家づくりの過程で大切なふたつのこと_前向きなアロマ♪

Sage_2.jpg

青いセージ。。

花言葉は家族愛、、幸福な家庭、、尊敬、、など。

疲労や落ち込みを感じたとき、、おススメなアロマ、、
セージには、気持ちを前向きにしてくれる効果があるそうです。

ただ、少し匂いにくせがあるので、単独で使うより、、
レモンなどと併せて香りを楽しむのがおススメ。
疲れていたり、、気分をリフレッシュしたいときに最適です♪

それに、、レモンのアロマオイルにも、香りを愉しむだけでなく
精神的に作用する効果もあるそうです。
感情的な混乱と疑惑を一掃させてくれ、、
自分のなかに大きな信頼と安心を持つように助けてくれるとか。。

いつでもポジティブな自分を維持するのって難しいので、、
凹んだりしたとき、アロマなどで、元気をもらいましょう♪

前置きが長くなってしまいましたが、、、
この間からどーしても伝えたいなぁと思うことがありましたので、
今日はそのことを書きたいな~と思います。

家づくりのスケジュール・・工期について。

  急がば回れ...の大切さ。。。

そして、、

家づくりという大きな大きなコト、、
家という大切なモノをつくるとき、、
一番大切にしなければならない尺度は何か。。


それは、「納得感」ナシにして決めてはいけないこと。

このふたつが、家づくりの過程で、とてもとても大切なことになってきます。

そりゃそうだよ。。当たり前でしょいいひさん。。

と、思われた方もいらっしゃるかと思いますが、、
自分がその渦中に居る時って、なかなか気付けないものなんですよね~。

なので、、、
サラリーマン時代で、一番辛かった経験。
その時に身を以て得たことをお伝えできればいいなと思います☆


担当していたあるお客様との家づくりで、
急ぎすぎたスケジュールが原因で、お客様と信頼関係を結べずに、
大きなトラブルを招いてしまったことがありました。

なぜ、そんなに急いだスケジュールにしたのか?というと、、

そのご家族は、 「暦による年廻りの占い」 で家づくりの時期を決められていて、、
いついつまでに上棟しないとダメという条件を提示されていたため。。

最初にお会いしたとき、既に上棟まで、半年強 位で、
設計施工の住宅会社で標準仕様もあるとはいえ、、
打合せ~上棟までというと、かなりタイトなスケジュールでした。


上棟日から逆算して、、、契約前に、スケジュールも提示。

 いつまでに間取り決定
 いつまでに仕様決定
 ------( ここまでがお客様が悩むところ )
 ------( 以下が会社側の段取りで時間が必要なところ )
 見積
 契約
 確認申請
 資材発注、着工段取
 地鎮祭
 着工
 上棟

かなり無理なスケジュールを、説明しながらも、、
お客様は、、
「 大丈夫です。それでこの日までに上棟出来るなら... 頑張ります 」
この一言でスタートしたのですが、、内心とても心配でした。

やはり打合せを始めてから迷われること多々。
でも、、占いの通り上棟するということで、焦り、、
いつも時間に追われながらの打合せだったように思い返されます。

どのお客様もモチロンなのですが、、
家づくりに対して、
温めてこられたアイデアや採り入れたい希望が沢山あり、
間取りの打合せにしても、、
仕様の打合せにしても、、
どれも、かなり迷われて、なかなかコレっ!というカタチで
決められないことが多いです。。

悩む時間ってあって当然で、、、
行ったり来たりとする迷いがあって当たり前なのですが
全てにおいて、時間が無いから、、妥協する。。という感じでした。

そんな姿を見て、何度か、
スケジュールを伸ばした方がいいとアドバイスもしたのですが、
占いで決めてもらった上棟日を逃すと、、
数年先まで家づくりをするチャンスがない。。とのお答。。

高齢のご両親のためにも、、、絶対にその日に上棟。。
と、いうことが最優先になり、、
その上棟日に向けて段取りを進めていってしまったのです。。

そして着工するのですが、、
着工と同時に、それまでの不消化感から、色々なこと、、
例えば...急ぎ気味の工程のこと、、見積内容のこと、、
標準仕様のこと、、間取りのこと、、
諸々に対して不満が爆発。。。

納得感を得ていただかなかったので、
今、冷静に考えるとその爆発は起こって然るべきだったのでしょうが...
当時私も若かった。。。上手にナビゲートする器が足りなかった。。。。

これ以上のやりとりに関する細かなコトは書けませんが、、
結果、ご満足した結果で、家づくりを終えることが出来なかったのです。

このことは今でも本当に本当に悔やまれます。。。。。。
でも、とても大切なことを身を以て学ばせてもらえ、
貴重な経験をさせていただいたと、心から思います。

サラリーマン時代から多くのお客さまと家づくりをしてきた私。。。
色々なご家族がいらっしゃいました。。

一生に一度あるかないかの家づくり。
そこで満足できるのか出来ないのかで、
大袈裟に云うと、そのご家族の人生まで変わってきてしまうと感じます。

裏を返すと、、
古い家でも、、賃貸でも、、
安く建てた家でも、、お金をかけた家でも、、
どんな家でも、お客さまが 「納得」 していれば、、
きっと幸せなのだと思うのです。

家づくりを終えて、満足されている方々の共通点は、、

  急がないこと。
  納得感があること。
  
自ら迷って悩んで決めた過程があったからこそ、
完成した家に満足されて住んでいらっしゃる。。

はじめての家づくりでは、、きっとお客様は分からないことだらけ。

だからこそ、、設計事務所である私達が、
納得感を得てもらいながらの家づくりの大切さを肝に銘じ、
ナビゲートすることが大切。。
なかなか難しいことなのでしょうが、、それに尽きると感じ入りました。

家づくりの背景には、、みなさん色んな事情があると思います。。。
暦のことや、、
お子さんの入学や、、
住む部屋の更新や、、
それで急ぐことは仕方ないことかもしれません。。

でも 「何か」 引っかかることがあったら、一度立ち止まって考えてみること。。

一生のうちでは、ほんの僅かな時間。。
そこで立ち止まることで、真から納得して家が出来る方が
ずっとずっ~と良い結果になると思うのです☆

急がば回れ...というコトの大切さ。。

 どんなに急いでいたとしても、
 急いてはコトを仕損じる。。
 急ぐときほど、早道や危険な方法を選ばずに、
 むしろ回り道で確実で安全な道を通った方が
 結局は早く着けるものだという教え。

土地選びの段階や、、つくり手を選ぶ段階や、、
基本設計がまとまり、、次のステップ、、見積~契約に至る過程の段階は、、
お客さまにとって、一番辛く苦しい時期かもしれません。

でも、そこでの時間をおろそかにせず、
迷って悩んだ末の 「納得感」 を 胸に、、、
進んで行ってもらいたいなぁと心から願っています☆


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ  


↑ にほんブログ村、人気ブログランキングに参加しております

  最後まで読んでいただき 
  ありがとうございました!

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 満足できる家_家づくりのバランス感覚 」
「 愛されていない家愛されている家 」

Comments [6]

はじめまして。
数ヶ月前にこちらに辿り着き、拝読しております。
今回のお話、とても心に沁みました。
6年前に新築し、当時はわからない事ばかりなのに
決めなければならないことが多く、変な言い方ですが
流れ作業のような感じでした。
当時「ここはこれでいいの?」と思ったことが
今も心の隅にあって、いつかリフォームする時には
絶対直したい場所になっています。
今、建築前の方には些細なこともそのままにしないで
ご家族とじっくり話し合う時間を持って欲しいと思います。
家を建てる時間より、暮らす時間の方が長いんですよね。

ひよこ様

はじめまして♪
いいひブログを読んでいただき、
また、コメントをいただき、心から嬉しく思います。

はじめての家づくりでは迷うことも多々ですよね。。
いつまでも迷ってもいられないと、進めていきがち。。

つくり手の立場として、、
そのあたりを上手にナビゲートさせていただく必要性を
日々ヒシヒシと感じております。

ひよこさんのように実際に経験された方の声が
きっと家づくり渦中の方々には深く響くのだと思います。

暮らす時間が心地よくなる家、、
お客様に納得感を持って住んでいただける家をつくれるよう、
至らないところを日々バージョンアップしながらですが、
誠意だけは忘れずに頑張っていきたいと思います。

また遊びにいらしてくださいね♪
ありがとうございました☆

いいひさん、こんにちは♪
いいひさんの伝えたいこと、とても良くわかります。
私も似たような経験あります。
毎日建築を考え続けているからこそ、お客様に伝えたいことありますよね!

Kaoriさま

こんにちは♪
コメントありがとうございました☆
同業のkaoriさんと分かり合えて、とても心強く感じました。
それでも至らないワタシですが、日々、少しづつでも、進歩していけたらいいなと思っています。

お互いに頑張りましょうね!

いいひさんこんにちは。
「納得するか」ということ、とっても大事ですよね。
またまた、共感してしまいました。
でもって、私の記事のリンクさせていただきました。
(事後報告でごめんなさい。)
仕事を急がずに、お客様の声と向き合うこと、私たちだからこそできる設計のやり方なんだなと思います。

lime+さま

こんにちは!
コメント&リンクをしていただきありがとうございます♪
lime+さんとは、共感し合うことが多くって、、
とっても心強く思います。

>仕事を急がずに、お客様の声と向き合うこと、私たちだからこそできる設計のやり方なんだなと思います。

ホントにそうですね。。
視察旅行で色々な方々と会って、またまた自信喪失気味でしたが、、
このコメントに救われましたよ~。

本当にありがとうございました♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg
  • kinounanitabeta_madori20200113-2.jpg
  • 3046e9f84077f561b07d47fbf8eb5ed928985b4e.JPG
  • 20191219-R0002691s.jpg
  • 2020newyears.jpg
  • P1050105s.jpg
  • 839F77EB-893B-4D8A-A04C-A3C69571282Bs.jpg

アーカイブ

  1. 2020年1月
  2. 2019年12月
  3. 2019年11月
  4. 2019年10月
  5. 2019年9月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2019年4月
  11. 2019年3月
  12. 2019年2月
  13. 2019年1月
  14. 2018年12月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年8月
  31. 2017年7月
  32. 2017年6月
  33. 2017年5月
  34. 2017年4月
  35. 2017年3月
  36. 2017年2月
  37. 2017年1月
  38. 2016年12月
  39. 2016年11月
  40. 2016年10月
  41. 2016年9月
  42. 2016年8月
  43. 2016年7月
  44. 2016年6月
  45. 2016年5月
  46. 2016年4月
  47. 2016年3月
  48. 2016年2月
  49. 2016年1月
  50. 2015年12月
  51. 2015年11月
  52. 2015年10月
  53. 2015年9月
  54. 2015年8月
  55. 2015年7月
  56. 2015年6月
  57. 2015年5月
  58. 2015年4月
  59. 2015年3月
  60. 2015年2月
  61. 2015年1月
  62. 2014年12月
  63. 2014年11月
  64. 2014年10月
  65. 2014年9月
  66. 2014年8月
  67. 2014年7月
  68. 2014年6月
  69. 2014年5月
  70. 2014年4月
  71. 2014年3月
  72. 2014年2月
  73. 2014年1月
  74. 2013年12月
  75. 2013年11月
  76. 2013年10月
  77. 2013年9月
  78. 2013年8月
  79. 2013年7月
  80. 2013年6月
  81. 2013年5月
  82. 2013年4月
  83. 2013年3月
  84. 2013年2月
  85. 2013年1月
  86. 2012年12月
  87. 2012年11月
  88. 2012年10月
  89. 2012年9月
  90. 2012年8月
  91. 2012年7月
  92. 2012年6月
  93. 2012年5月
  94. 2012年4月
  95. 2012年3月
  96. 2012年2月
  97. 2012年1月
  98. 2011年12月
  99. 2011年11月
  100. 2011年10月
  101. 2011年9月
  102. 2011年8月
  103. 2011年7月
  104. 2011年6月
  105. 2011年5月
  106. 2011年4月
  107. 2011年3月
  108. 2011年2月
  109. 2011年1月
  110. 2010年12月
  111. 2010年11月
  112. 2010年10月
  113. 2010年9月
  114. 2010年8月
  115. 2010年7月
  116. 2010年6月
  117. 2010年5月
  118. 2010年4月
  119. 2010年3月
  120. 2010年2月
  121. 2010年1月
  122. 2009年12月
  123. 2009年11月
  124. 2009年10月
  125. 2009年9月
  126. 2009年8月
  127. 2009年7月
  128. 2009年6月
  129. 2009年5月
  130. 2009年4月
  131. 2009年3月
  132. 2009年2月
  133. 2009年1月
  134. 2008年12月
  135. 2008年11月
  136. 2008年10月
  137. 2008年9月
  138. 2008年8月
  139. 2008年7月
  140. 2008年6月
  141. 2008年5月
  142. 2008年4月
  143. 2008年3月
  144. 2008年2月
  145. 2008年1月
  146. 2007年12月
  147. 2007年11月
  148. 2007年10月
  149. 2007年9月
  150. 2007年8月
  151. 2007年7月
  152. 2007年6月
  153. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ