小さきいのちへの愛。

WithAffection1iihi.jpg

朝の光の窓辺にて。

小さな猫を愛おしさを込めて抱きしめる...

 一緒に居てくれてありがとう
 これからもずっと一緒だよ...

そんな愛情溢れた一体の人形。

表情のない素朴な人形ですが、、
深い深い愛情が伝わってきます。。

WithAffection5_iihi.jpg

今、設計中の施主さんの猫が、虹の橋に旅立ったと、
この間の打合わせの時に聞きました。。

母猫に見捨てられ、瀕死の状態を助けて、
それ以来、ずっと一緒に過ごしてこられたそう...

リード無しで、一緒に外をお散歩出来るくらい、
信頼関係と愛情で結ばれていた猫さんとTさん。。

病気の最期を看取るのは、本当にお辛かったと思います。。

ご夫婦の愛情をたくさん受けて、
一生懸命に生きたKくんは、幸せな猫さんでしたね。

With-Affection2-iihi.jpg

どうぞ安らかに...心からご冥福をお祈りいたします。。

実は、この記事、、お話を聞いた直後から、
何度も書きかけては手が止まりました。。

 どんなに愛情を尽くしたつもりでも、
 どこか後悔は残ってしまい、自分を責めたり、
 日常から居なくなってしまった存在の大きさに涙したり。。

 繋がりが深い分だけ、より悲しみも大きいはずで...

その悲しみには、、
'時間' という薬が癒してくれるしかないのですが。。

Tさんの想いに寄り添いたい...
そんな風に感じて...やっぱり書いています。。

私自身、2013年は本当に苦しく辛い一年でした。

2月に'あま'を亡くし、、
その喪失感も癒えないうちに、'のる'が病気になり、、手術。。

 生きること...命が消えること...猫と住むこと...

本当に考えさせられた一年でした。。

ペットを亡くした方は、、
もうあの悲しみを経験したくないから、もう飼わない。。
そう仰る方も多いです。

.........すごく分かります。

私も、最初、オリーブを受け容れられなかったのは、
愛するのが怖かったからです。。
愛すれば愛するほどに、失う悲しみも大きいから。。
その悲しみに耐えられる自信が無かったから。。

noluolivephoto2iihi.jpg

でも、純真無垢な瞳で、、元気イッパイのオリーブは、
時を過ごすごとに、、確実に私を日常を取り戻させ、、
その '日常' が '悲しみ' を癒して、、
'愛する' という機能を再生させてくれました。。

のるも、身体を張って、、
( 病気をさせるまで気付かず、、本当に反省... )
今を生きる大切さを、私の腑に落としてくれました。

noluolivephotoiihi.jpg

最近、我が家の茶白コンビには、

 好きなように生きていいよ...
 良い仔にならなくて、悪い仔でも、いいよ。
 全部丸ごと受け容れているからね...

そう云います。

あまのるには、'良い仔 'を押しつけてしまった気がしています。。

あまのるコンビは本当にお利口で、、( 親バカではなくホントに )
何も注意しなくても、イタズラをしなかったので、
猫に危険な花を飾ったり...不注意なコトを随分してきてしまいました。。
( このことは、深く深く反省しています )

でも、オリーブは違う。。
イタズラ全開!!

常に注意をして暮らすようになりました。
改めて、猫と暮らすときの注意をはらってます。。

↑ グリーンも全てフェイクに... 花を飾る楽しみも減りました。

でも、猫と一緒の時間が私にとって、とても大切。
彼らの世界は、お家のなかだけだから、、少しの我慢は仕方ないです。。

いずれ必ず来るお別れの日まで、一緒に楽しく暮らしたいから。
自由にのびのびと暮らしてほしい。

そして、あまちゃん、、
良い飼い主じゃなかったけど、本当に愛してました。

amaphoto58.jpg

今でも思い出すと泣いちゃう時もあるけど、
あなたが居てくれた時間の楽しい日々の思い出が、、
今は一番の宝物で心を温めてくれます。。

ありがとう^^

暮のニュース特番などを観ていると、ムツカシイコト...イキドオルコト沢山。。

でも、年の瀬のこの時だけは、心を穏やかに、
明るい方向に目を向けて、過ごしたいと思います。。

これからやっと大掃除!!
ココロと共にお家のなかもキレイにしないと...。
物理的大掃除、、終わるかなぁ ... (^_^;)

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 あまちゃん虹の橋へ 」
「 日常...この上なき幸せと知る_のる退院しました! 」
「 旅立った猫さんへ 」

Comments [2]

牛尾様

ご無沙汰しております。ウィローツリー彫像・天使像です。以前、こちらのブログにお邪魔させて頂いてから、定期的にはチェックさせて頂いていたのですが、この記事に気付いておらず、書いて頂いてから何ヶ月も経ってしまいました。すみません!

ウィローツリーをご紹介いただき、誠にありがとうございます! とても嬉しいです。

サイトをオープンしてそろそろ半年近くになりますが、多くのお客様に気に入って頂き、また感動して頂いています。ペットを亡くされた方には特に、大切にして頂いています。

本当にこの仕事を始めて良かったと毎日思っております。

また、お邪魔させて頂きますね!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • R0000135s.jpg
  • 3464d3285abab50e8b961da7daa53313ffb3cf80.jpg
  • 2018trip_epilogue_S.jpg
  • nikkohouse20190825s.jpg
  • kamakurasanpo2019summer-s.jpg
  • c42312aeee42a8b0aeb0888dd108284717bd0a4e.jpg
  • 20190811-R0000224s.jpg
  • 20170620-R6200902s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年9月
  2. 2019年8月
  3. 2019年7月
  4. 2019年6月
  5. 2019年5月
  6. 2019年4月
  7. 2019年3月
  8. 2019年2月
  9. 2019年1月
  10. 2018年12月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年4月
  19. 2018年3月
  20. 2018年2月
  21. 2018年1月
  22. 2017年12月
  23. 2017年11月
  24. 2017年10月
  25. 2017年9月
  26. 2017年8月
  27. 2017年7月
  28. 2017年6月
  29. 2017年5月
  30. 2017年4月
  31. 2017年3月
  32. 2017年2月
  33. 2017年1月
  34. 2016年12月
  35. 2016年11月
  36. 2016年10月
  37. 2016年9月
  38. 2016年8月
  39. 2016年7月
  40. 2016年6月
  41. 2016年5月
  42. 2016年4月
  43. 2016年3月
  44. 2016年2月
  45. 2016年1月
  46. 2015年12月
  47. 2015年11月
  48. 2015年10月
  49. 2015年9月
  50. 2015年8月
  51. 2015年7月
  52. 2015年6月
  53. 2015年5月
  54. 2015年4月
  55. 2015年3月
  56. 2015年2月
  57. 2015年1月
  58. 2014年12月
  59. 2014年11月
  60. 2014年10月
  61. 2014年9月
  62. 2014年8月
  63. 2014年7月
  64. 2014年6月
  65. 2014年5月
  66. 2014年4月
  67. 2014年3月
  68. 2014年2月
  69. 2014年1月
  70. 2013年12月
  71. 2013年11月
  72. 2013年10月
  73. 2013年9月
  74. 2013年8月
  75. 2013年7月
  76. 2013年6月
  77. 2013年5月
  78. 2013年4月
  79. 2013年3月
  80. 2013年2月
  81. 2013年1月
  82. 2012年12月
  83. 2012年11月
  84. 2012年10月
  85. 2012年9月
  86. 2012年8月
  87. 2012年7月
  88. 2012年6月
  89. 2012年5月
  90. 2012年4月
  91. 2012年3月
  92. 2012年2月
  93. 2012年1月
  94. 2011年12月
  95. 2011年11月
  96. 2011年10月
  97. 2011年9月
  98. 2011年8月
  99. 2011年7月
  100. 2011年6月
  101. 2011年5月
  102. 2011年4月
  103. 2011年3月
  104. 2011年2月
  105. 2011年1月
  106. 2010年12月
  107. 2010年11月
  108. 2010年10月
  109. 2010年9月
  110. 2010年8月
  111. 2010年7月
  112. 2010年6月
  113. 2010年5月
  114. 2010年4月
  115. 2010年3月
  116. 2010年2月
  117. 2010年1月
  118. 2009年12月
  119. 2009年11月
  120. 2009年10月
  121. 2009年9月
  122. 2009年8月
  123. 2009年7月
  124. 2009年6月
  125. 2009年5月
  126. 2009年4月
  127. 2009年3月
  128. 2009年2月
  129. 2009年1月
  130. 2008年12月
  131. 2008年11月
  132. 2008年10月
  133. 2008年9月
  134. 2008年8月
  135. 2008年7月
  136. 2008年6月
  137. 2008年5月
  138. 2008年4月
  139. 2008年3月
  140. 2008年2月
  141. 2008年1月
  142. 2007年12月
  143. 2007年11月
  144. 2007年10月
  145. 2007年9月
  146. 2007年8月
  147. 2007年7月
  148. 2007年6月
  149. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ