142. 2009年1月
  143. 2008年12月
  144. 2008年11月
  145. 2008年10月
  146. 2008年9月
  147. 2008年8月
  148. 2008年7月
  149. 2008年6月
  150. 2008年5月
  151. 2008年4月
  152. 2008年3月
  153. 2008年2月
  154. 2008年1月
  155. 2007年12月
  156. 2007年11月
  157. 2007年10月
  158. 2007年9月
  159. 2007年8月
  160. 2007年7月
  161. 2007年6月
  162. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ