仕合せのシンプルな法則

Y`Smadokabe_1.jpg

「 今在るモノを大切にすること。。 」
「 日々の暮らしのなかに愉しみを見出すこと。。 」

「 もし、、、 これ以上・今以上 を望むなら、、
  今在る環境を出来るだけ心地よく過ごせる努力をしてみること。。」

「 自分が今出来ることを、まず今在る環境で始めること。。。」

「 自分がそうだったら嬉しいことを自分の周りにもすること。。。」

そんな、、仕合せを運んでくれるシンプルな法則を
身を持って知り、、身につけられたのは、、実は、ごく最近のこと。。

いいひ住まいの設計舎を立ち上げた当初のお客様、、
Yさまと出合って、その暮らし方、、生き方、、に触れたのがきっかけ。

恥ずかしいのですが、
若い頃、、24歳くらいの頃からの数年間、、上昇志向の強かった私。

願いは全て叶う!何でもポジティブに!(笑)

そう信じて目標を決め次々へとステップアップすることが
自分自身でも楽しかった時期がありました。。。。

でも、「目標」「欲しいモノ」を手に入れて、満たされるのは瞬間。

あんなに欲しかったモノ、、望んでいたコトに対し、
どこか不満や不平が湧きあがって、
「次」を目指そうとすることで、自分を盛り立てていく。

人間って無いモノねだり。。。ホントキリがない。。。

例えば、都会に住まいを持つこと、、、
田舎に週末の家を持つことを叶えても、、
得た瞬間から、得たモノに対して不満を感じ始める。。。

駅近いゆえの騒音とか、、緑のない環境とか、、
古い建物ゆえの維持管理の煩わしさだとか、、
静かさを求めた筈の環境での車の音とか、、

そして、、

もっと違う選択肢があったに違いないとか、、
どうして自分はこれを選んでしまったのだろうとか、、
後悔、、自分への落胆、、他人への羨望。。
がココロを占拠し始めると、居てもたってもいられなくなってしまう。

そして、、また、、次の目標なんかを決めて頑張ってしまう。。。(苦笑)

でも、、、、それって終わりのないレースだと思いませんか?

がむしゃらに働くことや、、、自分自身を高めていくこと、、、
そんなことに疲弊していく自分もどこかで感じていたことも事実。
だけど、勢いを止めると永遠に踏み出せなくなってしまいそうで
頑張って得たポジションにしがみついていた時期が数年続き
遂には、身体が云うことをきかず、サラリーマンを辞めたのですが。。。
まぁその辺りを話始めると延々なので、、割愛。(笑)

それに、、、得たモノを大切にせず、不平を感じたりしていると、、
スルリと、その手から 「得たモノ」 がすり抜けてしまうことってあるんです。
亡くす時に初めて、それまでに得たモノの大切さに気付けても、もう遅い。。。

もし、今の環境に満足していなくても、、
これまでの過程のなかで「得たモノ」を評価してあげることって
すご~く大切なコトだと思います。

上を見ればキリがないけれど、下を見てもキリがない。。。

「今」その時の自分が持てるものをまず見返してみる。

そう、頑張った自分を評価してあげると良いですよね。

いつかの夢を叶えていた自分が、今そこに居たのなら
ホント、、、それを祝福してあげてほしいなぁと思うのです。(笑)

今居る環境で最大限シアワセを見出すことって大切なこと。
シアワセな人にシアワセが同調してやって来ますし、、ね♪♪

それは、Yさんの暮らしを知り、、、実感したこと。

近くの公園で拾った小枝でフォトフレームを手づくりしたり、、
100円ショップで棚を買って自分でペイントして素敵な飾棚をつくったり、
( 一番上の写真です♪ )
どこにでもあるごく普通のスツールを彫刻刀で傷をつけ、
ムラのあるペイントをしてシャビーで素敵な椅子に変身させたり、、
( ハンドメイドステンドグラスを入れた窓枠にも ! ↑ 写真 )

ホント、今そこにある日常の暮らしに、シアワセを見出せる素敵な方。
憧れていた著名なセンセイや取り巻く方々からは決して感じ得ない
ゆるぎない幸福感がYさんにはありました。

モチロン、生きていれば色んな悩みもあるのが当たり前だと思います。。

それに頑張れないときもあります。。

でも、頑張らない自分も好きになったほうがいい。
今居る自分とその環境を認めてあげて、、
自分が変われば、、周りも変わる筈。。。。
それも、、仕合せのシンプルな法則。

エラソーに云っておりますが、、
自分自身が紆余曲折して体験したことなので、、ホント。
騙されたと思って実践してみてください。(笑)。
シアワセになるのもならないのも自分が選ぶことだから。。。

家づくりを終えたり、、夢を叶えたりしたあと、、
脱力してしまう方も多いと思いますが、、
どうぞ新しい暮らしと自分を愉しんでくださいね♪♪

何だか、そんなことをお伝えしたかった月曜の朝。(笑)。

今週も素敵な一週間が送れますよーに♪♪♪。(出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

≪ 過去ブログも宜しかったらどうぞ~♪ ≫
「変わっていく毎日が本当に楽しい」 |Y様へのインタビュー
「みんなが集まるキッチン」 Y邸キッチンリフォーム

Comments [6]

お世話になります

凄~く分かります
得る為に真摯に取り組んだのに周りのせいで
台無しになってしまったと悔やんでみたり
他人から見たらうらやましい事も手に入れてしまった
本人は気付かなかったり。。。
いろいろ悩みますが時間が解決してくれるような気がします
凄く為になる記事でした

100円ショップで買った棚にひと手間かけて素敵な棚に生まれ変わる,,,素敵なお話ですね。枝のフレームも、きっと素敵でしょう。

出会ったお客様からいろいろ学べるって、とっても嬉しいことですよね。そして、仕事が終わってからも、同じ時を生き暮らしをつくる仲間としておつきあいできること、、、豊かで嬉しいことだと思います。
読みながら、静かな感動をいただきました。ありがとう!!

m様

おはようございます~!
いろいろ悩むのは一生懸命頑張っているからこそ(^^)
本来ただそこに居るだけ在るだけで幸せなので…
色んなこと、、そうですね 時間が解決してくれるハズです!!
コメント嬉しかったです ありがとうございました!!!

keiko様

おはようございます!

Yさんと出合ってから出合う人が変わってきました。
keikoさんとの出合いもそうでした♪
ゆるぎない幸福感をにじませて家づくりをされている姿に
ホント素直に感動しました♪♪
自分もそうなりたいなぁと思い、今でも日々模索中。
シンプルに選べばいいのに色々悩んだりぶつかったり(苦笑)。
以前はそんな自分が嫌でしたが、、今はそんな自分でもいいやと思ってあげています(笑)。

>出会ったお客様からいろいろ学べるって、とっても嬉しいことですよね。
>そして、仕事が終わってからも、同じ時を生き暮らしをつくる仲間としておつきあいできること、、、豊かで嬉しいことだと思います。

ホントにそうですね。。。全く同感です~!!
この記事はupするのを迷ったので、、コメントいただけて嬉しかったです。
ありがとうございました!!!

こんばんは。
毎度様でございます。

「仕合せのシンプルな法則」…素晴らしいです。
私の持論ですが、「本当に大切なものは、いつだってシンプル」なんですよね。

実は私も、ほんの数年前までは過激な上昇志向人間でした。
そこで壁にぶつかりました。一度ゼロになりました。
でも良かったのかもしれません。
まだまだYさんには、到底かないませんが、
「過激な上昇志向」と「前向き」の違いは、最近うっすら分かってきました。
「今」とか「身の回り」に感謝できるようにもなりました。
まだまだ、これから少しずつ・・・

ステキなお話、ありがとうございました。

WAWAWA@ガーデンハーモニー様

おはようございます!
コメントとても嬉しく読ませていただきました。

上昇志向は悪いことではないと今でも思いますが
そこに囚われてしまうと、ダメなのかしら。。。等など
未だに日々自問自答中の私ですが、(笑)
Yさんの素敵な生き方をお手本にするようになってから
以前は感じられなかった、穏やかな心を知りました。

私もぶつかるべき壁にあたって、今があります。
ゼロになったとき、残ったものが大切なもの。
>「本当に大切なものは、いつだってシンプル」
ホントきっとそうなのでしょうね。。。

書こうかどうしようかためらった記事で、
こうしてWAWAWA@ガーデンハーモニーさまとお気持をシェアできてとっても嬉しく思います。

ありがとうございました!!!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20200222shousestory.jpg
  • R0003134s.jpg
  • DSC_3061s.jpg
  • hidamaribiyori20200130s.jpg
  • PC050050s.jpg
  • P2040238s.jpg
  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年2月
  2. 2020年1月
  3. 2019年12月
  4. 2019年11月
  5. 2019年10月
  6. 2019年9月
  7. 2019年8月
  8. 2019年7月
  9. 2019年6月
  10. 2019年5月
  11. 2019年4月
  12. 2019年3月
  13. 2019年2月
  14. 2019年1月
  15. 2018年12月
  16. 2018年11月
  17. 2018年10月
  18. 2018年9月
  19. 2018年8月
  20. 2018年7月
  21. 2018年6月
  22. 2018年5月
  23. 2018年4月
  24. 2018年3月
  25. 2018年2月
  26. 2018年1月
  27. 2017年12月
  28. 2017年11月
  29. 2017年10月
  30. 2017年9月
  31. 2017年8月
  32. 2017年7月
  33. 2017年6月
  34. 2017年5月
  35. 2017年4月
  36. 2017年3月
  37. 2017年2月
  38. 2017年1月
  39. 2016年12月
  40. 2016年11月
  41. 2016年10月
  42. 2016年9月
  43. 2016年8月
  44. 2016年7月
  45. 2016年6月
  46. 2016年5月
  47. 2016年4月
  48. 2016年3月
  49. 2016年2月
  50. 2016年1月
  51. 2015年12月
  52. 2015年11月
  53. 2015年10月
  54. 2015年9月
  55. 2015年8月
  56. 2015年7月
  57. 2015年6月
  58. 2015年5月
  59. 2015年4月
  60. 2015年3月
  61. 2015年2月
  62. 2015年1月
  63. 2014年12月
  64. 2014年11月
  65. 2014年10月
  66. 2014年9月
  67. 2014年8月
  68. 2014年7月
  69. 2014年6月
  70. 2014年5月
  71. 2014年4月
  72. 2014年3月
  73. 2014年2月
  74. 2014年1月
  75. 2013年12月
  76. 2013年11月
  77. 2013年10月
  78. 2013年9月
  79. 2013年8月
  80. 2013年7月
  81. 2013年6月
  82. 2013年5月
  83. 2013年4月
  84. 2013年3月
  85. 2013年2月
  86. 2013年1月
  87. 2012年12月
  88. 2012年11月
  89. 2012年10月
  90. 2012年9月
  91. 2012年8月
  92. 2012年7月
  93. 2012年6月
  94. 2012年5月
  95. 2012年4月
  96. 2012年3月
  97. 2012年2月
  98. 2012年1月
  99. 2011年12月
  100. 2011年11月
  101. 2011年10月
  102. 2011年9月
  103. 2011年8月
  104. 2011年7月
  105. 2011年6月
  106. 2011年5月
  107. 2011年4月
  108. 2011年3月
  109. 2011年2月
  110. 2011年1月
  111. 2010年12月
  112. 2010年11月
  113. 2010年10月
  114. 2010年9月
  115. 2010年8月
  116. 2010年7月
  117. 2010年6月
  118. 2010年5月
  119. 2010年4月
  120. 2010年3月
  121. 2010年2月
  122. 2010年1月
  123. 2009年12月
  124. 2009年11月
  125. 2009年10月
  126. 2009年9月
  127. 2009年8月
  128. 2009年7月
  129. 2009年6月
  130. 2009年5月
  131. 2009年4月
  132. 2009年3月
  133. 2009年2月
  134. 2009年1月
  135. 2008年12月
  136. 2008年11月
  137. 2008年10月
  138. 2008年9月
  139. 2008年8月
  140. 2008年7月
  141. 2008年6月
  142. 2008年5月
  143. 2008年4月
  144. 2008年3月
  145. 2008年2月
  146. 2008年1月
  147. 2007年12月
  148. 2007年11月
  149. 2007年10月
  150. 2007年9月
  151. 2007年8月
  152. 2007年7月
  153. 2007年6月
  154. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ