家づくりのパートナー選び_信じ合う心 花言葉を添えて♪

ASTER201302.jpg

↑ ↑ 愛らしいお花、、アスター。

白いアスターの花言葉は「信ずる心」。
冬の陽だまりのなかで心地よさそうに咲いている姿が愛らしい...^^

ブログを読んでくださった方から、
全国色々なトコロからお問い合わせをいただきます。
本当に嬉しいことだなぁと思っております。。

いいひは、夫婦ふたりでやっている小さな設計事務所なので、、
遠くのお仕事をお請けすることはなかなかできませんが、、
メールでのご相談には、時間が許せる限り、
アドバイスを差し上げるようにしております。

家づくりの依頼先に関する類似したご相談が多いので、
今日は、個別にアドバイスのメールをお送りする内容を、
記事にしてみたいと思いました。。

少々長くなりますが、、宜しかったらお付き合いくださいね^^


― 家づくりの依頼先で悩まれている方へ ―

家づくりには色んなカタチがあり、
何が正解か...は、人それぞれの価値観によって、
全く異なることだと思います。

→ 大手ハウスメーカーさんのシステム的な分かりやすい家づくりが向いている方。
→ 地場工務店さんの姿勢や家に惚れ込んで建てる方。
→ 設計事務所と二人三脚でつくる家づくりが向いている方。

何が正しく、、何が間違いか、、は、なく、
施主さんの考え方次第。。

でも、この つくり手 さん選びの段階で、
御苦労されている方が多いことも事実なのですよね。。

多くの方は、家づくりに向き合った時、
まず住宅展示場に足を運ばれます。

そこで気に入った つくり手 さんと出合って、予算が納まれば、、
すんなりと家づくりのエスカレーターに乗って、、
完成という頂上(ゴール)まで、悩むことなく進んでいけます。

それだけハウスメーカーさんの家づくりは、
システマティックで、、カタログ等で性能もしっかり現わされ、
モデルハウスもあり、、実物が観れて、標準仕様などが用意され、、
どんな家が建つのかがとても分かりやすいモノだと感じます。

ただ、決まりゴトのなかで、選んでいくため、
どうしてもそれ以外のことを要望すると、
オプション扱いになったり、、そもそも出来なかったり、、
契約後、、いざ仕様や間取りを打ち合わせる段階になって、、
あれっ?と、違和感を感じられる方もいらっしゃいます。

そもそも 「家」 がどのように建つのか??

 どんな「構造」で、、
 どんな「間取り」で、、
 どんな「断熱」で、、
 どんな「素材」で、、
 どんな「設備」で、、
 どんな「インテリア」で、、
 どんな「庭・外構」を、望むのか?


そして、、
 
 いずれどんな「メンテナンス」が必要になってくるのか?

多分、漠と思い描いている位。。
もしくはこれまで全く考えていないかもしれない。。

「家づくり」 に向き合った時、
それこそ人生で初めて、、
「家」という モノを見つめることになるので、、当然。。
学校で習うわけでもないので、、仕方ありません^^

昔は、家を建てるというコトに選択肢が少なく、、
きっと地域に居る大工さんにお願いすれば、
町並みに合う、シッカリした家が建てられたのでしょう。。
そこには、暗黙の信頼関係が在ったから、成り立っていた。。

でも、今は、全てを選べる時代。
依頼先も様々。。

まして、
「家」 は、自分の人生を生きる場。
それをどう作り上げていくのか...

「家づくり」では、
自分自身や家族の 生き方 を考え、
それを表現することになる。。

だから、失敗したくない...という想いも強くなります。。

▽ ハウスメーカーさん、、
▽ 設計施工の工務店さん、、
▽ 設計事務所&工務店さん、、

色んな家づくりのカタチと進め方があり、出来上がる家も違ってくるので、、
それぞれに実際に訪ねてみて、どんな違いがあるのか知ること。。

きっと、自分に合う家づくりのカタチが見えてくるはずです。。

最初に書いたことを繰り返しますが、、価値観によってそれぞれ。
その人によって向き不向きがあります。

あまり家づくりに自分の時間をかけられない方は、
結果(建つ家)が予想しやすいハウスメーカーや、、
作風がはっきりしている建築家の先生。。

工務店の社長の考え方や構法、、
( 地元の山の木をつかっていらしたり、OMソーラーを採用していたり、、 )
そこに惚れ込んでいる方は、設計施工の工務店。。

イチから自分の想いを反映させて、つくりあげて行きたい方は、
私たちのような設計事務所。。

こんな具合に、
家づくりのパートナーを選んでいくと思いますが、、
どこを選ぶにも、 ' 信頼 ' できるかどうか... 
このことが大切。

家づくり指南本にも書いてあります。。

依頼先は 結婚相手を選ぶようなもので、、
相性の良し悪し、、信頼関係が築けるか見極めて選びなさい。。と...

まさに、その通りだと思います。

ただ、、見極めて選んだつもりでも、、
家づくりの過程には色んなコトがあり、、
信頼が薄れることもあるかもしれません。。

会社組織のハウスメーカーさんや工務店さんとの家づくりでは、
担当者が良い人でも、組織の決まりごとに従わないといけないので、
担当者が、会社と施主さんの間の板挟みになり、
施主さんの意向を全て汲むことが出来ないこともあると思います。。

作風が気に入った建築家さんに全てをお任せする家づくりでは、
出された提案に違和感を感じるコトが在っても、
遠慮があって、なかなか云い出せず、意見できず悩んでしまったり。。

作風が定まっていない私たちのような設計事務所との家づくりでは、
施主さんとひとつひとつを一緒に決めていくので、
全てを取捨選択する過程が苦しいと感じたり。。

そう、信頼関係を築けて依頼しても、
それでハッピーエンドではなく、、
家づくりの過程では、'何か'ある...'何か'起こるモノなのです...
( 何事もないことって、少ないです )

夫婦関係もそうだと思いますが、壁にぶち当たった時、
自分の気持ちを押し殺し我慢しようとすると、
疑心暗鬼になってこじれます。。

そんな時って、良いコトなんて起きないモノ...

信じて話し合うこと。

Whitestar.jpg

↑ 清楚で愛らしい花...ホワイトスター♡

花言葉は、、「信ずる心」 
ウエディングブーケにも使われるお花。。
ブルースターと共に大好きなお花です^^

互いに意見していくなかで、険悪になっても、
意地はらないで歩み寄れば、
解決の糸口は見えるもので、、
前向きな考え方が、プラスの方向への舵取りをしてくれる...
そんなモノだと、オモイマス...

私たちも、依頼くださった施主さんに助けられています。。

何かあっても、信じてくださっていることが本当に有難い...
そんな施主さんを裏切れないと思うのが人情...

予期せぬトラブルやミスを
信頼関係を以て、一緒に乗り越えていくこと。

本当に大切なことです。。

上手くいかない時って、
大概、お互いに 「構えて」 しまった時。。

疑心暗鬼な心は、伝染します。。
それを感じると、相手も構えモードに入り、ギクシャクし始めます。。
( ワタシジシンモ ソンナ ケイケンガ カコニアリ イマデモ ココロガイタミマス )
( ダカラ ナルベク ジブンノオモイヲソッチョクニツタエ ハナシアウヨウニシテイマス )

「 じゃあ、上手くコミュニケーションを図るために、どうしたらいいの...?」

自分の想いや考えを上手く伝えられない...
そんなモドカシサに悩まれてご相談くださる方も多いです。。

ここからは、私自身のハナシで、
家づくりのハナシではなく恐縮ですが、
今のHPをリニューアルしたとき、
自分の意図を伝えられないモドカシサを経験しました。

イメージの違った案が出てくるのも、
最初の自分の伝え方が悪いから...だったのですが、
イメージをなかなか伝えることが難しく、、
つくり手さんを苦しめ、、私自身も苦しみました。。

その時、伝わらない苦しさを伝えたら、
つくり手さんも、正直に、、自分の立場と考えを示してくれました。

そうやって話し合うことで、
お互いの考えが見えてきて、
歩み寄ることができたのですが、、、

当時のことを思い返すと、
私自身の人間力の無さから、随分失礼なことをしたようで、、
恥ずかしい想いでイッパイになります。。(><)

でも、お互いに、お腹に '何か' を残すことはせず、、
意見し合えたことは、とても良かったと思います。。

リニューアルでは、細かいトコロにも終始迷いましたので、
かなり時間がかかりましたが、
本当に根気よくお付き合いくださったので、
今、こうして新しいHPが完成し、、、
新しい施主さんとの出合いを繋いでくれています。。
( Hさん、Kさんその節はお世話になりました!!心から感謝しております☆ )
Eustoma2013feb06.jpg

↑ 上品なトルコキキョウ...
花言葉には、、 「思いやり」「良い語らい」 などがあります。

相手のことを思いやる心を以て語り合うことができたら、
きっと、良きことをを生むのでしょうね^^

HPのリニューアルですが、、些事にこだわっていたのが、
ある時から、細かすぎるコダワリを捨て、、
プロであるつくり手さんを 信じて任せました。

結果、良かったとココロから思います。

完璧主義も行き過ぎると、ダメかも(^_^;)

つくり手にとっては 「仕事」。
やっつけたいキモチになってしまってもおかしくない。。

でも、「 信じられている 」 と、感じると、
余程無責任な人でない限り、きちんと向き合うのが人情。
プロとして最良のことを勧めて、アドバイスしてくれます。

相手のことを思いやって、したことは、
自身のココロも満たします。。

対価をいただいているとはいえ、
依頼主とつくり手同士、、
信頼関係のもと、対等に話合えないと、、
そんなキモチも段々と薄れてくるモノ。。
( ショウジキスギマスガ ソウオモウノデス )

何だか、色々と書いてしまいましたが、
何かを生み出すことには、大きな労力がつきものです。。

' 家づくり' は自分を試される。。
そして、完成した家は自分たちを現わすモノになってきます。

だからこそ、安易に考えず、、
しっかり見極めて、、依頼先を選んで、
一緒に苦労を乗り越えて、、
素敵な家を建ててくださいね!!

私たちも、、今進めている施主さんとしっかり向き合い、
良い家づくりをして、、家が完成するまで、心を尽くしていきます。。
なので、途中何かあっても信じ合って、頑張りたいと思っております。。

家づくりは始まりで、完成が終りではない。。

その後の暮らしでは、私たち つくり手は何もできませんが、、
完成した家での 暮らし を愉しんでこそ、、
家づくりでの苦労が報われますね♪ ^^

rose2013feb.jpg

ピンク色の薔薇の花言葉は、、「愛」 「温かい心」 。

まとまりが無く長い記事になってしまいましたが、、
何か、伝わると嬉しいです^^

東京は朝から冷たい雨。
雪に変わる予報ですが、、積もりませんように。。

今日は、リノベーション現場の現調なのです(^_^;)

  読んでくださった皆さまにとって

  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美 )

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 カモミール...Feel at Ease 」
「 心のありよう 」
「 身近な存在にこそ... 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_3897s.jpg
  • R9112833s.jpg
  • IMG_0948s.jpg
  • mimosaday.jpg
  • kshousestory20200301collage.jpg
  • 20200222shousestory.jpg
  • R0003134s.jpg
  • DSC_3061s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年3月
  2. 2020年2月
  3. 2020年1月
  4. 2019年12月
  5. 2019年11月
  6. 2019年10月
  7. 2019年9月
  8. 2019年8月
  9. 2019年7月
  10. 2019年6月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2019年3月
  14. 2019年2月
  15. 2019年1月
  16. 2018年12月
  17. 2018年11月
  18. 2018年10月
  19. 2018年9月
  20. 2018年8月
  21. 2018年7月
  22. 2018年6月
  23. 2018年5月
  24. 2018年4月
  25. 2018年3月
  26. 2018年2月
  27. 2018年1月
  28. 2017年12月
  29. 2017年11月
  30. 2017年10月
  31. 2017年9月
  32. 2017年8月
  33. 2017年7月
  34. 2017年6月
  35. 2017年5月
  36. 2017年4月
  37. 2017年3月
  38. 2017年2月
  39. 2017年1月
  40. 2016年12月
  41. 2016年11月
  42. 2016年10月
  43. 2016年9月
  44. 2016年8月
  45. 2016年7月
  46. 2016年6月
  47. 2016年5月
  48. 2016年4月
  49. 2016年3月
  50. 2016年2月
  51. 2016年1月
  52. 2015年12月
  53. 2015年11月
  54. 2015年10月
  55. 2015年9月
  56. 2015年8月
  57. 2015年7月
  58. 2015年6月
  59. 2015年5月
  60. 2015年4月
  61. 2015年3月
  62. 2015年2月
  63. 2015年1月
  64. 2014年12月
  65. 2014年11月
  66. 2014年10月
  67. 2014年9月
  68. 2014年8月
  69. 2014年7月
  70. 2014年6月
  71. 2014年5月
  72. 2014年4月
  73. 2014年3月
  74. 2014年2月
  75. 2014年1月
  76. 2013年12月
  77. 2013年11月
  78. 2013年10月
  79. 2013年9月
  80. 2013年8月
  81. 2013年7月
  82. 2013年6月
  83. 2013年5月
  84. 2013年4月
  85. 2013年3月
  86. 2013年2月
  87. 2013年1月
  88. 2012年12月
  89. 2012年11月
  90. 2012年10月
  91. 2012年9月
  92. 2012年8月
  93. 2012年7月
  94. 2012年6月
  95. 2012年5月
  96. 2012年4月
  97. 2012年3月
  98. 2012年2月
  99. 2012年1月
  100. 2011年12月
  101. 2011年11月
  102. 2011年10月
  103. 2011年9月
  104. 2011年8月
  105. 2011年7月
  106. 2011年6月
  107. 2011年5月
  108. 2011年4月
  109. 2011年3月
  110. 2011年2月
  111. 2011年1月
  112. 2010年12月
  113. 2010年11月
  114. 2010年10月
  115. 2010年9月
  116. 2010年8月
  117. 2010年7月
  118. 2010年6月
  119. 2010年5月
  120. 2010年4月
  121. 2010年3月
  122. 2010年2月
  123. 2010年1月
  124. 2009年12月
  125. 2009年11月
  126. 2009年10月
  127. 2009年9月
  128. 2009年8月
  129. 2009年7月
  130. 2009年6月
  131. 2009年5月
  132. 2009年4月
  133. 2009年3月
  134. 2009年2月
  135. 2009年1月
  136. 2008年12月
  137. 2008年11月
  138. 2008年10月
  139. 2008年9月
  140. 2008年8月
  141. 2008年7月
  142. 2008年6月
  143. 2008年5月
  144. 2008年4月
  145. 2008年3月
  146. 2008年2月
  147. 2008年1月
  148. 2007年12月
  149. 2007年11月
  150. 2007年10月
  151. 2007年9月
  152. 2007年8月
  153. 2007年7月
  154. 2007年6月
  155. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ