ラシーン15万キロ越え。そして色選びに悩む。

rasheen2011_iihi.jpg

↑ 故郷の浜辺に車を停めて、海を眺めながらピクニックランチした2年前の秋。
( デイドリームと云うフィルターをかけてパチリ☆ )

私が愛してやまない車、、ラシーン、、
とうとう15万キロ越えました!
このカタチに惚れてこんで、
初めて見た若き日から、憧れて手に入れた車。

1万7千キロスタートでしたから、かなり頑張ってマス~^^
来年6月に車検。
毎回車検にも、かなり費用がかかっていて、
きっと、色んなコトを考えたら、
新車買った方がいいのでしょう。。
親にも、 「 いいかげん、その、ダットサン、手放せ 」 と。。
ダットサンじゃないけどね!プンっ!( ダットサンは好きだけど^^ )

ちなみに、、10月に銀座の日産ギャラリーに、ダットサンが展示されていました。
おっ!可愛い~~と、パチリ☆
昔のデザインには戻れないのでしょうが、、素敵すぎます♡

↓ 1937年ダットサン16型セダン、、初任給の38か月分だったとか。

datsan16_iihi.jpg
ラシーンに戻ります。。
経年なりのトラブルはありますが、どれも軽症で、
すこぶる快調に走ってくれている。

昔のクルマの方がシンプルで修理もしやすいと、
修理工場の方がいつも話しています。
ただ先日、、狭い駐車場で、足下にあるポールに、
バンパー付近をかすってしまいました ><;

大した傷ではいのですが、、
カーオーディオがついに壊れてしまったこと、、
電気系の接触なのか、たまにテールランプが片目になってしまうこと等も有り、
いつもお世話になっている、、K自動車修理工場に持って行きました。

「 で、どうするの??
  車検来年だけど、、まだ乗るの?? 」 

ワタシ 「 ハイ ...できればずっと乗りたい ...色も変えたいし... 」

「 だったら、この傷、来年まで待って直したら? 」

ワタシ 「...うううーーん ... ×5 」

来年6月までそのまま放置するのも嫌で、
板金塗装に踏み切ることにしました☆

気分を変えたかったというコトもある。。

rasheen 12 2013_iihi.jpg

さて、色に悩む。

と、いうか、私のなかでのMUSTは、
空よりも海よりも素敵な色...と、表現される、、
ドラえもんブルーと云われる青。。

悩む余地は無かった位、昔から憧れていた色。

その素敵さを現わした、、
ラシーン専門店さんのブログのリンクを貼らせていただきます。
こちらのブログ、、カメラ好きなオーナーさんが書いていらっしゃるようですが、、
ラシーンやパオを全国各地に納車に行った際の記事がとっても好き♪

↓ 写真、足跡マークが、ラシーンの純正色。
  ( 正確には、後期型の色も入っている )
↓ ハートを射抜いているのが、私がしたい色。。

rasheencolor_iihi.jpg

きっと、牛尾(夫)も賛成してくれるものとばかり思っていたら、、
この色だけは絶対にあり得ないと大反対。

普段、自ら洗車や車掃除をやることもなく、、
愛着あるのかしら??と疑問だったけど、
彼は彼なりに、ラシーンを好きなようで...

私は、ドラえもんブルーがダメだったら、、
パオのオリーブグレイがいいんじゃない??という思惑にも、、

 牛尾's こだわり① ドラえもんブルーはイヤ
 牛尾's こだわり② 純正色から選ぶ(カスタムはイヤらしい)

ということで却下。くぅっ(-_-;)

「 ゆっくり選んだ方がいいよ... 」 と、
K自動車さんが、カラーチャートを貸してくださったので、
毎日眺めています。

どうしても純正だとしたら、、
シダーグリーン(左下)かサンドベージュ(右上)。
ライトブルー(左上)も、色自体は大好きで、、
若かったらそうしていたかもだけど。。ちょっと可愛らしすぎるかなぁ。

イヤイヤ、、そもそもドラえもんブルーが無かったら、
元々のホワイトでいいじゃない...という感じ、、でもあり。。 

ということで、ホント決められません(><;)

意見が割れたら、よりこだわりの強い方を尊重する方が、良い結果を生む...
という、、、日々の設計のお仕事や、、我がSOHOリノベでも経験済みなコトで、
私たち夫婦の暗黙の了解。

でも、今回は、牛尾も強硬だから、平行線。。
ホントに嫌なんでしょうね。。

じゃあ、ワタシが納得できる色探し。

K自動車さんからは、ギリギリまで待ってもらっている。。
さてさて、どうなるでしょう。

これで 白 だったら、笑えないオチになってしまいます(^_^;)

 いいひに似合う色は何??
 私に似合う色は何??

呆れずに読んで下さった方、、もし宜しかったら、コメントください。。

メンドクサクなって放りださず、、
自分のなかで納得感が得られるまで、
もう少し粘ってみます(^_^;)

愛せる愛車で、また時を過ごしていきたいですものね^^

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう... 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 愛するモノを永くつかうこと_愛車ラシーンをリフォーム♪ 」
「 好きなもの欲しいもの沸点 」
「 好きな音楽とカセットテープ 」

Comments [10]

私の中でのラシーンのイメージは、真ん中の黄色っぽいやつですね〜。
何色になるのか、楽しみに待ってます〜♪

お久しぶりです!

とうとうオールペンですか!
外壁の色決めとおんなじですね~!
いろんなラシーンの画像を見て、後悔のない
ようにしないとですね!

最近、僕も車を買ったんですが、白い車に
しました。
白は初めてですが、いい感じです。
それではまた~!

いつも楽しく読んでいます.
私の勝手なイメージで申し訳ないのですが,
青空に似合う色がいいかなって思います.
いいひさんが作るお家がいつも青空と陽だまりがとっても似合っていて素敵なので.
参考にはなりませんが書き込みさせていただきました.

こんばんは♪
ドラえもんブルー、却下ですか?! 残念~。
ドラえもんブルーが無かったら、元々のホワイトでいい……というの、
私も納得……あ、納得してはいけませんね(^m^)

候補の色が、それぞれイメージが全然違うので、
選ぶのがとっても難しいですね。
明るめの色のほうが、ラシーンのデザインのよさが生きるような気もするけれど……。
大好きな場所に置いたところを想像して、
しっくりくる色を選んでみるというのはいかがでしょう?

先日、セミナーに参加させていただいた松本です。
ラシーンの色選びと聞いて、しゃしゃり出て来てしまいました。
実は私も昔、乗っていたんです、ラシーン。大好きな車で、今でもラシーンより好きなデザインの車は世界にありません。昔は車って10年くらいで買い換えるのが当たり前と思っていたこと、また結婚したてということもあり、車を買うという大人びた行為に憧れがあったことから、手放してしまいましたが、未だに後悔してます…。
ちなみに色は候補にあがってないであろう薄いグリーンです。多分あまり人気もない色だったんじゃないかな?あまり走っているのを見たことはありません。親が買って、私が乗っていていつの間にか私のものになった感じだったので、色選びには関与しなかったのですが、やはり乗ってると愛着出てきちゃいますよね。
素敵な色に仕上がるといいですね。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • R0000135s.jpg
  • 3464d3285abab50e8b961da7daa53313ffb3cf80.jpg
  • 2018trip_epilogue_S.jpg
  • nikkohouse20190825s.jpg
  • kamakurasanpo2019summer-s.jpg
  • c42312aeee42a8b0aeb0888dd108284717bd0a4e.jpg
  • 20190811-R0000224s.jpg
  • 20170620-R6200902s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年9月
  2. 2019年8月
  3. 2019年7月
  4. 2019年6月
  5. 2019年5月
  6. 2019年4月
  7. 2019年3月
  8. 2019年2月
  9. 2019年1月
  10. 2018年12月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年4月
  19. 2018年3月
  20. 2018年2月
  21. 2018年1月
  22. 2017年12月
  23. 2017年11月
  24. 2017年10月
  25. 2017年9月
  26. 2017年8月
  27. 2017年7月
  28. 2017年6月
  29. 2017年5月
  30. 2017年4月
  31. 2017年3月
  32. 2017年2月
  33. 2017年1月
  34. 2016年12月
  35. 2016年11月
  36. 2016年10月
  37. 2016年9月
  38. 2016年8月
  39. 2016年7月
  40. 2016年6月
  41. 2016年5月
  42. 2016年4月
  43. 2016年3月
  44. 2016年2月
  45. 2016年1月
  46. 2015年12月
  47. 2015年11月
  48. 2015年10月
  49. 2015年9月
  50. 2015年8月
  51. 2015年7月
  52. 2015年6月
  53. 2015年5月
  54. 2015年4月
  55. 2015年3月
  56. 2015年2月
  57. 2015年1月
  58. 2014年12月
  59. 2014年11月
  60. 2014年10月
  61. 2014年9月
  62. 2014年8月
  63. 2014年7月
  64. 2014年6月
  65. 2014年5月
  66. 2014年4月
  67. 2014年3月
  68. 2014年2月
  69. 2014年1月
  70. 2013年12月
  71. 2013年11月
  72. 2013年10月
  73. 2013年9月
  74. 2013年8月
  75. 2013年7月
  76. 2013年6月
  77. 2013年5月
  78. 2013年4月
  79. 2013年3月
  80. 2013年2月
  81. 2013年1月
  82. 2012年12月
  83. 2012年11月
  84. 2012年10月
  85. 2012年9月
  86. 2012年8月
  87. 2012年7月
  88. 2012年6月
  89. 2012年5月
  90. 2012年4月
  91. 2012年3月
  92. 2012年2月
  93. 2012年1月
  94. 2011年12月
  95. 2011年11月
  96. 2011年10月
  97. 2011年9月
  98. 2011年8月
  99. 2011年7月
  100. 2011年6月
  101. 2011年5月
  102. 2011年4月
  103. 2011年3月
  104. 2011年2月
  105. 2011年1月
  106. 2010年12月
  107. 2010年11月
  108. 2010年10月
  109. 2010年9月
  110. 2010年8月
  111. 2010年7月
  112. 2010年6月
  113. 2010年5月
  114. 2010年4月
  115. 2010年3月
  116. 2010年2月
  117. 2010年1月
  118. 2009年12月
  119. 2009年11月
  120. 2009年10月
  121. 2009年9月
  122. 2009年8月
  123. 2009年7月
  124. 2009年6月
  125. 2009年5月
  126. 2009年4月
  127. 2009年3月
  128. 2009年2月
  129. 2009年1月
  130. 2008年12月
  131. 2008年11月
  132. 2008年10月
  133. 2008年9月
  134. 2008年8月
  135. 2008年7月
  136. 2008年6月
  137. 2008年5月
  138. 2008年4月
  139. 2008年3月
  140. 2008年2月
  141. 2008年1月
  142. 2007年12月
  143. 2007年11月
  144. 2007年10月
  145. 2007年9月
  146. 2007年8月
  147. 2007年7月
  148. 2007年6月
  149. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ