薔薇の癒し_時を経たある家を訪ねて...


Rose-of-fine-weather.jpg

ギリシャの女流詩人サフォーは、
薔薇を「花の女王」と呼んだとか。。

薔薇の香りは、慈愛のチカラを持っていると云われ、、
心の傷をいやす作用となって現れるそうです。。

今、、この日、、この時、、
一瞬を謳歌するかのように、
たわわに咲き誇っている初夏の薔薇たち。。

Rose-of-the-early-summer.jpg


↑ 人生初の住宅を設計させていただいた、、
Hさんの家のウォールガーデンにてパチリ♪ 


もう終わりかけの薔薇の季節ですが、、
ここ2週間ほど、、東京の街で見かける薔薇たちは、
ホントに美しく街角を彩っていました。

車で走っていると、、
オッと目を惹かれる庭先に、ちょくちょく出合い、、
つい見惚れてしまうほど。。


↓ こちらは、、雨上がりの薔薇。。

去年行ったイギリスでの一枚。
秋咲きの終わりかけの薔薇でしたが、、
雨粒をまとい、、うつむく姿が可憐。。

Rose-after-rain.jpg


ここ数日、我が家のベランダにも、
どのお部屋から来たのか??
淡いピンク色とミルク色の薔薇の花びらが数枚づつ、、
舞い降りてきてくれていました♪


さて、停滞しがちないいひブログ。

最近、何だかとっても忙しく過ごしていることが、、
表向きの言い訳ですが、、
実は、素晴らしきことやヨロコビも多いのに、、
でも、、あることで 自信喪失気味になり、、
心のどこかで、ず~っと引きずってしまいました。

あーー!!もぉ、、ウットオシイ人ですよね~。
牛尾(夫)のみならず、我ながら呆れてます。。。(苦笑)

そんなこの頃でしたが、
やっと復活する出来事がありましたので、
今日はそのことを少し書かせていただきます☆

先週、、サラリーマン時代に設計した某家から、
ものすご~く久しぶりにお電話をいただき、訪ねてきました。

その家は、27歳の頃に設計した家。

設計事務所と家づくりを進めていた施主さんでしたが、
当時私の居た会社の折込広告に、、
トーヨーキッチンが載っているのをみて、
見学会に尋ねて来てくださったのが、ご縁のきっかけ。

ご要望を聞いて、プランを出したら、、
施主さんにとってビンゴな家で、ほぼそのままの形が実現。

お話を進めていた設計事務所さんをお断りし、
お任せくださった施主さんでした。。

どんなお家だったかというと、、
2階に吹抜けLDKとサンルームがあり、、
JUKENという建材メーカーの無垢建材、、
ジュピーノシリーズを使った家。。
吹抜けの天井は、シナ合板の目透し貼。。

設備は、、輸入モノのベデスタイル洗面や輸入タイルをつかったトイレ。
そして、出会いのきっかけになった、
あの頃、最先端だったトーヨーキッチン。。

11年の時を経ても、贔屓目なく、まるで古臭くなく素敵で、
経年変化で、飴色になったパイン無垢材のジュピーノは、、
新築の頃より、素敵な空間づくりを演出していました☆

設計者&監督として担当した私には、
勝手知ったる何とかですが、、(笑)
施主さんは、11年目を迎えた家の隅々まで案内してくださいました。

大切に家を手入れしながら暮らしていらして、、
そのひとつひとつが、設計当時の意図通り、、
それ以上に活用されているのを目の当たりにし、、
何だか、ウルッとくるほど。。

設計当時や現場のことを思い出され、、
あまりの懐かしさに息がつまりました。

‘ 愛される家 ’ は、やはり時を経ても、、良い気が流れ、素敵♪

インテリアのことも、色々と相談に乗らせていただき、
結果、、決められた家具蔵の大きなダイニングテーブル。

そのテーブルで、コーヒーを淹れてもらい、
お話していると、、施主さんから、、

「 あの時の家づくりで選んだことは、
  何ひとつ後悔はないのよ。。
  坪木さん(旧姓)に設計してもらったひとつひとつが、
  本当にしっくりと来ていて、風も通るし、明るいし、
  家族の変化にも、対応できている。。
  この家を建てて本当に良かった。
  この家での生活が大好きなの。。 」

と、仰っていただけたとき、、
実は、最近の自信喪失気味だった心に光が。。☆

3.11の時も、ビクともしなかったそうですが、、
ただ、、時を経て、、不具合も生じているトコロも有。。
 

不具合があっても、もう関われない家で、
施主さんから、そんな言葉をいただけて、
本当に恐縮しながらも、心から嬉しかったのです。

この家は、今の いいひの家 に繋がる設計意図が満載で、、
この空間に身を置くと、確かに心地よい。。。

27歳当時、、既製品を使ったりしながら、、
よくこんな素敵な家を我ながらつくったなぁと、
プチ自画自賛までしたりしながら、自信を取り戻し、、
心の中に巣くっていたワダカマリが消えて、、復活!!(笑)

帰ってきて、27歳当時の日記代わりの雑記帳を読むと、
当時も、悩みに悩んでいた自分が居て苦笑。。

今も、やはり、呆れるくらいに、悩み多き自分です。。

でも、家づくりは、やっぱり、迷いと悩みの連続なのは当たり前。。
そう、、その時々に反省すること、学ぶこと多々。。

家づくりを通して、施主さんに、よろこんでいただくことが、
仕事の原動力であり、私自身のヨロコビ♪

それは、あの頃も今も全く変わらない。

家は建てて終わりではない。
そんなコトも、ヒシヒシと実感。

サラリーマン時代に、、
瑕疵やクレームを通して学ばせてもらった、、
メンテ、、朽ちやすさ、、そんな目線から選ぶ、、
いいひなりの設計の選択肢が間違いじゃない。。

そう実感出来たのも、収穫☆

また自分を整えて、ガンバリマス!!!


薔薇の季節に、薔薇を愛でていたら、、
心の傷が癒される出来事が来てくれた。。
薔薇さん、、ありがとう♪

そんなこんなの今日この頃でした☆

 


読んでくださった皆さまにとって
素敵な ‘いいひ’ が訪れますよう…
感謝をこめて ♪


家での日々の暮らしが心地よく、、
住む人の幸せに繋がります。。
心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 赤い薔薇_色とアロマのチカラ 」
「 間取りのヒント_家事室&主婦机を考える 」
「 改めて家の不具合「瑕疵」のことを学ぶ 」
「 お宅訪問「ルーフバルコニーを愉しむ家 11年目のH邸」 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ