佳き映画_佳き本

Good-movie-good-book2013jun.jpg

佳き映画を観る...
佳き本を読む...

現実から離れ、心が満たされる時。

この間、フッと疲れを感じた時、、
気分転換に、映画でも観ようかな...と探したら、、
面白そうなのが日比谷シャンテにかかっていました。。

これが、大当たり!!だったので、こちらをまずご紹介。

( 設計の手を休めて、ブログでちょっと息抜きを ^^; )

ダスティ・ホフマン監督のイギリス映画。

 「 カルテット!人生のオペラハウス 」

引退した音楽家たちのための老人ホームで織りなす人間模様。

画面に、、これでもか~~!と映し出される、、

イギリスのカントリーサイドの美しい秋の田園風景...
( 庭の東屋で音楽を奏でる優雅さ...とか もうホント素敵 )

イギリス的なCozyなインテリアの設え...
Blue&Whiteの陶器が使われているテーブルコーディネート...

老人ホームと云うより、、素敵なリゾートホテルのようで。。

仲間と共に暮らす老後。
音楽が常にある暮らし。

に、もう...うっとり。。見入ってしまいました^^

老いは誰にも訪れること。

老いがもたらすネガティブな面を抱えつつ、受け容れて、
でも、なおイキイキと生きることの素晴らしさ。。

みたいなトコロが描かれている映画でした♪

映画評では、、
掘り下げていない人間描写に、評価は分かれるトコロみたいなのですが、、
今の私は、重いダークな映画な気分じゃなかったので、、
( あ、基本いつもそうです...HappyEnd 大好き♡ )
素晴らしい音楽と共に、ストーリーも心に沁みて、、
とぉ~~っても、、心が満たされました。。

大好きなイギリスの田園風景の空気感も、、
ものすごーーく美しく映し出され、、まずそこが堪能ポイント!! 

私のようなイギリスLOVEな方におススメ ^^

あと、この映画の見所は、、
往年の素晴らしい音楽家さんや舞台俳優さんたちが、
老人ホームの面々として、、映画に登場して、、
実際に演奏したり歌ったりしている。。こと!

エンドロールで、、
その方たちの若き日の写真が映し出されてきた時、、
な~んか胸が熱くなって、、そこでも、じーーんと涙してしまった。。

と、、佳き映画で心に栄養が行き渡ったからか、
お仕事も良い方向に動き出し、、
プライベートとのバランスも取れてきた今日この頃。。

あと、佳き本のことを少しだけ。。

先日実家に行った時に在った本を、
何気なく手にして読みはじめてしまったら、止まらない。。

久しぶりに、歴史小説にハマってしまいました^^

史実を基にした小説は、マジメにオモシロイ。。
今、下巻の最初。。久しぶりに夢中☆

気骨のある人の実話小説やエッセイ...

10代後半から20代の若い頃、、
親の薦めてくれる本は大概そんな本で、、
若く貧乏で本好きな私は、、
家に積んであった本を娯楽代わりに、素直に読んでいました。

新田次郎の「孤高の人」とか...何度も読み返したっけ。。

社会人になって、、そう、、
仕事で迷ったり、、憤ったりした時に読み返すことも多かった。。

本の主人公が悩み憤る場面、、
でも自らの信念を曲げずに生きる姿を読み返したりして、
気持ちを奮い立たせていたり。。

今思うと、、ヘンな20代女子だったかも ^^; 
でも、、佳き本を沢山教えてくれた親に感謝...デスネ。。

あと、本のことで思い出に残っているのは、小学校の担任のK先生。

私が本を読むホントの楽しみを知ったのは、小学校に上がってから。
その担任の先生のお蔭でした。

クラスみんなに読書を勧めてくれて、、上手く習慣づけてくれた。。

「 佳き本は人生を照らしてくれる心のロウソクになります 」 と、
お別れのときに、教えてくれたことも、、ずっと心に残っています。。

映画は楽しい。。読書は楽しい。。

お仕事も色々と動きがある今月。。

プライベートと仕事のリズムを上手く取って、、
気を引き締めて、後半に向かいます!!!

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 夕焼けの詩「家を建てるなら」 」
「 「木かげの家の小人たち」_未来の子供に読ませたい本 」
「 「身ぎれいな終いじたく」 を読み終えて 」

Comments [4]

こんにちは~
わたしもこの映画の予告編を見て、心引かれていました。
私達はまだ人生を達観できるような年齢でもないし、経験値も足りないけれど、こんなステキな人達のような前向きな生き方をしたいですね。

私もこの映画みて元気をもらいにいこっと!
イギリス的カントリーサイドの暮らしも見所ですね。楽しみ~ 

いいひ様

こんばんは。
今日、カルテット観てきました。私達の見たイギリスの田園風景そのもの。樹木が風にそよぎ、葉っぱがこすれあうさらさらとした心地良い音。どこまでも続くような丘陵など、懐かしい景色に再び合うことができました。
 オペラの音楽も美しく、いい時間がもてました。
人生を幸せにしてくれるポイントは情熱かしらね?

イギリスloveな情熱はあるんだけどなぁ。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg
  • kinounanitabeta_madori20200113-2.jpg
  • 3046e9f84077f561b07d47fbf8eb5ed928985b4e.JPG
  • 20191219-R0002691s.jpg
  • 2020newyears.jpg
  • P1050105s.jpg
  • 839F77EB-893B-4D8A-A04C-A3C69571282Bs.jpg

アーカイブ

  1. 2020年1月
  2. 2019年12月
  3. 2019年11月
  4. 2019年10月
  5. 2019年9月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2019年4月
  11. 2019年3月
  12. 2019年2月
  13. 2019年1月
  14. 2018年12月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年8月
  31. 2017年7月
  32. 2017年6月
  33. 2017年5月
  34. 2017年4月
  35. 2017年3月
  36. 2017年2月
  37. 2017年1月
  38. 2016年12月
  39. 2016年11月
  40. 2016年10月
  41. 2016年9月
  42. 2016年8月
  43. 2016年7月
  44. 2016年6月
  45. 2016年5月
  46. 2016年4月
  47. 2016年3月
  48. 2016年2月
  49. 2016年1月
  50. 2015年12月
  51. 2015年11月
  52. 2015年10月
  53. 2015年9月
  54. 2015年8月
  55. 2015年7月
  56. 2015年6月
  57. 2015年5月
  58. 2015年4月
  59. 2015年3月
  60. 2015年2月
  61. 2015年1月
  62. 2014年12月
  63. 2014年11月
  64. 2014年10月
  65. 2014年9月
  66. 2014年8月
  67. 2014年7月
  68. 2014年6月
  69. 2014年5月
  70. 2014年4月
  71. 2014年3月
  72. 2014年2月
  73. 2014年1月
  74. 2013年12月
  75. 2013年11月
  76. 2013年10月
  77. 2013年9月
  78. 2013年8月
  79. 2013年7月
  80. 2013年6月
  81. 2013年5月
  82. 2013年4月
  83. 2013年3月
  84. 2013年2月
  85. 2013年1月
  86. 2012年12月
  87. 2012年11月
  88. 2012年10月
  89. 2012年9月
  90. 2012年8月
  91. 2012年7月
  92. 2012年6月
  93. 2012年5月
  94. 2012年4月
  95. 2012年3月
  96. 2012年2月
  97. 2012年1月
  98. 2011年12月
  99. 2011年11月
  100. 2011年10月
  101. 2011年9月
  102. 2011年8月
  103. 2011年7月
  104. 2011年6月
  105. 2011年5月
  106. 2011年4月
  107. 2011年3月
  108. 2011年2月
  109. 2011年1月
  110. 2010年12月
  111. 2010年11月
  112. 2010年10月
  113. 2010年9月
  114. 2010年8月
  115. 2010年7月
  116. 2010年6月
  117. 2010年5月
  118. 2010年4月
  119. 2010年3月
  120. 2010年2月
  121. 2010年1月
  122. 2009年12月
  123. 2009年11月
  124. 2009年10月
  125. 2009年9月
  126. 2009年8月
  127. 2009年7月
  128. 2009年6月
  129. 2009年5月
  130. 2009年4月
  131. 2009年3月
  132. 2009年2月
  133. 2009年1月
  134. 2008年12月
  135. 2008年11月
  136. 2008年10月
  137. 2008年9月
  138. 2008年8月
  139. 2008年7月
  140. 2008年6月
  141. 2008年5月
  142. 2008年4月
  143. 2008年3月
  144. 2008年2月
  145. 2008年1月
  146. 2007年12月
  147. 2007年11月
  148. 2007年10月
  149. 2007年9月
  150. 2007年8月
  151. 2007年7月
  152. 2007年6月
  153. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ