My favorite 「小さな村の物語イタリア」

Storia-del-piccolo-villaggi.jpg

テレビはリアルタイムではあまり観ないけれど、、
録画して、、ゆっくり愉しみたい番組はいくつかあります♪

今、一番好きなのは、BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」

観終わった後、番組をつくる方々に、毎回ありがとう...って云いたくなる^^





― イタリアの小さな村
― ここで命が生まれ 恋が芽生え
― 始まりも 終わりも 大地に包まれている

― よく笑い よく食べ よく遊び
― 私たちが忘れている素敵な物語
― 人生の全てはそこに在る

↑ この歌と、↑ この三上博史さんの優しい声のナレーションで、番組がスタート。

ガイドブックにも載らないような、、
イタリアの小さな村に住む村人ふたり位に、カメラが寄り添い、
その人たちの暮らしと人生にフォーカスするドキュメンタリー。

村人の日々の暮らしに、程よい距離でカメラが入り、、
その人の人生観を垣間見させてくれるエピソード、、
インタビューが映し出されます。。

Storia-del-piccolovillagg4.jpg

この間観た回で印象的だったのは、、
村の役場の仕事をしている初老の男性が、
羊飼いのお父さんから若い頃から教えられたという言葉...

「 良いことをしたら忘れなさい...
 悪いことをしたら決して忘れないようにしなさい...」

その言葉が、、彼の胸に刻まれ、、
人生の折々の進むべき道の磁針になってくれたようです。

普通の人が語る言葉が、哲学的で、、ハッとさせられます。。

小さな村に住み、家族が居て、家が在って、暮らしがある。
古い伝統を守りながら、、'今' も大切に生きていて、、その日常がとても豊かで。。

そんなトコロを映し出してくれる番組なのです。

↓ こんな感じで、村猫さんショットも必ず映し出されるのも、猫好きには嬉しい♪

Storia-del-piccolovillagg5.jpg

忙しさにかまけると疎かにしてしまいがちなコトを大切にして、
人生を愉しんでいるイタリアの小さな村の人々。。

心からいいなぁと思い、、時に東京での我が生活を色々と考えさせられます。。
ただ、、色々な想いを巡らせても、、
まずは、私はココで、今を、、頑張ることが大切だって気付かされるかなぁ^^

そして、ホントに人生に必要なモノって、身近にこそあるものだと。。
Storia-del-piccolovillagg2.jpg

↑↓ 今日の写真は、、イタリアトスカーナ地方のアグリツーリズモがある村にて。

スピカさんと滞在したとき、自転車で近くの村まで足をのばしました。

ブドウ畑、、オリーブ畑、、ワイナリーとオリーブオイル搾油所がある、、
豊かな大地の匂いがする静かな村。

古い風車が残り、その近くの畑では、
オリーブの収穫時で忙しそうに...でもどこか楽しそうに働く人たちが居て。。
小さなバルに集う人たち、、村で一軒の日用雑貨店で買い物する村人。
愛らしい家並み、、教会の鐘、、犬を連れて散歩する老婦人。。

写真はモノクロに挑戦したのが残っていたのでそちらをUPしましたが、、
教会の鐘と暮れゆく山の稜線がホントに美しかった旅のひとコマ。。
その空気感をお伝えしたくて、、この一枚だけカラーです。。^^

Storia-del-piccolovillagg3.jpg

私が旅が好きなのも、、家づくりという仕事を続けているのも、、
誰の日常のなかにも在る...暮らしと家...
そこで生み出される 幸せな瞬間 に触れたい、
、 垣間見てみたいからなのかもしれません^^

そして、その時をパチリとする瞬間がこのうえなくシアワセなのですね♪
だから忙しくても頑張ることができるのかも。。

完成間近の現場、、新しい現場の段取り、、新しい家のプラン修正に没頭して、、
どこかキモチが落ち着かない日々が続きましたが、
昨夜、ほぼ徹したら、段取りも何とかなり、、
迷いに迷ったプランもまとまり一段落つけました。。(かなりホッ)

今日は冷えたワインを空け、(あっ、、空けではなく'開け'ですが、、深層心理?!(^_^;))
撮りためていたこの番組を観て、よく眠ろうと思います^^

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 小さな暮らし小さな祈り_ノートルダム寺院の朝 」
「 トスカーナ アグリツーリズモ滞在_スイス エコ建築を巡る スピカさんとの旅♪ 」
「 スピノザの言葉_家での暮らしに見出すシアワセ時間 」

Comments [2]

こんにちは。

大変ご無沙汰いたしております。
ヒナ☆モナと申します。

数年目に先生のブログでイケアキッチンの特集を
見させていただき、キッチンを大改造した者です。
あれからずっとキッチンは健在で大切に使っています。
やっぱり決断してよかった、先生に背中を押していた
だきよかったとあらためて思います。

時は経て、なぜだか小さな「おうちショップ」を始め
ました。20坪の狭小地で夢だけはおっきくて
「コンサバトリー」なるものを夢見ました。
が、しかし金銭的なものが大きくて諦め。。。でも
諦めないのが私!
素晴らしい方との出会いでアイアンでガラスルームを
つくっていただきました。やっと完成しました。
先生に是非、ご覧いただきたいです!
こうやって元気で前向きにいられるのあの時の先生の
おかげなんですよ!
ありがとうございます!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg
  • khousemarch2020collages.jpg
  • 20170618-IMG_2312s.jpg
  • Museum of the Home2017summer.jpg
  • 2017london1.jpg
  • ahouse20200425.jpg

アーカイブ

  1. 2020年5月
  2. 2020年4月
  3. 2020年3月
  4. 2020年2月
  5. 2020年1月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年10月
  9. 2019年9月
  10. 2019年8月
  11. 2019年7月
  12. 2019年6月
  13. 2019年5月
  14. 2019年4月
  15. 2019年3月
  16. 2019年2月
  17. 2019年1月
  18. 2018年12月
  19. 2018年11月
  20. 2018年10月
  21. 2018年9月
  22. 2018年8月
  23. 2018年7月
  24. 2018年6月
  25. 2018年5月
  26. 2018年4月
  27. 2018年3月
  28. 2018年2月
  29. 2018年1月
  30. 2017年12月
  31. 2017年11月
  32. 2017年10月
  33. 2017年9月
  34. 2017年8月
  35. 2017年7月
  36. 2017年6月
  37. 2017年5月
  38. 2017年4月
  39. 2017年3月
  40. 2017年2月
  41. 2017年1月
  42. 2016年12月
  43. 2016年11月
  44. 2016年10月
  45. 2016年9月
  46. 2016年8月
  47. 2016年7月
  48. 2016年6月
  49. 2016年5月
  50. 2016年4月
  51. 2016年3月
  52. 2016年2月
  53. 2016年1月
  54. 2015年12月
  55. 2015年11月
  56. 2015年10月
  57. 2015年9月
  58. 2015年8月
  59. 2015年7月
  60. 2015年6月
  61. 2015年5月
  62. 2015年4月
  63. 2015年3月
  64. 2015年2月
  65. 2015年1月
  66. 2014年12月
  67. 2014年11月
  68. 2014年10月
  69. 2014年9月
  70. 2014年8月
  71. 2014年7月
  72. 2014年6月
  73. 2014年5月
  74. 2014年4月
  75. 2014年3月
  76. 2014年2月
  77. 2014年1月
  78. 2013年12月
  79. 2013年11月
  80. 2013年10月
  81. 2013年9月
  82. 2013年8月
  83. 2013年7月
  84. 2013年6月
  85. 2013年5月
  86. 2013年4月
  87. 2013年3月
  88. 2013年2月
  89. 2013年1月
  90. 2012年12月
  91. 2012年11月
  92. 2012年10月
  93. 2012年9月
  94. 2012年8月
  95. 2012年7月
  96. 2012年6月
  97. 2012年5月
  98. 2012年4月
  99. 2012年3月
  100. 2012年2月
  101. 2012年1月
  102. 2011年12月
  103. 2011年11月
  104. 2011年10月
  105. 2011年9月
  106. 2011年8月
  107. 2011年7月
  108. 2011年6月
  109. 2011年5月
  110. 2011年4月
  111. 2011年3月
  112. 2011年2月
  113. 2011年1月
  114. 2010年12月
  115. 2010年11月
  116. 2010年10月
  117. 2010年9月
  118. 2010年8月
  119. 2010年7月
  120. 2010年6月
  121. 2010年5月
  122. 2010年4月
  123. 2010年3月
  124. 2010年2月
  125. 2010年1月
  126. 2009年12月
  127. 2009年11月
  128. 2009年10月
  129. 2009年9月
  130. 2009年8月
  131. 2009年7月
  132. 2009年6月
  133. 2009年5月
  134. 2009年4月
  135. 2009年3月
  136. 2009年2月
  137. 2009年1月
  138. 2008年12月
  139. 2008年11月
  140. 2008年10月
  141. 2008年9月
  142. 2008年8月
  143. 2008年7月
  144. 2008年6月
  145. 2008年5月
  146. 2008年4月
  147. 2008年3月
  148. 2008年2月
  149. 2008年1月
  150. 2007年12月
  151. 2007年11月
  152. 2007年10月
  153. 2007年9月
  154. 2007年8月
  155. 2007年7月
  156. 2007年6月
  157. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ