東京は雲ひとつない冬晴れ♪
新しく始まる現場の解体工事がスタートしました!

昨年から設計させていただいた新築の家、、
カテゴリータイトルは、、
「 二世帯が集う軒の深いシンプルナチュラルな家_三鷹の家  」

取り壊してしまう家は、戦後すぐに建てられた昭和の家。
60年以上、まめなメンテナンスをし続け住んでこられたので、
傷みも少なく、、住む人に愛されてきた家だけが醸し出す雰囲気のある家。
この昭和な風情…ワタシ的に、たまらなく好きです♪


20110112-2.jpg
← 玄関室内。



















既製品など、なかった時代の家なので、、
大工さんや建具職人さんや左官屋さんの手間ひまがかかった家。
材料の乏しかった時代だったのでしょうが、、簡素にセンス良く設えてありました。
打合せの度に訪れると、な~んだかとっても心地よく、、好きな家でした☆

20110112.jpg


← こちらは、、
玄関を外観。。















赤いポストが可愛いのです!!コレ、施主さんのお手製。
マメなお父様で、物置も、おひとりでつくってしまう程、DIYもお得意!
この家がいい状態で、今も残っているのは、、、
このご主人と日々の手入れをキチンとしてこられた奥さまのお蔭だと感じます。

今の時代、、この風情の板張りの家を東京で建てようとすると、、、
かなり贅沢なことになってしまうのがもどかしいですね。
新しい家は、モチロン今の建材やアルミサッシをつかいますが、、
シンプルで風情のよい家を完成させたいと願って設計しました。

20110112-3.jpg ↑ 縁側の4間通しの桁丸太。
40年~80年生位の丸太を磨いて使ったと思われます。

4間分の窓、、毎日開け閉めする雨戸、、さぞ大変だったことでしょう!!
でも、、板戸の雨戸だからこその風情。。木製窓だからこその風情。。
アルミ雨戸にリフォームしてしまう方も多い中、、
よくぞこの佇まいを残してくださったなぁ…と、、
初めて、打合せでお宅に伺った時、ホント嬉しくなったのを覚えています。
( でも、、その手間は現代では受け容れられないことも理解できます )

どんどん便利に、、どんどん手間をかけず、、ピカピカメンテナンスフリー、、
快適を求めることは、決して悪くないんですが、、
ともすれば、どこかはき違えてしまいそうな家づくりの価値観。。

設計中感じたのですが、この家のお父様は、メンテナンスという面で、
しっかり、素材や材料をご覧になり選ぶ眼を持っていらっしゃいました。
新しい便利そうなモノでも、、本質を見抜きながら、選ばれていて、
う~ん!!さすがだな~!!と、感じることが多かったです。

練馬の家を設計しているときも、同じような意味で、、
80代のお父様のご意見が的を得ていて、、
とても参考になったことを思い出しました。。

どんな便利なモノが出てきても、、
家を建てることは、その日から維持管理が始まるということになります。
メンテナンスしてこそ価値の上がる家になる。。

家づくりには色んな要素が詰まっていて、、
同時に色んな選択肢を選んでいくことになりますが、、
三鷹の家、、練馬の家のお父様方のような目線を忘れずに、
しっかりと家づくりをコーディネートしていきたいなと思いました☆

三鷹の家は、2世帯の家です。
ボリュームが大きいので、コスト調整も難しいところもありましたが、、
住みよく回遊性のある間取りで、、いいひの家らしい素材づかいで、、
進めさせていただくことができて、とっても嬉しく思っているのです♪

こちらの家づくりの様子も、お施主様に了承を頂戴し、
いいひブログに記事を掲載させていただくことになりました。
( A様、この場を借りてお礼申し上げます!! )
また、徐々にUPしていきたいと思います♪

60年以上、、三鷹の家のご家族を支えてくれたこの昭和の家に感謝!!

  
  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただきありがとうございました
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ  


≪ 過去ブログも宜しかったらどうぞ♪ ≫
「 改めて家の不具合「瑕疵」のことを学ぶ 」
「 吹抜けLDKの朝昼夜 光の景_K邸完成♪ 」
「 古い家のノスタルジー_佇まいを残すこと 」 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ