棟上げ♪@足立伊興の家_SE構法をつかう意味

ishousejoto20120419_1.jpg

どこかレトロ…のびのび暮らせる家、、
足立伊興の家が上棟しました☆

 


 

下り坂な天気予報でしたが、、
曇り日でしたが、薄日もさす空の下、作業を。。

奥さまは今日はお休みを取って、
棟上げ作業を見守ってくださいました!

お仕事で休めないご主人のため、、作業風景をパチリ♪
午前中にはKくんも来て観ていてくれたそう。
レッカー車に興味津々だったとのことでした。
( 私は午後イチに現場へ。。会いたかったなぁ )

これまで図面でしかないものが、、
ひとつひとつ組み上がっていく様を見ているのは、、
本当に楽しいモノですよね♪

↓ ↓ 休憩中、、2階に上がり、、ベランダ方向をパチリ♪
ishousejoto2f2-20120419.jpg
北東側からも振れた1種高度斜線がかかってくるので、、
二方向から母屋落ち(屋根が下がる)しています。

伊興の家は、SE構法。
施主のI様は、、当初、集成材と金物構法に対してご不安も有。。

ですが、都会の限られた敷地間口という条件のなかで、、
開放感ある間取り…耐震の安心感を得るため、、
メリットデメリットを照らし合わせた結果、、
SE構法の採用に至りました。。

無垢の木...自然素材づかいはインテリアで採用する。。
柱が現れてこない大壁の家は、そんな考え方も有だと思っています☆

で、、こちら。。
↓ ↓ ほぼ壁がない抜け感は、、SE構法ならではです。
ishousejoto2f20120419_1.jpg
2階にLDKを配する間取り、、
モチロン、階段で上れるロフトも設けます!!

そして、奥行きが広めで、、屋根のかかった、、
リビングと平らなデッキバルコニーが叶うのも、、
SE構法を採用できたから。。

都会の家、、間口が取れない家、、高さ制限が厳しい家、、
そんな家にこそ、、SE構法を使う意味があると思うのです。。

モチロン、制約は出ますが、在来でも可能な家。。
けれど、、今回SE構法を選んだ意味と理由。。
きちんと施主さんが迷い納得して選ぶこと、、
それを家づくりで一番大切にしたいと思っています。

家づくりは、選択肢の小宇宙から、、
たったひとつを選ぶ取捨選択の連続。。

その過程では、迷うし悩むし不安にもなる。。
でもでも、、うーんと迷って決めたことに、
間違えはないモノだと思うのです。。。

そう、、決めるまでの過程で得られる納得感が一番大切。。

その過程をご一緒していくのが、、私たち設計事務所。。

人には、色んな価値観があります。
そして、何を大切に考えるかは、施主さんそれぞれに違います。。

ひとつを選び取るその理由を検討し、
技術者としてジャッジし、決めていく助けを行うのが、、
私たち設計事務所の役割なのかな。。
いつも、そんな風に思っております。

途中には、苦しい場面もある家づくりですが、、
基本、I様は、家づくりを家族みんなで愉しんでくださっています。。
そんなご家族の様子を見るのが、私は大好き♪

この週末には、、
現場で昼食を兼ねた上棟式をしていただくことになっています!!


☆ 無事棟上げが終わったことに感謝 ☆

( そして、できたら土曜日、、お天気になりますよう♪♪ )




読んでくださった皆さまにとって
素敵な ‘いいひ’ が訪れますよう…
感謝をこめて ♪


家での日々の暮らしが心地よく、、
住む人の幸せに繋がります。。
心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ 


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 今年も金木犀日和♪_葛飾高砂の家上棟 」
「 春風とおでんと上棟式 」
「 小屋裏空間を活かす都市型の家♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • khousestorymar2021.jpg
  • kodairanoies.jpg
  • IMG_3518.jpeg
  • lakeyamanakaopengarden2021.jpg
  • IMG_9083.JPEG
  • IMG_5611.jpeg
  • IMG_5580.jpeg
  • hannohouse20210529s.jpg

アーカイブ

  1. 2021年7月
  2. 2021年6月
  3. 2021年5月
  4. 2021年4月
  5. 2021年3月
  6. 2021年1月
  7. 2020年12月
  8. 2020年10月
  9. 2020年9月
  10. 2020年7月
  11. 2020年6月
  12. 2020年5月
  13. 2020年4月
  14. 2020年3月
  15. 2020年2月
  16. 2020年1月
  17. 2019年12月
  18. 2019年11月
  19. 2019年10月
  20. 2019年9月
  21. 2019年8月
  22. 2019年7月
  23. 2019年6月
  24. 2019年5月
  25. 2019年4月
  26. 2019年3月
  27. 2019年2月
  28. 2019年1月
  29. 2018年12月
  30. 2018年11月
  31. 2018年10月
  32. 2018年9月
  33. 2018年8月
  34. 2018年7月
  35. 2018年6月
  36. 2018年5月
  37. 2018年4月
  38. 2018年3月
  39. 2018年2月
  40. 2018年1月
  41. 2017年12月
  42. 2017年11月
  43. 2017年10月
  44. 2017年9月
  45. 2017年8月
  46. 2017年7月
  47. 2017年6月
  48. 2017年5月
  49. 2017年4月
  50. 2017年3月
  51. 2017年2月
  52. 2017年1月
  53. 2016年12月
  54. 2016年11月
  55. 2016年10月
  56. 2016年9月
  57. 2016年8月
  58. 2016年7月
  59. 2016年6月
  60. 2016年5月
  61. 2016年4月
  62. 2016年3月
  63. 2016年2月
  64. 2016年1月
  65. 2015年12月
  66. 2015年11月
  67. 2015年10月
  68. 2015年9月
  69. 2015年8月
  70. 2015年7月
  71. 2015年6月
  72. 2015年5月
  73. 2015年4月
  74. 2015年3月
  75. 2015年2月
  76. 2015年1月
  77. 2014年12月
  78. 2014年11月
  79. 2014年10月
  80. 2014年9月
  81. 2014年8月
  82. 2014年7月
  83. 2014年6月
  84. 2014年5月
  85. 2014年4月
  86. 2014年3月
  87. 2014年2月
  88. 2014年1月
  89. 2013年12月
  90. 2013年11月
  91. 2013年10月
  92. 2013年9月
  93. 2013年8月
  94. 2013年7月
  95. 2013年6月
  96. 2013年5月
  97. 2013年4月
  98. 2013年3月
  99. 2013年2月
  100. 2013年1月
  101. 2012年12月
  102. 2012年11月
  103. 2012年10月
  104. 2012年9月
  105. 2012年8月
  106. 2012年7月
  107. 2012年6月
  108. 2012年5月
  109. 2012年4月
  110. 2012年3月
  111. 2012年2月
  112. 2012年1月
  113. 2011年12月
  114. 2011年11月
  115. 2011年10月
  116. 2011年9月
  117. 2011年8月
  118. 2011年7月
  119. 2011年6月
  120. 2011年5月
  121. 2011年4月
  122. 2011年3月
  123. 2011年2月
  124. 2011年1月
  125. 2010年12月
  126. 2010年11月
  127. 2010年10月
  128. 2010年9月
  129. 2010年8月
  130. 2010年7月
  131. 2010年6月
  132. 2010年5月
  133. 2010年4月
  134. 2010年3月
  135. 2010年2月
  136. 2010年1月
  137. 2009年12月
  138. 2009年11月
  139. 2009年10月
  140. 2009年9月
  141. 2009年8月
  142. 2009年7月
  143. 2009年6月
  144. 2009年5月
  145. 2009年4月
  146. 2009年3月
  147. 2009年2月
  148. 2009年1月
  149. 2008年12月
  150. 2008年11月
  151. 2008年10月
  152. 2008年9月
  153. 2008年8月
  154. 2008年7月
  155. 2008年6月
  156. 2008年5月
  157. 2008年4月
  158. 2008年3月
  159. 2008年2月
  160. 2008年1月
  161. 2007年12月
  162. 2007年11月
  163. 2007年10月
  164. 2007年9月
  165. 2007年8月
  166. 2007年7月
  167. 2007年6月
  168. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ