防火地域・広い木の家を建てる選択肢_木造耐火住宅_ZEH二世帯・台東の家

202301127_iihiblog.jpg

生まれ育った町に住み続けること。

地方で育ち東京に上京して暮らす私にとって
とっても羨ましい人生の選択肢だと感じます(*^-^*)

まもなく完成する台東の家は、
そんな素敵なことを叶えている家族のお家♪

タイトルにもありますが...

防火地域内で
敷地条件に合わせた自由な設計で
広い木の家を建てる選択肢

↓↓↓ それは

木造耐火住宅にすること。

今日は、台東の家でも採用した
その 木造耐火建築 のこと...
工事の様子などをご紹介いたします♪


台東の家は...下町情緒残る地域での建替え。
防火地域に入っています。

当初、施主さんは、
木造耐火住宅を手掛けるハウスメーカーさんも
検討していらしたのですが、
設計事務所との家づくりに共感してくださり、
家づくりのパートナーとなれたご縁です(*^-^*)

4b4c02319216f73ef74eb13035a3879905626737.jpg

設計事務所として独立する頃...15年ほど前に、 
日本木造住宅産業協会 の講習を受講していましたが
それから認定内容や仕様などの変更あったので
再度講習を受けてきていました。

IMG_6474.jpeg

木造軸組み工法(一般的な木の家が採用する工法)

耐火建築物

つくるための設計を学んできていて
ヨカッタなぁと思いました(*^-^*)

↓↓ 防火地域内に家を建てる時の規制を少しだけ。。

 防火地域内で
 100㎡( 30.25坪 )を超える規模
 もしくは
 3階建以上を建てようとすると...
 ⇒ 耐火構造にする必要が有。

『耐火』構造というと...多くは
鉄筋コンクリート造や鉄骨造という選択肢。

それらは木造に比べると、
コストが高く...
敷地に対して間取りや空間の自由度が低いので、

 何とか100㎡以内で木造2階建で設計するか...
 3階建以上なら賃貸付の重量鉄骨造ビルで設計するか...

設計事務所として独立する以前の...
会社員設計者時代に
腐心して計画していたことを思い出します(^-^;

けれども...

平成12年、法改正で木造耐火が認められ...

今では 防火地域内 でも、
"広い" 空間の自由度が高い "木の家" を
建てることが出来るようになっています。

長い前置きになってしまいましたが...
つづいて施工現場の様子を。。

↓ 上棟後。

20220723-IMG_0414s.jpg

このように、
木造耐火建築物でも軸組みはふつうの木造と一緒。

構造体...(木の部分)を耐火被覆することで、
燃焼・炭化することを防ぐようにします。
( 被覆型/メンブレン型 で設計 )

... といっても、分かりにくいですね。。(^-^;

 日本木造住宅産業協会のHPに、
 耐火建築物のことが
 詳しく掲載されていますので、
  ← リンクを張っておきます。

そう...

燃えにくい建物にするのですから...
耐火被覆もスゴイことになります(^-^;

↓ 耐火被覆として使う石膏ボード。

cf67feba664bc3618b93db1a902f202f305396d6.jpeg

21ミリを二枚重ねて
42ミリの被覆を確保します。
( 木造二階建て... 通常は 12.5ミリ )

↓ 外周り施工中。

26d78117e113d85c52ed76689a3b2d3dee7ca6c3.jpeg

上棟後、構造体検査の後は、
ただただひたすらに。。。(^-^;

ff63a225c418ec04a56a64c7a14bee2effd3526e.jpeg

内外に分厚い石膏ボードを
張り重ねていく作業が続いていました。

IMG_0796.jpeg

↓ 外部、耐火被覆がほぼ終わり。

IMG_0829d.jpeg

↓ 室内、二階床部分。

IMG_1893.jpeg

床下地の構造用合板の上に、
石膏ボードを重ねて張っていきます。

↓ 天井。

IMG_1892.jpeg

↓ ボードの粉が舞って...薄っすらけむっている室内(^-^;

IMG_1890.jpeg

↑ 10月初め頃の室内。

この状態、、
断熱され窓が入り耐火被覆が施された室内は、
残暑もシャットアウトし、
外部からの音に対しても静かだなぁ...と感じていた頃。

IMG_2349.jpeg

耐火被覆の終えた室内は、
すか~んと広くて、、
マンションリノベの現場のようでした!

ここから無垢フローリングを貼ったり、
間仕切り壁を作ったり、、
内部の大工工事が本格的に始まります。

↓ 現場で打ち合わせした日のひとコマ

fotor_2023-1-27_22_38_48.jpg

ふたごちゃんの
それぞれのメルちゃん(かな?)が
耐火仕様図面ファイルの上に横たわっている(笑)

可愛い♡ (*^m^*)

木造耐火住宅。

 木造耐火住宅ならではのメリット...
 コスト面や間取り計画上でのデメリット...
 
 価格感、デメリットを克服する工夫 etc...

工事監理でほぼ週イチで通った現場では、
設計しながら予想していたことを実感したり、
現場を通して学べたことがたくさん有りました!

感謝♡

台東の家、
選んだ素材や仕様のこと、、
またUPしてまいります!!


  読んでくださった皆さまにとって
  笑顔が生まれる
  いいひになりますように♡

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
↓↓ 1月17日に必ず読み返し初心を忘れないようにしています
「 忘れない日_駆け出しの頃 」
↓↓ 台東の家施主さんが見学させてもらった谷中の家、その節はありがとうございました!
「 祝上棟!白梅ほころびはじめたハレの休日に♪_桜見の二世帯住宅@谷中 」

Comments [2]

分厚いボード2枚張り!!
写真でも伝わる壁の重量感!
この上にどうやって無垢材を据えていったのか気になります〜!
続きをたのしみにしてますね♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2462ss.jpg
  • 20240206iihiblog.jpg
  • IMG_2306s.jpg
  • 20240201Collage.jpg
  • 20240116 Collage.jpg
  • taitohouseCollages20240118.jpg
  • 20240116 Collage.jpg
  • IMG_1567s.jpg

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ