バラ日和_薔薇に纏わる物語ふたつ。

rose20140519-.jpg

ー 薔薇が一年を通して咲くならば、
ー 人はこんなに魅了されないだろう。。

とにかく、薔薇を愛する人は多いですよね^^

今日は、薔薇に纏わる私の好きな物語をふたつご紹介します^^
よろしかったらお付き合いください♪




rose20140519-7.jpg

蕾をふくらませ、、
花びらをひらかせるその姿。。

rose20140519-9.jpg

だんだんと咲き誇る姿。。

rose20140519-10.jpg

一番美しい時を生き、散ってゆく姿。。

rose20140519-15.jpg


その様、、その香り、、

rose20140519-4.jpg

全てが美しい。。

garden-of-may2-20140519.jpg


ひとつめは、、
薔薇の季節を控えた4月に、NHKで再放送された、、
素敵なドキュメンタリー番組をご紹介^^



もう、オンデマンドでも観れなくなってしまったのですが、(^_^;)
イタリアでも有名なローズガーデンを持つ老夫婦の物語。

30周年の結婚記念日に、、
ご主人から贈られた30株のオールドローズがきっかけで、
薔薇に魅せられ、、それから20年。。

今、1,600株が咲く薔薇園を夫婦で作り上げたという。。

clematis-rose-20140519.jpg

薔薇園でのご夫婦の一年。
そして過去も振り返る構成。

晩秋の夜の庭の映像から始まるのですが、
グッと惹きつけられます。

映像が美しく、、それだけでも保存版マストなのですが、、
ご夫婦の人間像も素敵でした。。

もう、、、奥さんLOVEの!!
優しいご主人が良い!いいなぁって^^

イタリア人だから??
 ' 愛してる ' を臆面もなく微笑ましい位全開で。。^^

奥さんへ贈ったラブレターの山...
そこに添えられているメッセージ。。

" 幸せは小さなところに隠れている " 
と、フランス語でラブレターに添えたり...(*^_^*)

バスの運転手をリタイア後は、
オールドローズの花図鑑を広げ夢膨らませる、、
奥さんのイマジネーションを具現化することに労力をいとわない。

お互いに文句を言い合いながら、、庭作業をしているふたり。
でもお互いをきちんと見つめて、、愛し合う姿に感動しました☆

roses20-20140519.jpg

友人・知人・孫がふたりについて語る場面もあるのですが、
そこも素晴らしかった。

- 冬の庭はふたりの楽園 
- 薔薇の実は 人生をともに歩むふたりの成熟した愛の証
- ふたりは心通わせ 新しい命を育む
- かつては激情に憧れた 
- 高ぶる感情こそ愛だと
- 平穏とは人生を諦めること 情熱を失うことだと
- でも今ならわかる 
- 平穏は喜びをもたらし心を満たしてくれる
- それは暖かい色の愛
- 満ち足りた心 たゆみない努力の賜物


ね~。。素敵でしょう。。
一編の詩を読んでいるようで。。

エンドロールで夫人が語ったことも心に残りました。。

- 薔薇の花は長くは持ちません。
- 長く待ち焦がれるほど、手に入った時のヨロコビは大きいもの。
- 薔薇は一年中咲いていたなら、これほど魅力的ではなかったでしょう。
- よろこびやしあわせ美しいものがみんなそうであるように。


もし機会があれば、ぜひご覧になってみてください (*^_^*)

rose20140519-3.jpg


ふたつめは、、大好きな一冊のフォトエッセイを♪

↓ 2007年頃、、タイトルに惹かれて買った一冊。

晴れたらバラ日和 晴れたらバラ日和
松本 路子

淡交社 2005-04
売り上げランキング : 681240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
 -  都会のマンションの小さなルーフ・バルコニー。

 -  60鉢のバラがいっせいに花開く5月、著者にとってそこは最高のバラの園となる。
 -  晴れて気持ちの良い午後には、ミルクティーを味わいながら、
 -  バラたちの姿にレンズを向ける。ただうっとりと眺めるように撮るだけだ。
 -  バラたちもきどらず、媚びず、素顔のままでそこに在る。


( 上記、紹介文を抜粋させていただきました。。 )


rose20140519-8.jpg


著者の薔薇園に咲いているバラに纏わる
それぞれのエピソードで構成。

私が好きなのは、、

ロンドンのオープンガーデン を綴っている章。

次に、 バラの伝言 という章。

ご友人のパートナーが亡くなった時のことが綴られています。

深い悲しみを知っている女性だから、
薔薇のチョコレートのエピソードにあるような、
優しさを現わせるんだろうな。。



そして、終章。
終章が一番、グッと胸に残ります。
著者のバラに纏わる想い出の原風景と思い出が綴られています。


著者にとって、薔薇育ては、当初、
植物を愛して、自由であることを何よりも尊ばれたお父様、、
そして、、先立たれた
最愛のパートナーへのレクイエムで。。

同時に、その薔薇育ての時間は、、
著者自身の再生の時でもあったと、描かれています。。

そして、今も、薔薇を通して出合う人々とのエピソードが、
著者に、愛と情熱を与えてくれると。。



写真もモチロン、本当に素敵で魅入ってしまいます。

写真を眺めているだけでもいい。
著者が愛した薔薇たちだから、、余計に愛に溢れた写真なんですね^^

rose20140519-5.jpg

バラの名前も、、こんなに在るって知ったのは、この本が最初。。
色んな薔薇のなまえを知ると、そのエピソードも知りたくなります。

なかなか 花のなまえ って覚えられないけれど、
薔薇のなまえって、マリアカラスとか著名な人の名前をつけることも多いから、
薔薇の姿と共にインプットされる^^

エッセイを通して透けてくる著者の人間性、、
素敵な女性だなぁって、憧れます。。

年をとって、もしも、ひとりになってしまったら、こんなふうに生きていたい。
そんなふうに思えました。。


おススメの一冊です^^

実は、、月曜日の午后は、仕事を休みました。
( ワタシだけですが...(^_^;) )

丘の家を訪ねて、3年目のお庭を拝見したのですが、
ホントに素敵になっていて。。
モチロン、インテリアも相変わらず素敵で、、
お家のなかが堪らなく心地よくって。。

ワタシ、丘の家と庭にずっと居たかったくらい。。

今度、写真をしっかり撮らせていただくので、、
それは、またご紹介できたら、いいなぁと思っています。。

今日は一枚だけ。。

↓ ハニーサックルが絡まるベンチ。。もぅもう!!うっとりです~


Bench-of-honeysuckle-okanoo.jpg

心が満たされ、頭のうしろ側が幸せ感で満たされましたよ^^

薔薇が美しい季節は、なるべくカメラを手放さず、、そわそわウキウキ。

薔薇に限らず、お花を撮っているとき、、
ふっと心に響くものが下りてきてパチリとする。
その瞬間のホントにすご~い幸福感。。^^


だから、カメラとお花が好きなのかも。

20140519roses1.jpg

丘の家のあと、またまたガーデンカフェへ。
今シーズン3回目。(^_^;)

と~っても素敵でしたよ(*^_^*)

garden-of-may3-20140519.jpg

その時、庭をご一緒に巡りながら、、
お茶しながら、、施主さんと色んなお話をして、、

このふたつの物語のことを想い出していました^^

greenrosegadencafe20140519.jpg

かなり満開なガーデンカフェだったけれど、
次の週のほうが、見頃だってオーナーさんは仰っていました。
また、行ってしまうかも~^m^

今日の東京は雨模様の肌寒い一日。

明日は、晴れるといいですね^^

  読んで下さった皆さまにとって

  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


≪ 別冊いいひブログ も ゆる~く、、毎日更新中♪ ≫
最近、、「いいひ設計ちょこっと日誌」 も添えてます(*^_^*)
「 365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 暮れどき前のガーデンカフェの至福。 」
「 早朝の薔薇と優しい雨@イギリス庭の美しいB&B 」
「 フレグラントガーデンに憧れて♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg
  • kinounanitabeta_madori20200113-2.jpg
  • 3046e9f84077f561b07d47fbf8eb5ed928985b4e.JPG
  • 20191219-R0002691s.jpg
  • 2020newyears.jpg
  • P1050105s.jpg
  • 839F77EB-893B-4D8A-A04C-A3C69571282Bs.jpg

アーカイブ

  1. 2020年1月
  2. 2019年12月
  3. 2019年11月
  4. 2019年10月
  5. 2019年9月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2019年4月
  11. 2019年3月
  12. 2019年2月
  13. 2019年1月
  14. 2018年12月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年8月
  31. 2017年7月
  32. 2017年6月
  33. 2017年5月
  34. 2017年4月
  35. 2017年3月
  36. 2017年2月
  37. 2017年1月
  38. 2016年12月
  39. 2016年11月
  40. 2016年10月
  41. 2016年9月
  42. 2016年8月
  43. 2016年7月
  44. 2016年6月
  45. 2016年5月
  46. 2016年4月
  47. 2016年3月
  48. 2016年2月
  49. 2016年1月
  50. 2015年12月
  51. 2015年11月
  52. 2015年10月
  53. 2015年9月
  54. 2015年8月
  55. 2015年7月
  56. 2015年6月
  57. 2015年5月
  58. 2015年4月
  59. 2015年3月
  60. 2015年2月
  61. 2015年1月
  62. 2014年12月
  63. 2014年11月
  64. 2014年10月
  65. 2014年9月
  66. 2014年8月
  67. 2014年7月
  68. 2014年6月
  69. 2014年5月
  70. 2014年4月
  71. 2014年3月
  72. 2014年2月
  73. 2014年1月
  74. 2013年12月
  75. 2013年11月
  76. 2013年10月
  77. 2013年9月
  78. 2013年8月
  79. 2013年7月
  80. 2013年6月
  81. 2013年5月
  82. 2013年4月
  83. 2013年3月
  84. 2013年2月
  85. 2013年1月
  86. 2012年12月
  87. 2012年11月
  88. 2012年10月
  89. 2012年9月
  90. 2012年8月
  91. 2012年7月
  92. 2012年6月
  93. 2012年5月
  94. 2012年4月
  95. 2012年3月
  96. 2012年2月
  97. 2012年1月
  98. 2011年12月
  99. 2011年11月
  100. 2011年10月
  101. 2011年9月
  102. 2011年8月
  103. 2011年7月
  104. 2011年6月
  105. 2011年5月
  106. 2011年4月
  107. 2011年3月
  108. 2011年2月
  109. 2011年1月
  110. 2010年12月
  111. 2010年11月
  112. 2010年10月
  113. 2010年9月
  114. 2010年8月
  115. 2010年7月
  116. 2010年6月
  117. 2010年5月
  118. 2010年4月
  119. 2010年3月
  120. 2010年2月
  121. 2010年1月
  122. 2009年12月
  123. 2009年11月
  124. 2009年10月
  125. 2009年9月
  126. 2009年8月
  127. 2009年7月
  128. 2009年6月
  129. 2009年5月
  130. 2009年4月
  131. 2009年3月
  132. 2009年2月
  133. 2009年1月
  134. 2008年12月
  135. 2008年11月
  136. 2008年10月
  137. 2008年9月
  138. 2008年8月
  139. 2008年7月
  140. 2008年6月
  141. 2008年5月
  142. 2008年4月
  143. 2008年3月
  144. 2008年2月
  145. 2008年1月
  146. 2007年12月
  147. 2007年11月
  148. 2007年10月
  149. 2007年9月
  150. 2007年8月
  151. 2007年7月
  152. 2007年6月
  153. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ