ショーハウスの窓辺_簡素な家の美しさ

shouhousemadobe_1.jpg

↑ 軽井沢にあるショーハウス記念館の室内。。
紅葉しかけた木々を切取る窓辺の美しさにしばしうっとり。。

宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーが
故郷のスコットランドを思わせる軽井沢に建てた別荘。

この建物は復元されたものですが、、
当時も、地の材(たぶん唐松)をつかって建てられたシンプルな家。。

この家の風情が大好きです。

shouhousemadobe1.jpg

切り取られた森の緑が一枚の絵のようで、、
こんな窓辺をピクチャーウインドウというのでしょうね。

贅沢なものをそぎおとした空間。
潔い簡素な家がこんなに美しいなんて、、
幾度訪れてもそう思えます。

別荘だからこそのシンプルさだからなのかな。。
いざ毎日を過ごす家となると、、
色んなアレコレが付属して、ついデコラティブになってしまう。。

日々暮らす家にはそのデコラティブさも必要なこともある。

でも便利さを享受することも否定したくないし、現代の暮らしには必要。

自分の家でもそうすると思うけど...
何だか、ホントそこまで必要かと...
たまに違和感のような感覚に捕らわれることもあります。
( 突き動かされるような衝動までいかないですけど 何なのでしょう...? )

懐古主義に浸るわけではなく、、
現代の便利さに逆行するわけではなく、、
アレコレを削ぎ落とした、、
でもホントに必要なモノだけ吟味された、、
シンプルな家っていいなぁ。。と感じます。そこを目指せたらいい。。

現代では、、こんなふうにつくることこそ、
簡素と表現しましたが、、逆に贅沢なコト?

でも、、いつかこんな木づかいをして、
こんな窓辺のある家をつくってみたい。。

別荘かなぁ。。やっぱり。。

shouhousemadobe2_1.jpg

軽井沢は私にとって想い出深い土地。

中学の卒業旅行で初めて訪れたとき感じた、、
西洋人や文化人に愛されたこの地に残るこの雰囲気がたまらなく好き♪

開発されていたり、、新しい家々が建ったり、、
好きだった風情のいいお店が潰れていて廃屋になっていたり、、
行くたびに変化もありますけど、、
初めて訪れたときに感じた、、
変わらないこの空気感に出合える場所もある。


湿った森の匂い。。
そこに佇む簡素な木の家に流れる静謐な空気感。。

やっぱりいいなぁ。。

この、、心がシン......と静まる心地よさを感じられたこと。。

そのことを心からシアワセに思えた久しぶりの軽井沢訪問でした☆
( 結婚記念日だったので、、平日にふらり時間をつくって行ってきました )
( 大喧嘩後、ワーカホリック気味なライフスタイルを反省中なのです 笑 )

モチロン食いしん坊な私たちは、
軽井沢的美味しいモノも満喫して、
ぶらり日帰りドライブ旅を〆てきたのですが...
機会があればそのこともまたいずれご紹介しますね♪


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ  


↑ にほんブログ村、人気ブログランキングに参加しております

  最後まで読んでいただき 
  ありがとうございました!

≪ ショーハウス記念館についての情報はこちらからどうぞ ≫
ショーハウス記念館

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 古い家のノスタルジー_佇まいを残すこと 」
「 写し撮るシアワセ_クリスマスの贈り物♪ 」

Comments [2]

軽井沢に行かれたのですね! 今の時期、いいですね~
私も、大好きな場所です。
中心からは離れますが、特に追分のほうの雰囲気が好きです。
里山的な雰囲気も少ーし感じるからかもしれません。
土地も見に行ったりしていましたよ。

ショーハウスの空気感、たまりませんよね。
中に入ると、ほんとに心が落ち着いて。。
ほかにも、吉村山荘やエロイーズ・カニングハムの家、
(↑内部は写真や映像でしか見たことはないですが)
高原文庫にある堀辰雄の別荘などなど、
今、思い浮かべるだけでも、うっとりしちゃいます♪

なければなくて済むものって、結構たくさんあるように思います。
一見むだに見えても、大切なものもあるし。
それらを的確に選択するのはなかなか難しいことですね。

ぎん様

こんにちは~♪
コメントを読んでビックリ!!!
何故なら私達も追分が大好きだったからです☆
写真のあの家も追分にあり、建物の風情に一目惚れだったので…
何やら不思議な偶然に驚いています。

今の時期の軽井沢が一番いいですね~
夏の喧騒が消え、、静かで紅葉がきれいで。。

>なければなくて済むものって、結構たくさんあるように思います。
>一見むだに見えても、大切なものもあるし。
>それらを的確に選択するのはなかなか難しいことですね。

ホントにそうですね。。
特に家づくりをする…住まいを選ぶときって、、
そんな取捨選択の連続だと思います。

上記のこととはきっと別の意味になりますが、、
私も追分の家を捨て東京のこの街で独立することを取った…
間違っていたか正しいかは答えは無く、、
その選びとった今を大切にしたいなぁとも思っていまーす!(笑)

共感しあえてとっても嬉しかったです♪
コメントありがとうございました!!!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • khousestory20181011.jpg
  • 20140922-DSC_0690s.jpg
  • 20170619-R6190585ss.jpg
  • 20181001-R9112756s.jpg
  • P9170001s.jpg
  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg

アーカイブ

  1. 2018年10月
  2. 2018年9月
  3. 2018年8月
  4. 2018年7月
  5. 2018年6月
  6. 2018年5月
  7. 2018年4月
  8. 2018年3月
  9. 2018年2月
  10. 2018年1月
  11. 2017年12月
  12. 2017年11月
  13. 2017年10月
  14. 2017年9月
  15. 2017年8月
  16. 2017年7月
  17. 2017年6月
  18. 2017年5月
  19. 2017年4月
  20. 2017年3月
  21. 2017年2月
  22. 2017年1月
  23. 2016年12月
  24. 2016年11月
  25. 2016年10月
  26. 2016年9月
  27. 2016年8月
  28. 2016年7月
  29. 2016年6月
  30. 2016年5月
  31. 2016年4月
  32. 2016年3月
  33. 2016年2月
  34. 2016年1月
  35. 2015年12月
  36. 2015年11月
  37. 2015年10月
  38. 2015年9月
  39. 2015年8月
  40. 2015年7月
  41. 2015年6月
  42. 2015年5月
  43. 2015年4月
  44. 2015年3月
  45. 2015年2月
  46. 2015年1月
  47. 2014年12月
  48. 2014年11月
  49. 2014年10月
  50. 2014年9月
  51. 2014年8月
  52. 2014年7月
  53. 2014年6月
  54. 2014年5月
  55. 2014年4月
  56. 2014年3月
  57. 2014年2月
  58. 2014年1月
  59. 2013年12月
  60. 2013年11月
  61. 2013年10月
  62. 2013年9月
  63. 2013年8月
  64. 2013年7月
  65. 2013年6月
  66. 2013年5月
  67. 2013年4月
  68. 2013年3月
  69. 2013年2月
  70. 2013年1月
  71. 2012年12月
  72. 2012年11月
  73. 2012年10月
  74. 2012年9月
  75. 2012年8月
  76. 2012年7月
  77. 2012年6月
  78. 2012年5月
  79. 2012年4月
  80. 2012年3月
  81. 2012年2月
  82. 2012年1月
  83. 2011年12月
  84. 2011年11月
  85. 2011年10月
  86. 2011年9月
  87. 2011年8月
  88. 2011年7月
  89. 2011年6月
  90. 2011年5月
  91. 2011年4月
  92. 2011年3月
  93. 2011年2月
  94. 2011年1月
  95. 2010年12月
  96. 2010年11月
  97. 2010年10月
  98. 2010年9月
  99. 2010年8月
  100. 2010年7月
  101. 2010年6月
  102. 2010年5月
  103. 2010年4月
  104. 2010年3月
  105. 2010年2月
  106. 2010年1月
  107. 2009年12月
  108. 2009年11月
  109. 2009年10月
  110. 2009年9月
  111. 2009年8月
  112. 2009年7月
  113. 2009年6月
  114. 2009年5月
  115. 2009年4月
  116. 2009年3月
  117. 2009年2月
  118. 2009年1月
  119. 2008年12月
  120. 2008年11月
  121. 2008年10月
  122. 2008年9月
  123. 2008年8月
  124. 2008年7月
  125. 2008年6月
  126. 2008年5月
  127. 2008年4月
  128. 2008年3月
  129. 2008年2月
  130. 2008年1月
  131. 2007年12月
  132. 2007年11月
  133. 2007年10月
  134. 2007年9月
  135. 2007年8月
  136. 2007年7月
  137. 2007年6月
  138. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ