木の家をつくるためにこれだけは知っておきたいこと 近山スクール東京の本

bookKinoie.jpg
今日は、、本のご紹介。

「木の家をつくるために
    これだけは
 知っておきたいこと 」

私が2005年から
通っている
木造住宅を学ぶ講座、
近山スクール東京から
本が出版されました!

(←画像をクリックすると詳しい内容のPDFが開きます)



近山スクールで学ばせてもらったこと。。
これまでもいいひブログに書かせていただいたりしましたが、、、
実は、実践できない現実もあり、学ぶにつれ、ジレンマを感じていたのも事実。。
木の家を学ぶ「基礎」の講座ではなく、「極み」の講座じゃない~って(笑)。
出来ない私はダメなんだーーと、凹んでいた時期もありました。

この本には掲載されていませんが、、
私が近山スクールにハマったのは、2006年の第一回の講座から。

1. 循環型社会と木材  ─ 都市にもう一つの森林を ─  
有馬孝禮先生  宮崎県木材利用技術センター所長
2.  いま、日本の家はどうつくられているか ─プレカットV.S.手刻み─   
松村秀一 先生 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教授


この講座は、すっごく良かった!面白かった!
有馬先生の講義で、森林が置かれている今と、木の素晴らしさを再認識。
そのあと、松村先生の講義では、
今の住宅業界の真実を多角的な視点で語られて。。。

松村先生って、東大で工務店の研究をされている先生なのですが、、
東大の先生が、何でこんなに工務店の実務レベルの「今」をご存知なの~?!
ってビックリ。
だって、私が日々実務で感じていた矛盾や疑問が、
とってもリアルに講義の中で語られていたんですもの~!
乗り出して、、夢中で聞いちゃいました!!(笑)

やっぱりその矛盾や疑問って、私だけが思っているんじゃないコトだったのねー!
と、「木の家づくり、、木の、、、現実と理想 」を、
その講義で自分の腑に落とせたことが、
近山の講義に意欲的に参加する大きなきっかけになったのです。

ここ10年で住宅業界が大きく変わったと感じます。
私たちは「今」に生きているので、、、
その時代の変化や法改正や流通の仕組みにも日々向き合わされます。
でも一生懸命取り組んでいるうちに、、
とかく「そこ」だけが大切なコトのように錯覚してしまい、
本来の大切なコトを見落としがちになることも多いのではないでしょうか。。
(。。。少なくとも私はそうでしたーー。。。苦笑。)

本来の家づくりって、もっとシンプルで、、、
暮らしに根ざした先人の知恵が、つくり手・住まい手に伝承されてきたモノ。。

近山スクール東京の講座は、時流や最新の法改正を踏まえながらも、、、
「家づくりって本来こうだよねーー」という、
忘れちゃいけない、あるべき姿を再認識させくれ、
尚且つ、どうやったら「今」に合わせた本来の家づくりができるのかを
様々な角度からヒントを与えてくれると思うのです。

だから、やっぱり近山の講義は、「極み」ではなく、「基礎」なんです。
木造住宅をどんな構法で取り組むにしろ知っておいた方がいいことを
学ばせてもらえる講座だと、今は思えます。

都会でも木を現わしにできる木と防火のことや、、
シロアリのこと、、構造のこと、、宿谷先生の建築環境のこと、、土壁のこと、、etc。。
魅力的な講義録が写真や図と共に再現されているこの一冊はかなりお得。
興味がある方は、近山スクール東京のHPで申し込めます。 ( コチラから )

木の家や家づくりに興味がある方に、私からも、一冊プレゼントいたします!
( 私も近山でたくさ~ん学ばせていただいたので、、そのお礼かな、、 )
一名様に、メール便で送らせていただきます。
何で興味を持たれたのかを書いていただけると嬉しいで~す。

昨日の激しい雨がウソのようないいお天気の東京。
久しぶりの雨に濡れた新緑も朝陽を浴び瑞々しくキラキラしています。
そんな水曜日の朝、今日も頑張りましょう!(出美)
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

過去ブログもよかったら読んでみてくださ~い♪
→ → 家づくり学びの記録  
( このカテゴリーに、木の家について学んだことを入れています )

Comments [6]

坪木様、はじめまして。
ブログ村の住まい方カテゴリーからお邪魔いたしました。

私も作り手(職人)、売り手を長く経験したことから、
「現代の木造住宅はなんかおかしくないかな~?」
と感じておりました。
本質から外れ、よりややこしくしているだけのような・・。
もっとシンプルに考えてもいいのではなかろうか?
もっと先人の知恵に学んでもいいのではなかろうか?

内容の詳細はよくわかりませんが、おそらく・・
私が感覚的に捉えていることと似ているような気がいたしました。
木にとっていいこと、住み手にとっていいことを伝える方がもっともっと増えればいいな~と改めて思いました。
陰ながら応援させていただきます!

テリー様

はじめまして!コメントいただきとっても嬉しかったです。
テリー様のような方に、このブログのニュアンスが伝わったことに、仕合せを感じました。
コメントを ウン!ウン!と、頷きながら読ませていただきました。
今年になって共感できるお仲間が増えてきているのを実感します。
テリー様のブログ、、、これから家を建てる方なら一読されることをおススメしたいですね!
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!

坪木様、
コメントを返していただきありがとうございます。

実は、お会いしたことのない方のブログにコメントを残したのは、
今回が初めてなのです。
これも神様のお導きでしょうか?

私がよくお話しすることがあります。
「いい家を建てたいのなら、建築のパートナー選びが一番大切です!」
ではどんなパートナーがいいのか?
「共感できて、楽しくて、信頼できる人」です。
坪木様の文章から察するに(人柄がよくわかります。)、
きっと坪木様もお客様からそう言われている人だろうな・・と
思ってしまいました。
ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

さて、私のブログもご覧いただけたとのこと、
誠にありがとうございます。
実は、GW中にブログの引越を予定しております。
私のFM放送を誰でも聴けるように作り直していきます。
ご案内させていただきますので、もしよろしければ
ぜひ聴いてください。

テリー様

こちらこそありがとうございます。
また、、面映ゆくなるくらい褒めていただき、、恐縮しますが
じ~ん…♪♪素直に喜ばせていただきます。
今日のご褒美が、まだ在ったとは嬉しい~。。シアワセです。

最近、出合う人とのご縁の不思議さに、つくづく感じ入ることが多く、
テリー様との出合いも??と勝手に感じておりました。。
いつかお会いしてお話してみたいですね!!
共感できる話題がた~くさんありそうで話が尽きなさそう♪

テリー様のFM放送が聴けるようになるのがとっても楽しみです。
案内いただけるのを楽しみに待っておりますね!!

ありがとうございました!

いいひ様、おはようございます。

私のブログの引越が完了しましたので、ご案内させていただきます。
http://terrysuma.sblo.jp/
いいひ様のブログの作りがとても素敵で印象的だったので、
ウェブデザイナーの方にもこちらのブログを紹介して
参考にさせていただきました。
お気を悪くされなければいいのですが・・。

さて、私の放送ですが、それぞれ24分間で
「FMかほく「テリーの住まい大好き!」カテゴリーに入っております。
曲も含めてすべて私の趣味で選んでおりますので
いいひ様のお気に召すといいのですが・・。
よろしければご感想も教えていただけるとうれしく思います。
info@terrysuma.jp

それでは、ますますのご活躍をお祈りいたします。
ありがとうございます。

テリー様

いいひブログを参考にしてくださったとのこと、、
ありがとうございます!嬉しいです♪
後ほど、、お邪魔させていただきますね!!

放送も楽しみです~^^!
テリーさんワールドにワクワク♪
今日の楽しみがひとつ増えました~(笑)。
感想もメールさせていただこうと思っております。

お知らせいただき、ありがとうございました~!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg
  • IMG_5281.JPG
  • 20190413-P4130078-2s.jpg
  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg

アーカイブ

  1. 2020年12月
  2. 2020年10月
  3. 2020年9月
  4. 2020年7月
  5. 2020年6月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2020年3月
  9. 2020年2月
  10. 2020年1月
  11. 2019年12月
  12. 2019年11月
  13. 2019年10月
  14. 2019年9月
  15. 2019年8月
  16. 2019年7月
  17. 2019年6月
  18. 2019年5月
  19. 2019年4月
  20. 2019年3月
  21. 2019年2月
  22. 2019年1月
  23. 2018年12月
  24. 2018年11月
  25. 2018年10月
  26. 2018年9月
  27. 2018年8月
  28. 2018年7月
  29. 2018年6月
  30. 2018年5月
  31. 2018年4月
  32. 2018年3月
  33. 2018年2月
  34. 2018年1月
  35. 2017年12月
  36. 2017年11月
  37. 2017年10月
  38. 2017年9月
  39. 2017年8月
  40. 2017年7月
  41. 2017年6月
  42. 2017年5月
  43. 2017年4月
  44. 2017年3月
  45. 2017年2月
  46. 2017年1月
  47. 2016年12月
  48. 2016年11月
  49. 2016年10月
  50. 2016年9月
  51. 2016年8月
  52. 2016年7月
  53. 2016年6月
  54. 2016年5月
  55. 2016年4月
  56. 2016年3月
  57. 2016年2月
  58. 2016年1月
  59. 2015年12月
  60. 2015年11月
  61. 2015年10月
  62. 2015年9月
  63. 2015年8月
  64. 2015年7月
  65. 2015年6月
  66. 2015年5月
  67. 2015年4月
  68. 2015年3月
  69. 2015年2月
  70. 2015年1月
  71. 2014年12月
  72. 2014年11月
  73. 2014年10月
  74. 2014年9月
  75. 2014年8月
  76. 2014年7月
  77. 2014年6月
  78. 2014年5月
  79. 2014年4月
  80. 2014年3月
  81. 2014年2月
  82. 2014年1月
  83. 2013年12月
  84. 2013年11月
  85. 2013年10月
  86. 2013年9月
  87. 2013年8月
  88. 2013年7月
  89. 2013年6月
  90. 2013年5月
  91. 2013年4月
  92. 2013年3月
  93. 2013年2月
  94. 2013年1月
  95. 2012年12月
  96. 2012年11月
  97. 2012年10月
  98. 2012年9月
  99. 2012年8月
  100. 2012年7月
  101. 2012年6月
  102. 2012年5月
  103. 2012年4月
  104. 2012年3月
  105. 2012年2月
  106. 2012年1月
  107. 2011年12月
  108. 2011年11月
  109. 2011年10月
  110. 2011年9月
  111. 2011年8月
  112. 2011年7月
  113. 2011年6月
  114. 2011年5月
  115. 2011年4月
  116. 2011年3月
  117. 2011年2月
  118. 2011年1月
  119. 2010年12月
  120. 2010年11月
  121. 2010年10月
  122. 2010年9月
  123. 2010年8月
  124. 2010年7月
  125. 2010年6月
  126. 2010年5月
  127. 2010年4月
  128. 2010年3月
  129. 2010年2月
  130. 2010年1月
  131. 2009年12月
  132. 2009年11月
  133. 2009年10月
  134. 2009年9月
  135. 2009年8月
  136. 2009年7月
  137. 2009年6月
  138. 2009年5月
  139. 2009年4月
  140. 2009年3月
  141. 2009年2月
  142. 2009年1月
  143. 2008年12月
  144. 2008年11月
  145. 2008年10月
  146. 2008年9月
  147. 2008年8月
  148. 2008年7月
  149. 2008年6月
  150. 2008年5月
  151. 2008年4月
  152. 2008年3月
  153. 2008年2月
  154. 2008年1月
  155. 2007年12月
  156. 2007年11月
  157. 2007年10月
  158. 2007年9月
  159. 2007年8月
  160. 2007年7月
  161. 2007年6月
  162. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ