種と果実_心に蒔く種

the-way-of--early-spring201.jpg

春浅い日の午後。

木の芽は固く、、
風はまだ冷たい晴れた午後。

背中に陽をうけ歩く 真直ぐな道。。

でも確実に、
春の息吹きがそこに在る、、
一本の道。。

三月になりましたね♪
( ↑ 写真は、ロンドン、ハムステッドヒース♪ )

春は、体調や心も不安定になりやすい時期。。
まして春は環境の変化があったり、、
今までの自分と変わらざる得ないようなことがあったりもします。

何かあって、落ち込んだ時、、
何もなくっても、落ち込むような時、、
そんな時に、読むと、心のざわつきが鎮まる本があります。

久しぶりに、その本を開いて読んだら、、
言葉のひとつひとつが、、
カラカラだった心に染みわたり、、
木々がドッシリと根を大地に張るような感覚を覚えました。

起こること全ては 自分がつくりだしていること。
そんなシンプルな法則を、知っていたのに、、
日々にかまけ忘れていることってあります。。

たまたま、ペラリとめくった頁が2ヶ所あったので、
皆さんとシェアしたいなぁと思って抜粋させていただきます。



あなたは、自分の考え方一つで、
自分の人生を破壊することも、
素晴らしいものに作り替えることもできます。

あなたが自分の考えを積み重ねて
内側の人生を築き上げると、
それと同じ種類の人生が、
外側に築かれることになります。

たとえあなたが、
心の中のどんな場所に、何を隠そうとも、
そこに存在する全てのものが、何らかの形で、
やがて必ず外側の人生の中に姿を現わしてきます。

不純で身勝手な心は、
不運と不幸せを常に引き寄せ、
清らかで思いやりのある心は、
幸運と幸せを常に引き寄せています。

すべての心が、それ自身と同種のものを引き寄せ、
それ以外のものが引き寄せられてくることは
絶対にないのです。

このことに気づくことは、
この宇宙を支配している
「原因と結果の法則」 に気づくことです。

--------------------------------------------

あなたの人生内で発生する出来事は、
たとえ良いものでも、悪いものでも、
すべてこの法則に従って発生します。

あなたの成功、あなたの失敗、
あなたの人生のすべてが、
あなたによって、あなたの手で作られます。

あなたの運命を決定するのは、あなた自身なのです。
あなたの心を、
思いやり、優しさ、清らかさで満たすことです。

それらは自然と周囲に伝わり、まもなく、
同じ波長をもつさまざまな恵みとして
あなたのもとに戻ってきます。

後略

ジェームズ・アレン 坂本貢一=訳
「 きっと!すべてがうまくいく 」 より抜粋


家の記事じゃなくて、、申し訳ございません!!

でも、春は種蒔きの時期でもあります。
種は必ず実を結ぶ。

自分の心に蒔く種は、自分が得る果実だから、、
どんな種かに注意して、、この時期を過ごしたいですね♪


週末にかけて、上棟式がふたつ執り行われます♪
千葉稲毛の家の擁壁工事も、終わり、いよいよ本体。
杉並の家も、完成に向け、ラストスパート!!
プラン中の家も、、基本設計中の家も、、徐々にカタチが描けてきています。

設計させていただいた家々が、徐々にカタチになる仕合せに感謝☆



  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)



最後まで読んでいただき ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ  


≪ 過去ブログも宜しかったらどうぞ♪ ≫
「 「なりたい自分」「住みたい家」の種蒔き 」
「 夜明けの空と海の色_明けない夜はない♪ 」

Comments [4]

とても心に沁みました。
読み始めた時、ドキっとしました。
まるで今の自分を見透かされたようで。
厳しくも温かい言葉に涙が出ました。
誰かに言って貰いたかった言葉だったのかもしれません。
ご紹介の本、読んでみたいと思います。
教えて下さってありがとうございました。

こんばんは。
春はとても優しい季節で
ふわっとのんびりしたくなりますが
実は私、とっても苦手な季節でもあります。
この気候の変化にココロがついていかないのですね。

ある小説で、優雅な生活をされていて
一見とても豊かで幸せそうなお婆さんが
亡くなられるときとても醜い亡骸だった、
生き様は、その最後の顔に表れているのだという
ストーリーを思いだしました。
きっと自分の中に積み重ねたものが
いろんなカタチで外に積み重なるのでしょうね。

愛を持って、しっかりと種をまきたいなと思いました!

ひよこ様

コメントありがとうございます♪
全ては自分次第。。周りのせいにできない厳しさ。。
ジェームズアレンの言葉を受け容れることが
なかなかスンナリいかない方もいらっしゃいます。
私も、そうでした。
受け容れると、その意味がとてもシンプルなんだと実感できます。
つい忘れがちですが、、
自分のめぐらす想いの大切さを、
私も改めて心に刻もうと思っています。

この記事が、ひよこさんに響いて良かった☆
心からそう思いました。

みゆう様

こんにちは♪ 私も春が苦手ですー!
変化についていくのが、身体的に厳しいです。

教えてくださった小説、心に残りますねーー。
自分自身すら気づいていないところでの想い、、
そんなことが旅立ちのときの顔に残るのでしょうか。。

自分自身がめぐらす想いに気をつけて
わたしも愛をもって、種蒔きをしていこうと思います☆
コメントありがとうございました♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg
  • khousemarch2020collages.jpg
  • 20170618-IMG_2312s.jpg
  • Museum of the Home2017summer.jpg
  • 2017london1.jpg
  • ahouse20200425.jpg

アーカイブ

  1. 2020年5月
  2. 2020年4月
  3. 2020年3月
  4. 2020年2月
  5. 2020年1月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年10月
  9. 2019年9月
  10. 2019年8月
  11. 2019年7月
  12. 2019年6月
  13. 2019年5月
  14. 2019年4月
  15. 2019年3月
  16. 2019年2月
  17. 2019年1月
  18. 2018年12月
  19. 2018年11月
  20. 2018年10月
  21. 2018年9月
  22. 2018年8月
  23. 2018年7月
  24. 2018年6月
  25. 2018年5月
  26. 2018年4月
  27. 2018年3月
  28. 2018年2月
  29. 2018年1月
  30. 2017年12月
  31. 2017年11月
  32. 2017年10月
  33. 2017年9月
  34. 2017年8月
  35. 2017年7月
  36. 2017年6月
  37. 2017年5月
  38. 2017年4月
  39. 2017年3月
  40. 2017年2月
  41. 2017年1月
  42. 2016年12月
  43. 2016年11月
  44. 2016年10月
  45. 2016年9月
  46. 2016年8月
  47. 2016年7月
  48. 2016年6月
  49. 2016年5月
  50. 2016年4月
  51. 2016年3月
  52. 2016年2月
  53. 2016年1月
  54. 2015年12月
  55. 2015年11月
  56. 2015年10月
  57. 2015年9月
  58. 2015年8月
  59. 2015年7月
  60. 2015年6月
  61. 2015年5月
  62. 2015年4月
  63. 2015年3月
  64. 2015年2月
  65. 2015年1月
  66. 2014年12月
  67. 2014年11月
  68. 2014年10月
  69. 2014年9月
  70. 2014年8月
  71. 2014年7月
  72. 2014年6月
  73. 2014年5月
  74. 2014年4月
  75. 2014年3月
  76. 2014年2月
  77. 2014年1月
  78. 2013年12月
  79. 2013年11月
  80. 2013年10月
  81. 2013年9月
  82. 2013年8月
  83. 2013年7月
  84. 2013年6月
  85. 2013年5月
  86. 2013年4月
  87. 2013年3月
  88. 2013年2月
  89. 2013年1月
  90. 2012年12月
  91. 2012年11月
  92. 2012年10月
  93. 2012年9月
  94. 2012年8月
  95. 2012年7月
  96. 2012年6月
  97. 2012年5月
  98. 2012年4月
  99. 2012年3月
  100. 2012年2月
  101. 2012年1月
  102. 2011年12月
  103. 2011年11月
  104. 2011年10月
  105. 2011年9月
  106. 2011年8月
  107. 2011年7月
  108. 2011年6月
  109. 2011年5月
  110. 2011年4月
  111. 2011年3月
  112. 2011年2月
  113. 2011年1月
  114. 2010年12月
  115. 2010年11月
  116. 2010年10月
  117. 2010年9月
  118. 2010年8月
  119. 2010年7月
  120. 2010年6月
  121. 2010年5月
  122. 2010年4月
  123. 2010年3月
  124. 2010年2月
  125. 2010年1月
  126. 2009年12月
  127. 2009年11月
  128. 2009年10月
  129. 2009年9月
  130. 2009年8月
  131. 2009年7月
  132. 2009年6月
  133. 2009年5月
  134. 2009年4月
  135. 2009年3月
  136. 2009年2月
  137. 2009年1月
  138. 2008年12月
  139. 2008年11月
  140. 2008年10月
  141. 2008年9月
  142. 2008年8月
  143. 2008年7月
  144. 2008年6月
  145. 2008年5月
  146. 2008年4月
  147. 2008年3月
  148. 2008年2月
  149. 2008年1月
  150. 2007年12月
  151. 2007年11月
  152. 2007年10月
  153. 2007年9月
  154. 2007年8月
  155. 2007年7月
  156. 2007年6月
  157. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ