収納上手になれる間取りのヒント_リビングクロークのススメ♪

久しぶりの間取りのヒント!

今日は、間取りを考える際の、リビングまわりの収納について。

題して、、収納上手になるための、、間取りのヒント…
’ リビングクロークのススメ ’ です♪
間取り事例もUPしますので、宜しかったらお付き合いくださいね^^

さて、、
日々の我が暮らしを思い返してみても、、
リビング周りって、どうしてもモノが集中!!

テレビ&オーディオ関係のモノはモチロン…
飾ることがお好きな方なら、絵や写真や雑貨たち…もある。。

 その他に、、

 薬、、取扱説明書などの書類、、雑誌、、新聞、、文具類、、
 お子さんのオモチャ、、プリント、、幼稚園バック、、お稽古グッズ、、
 携帯充電器、、カメラ、、パソコン、、プリンター、、掃除機、、
 クローゼットまで行ってくれない旦那さんの衣類や仕事鞄。。
 (↑ ご主人とは限らず 奥さまのもあったりしますよね ^_^; )

↑ これらのモノは、他に居場所(収納場所)を決めておいても、、
使う場面はリビングが多いから、、使った後に、元に戻す習慣が無いと、
これらのモノたちがリビングをワガモノ顔で占拠しがち。。><;

奥さまは、、シッカリ収納上手でも、
ご家族までその習慣が浸透しないことも多く、、
ダイニングテーブルの上、、対面キッチンカウンターの上など、、
ウッカリすると、ホントに、モノで溢れる。。

そんな場面、、想像できますよね^^

なので、新しい家を考える際、、
施主さんからも、その悩みを解決したいといったご要望も多くいただき、
解決すべく、LDKの一角に家族みんなで使えるファミリーカウンターや、、
ステディコーナーを兼ねたリビングクロークをご提案することもあります。

あるお宅の設計でも、、そんなご要望をいただき、、ご提案した間取りがコチラ。↓↓
( 画像をクリックしていただくとPDFがひらき、大きく観ることが出来ます♪ )

madorihintoldcl20130322.jpg
こちらは2世帯でしたので、一階親世帯との間取りの兼ね合いもあり、
結局この間取りは採用されなかったのですが、、
子世帯施主ご夫婦には、とても気に入っていただけていましたし、
私も好きな間取りなので、お蔵入りさせるにも忍びなく、、
こちらで事例として紹介させていただきました☆

テーブルで食事して、、坐スタイルでゴロゴロくつろいで、、
隣り合った空間だけど、家族の気配が感じられるトコロで宿題したりパソコンしたり。。
そのスタディコーナー脇の収納は、、納戸的に使うのだろうなぁと想定しました☆

このお宅は、広い敷地に建つ2世帯住宅の2階部分で、
ワンフロアに水廻り寝室全て集約出来ていますので、、(羨ましい!)
ランドセルやオモチャ、、仕事鞄やスーツなどは、
素直に個室収納に納まりそうでもあります。。

ただ、、普通のおうちだと、、
1階LDK+水廻り…2階寝室 というレイアウトが多いので、
帰宅して、仕事鞄やスーツやランドセルや幼稚園バックが、、
LD周りに、なんとなく居場所もないまま置かれてしまう。。

そんなことも多々かと思います。。

そんな想定から、、
リビングに簡易的WIC...を設けた間取りの事例がこちら↓↓。
( 画像をクリックしていただくとPDFがひらき、大きく観ることが出来ます♪ )
madorihinto ldcl2 20130322.jpg
何案かをご提案しましたが、そのなかの没プランのひとつ。
こちらも、そのままお蔵入りするのも勿体無かったので、、
少しアレンジしてUPさせていただきました☆ 

このお宅は、総2階…延30坪の家。

東京で必ず人気の住みたい街ランキングに入る街に近く、、
閑静な住宅地ゆえ法規制も厳しいので、
どちらかというと小さな家ですが、、
このように、工夫次第で色々なことが可能ですので、
ひとつの参考にしていただけたら幸いです☆

この間取りでのリビングクロークは納戸的な位置づけ。

人によっては、、納戸やウォークインクローゼットなど…
小部屋としての空間を上手に使いきれないという方もいます。。

そんな方向けに、違うカタチのリビングクローク案を。。

↓ 図面内矢印をたどると、、ラフ過ぎですがスケッチがあります。
↓ みえるかな(^_^;)

スタディコーナーとリビングクロークの位置を逆転させて、
奥行450~500㎜、、幅 ≒3m、、高さ2.4m(床~天井まで) 扉付の収納。

扉を開けると、、一面を見渡せるような収納は、、
お片付け下手さん向け仕様。( ←ワタシのコトです~^_^;)

元図のリビングクロークの位置には、スタディコーナーを…。
ロールスクリーンなどで簡易的に仕切れると、ゴチャゴチャ感がある時でも、
サッと隠せて便利かもしれませんね♪

この事例のお家で採用されたのは、、
帰宅しからの家族動線が重視されている間取り。。

帰宅→ 手洗い&うがい→ 着替え →洗濯機。
そんな動線を基に間取りを組み立て、、
ウォークスルーのクローゼットを玄関脇に設けました。

こちらも、、使いやすそうで、気付き…間取りのヒントがいっぱい!

また今度ご紹介したいと思います♪

まとめ…
 

 ≪ 間取りのヒント_リビングクロークのススメ ≫

 広々リビングに誰もが憧れ、、
 広さや家具のレイアウトばかりに目が行きがち。。
 
 ただし、リビングは、くつろぐトコロだけではない…
 宿題したり、、パソコンしたり、、アイロンがけしたり、、
 と、 色々な用途が重なるところでもある。。

 モノが集中しがちなトコロであることを忘れずに、、
 収納計画もしっかり!!!

 暮らし方、、日々の動線を見直して、、
 リビングに集まってくるモノたちを想定してリストアップ。。

 ☑ 細々系 : 薬、、取扱説明書などの書類、、雑誌、、新聞、、文具類
 ☑ お子さん系 : オモチャ、、プリント、、幼稚園バック、、お稽古グッズ
 ☑ 電気系: 携帯充電器、、カメラ、、パソコン、、プリンター、、掃除機
 ☑ 衣類小物系 : スーツ、、仕事鞄、、部屋着
 ( 住むご家族それぞれに違うと思うので、、必ずご自身でリストアップを!)

 そして、、自らの収納 ’癖’ に向いている間取りのカタチをセレクト!

 ☑ 小部屋タイプ ( いざという時の逃げ場所的な納戸タイプ )
 → スタディコーナーを兼ねて小さな小部屋風なのも人気
 → なんでも放り込める小さな納戸スペースだけでも有難い

 ☑ 扉付き収納タイプ ( 床~天井まで 整然とモノが並ぶ 戸棚タイプ )
 → 工夫要らずにスッキリ片付くのが魅力
 → 別に スタディコーナーや家族DENみたいなモノが有るとよりBetter
 
 リビングにこそ、暮らしに沿った収納を…
 広さを 多少犠牲にしても、そこを充実させるとスッキリ片付き、
 家族みんなが 長居をしたくなる 心地よいくつろぎ空間が叶います♪

 

施主さんの日々の暮らしに向き合い、、
ほぼ毎日、家のことを考えている私たち。。

設計のお仕事のなかで得る気付きがあります☆

ささやかですが、皆さんの家づくりの際に、
間取りのヒントとしてお役に立てば幸い♪

どうぞ、良い家づくりを叶え素敵な暮らしを… ^^
 

  読んでくださった皆さまにとって

  素敵な ’いいひ’ が訪れますよう… 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)
 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 時短' 家事を叶える間取りのヒント_【実例】家事コーナー@足立伊興の家 」
「 間取りのヒント「子供室レイアウト考2_主寝室との繋がり」_@稲毛の家 」
「 本好きな家の間取りのヒント_本棚で廊下を活かす工夫 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg
  • ECOLO-Village20190617-(1).jpg
  • AHOUSE-collage20200610S.jpg
  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg
  • khousemarch2020collages.jpg

アーカイブ

  1. 2020年7月
  2. 2020年6月
  3. 2020年5月
  4. 2020年4月
  5. 2020年3月
  6. 2020年2月
  7. 2020年1月
  8. 2019年12月
  9. 2019年11月
  10. 2019年10月
  11. 2019年9月
  12. 2019年8月
  13. 2019年7月
  14. 2019年6月
  15. 2019年5月
  16. 2019年4月
  17. 2019年3月
  18. 2019年2月
  19. 2019年1月
  20. 2018年12月
  21. 2018年11月
  22. 2018年10月
  23. 2018年9月
  24. 2018年8月
  25. 2018年7月
  26. 2018年6月
  27. 2018年5月
  28. 2018年4月
  29. 2018年3月
  30. 2018年2月
  31. 2018年1月
  32. 2017年12月
  33. 2017年11月
  34. 2017年10月
  35. 2017年9月
  36. 2017年8月
  37. 2017年7月
  38. 2017年6月
  39. 2017年5月
  40. 2017年4月
  41. 2017年3月
  42. 2017年2月
  43. 2017年1月
  44. 2016年12月
  45. 2016年11月
  46. 2016年10月
  47. 2016年9月
  48. 2016年8月
  49. 2016年7月
  50. 2016年6月
  51. 2016年5月
  52. 2016年4月
  53. 2016年3月
  54. 2016年2月
  55. 2016年1月
  56. 2015年12月
  57. 2015年11月
  58. 2015年10月
  59. 2015年9月
  60. 2015年8月
  61. 2015年7月
  62. 2015年6月
  63. 2015年5月
  64. 2015年4月
  65. 2015年3月
  66. 2015年2月
  67. 2015年1月
  68. 2014年12月
  69. 2014年11月
  70. 2014年10月
  71. 2014年9月
  72. 2014年8月
  73. 2014年7月
  74. 2014年6月
  75. 2014年5月
  76. 2014年4月
  77. 2014年3月
  78. 2014年2月
  79. 2014年1月
  80. 2013年12月
  81. 2013年11月
  82. 2013年10月
  83. 2013年9月
  84. 2013年8月
  85. 2013年7月
  86. 2013年6月
  87. 2013年5月
  88. 2013年4月
  89. 2013年3月
  90. 2013年2月
  91. 2013年1月
  92. 2012年12月
  93. 2012年11月
  94. 2012年10月
  95. 2012年9月
  96. 2012年8月
  97. 2012年7月
  98. 2012年6月
  99. 2012年5月
  100. 2012年4月
  101. 2012年3月
  102. 2012年2月
  103. 2012年1月
  104. 2011年12月
  105. 2011年11月
  106. 2011年10月
  107. 2011年9月
  108. 2011年8月
  109. 2011年7月
  110. 2011年6月
  111. 2011年5月
  112. 2011年4月
  113. 2011年3月
  114. 2011年2月
  115. 2011年1月
  116. 2010年12月
  117. 2010年11月
  118. 2010年10月
  119. 2010年9月
  120. 2010年8月
  121. 2010年7月
  122. 2010年6月
  123. 2010年5月
  124. 2010年4月
  125. 2010年3月
  126. 2010年2月
  127. 2010年1月
  128. 2009年12月
  129. 2009年11月
  130. 2009年10月
  131. 2009年9月
  132. 2009年8月
  133. 2009年7月
  134. 2009年6月
  135. 2009年5月
  136. 2009年4月
  137. 2009年3月
  138. 2009年2月
  139. 2009年1月
  140. 2008年12月
  141. 2008年11月
  142. 2008年10月
  143. 2008年9月
  144. 2008年8月
  145. 2008年7月
  146. 2008年6月
  147. 2008年5月
  148. 2008年4月
  149. 2008年3月
  150. 2008年2月
  151. 2008年1月
  152. 2007年12月
  153. 2007年11月
  154. 2007年10月
  155. 2007年9月
  156. 2007年8月
  157. 2007年7月
  158. 2007年6月
  159. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ