密集地で風を呼び込む窓


毎日暑いですね~。。。猫ともにバテ気味。。。
朝夕風が部屋を通り抜ければ、しのげるのですが、、
日中は、ベランダからの熱風が吹き込み、、
ついエアコンに手が伸びて、、常時、癖になってしまいます。
エアコンは有り難いけど、、副作用的に、身体ダルオモになるのが困りモノ。

自然の風って有り難いよなぁ~と思いながら
日経ホームビルダーを読んでいたら、、
こんな商品を紹介されていたのでご紹介しますね♪

tatesuberisaifuumodel.jpg

↑ トステムさんの縦すべり出し窓(採風モデル)。

自然風を採り込める工夫は色々ありますが、、
密集地の窓からの通風の効果を得たいとき、、
ウィンドキャッチャー( 出窓・袖壁などを利用すること )により
室内に風を呼び込む工夫を施すこともあります。
窓単体でもその効果を得られるとして紹介されていました。

記事の内容をザックリまとめたモノが以下。
ご参考にしてみてくださーい!(PDFがひらきます)

tatesuberimado tt 20100826.jpg 密集地を抜ける風を効果的に室内に採り入れる簡単な方法。
勿論風向きによるので、、完全な効果を得られるわけではないです。
でも、こう暑さが続いてエアコン疲れした身体には、
心地よい夜風が入り込む寝室は、嬉しいもの♪

トステムさんのサイトには、、、
もっと詳しく色んなパターンを想定した説明がありましたので、
興味のある方は、そちらを参考にしてみてくださいね。
引違い窓よりはお値段高いですが、、
窓がひとつしか取れないようなお部屋など、、
これなら採り入れる価値がありそうですね!

まだまだ残暑厳しそうな東京。
実感伴う家づくりの工夫ということで、、こんな記事を書いてみました☆
家づくりに役立てていただければ嬉しいです♪

窓といえば、、イギリスのBREで見たエコ住宅の窓。
こんな使いにくくていいのぉ?と、日本人的には首を傾げるほどのもの。
窓は光だけじゃなく風も採り入れるところという概念があんまりないような窓でした。

そう、、、皆さんにどうでしたかぁ?と聞かれるイギリス旅行のこと。。
旅行記の記事も、、徐々にUPしていきますね~♪
休み明けのバタバタが終息したら楽しみながら書こうと思ってます☆


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ  


↑ にほんブログ村、人気ブログランキングに参加しております

  最後まで読んでいただき 
  ありがとうございました!

≪ 今回の記事 参考サイト ≫
トステム 縦すべり出し窓 採風モデル 

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「茶の間主義の家・・もちろんパッシブ」見学会記&スケッチ


Comments [2]

なるほど~。
私もトステムのサイト見てきます。
風は部屋の中を通過させるものだと思っていましたが
ひとつの窓で抜き出すのですね。
この暑さの影響から住まいを快適にするために
いかにして自然の力を最大限利用できるか考えますね。
あまり機械に頼らない家を多く作っていくことも
地球にやさしいことなのでしょうし。
イギリス旅行の話も楽しみにしています!!

みゆう様

こんばんは〜!
風通しのいい家って、ホント心地良いですよね♪
自立循環型住宅のマニュアルを参考にしますが
なるほど、サッシ単体でも
同じ効果が期待できるんだ〜!と…!
これだったら採用しやすいなぁと感じました☆

…イギリスが遠くならない内に、
記事をUPしたいのですが…(苦笑)
頑張りま〜す☆

コメントありがとうございました♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • bhousestory20181013s.jpg
  • khousestory20181011.jpg
  • 20140922-DSC_0690s.jpg
  • 20170619-R6190585ss.jpg
  • 20181001-R9112756s.jpg
  • P9170001s.jpg
  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年10月
  2. 2018年9月
  3. 2018年8月
  4. 2018年7月
  5. 2018年6月
  6. 2018年5月
  7. 2018年4月
  8. 2018年3月
  9. 2018年2月
  10. 2018年1月
  11. 2017年12月
  12. 2017年11月
  13. 2017年10月
  14. 2017年9月
  15. 2017年8月
  16. 2017年7月
  17. 2017年6月
  18. 2017年5月
  19. 2017年4月
  20. 2017年3月
  21. 2017年2月
  22. 2017年1月
  23. 2016年12月
  24. 2016年11月
  25. 2016年10月
  26. 2016年9月
  27. 2016年8月
  28. 2016年7月
  29. 2016年6月
  30. 2016年5月
  31. 2016年4月
  32. 2016年3月
  33. 2016年2月
  34. 2016年1月
  35. 2015年12月
  36. 2015年11月
  37. 2015年10月
  38. 2015年9月
  39. 2015年8月
  40. 2015年7月
  41. 2015年6月
  42. 2015年5月
  43. 2015年4月
  44. 2015年3月
  45. 2015年2月
  46. 2015年1月
  47. 2014年12月
  48. 2014年11月
  49. 2014年10月
  50. 2014年9月
  51. 2014年8月
  52. 2014年7月
  53. 2014年6月
  54. 2014年5月
  55. 2014年4月
  56. 2014年3月
  57. 2014年2月
  58. 2014年1月
  59. 2013年12月
  60. 2013年11月
  61. 2013年10月
  62. 2013年9月
  63. 2013年8月
  64. 2013年7月
  65. 2013年6月
  66. 2013年5月
  67. 2013年4月
  68. 2013年3月
  69. 2013年2月
  70. 2013年1月
  71. 2012年12月
  72. 2012年11月
  73. 2012年10月
  74. 2012年9月
  75. 2012年8月
  76. 2012年7月
  77. 2012年6月
  78. 2012年5月
  79. 2012年4月
  80. 2012年3月
  81. 2012年2月
  82. 2012年1月
  83. 2011年12月
  84. 2011年11月
  85. 2011年10月
  86. 2011年9月
  87. 2011年8月
  88. 2011年7月
  89. 2011年6月
  90. 2011年5月
  91. 2011年4月
  92. 2011年3月
  93. 2011年2月
  94. 2011年1月
  95. 2010年12月
  96. 2010年11月
  97. 2010年10月
  98. 2010年9月
  99. 2010年8月
  100. 2010年7月
  101. 2010年6月
  102. 2010年5月
  103. 2010年4月
  104. 2010年3月
  105. 2010年2月
  106. 2010年1月
  107. 2009年12月
  108. 2009年11月
  109. 2009年10月
  110. 2009年9月
  111. 2009年8月
  112. 2009年7月
  113. 2009年6月
  114. 2009年5月
  115. 2009年4月
  116. 2009年3月
  117. 2009年2月
  118. 2009年1月
  119. 2008年12月
  120. 2008年11月
  121. 2008年10月
  122. 2008年9月
  123. 2008年8月
  124. 2008年7月
  125. 2008年6月
  126. 2008年5月
  127. 2008年4月
  128. 2008年3月
  129. 2008年2月
  130. 2008年1月
  131. 2007年12月
  132. 2007年11月
  133. 2007年10月
  134. 2007年9月
  135. 2007年8月
  136. 2007年7月
  137. 2007年6月
  138. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ