丘の家お引渡し&内覧会_風薫る5月の里山にて

blowflowersmay2012.jpg

可憐に咲く、、青い矢車草の花。。
そよぐ風、、木漏れ日の光。。
賑やかに、、さえずる鳥たち。。

are homes of birds.jpg

日増しに濃くなる緑のなかで、、
次々と花を咲かせる五月の里山の景。

Flower of May2.jpg

矢車草、、ポピー、、芍薬、、つつじ、、おおでまり。。

flowerofMay2012okanoie.jpg


まさに風薫る5月♪ といった、爽やかな朝、、
丘の家、、先先週土曜日に無事、、お引渡しが完了いたしました。
( UPが遅くなりました…汗 )

光溢れる室内、、
終始、穏やかで和やかな時間。。

完成した家は、施主さまのお人柄が現れた、、
シンプルで、、でも、、どこかホッとできる、、居心地のよい家。。


↓ 南西側からの景です♪

okanoie_celebration-complet.jpg

先々週から、先週前半はハードな日々でした☆

土曜日に、お引渡し。
日曜日に、設計中の施主さまやこれからの施主さまへ内覧会。
月曜日に、写真撮影。( 無謀にも最近はワタシが撮ってマス。。汗 )
プラス、工務店さんと残工事の確認と追加工事の打合わせ。

そして、火曜日に、無事お引越しされました。

丘の家の猫さんたちも新しいお家を受け容れてくれたようで、、
やっと私もこれで一安心できたのです☆

、、やはり、、暮らしが始まってみるまでは、
ドキドキが続きます~。。

プロとして、自信を持って、でーんと構えることも大切で、、
こんな自分は、ダメだなぁと常反省するのですが、、
これは正直なトコロの話なのデスネ。。ふぅ。。(苦笑)


↓ 夕方の北西の景。

okanoiekanseihokusei.jpg


内覧会に来てくださった施主さまにも、すこぶる好評。
このロケーションに佇む家を、気に入ってくださいました。

↓ 足立伊興の家のKくんとHくん、、愛らしい笑顔をパチリ♪
と~っても楽しそうに過ごしてくれて、、嬉しかったよ~!!ありがとう♪

okanoiekengaku12012.jpg

丘の家、、仕様的には、、都内で建てる家には、
なかなか採用出来ない部分もありますが、、
今進行中の石神井台の家の施主さまに、、
- やっぱり、いいひさんらしい家ですね…我が家も楽しみです…-
と、仰っていただけたことが、嬉しかったです♪

いらしてくださった方は5組の施主さま。。
お出でくださり、ありがとうございました!!!!!

( ↓ 月曜日は、金環日食。。その朝、、北側の景。
     ファンタジックフォーカスをかけてパチリ♪ )
  
morningofmayokanoie2012.jpg


 実は、もう一組、、
内覧会を行った日曜日の夕方、、私の家族も見学に。。

新潟での暮らしを懐かしむ我が親は、、
土のある暮らし、、
里山の小さな家+お庭のある暮らしにマジメに憧れており、
かねてから、丘の家の施主さまに、見学をお願いしていたのです。。

やはり、、坪木家、、
丘の家、、メチャメチャ、、気に入りました!!
家の空間&ロケーションに感動。

そして、、内観は、こちら↓ 
まだまだ写真の整理が間に合わず、、この二枚だけのUP。。
ガンバッテセイリシテイマス
( 内観はホントムズカシイデス…自分で撮ったことをプチ後悔… )

okanoie_interior.jpg
このLDと2階の寝室を繋ぐ吹抜けは、
幼いころ住んでいた家を彷彿させるねと 指摘され、、
そうそう、、あの家が、、こういう空間好きの遠因だね~と笑い合いました。。

↓ 私の母と弟。。
あまりに嬉しそうだったのでパチリ。^^;

okanoiekengaku2012.jpg

- このお家に、このまま住みたい~~~ - と、大絶賛。。

そんな姿を見て、、
いつか弟と母に家を建ててあげたいなぁという、、
子供の頃からの夢が再燃してしまいました。。

そんな財力ないのに…
でも人生どうなるか分かりませんよね?!(笑)

家のみならず、、南側に広がる畑のスペースが気に入って、
親たちは、そちらも見せてもらっていたのですが、、
その時、庭先で、四葉のクローバーを見つけてくれました!!
( しかもふたつも☆ ↓ ↓ こちらです♪ )

Clover-of-four-leaves.jpg

こんなことってあるんだなぁと、嬉しく、、
でも、、摘んでしまうのは可哀相だからと、、
家族みんなで、、クローバーをパチリ♪

末永くお仕合せでありますよう…と、願いを込めながら。。

我が夫(牛尾)は、この光景をみて、、
草花やカメラが好きなのは、、
坪木家の家系なんだねと笑っていました^^;

( ↓ 夕方、、南側からの景。
  少しノスタルジックなフィルターで。。
  矢車草のBULEを前ボケに使いました☆ )

evening of Mayokanoie2012.jpg

お引渡しの後にも関わらず、
こうして一日お家を見せていただけたこと、、
丘の家施主さまのご厚意に深く感謝したします。。

本当にありがとうございました!!!!!!!!!


さて、本日、久々のブログ更新になってしまいました。。
その言い訳を。。(苦笑)

青梅の家に続いて、丘の家。。
ちょうど家づくりの期間も重なっていた2軒のお家。
2ヵ月連続のお引渡しを終えました。

先も書きましたが、やはり、お家が完成するまでは、ドキドキ。。

 完成した家の空間に佇み、、
 プラス 施主さんの笑顔で、、
 やっと、安堵するのが常。。。

安堵すると共に、、名残惜しいような一抹の寂しさ??
でも、、他のお家も進んでいくので、、気は張りつめたまま。。
束の間の安堵に浸りつつも、、目の前に向き合うことに精一杯。。
正直、ブログに向き合うまでのココロの余裕がなかったのです。
 
UPが遅れてしまいましたが、、
素敵な家づくりをご一緒させていただき、本当に仕合せでした☆

そして、今日ご紹介しきれなかったこと、、

 薄~い水色のアクセントウォール、、
 昭和レトロなキッチン、、
 施主さんが選んだ愛らしい照明、、
 吹抜けで繋がり、平面的にも回遊性ある動線の空間、、
 
などなど。。
次の機会には、写真を添えて、UPさせていただこうと思います。



今週も頑張りましょう!!!
 

読んでくださった皆さまにとって
素敵な ‘いいひ’ が訪れますよう…
感謝をこめて ♪



家での日々の暮らしが心地よく、、
住む人の幸せに繋がります。。
心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 家の記憶 」
「 丘の家_ガルバリウム屋根とストーブの煙突 」
「 「丘の家」契約_間取りとご要望 」

 

 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • okanoiespring2022.jpg
  • 2E56C68A-44DF-4232-9C7E-D2DAE85310EE.jpg
  • IMG_3310-Edits.jpg
  • IMG_2658s.jpg
  • hannohouseCollage2s.jpg
  • khouse20211115Collage.jpg
  • IMG_2586.jpeg
  • IMG_2003.jpg

アーカイブ

  1. 2022年4月
  2. 2022年3月
  3. 2022年2月
  4. 2022年1月
  5. 2021年12月
  6. 2021年11月
  7. 2021年10月
  8. 2021年9月
  9. 2021年8月
  10. 2021年7月
  11. 2021年6月
  12. 2021年5月
  13. 2021年4月
  14. 2021年3月
  15. 2021年1月
  16. 2020年12月
  17. 2020年10月
  18. 2020年9月
  19. 2020年7月
  20. 2020年6月
  21. 2020年5月
  22. 2020年4月
  23. 2020年3月
  24. 2020年2月
  25. 2020年1月
  26. 2019年12月
  27. 2019年11月
  28. 2019年10月
  29. 2019年9月
  30. 2019年8月
  31. 2019年7月
  32. 2019年6月
  33. 2019年5月
  34. 2019年4月
  35. 2019年3月
  36. 2019年2月
  37. 2019年1月
  38. 2018年12月
  39. 2018年11月
  40. 2018年10月
  41. 2018年9月
  42. 2018年8月
  43. 2018年7月
  44. 2018年6月
  45. 2018年5月
  46. 2018年4月
  47. 2018年3月
  48. 2018年2月
  49. 2018年1月
  50. 2017年12月
  51. 2017年11月
  52. 2017年10月
  53. 2017年9月
  54. 2017年8月
  55. 2017年7月
  56. 2017年6月
  57. 2017年5月
  58. 2017年4月
  59. 2017年3月
  60. 2017年2月
  61. 2017年1月
  62. 2016年12月
  63. 2016年11月
  64. 2016年10月
  65. 2016年9月
  66. 2016年8月
  67. 2016年7月
  68. 2016年6月
  69. 2016年5月
  70. 2016年4月
  71. 2016年3月
  72. 2016年2月
  73. 2016年1月
  74. 2015年12月
  75. 2015年11月
  76. 2015年10月
  77. 2015年9月
  78. 2015年8月
  79. 2015年7月
  80. 2015年6月
  81. 2015年5月
  82. 2015年4月
  83. 2015年3月
  84. 2015年2月
  85. 2015年1月
  86. 2014年12月
  87. 2014年11月
  88. 2014年10月
  89. 2014年9月
  90. 2014年8月
  91. 2014年7月
  92. 2014年6月
  93. 2014年5月
  94. 2014年4月
  95. 2014年3月
  96. 2014年2月
  97. 2014年1月
  98. 2013年12月
  99. 2013年11月
  100. 2013年10月
  101. 2013年9月
  102. 2013年8月
  103. 2013年7月
  104. 2013年6月
  105. 2013年5月
  106. 2013年4月
  107. 2013年3月
  108. 2013年2月
  109. 2013年1月
  110. 2012年12月
  111. 2012年11月
  112. 2012年10月
  113. 2012年9月
  114. 2012年8月
  115. 2012年7月
  116. 2012年6月
  117. 2012年5月
  118. 2012年4月
  119. 2012年3月
  120. 2012年2月
  121. 2012年1月
  122. 2011年12月
  123. 2011年11月
  124. 2011年10月
  125. 2011年9月
  126. 2011年8月
  127. 2011年7月
  128. 2011年6月
  129. 2011年5月
  130. 2011年4月
  131. 2011年3月
  132. 2011年2月
  133. 2011年1月
  134. 2010年12月
  135. 2010年11月
  136. 2010年10月
  137. 2010年9月
  138. 2010年8月
  139. 2010年7月
  140. 2010年6月
  141. 2010年5月
  142. 2010年4月
  143. 2010年3月
  144. 2010年2月
  145. 2010年1月
  146. 2009年12月
  147. 2009年11月
  148. 2009年10月
  149. 2009年9月
  150. 2009年8月
  151. 2009年7月
  152. 2009年6月
  153. 2009年5月
  154. 2009年4月
  155. 2009年3月
  156. 2009年2月
  157. 2009年1月
  158. 2008年12月
  159. 2008年11月
  160. 2008年10月
  161. 2008年9月
  162. 2008年8月
  163. 2008年7月
  164. 2008年6月
  165. 2008年5月
  166. 2008年4月
  167. 2008年3月
  168. 2008年2月
  169. 2008年1月
  170. 2007年12月
  171. 2007年11月
  172. 2007年10月
  173. 2007年9月
  174. 2007年8月
  175. 2007年7月
  176. 2007年6月
  177. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ