西の魔女おばあちゃんの家_このGWが最後。。

nishinomajonoie1_iihi.jpg

「 西の魔女がしんだ 」

本も映画も、時折読み返したり、観返したり、、
幾度したことでしょう。。

あの世界観が本当に大好き!!

映画のセットとして使われた、、
おばあちゃんの家が実在すると知って訪ねたのは、もう5年も前のこと。
写真はその時のモノです~^^

清里の清泉寮に程近いキープの森のなかに、、
あの世界観のままに佇んでいる家と出合えて、
本当に嬉しくってUPした記事。。
「 西の魔女が死んだ おばあちゃんの家と間取り 」

この記事がきっかけで、
同じ価値観を共有できる施主さんとの出合いもありました。。

西の魔女のおばあちゃんの家がきっかけで、
清泉寮にも泊まったりしてから余計、、
あの辺りの土地の清々しさを知ることが出来て、、
それまでと、人生観が変わった気もする位。。

でも、、なんと、残念なことに、その、おばあちゃんの家が、
もう観ることが出来なくなる!!!と、知りました。><


nishinomajonoie02_iihi.jpg

2014年、、そう今年のGWを最後に一般公開が終了するそうです。。

いいひブログを読んで下さる方で、
西の魔女ファンの方も多いので、
これは、お知らせしなければ!!!と、、
この記事を書いています。。

実際に家を建てるなら、
この おばあちゃんの家のテイストを採り入れたい・・・
西の魔女好きな施主さんが建てられた丘の家を観て、
いいひにお問い合わせくださる方が多いのです(*^_^*)

私も行けたら、もう一度行きたいって思っていたから。。

お好きな方は、、時間が取れたら、是非!!
この目で見ることが出来る最後のチャンスを逃しませんよう…

人の住んでいない映画のセットで作られた家を維持管理していくのって、
きっと、想像以上に大変なコトだと拝察いたします。
これまで、観る機会を与えてくださったことに、心から感謝を。。

この記事を書くのに、、
改めて2008年当時の写真を引っ張り出しましたので、少しUPします^^
( 初デジイチPENTAXistDL2…改めて良いカメラだったなぁ…色が好き♡ )

実際に家の中に入れるわけではなく、、
テラスと玄関から、家のなかを観るだけなので、
少々物足りないかもしれませんが、、
映画の世界の空気感が裏切られることなく味わえました。

nishinomajonoie3_iihi.jpg

実際に、ホントの(現代の現実の)家づくりの設計に落とし込んだとき、
何が叶えられて、何がムズカシイか、、等、
やはり、この実物を体感できたら… 
自分のなかで、冷静にジャッジ が出来たことも有る。

観ることって本当に大切。。百聞は一見に如かずデス^^

nishinomajonoie4_iihi.jpg

こう、日本的であるけど、イギリスを感じる家。。
おばあちゃんがイギリス人だからですけど。。

nishinomajonoie2_iihi.jpg

映画の中のセカイだけど、、
どんな風に、おばあちゃんが日本の大工さん相手に、
この家づくりをしたのか…など妄想したり…(^_^;)

nishinomajonoie03_iihi.jpg

ただ、彼の地の家の真似っこではなく、
和 を大切にしながら、洋を採り入れて活かす、、
昔の洋館のような、、何とも云えない良さ。。。

好きですね~この風情。

nishinomajonoie04_iihi.jpg

建築家がデザインするのではなく、
趣味の良い施主さんがこだわってつくると、
こんな風情になるよね~という、、
狙っていない良さ、、可愛らしさが、良いです。。
( ↑ この表現、分かっていただけるかなぁ…^_^; )

そう、そう!
もし観に行かれたら、ぜひサンルームのガラスをチェックしてください。。
( 今も残っているといいけど… )

↓ ネタバレになってしまってごめんなさい。

nishinomajonoie05_iihi.jpg

映画のそう、あの場面です^^

日常をしっかり生きることの大切さを教えてくれるこの映画。

この数年間、、何故か心がざわついて、定まらないときの、、
心の拠り所になってくれた気がしています。。

さて、、私が次に住む家も、、
新築でも、、西の魔女の家をモチーフにすると思う。。
( 丘の家のように、ロケーションが許せば … ですが ^_^; )

ただ、、清泉寮の新館の脇に在る、
赤いトタン屋根の平屋の風情も好きだし、、
( 映画 八日目の蝉 のエンジェルホームのような… )
多分、西の魔女の家よりも、もう少し簡素で男らしくなってしまうかなぁ…と、
エアですが、自らの家づくりも、目下日々空想中。。

機会があったら、そんなことも、ブログでご紹介します(^_-)

GWまで、あとわずか☆

いろいろいろいろ頑張って素敵な休日を迎えましょうね♪


≪ 情報 ≫
 西の魔女・おばあちゃんの家 最終公開のお知らせ
 ( ↑ キープ協会HPへリンクします )

最後に、、

≪ 西の魔女の家好きな方へ ≫

前回と今回の記事でUP出来なかった写真を
少しですが、WEBアルバムにUPしました。
アルバムを観る際に、、
合言葉 「 いいひ西の魔女 」 と入力すれば、
ご覧ただけますので、よろしかったら下のリンクからどうぞ~♪

30daysアルバム 「 西の魔女の家_2008JULY 」

 

  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な ’いいひ’ が訪れますよう…   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
 
  心を込めて♪ (出美)

 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

Comments [4]

iihiさん、おはようございます♪

西の魔女の家の公開、終わってしまうのですね。
とっても残念です。
西の魔女の家といえば、iihiさんとのご縁のきっかけですものね。
感謝の気持ちをこめて、心の中にいつまでもとどめておきたいと思います。

ああ、でももう一度、あの場所に、佇んでみたいです。
西の魔女の家が、周囲の森や庭とともにある、
そして、おばあちゃんの生活とともにある、あの空気感が大好きです。

WEBアルバムのupもありがとうございました!
レンガのかまど、丘の家にもつくりたいなぁと思っているんですよ。
自然石の小道もよいですよね~。

この家が建てられていた(西の魔女の家)以前にあった,八峰荘という建物に、私のばあさんが住んでいて、毎年夏休みはここで過ごしていました。家の南側にあるシラカバの木は、ばあさんが植えたものです。この映画のように夏休みの良い思い出がいっぱいです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2038S.jpg
  • 20220921 Collage.jpg
  • 20220713-IMG_0328.jpg
  • IMG_0816.jpeg
  • nhouse-kurashi-Collages.jpg
  • 20170619-R6190513.jpg
  • IMG_8230.jpeg
  • 20170619-R6190614.jpg

アーカイブ

  1. 2022年10月
  2. 2022年9月
  3. 2022年7月
  4. 2022年6月
  5. 2022年5月
  6. 2022年4月
  7. 2022年3月
  8. 2022年2月
  9. 2022年1月
  10. 2021年12月
  11. 2021年11月
  12. 2021年10月
  13. 2021年9月
  14. 2021年8月
  15. 2021年7月
  16. 2021年6月
  17. 2021年5月
  18. 2021年4月
  19. 2021年3月
  20. 2021年1月
  21. 2020年12月
  22. 2020年10月
  23. 2020年9月
  24. 2020年7月
  25. 2020年6月
  26. 2020年5月
  27. 2020年4月
  28. 2020年3月
  29. 2020年2月
  30. 2020年1月
  31. 2019年12月
  32. 2019年11月
  33. 2019年10月
  34. 2019年9月
  35. 2019年8月
  36. 2019年7月
  37. 2019年6月
  38. 2019年5月
  39. 2019年4月
  40. 2019年3月
  41. 2019年2月
  42. 2019年1月
  43. 2018年12月
  44. 2018年11月
  45. 2018年10月
  46. 2018年9月
  47. 2018年8月
  48. 2018年7月
  49. 2018年6月
  50. 2018年5月
  51. 2018年4月
  52. 2018年3月
  53. 2018年2月
  54. 2018年1月
  55. 2017年12月
  56. 2017年11月
  57. 2017年10月
  58. 2017年9月
  59. 2017年8月
  60. 2017年7月
  61. 2017年6月
  62. 2017年5月
  63. 2017年4月
  64. 2017年3月
  65. 2017年2月
  66. 2017年1月
  67. 2016年12月
  68. 2016年11月
  69. 2016年10月
  70. 2016年9月
  71. 2016年8月
  72. 2016年7月
  73. 2016年6月
  74. 2016年5月
  75. 2016年4月
  76. 2016年3月
  77. 2016年2月
  78. 2016年1月
  79. 2015年12月
  80. 2015年11月
  81. 2015年10月
  82. 2015年9月
  83. 2015年8月
  84. 2015年7月
  85. 2015年6月
  86. 2015年5月
  87. 2015年4月
  88. 2015年3月
  89. 2015年2月
  90. 2015年1月
  91. 2014年12月
  92. 2014年11月
  93. 2014年10月
  94. 2014年9月
  95. 2014年8月
  96. 2014年7月
  97. 2014年6月
  98. 2014年5月
  99. 2014年4月
  100. 2014年3月
  101. 2014年2月
  102. 2014年1月
  103. 2013年12月
  104. 2013年11月
  105. 2013年10月
  106. 2013年9月
  107. 2013年8月
  108. 2013年7月
  109. 2013年6月
  110. 2013年5月
  111. 2013年4月
  112. 2013年3月
  113. 2013年2月
  114. 2013年1月
  115. 2012年12月
  116. 2012年11月
  117. 2012年10月
  118. 2012年9月
  119. 2012年8月
  120. 2012年7月
  121. 2012年6月
  122. 2012年5月
  123. 2012年4月
  124. 2012年3月
  125. 2012年2月
  126. 2012年1月
  127. 2011年12月
  128. 2011年11月
  129. 2011年10月
  130. 2011年9月
  131. 2011年8月
  132. 2011年7月
  133. 2011年6月
  134. 2011年5月
  135. 2011年4月
  136. 2011年3月
  137. 2011年2月
  138. 2011年1月
  139. 2010年12月
  140. 2010年11月
  141. 2010年10月
  142. 2010年9月
  143. 2010年8月
  144. 2010年7月
  145. 2010年6月
  146. 2010年5月
  147. 2010年4月
  148. 2010年3月
  149. 2010年2月
  150. 2010年1月
  151. 2009年12月
  152. 2009年11月
  153. 2009年10月
  154. 2009年9月
  155. 2009年8月
  156. 2009年7月
  157. 2009年6月
  158. 2009年5月
  159. 2009年4月
  160. 2009年3月
  161. 2009年2月
  162. 2009年1月
  163. 2008年12月
  164. 2008年11月
  165. 2008年10月
  166. 2008年9月
  167. 2008年8月
  168. 2008年7月
  169. 2008年6月
  170. 2008年5月
  171. 2008年4月
  172. 2008年3月
  173. 2008年2月
  174. 2008年1月
  175. 2007年12月
  176. 2007年11月
  177. 2007年10月
  178. 2007年9月
  179. 2007年8月
  180. 2007年7月
  181. 2007年6月
  182. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ