竣工PHOTO♪_人生の歓びを愉しむ家@杉並

ccc565538928e1091a01e8afe6c3993ea634fae6.jpg

庭の草花や木々が漆喰の壁に映える家。

 キッチンへ続く土間...
 南庭へ続くキッチン...
 おひさま溢れるリビングの吹抜け...

3月に竣工した、、
人生の歓びを愉しむ家!!

遅れ馳せてしまいましたが、
竣工PHOTOをUPいたします♪

遅れてしまった理由とは...


実は竣工時、玄関ドアが仮の状態でのお引渡し。

玄関ドアは、製作のスチールドアでした。

ニッチな金物を選んだせいなのか?
( チガウトオモウケレドモ...(^-^; )

建具屋さんの諸々の事情で、
やっと今日、玄関ドア含めて、
全て工事が終わりました!!!

ドアの塗装も本日終了。
堀商店の金物も全て取付終了。

↓ 奥さまから送られてきたお写真♪

8004s.jpg

塗りたてのNavyBlueに、
真鍮の金物類が映えています♪

今日はどうしても伺えなかったので、
完成形が見られて本当に安堵しました。

Nさん、ありがとうございました!!

これが完成していなかったのが気懸りで...
何となく記事をまとめにくかったのです。。(^-^;

施主さんにも気に入っていただけたようでひと安心。
さぁ、竣工PHOTOを張り切ってUPです(^^)v

↓ 玄関ドアを開けると土間。

P3170034s.sjpg.jpg

この土間は、ご主人の趣味...
自転車をメンテナンスできるような広さ。

↑ 入って左手側が室内間仕切窓で繋がるリビング。
↑ 入って正面が、キッチンに繋がる引戸。
↑ その手前の間仕切はシューズクローク。

土間の収納ですが、
当初設計では玄関家具を予定しましたが、
フレキシブルに利用できる方が良いとのことで、
小さなシューズクロークが設置されました。

↓ L型に可動棚を配しています。

DSC06054s.jpg

↓ キッチン側から振り返って玄関方向。(ドアは仮状態...(^-^; )

P3170284sss.jpg

いわゆる玄関ホールは無くて、
式台を上がり、ドアを開くと、
リビングに繋がります。

↓ レトロなイメージな間仕切窓&扉。

P3170283sss.jpg

↓ こんな感じに開閉も出来ます♪(LD側)

20190317-P3170380s.jpg

↓ 土間からの入口からキッチンを臨む。

P3170044ss.jpg

GardenLoverな奥さまのご要望を汲んで、
キッチンは南庭を臨み、庭に繋がる位置。

シンク前は、上げ下げ窓。
窓脇には飾り棚を左右対称に設置。
此処からの眺め...大好きです(*^-^*)

シンク下はゴミ箱スペース。

↓ シンク脇に冷蔵庫。その隣が家事机。

P3170281-2s.jpg

↑ 写真左手方向...
↑↓ 庭へと繋がるテラスドアに繋がります。

P3170282sss.jpg

テラスドア前の此処は奥さまのコーナー。
カウンターに抽斗...書棚...吊戸棚。
椅子を置いて家事の合間にホッと和める空間です♪

リビングからも隠れているので、
細々したモノ達を収納できる...
パントリー的スペースとしても活用する意図。

↓ 家事机方向よりキッチンを臨む。

1521d5a0e14ab452f74c3207d01efef0a43ca558.jpg

電動で開閉できる高窓を配しました。

↓ キッチンより土間方向を臨む。

P3170275s.jpg

キッチンはL型。
土間に続く引戸脇に、家電(レンジ等)収納。

コンロは Plus do。
ガスオーブンも設置。

通路を挟んでLD側は対面収納カウンター。
アンティークの照明を一灯配しました。

↓ 対面カウンターは、キッチン側に向けて収納を設置。

P3170288ss.jpg

高さの浅い引出にはカトラリーやランチョンマット。
その他は普段使いの食器など。
蒸気の出る炊飯器やポットを仕舞うスペースはスライド式。

P3170289s.jpg

全て、造作キッチンです♪

シンクは、comoカラーステンレスシンク。
水栓は、グローエ。

nhouse_shunko_photo-(46s).jpg

カウンターは人造大理石。
デュポン社コーリアン。

nhouse_shunko_photo-(51s).jpg

すごくきれいに納まりました^m^

アクセントウォール塗装はF&B社の水色。
ホワイトタイルは平田タイルのBiscuit。

モールディングタイルも考えましたが採用せず...
床にシックなグレイ色のタイルを貼ったのも功を奏し、
結果、甘すぎない良い按配の、
大人キッチンになったと感じます(*^-^*)

ご主人もお菓子づくりや料理が得意なので、
夫婦ふたり立つキッチンなので、
尚更に良い感じに仕上がったと施主さんと共に自画自賛(笑)

↓ リビングよりダイ二ングとキッチン方向を臨む。

20190317-P3170259s.jpg

ダイニング上が吹抜けになっています。

↓ 吹抜けキャットウォークより見下ろす。

20190317-P3170116s.jpg

南窓から明るい光が室内へ届きます。
軒があるので夏は直射日光は入らず、
冬は温かいおひさまの恩恵を受ける意図。

Plus温水床暖房が入っているので、
輻射熱で暖かい空間になります。

↓ 階段へ。

20190317-P3170214s.jpg

↓ キャットウォークより階段方向。

20190317-P3170130s.jpg

吹抜けホールに面し、、
壁厚を利用した造り付本棚と、
書斎的カウンタースペースを配しました。

20190317-P3170141s.jpg

二階は吹抜けを囲み三室。

↓ 息子さんのお部屋。

20190317-P3170135s.jpg

↓ 娘さんのお部屋。

20190317-P3170105s.jpg

だったのですが...

この家に住まわれることなく、
お嫁に行かれてしまいました。

里帰りの際、
こんな心地よい部屋があること、
羨ましい限りです(^m^)

↓ 主寝室。

20190317-P3170155s.jpg

アーチの向こうは、ウォークインクローゼット。

↓ ウォークインクローゼットから主寝室方向を臨む。

20190317-P3170170s.jpg

二階は、パイン無垢フローリングを採用。
施主さんが蜜蝋ワックスを塗りました♪

コスト調整で採用したのですが、
とても足触りがよく、気に入りました!

↓ 階段を下りて...

P3170196s.jpg

↓ 再び1階へ。

20190317-P3170092-3s.jpg

リビングと階段は壁一枚を隔ているだけ。

20190317-P3170243-2s.jpg

この壁は柱を現しました。
此処にピアノが配されます。

小さな絵や雑貨を飾るニッチも設置。

↓ 壁の裏側。
↓ ここが水まわりへと繋がる通路になります。

20190317-P3170098s.jpg

↑ 写真右手側の壁には、フック取付予定。
↑ コート掛けスペースを意図。

↓ 洗面脱衣室。

20190317-P3170065s.jpg

潔く、IKEAの洗面台を設置。
高窓を配して通風&最高を意図。

この反対側が洗濯機&リネン類収納。

今回、ユニットバスの扉を、窓付きのモノに!

20190317-P3170060s.jpg

私、初めての採用です!!

空間が広がり、なかなか良い感じ!!
費用対効果がバッチリ現れますね(^^)v

ご主人のアイディア!!
色をブラックにしたのも正解だったと感じます!

↓ 浴室は1坪。

20190317-P3170063s.jpg

クレイドル浴槽を入れて、
ダウンライト照明とし、
ゆったりとくつろげるよう意図。

その辺りもスンナリ共感して決定。

手摺やシャワーフックなどは、
ステンレスを選ぶことで、
シンプルながら上質な空間になったと感じます♪

漆喰の壁(内外共)
無垢フローリング
憧れていらした造作キッチン。

締めるトコロは締めて、
かけるトコロにはシッカリかけ、
憧れを叶えつつ現実として心地よく暮らす家を完成させること。

そして、

施主さん、設計者、施工者さんと、
三者信頼し合えて完成させました。

云うが簡単なのですが、
現実に叶えられました。。

嬉しかったぁ(≧▽≦)

そうそう!

↓ スイッチはトグル式。プレートは金物。

nhouse_shunko_photo-(17)-s2.jpg

小さなことですが、此処までこだわれたのは、
'イイネ' と感じる琴線が似ていたからでしょうか...
色々をご自身で研究し検討してくださりながらも、
結果、任せていただいたからこそだと、
家づくりを終わった今、しみじみ感じております。

... お引渡しの日の別れ際でした。

奥さまが
「 出美さん、本当にありがとう 」
「 いつでも遊びにいらしてね 」と、
固い握手をくださった時に思わず涙。。。

暮らしが始まって数か月経ちますが、
スタートしたその日から、
しっくりとNさんご夫妻に馴染んだ家。

使っていらした家具も、
何の違和感もなくそこに在る。。

P3170322s.jpg

Nさんご夫妻が、
心を尽くされたこそなのですが...
設計者的にも、本当に嬉しい。。

そんな風に設計者冥利に尽きる家づくりが出来たこと、
本当に仕合せでした(*^-^*)

引き合わせてくださった...
Nさんのお姉さま...
感謝してやみません。。m(__)m

そして、施主さんの想い...設計の意図を汲んで、
完成させてくださったクラフトハウスさんの皆さんに、
心から感謝いたしますm(__)m

お引渡し後、庭づくりにも精を出されて、
既に素敵な感じが漂ってきたNさんの家と庭!

また暮らしの様子を撮らせていただけるので、
その日を心から楽しみにしているのです(^m^)

読者さまからも、
竣工PHOTOをリクエストいただいていて、
やっとUP出来ました。。ヨカッタ!!!

最後になりましたが、
Nさんご一家がこの家で、
益々お幸せでありますように...(*^-^*)

ここのところ私的な些末なコトなのですが、
そのせいでかなりキモチが落ちていました...(^-^;

でも、Nさんはじめ...
最近会う施主さん達に、
Powerを戴いたお蔭で、
やっぱり設計者として生きていこう...!
そんな風に思えた夜です。。

ありがとうございます。m(__)m



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ



≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 Rose*Lovers 薔薇を愛する施主さんのお庭から♪_花カメラあそび 」
「 イギリスの家に見る'キッチンと庭の繋がり'への憧れ_海外インテリア雑誌と設計中のおうちのこと 」

Comments [2]

こちらにも、、、
先月この記事を読んで、とっても感動したのですが、、、
書き込みがこんなに遅くなってしまいました!!!
が、やはりどうしてもコメントを残しておきたくて。
Nさんの家、竣工おめでとうございます♪
このオウチ、すっごく好きです。
私好み(何目線?)です。
今までのいいひさんの家とは、少し趣が違いますが、いいひさんの好きとNさんの好きがたくさん詰まって居る素敵な住まい。
いいなぁと純粋に感じました。
暮らしと家®️でも、こんな家や先日のアンティーブさんのような家を設計したいなぁ。。。
と、考える今日この頃です♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 0FA23D9F-E15F-4670-8235-1CA908B344EF.jpeg
  • DSC_2280_d4afbebdae9a4961a4ecf04d7e84e12cs.jpg
  • F2D2A15A-30DC-49BB-9399-3D95EFC5B3DB.jpeg
  • khousejoto20191030s.jpg
  • mashikotokiichi2019Autumn.jpg
  • DSC_2074ss.jpg
  • R0001655s.jpg
  • DSC_1965s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年11月
  2. 2019年10月
  3. 2019年9月
  4. 2019年8月
  5. 2019年7月
  6. 2019年6月
  7. 2019年5月
  8. 2019年4月
  9. 2019年3月
  10. 2019年2月
  11. 2019年1月
  12. 2018年12月
  13. 2018年11月
  14. 2018年10月
  15. 2018年9月
  16. 2018年8月
  17. 2018年7月
  18. 2018年6月
  19. 2018年5月
  20. 2018年4月
  21. 2018年3月
  22. 2018年2月
  23. 2018年1月
  24. 2017年12月
  25. 2017年11月
  26. 2017年10月
  27. 2017年9月
  28. 2017年8月
  29. 2017年7月
  30. 2017年6月
  31. 2017年5月
  32. 2017年4月
  33. 2017年3月
  34. 2017年2月
  35. 2017年1月
  36. 2016年12月
  37. 2016年11月
  38. 2016年10月
  39. 2016年9月
  40. 2016年8月
  41. 2016年7月
  42. 2016年6月
  43. 2016年5月
  44. 2016年4月
  45. 2016年3月
  46. 2016年2月
  47. 2016年1月
  48. 2015年12月
  49. 2015年11月
  50. 2015年10月
  51. 2015年9月
  52. 2015年8月
  53. 2015年7月
  54. 2015年6月
  55. 2015年5月
  56. 2015年4月
  57. 2015年3月
  58. 2015年2月
  59. 2015年1月
  60. 2014年12月
  61. 2014年11月
  62. 2014年10月
  63. 2014年9月
  64. 2014年8月
  65. 2014年7月
  66. 2014年6月
  67. 2014年5月
  68. 2014年4月
  69. 2014年3月
  70. 2014年2月
  71. 2014年1月
  72. 2013年12月
  73. 2013年11月
  74. 2013年10月
  75. 2013年9月
  76. 2013年8月
  77. 2013年7月
  78. 2013年6月
  79. 2013年5月
  80. 2013年4月
  81. 2013年3月
  82. 2013年2月
  83. 2013年1月
  84. 2012年12月
  85. 2012年11月
  86. 2012年10月
  87. 2012年9月
  88. 2012年8月
  89. 2012年7月
  90. 2012年6月
  91. 2012年5月
  92. 2012年4月
  93. 2012年3月
  94. 2012年2月
  95. 2012年1月
  96. 2011年12月
  97. 2011年11月
  98. 2011年10月
  99. 2011年9月
  100. 2011年8月
  101. 2011年7月
  102. 2011年6月
  103. 2011年5月
  104. 2011年4月
  105. 2011年3月
  106. 2011年2月
  107. 2011年1月
  108. 2010年12月
  109. 2010年11月
  110. 2010年10月
  111. 2010年9月
  112. 2010年8月
  113. 2010年7月
  114. 2010年6月
  115. 2010年5月
  116. 2010年4月
  117. 2010年3月
  118. 2010年2月
  119. 2010年1月
  120. 2009年12月
  121. 2009年11月
  122. 2009年10月
  123. 2009年9月
  124. 2009年8月
  125. 2009年7月
  126. 2009年6月
  127. 2009年5月
  128. 2009年4月
  129. 2009年3月
  130. 2009年2月
  131. 2009年1月
  132. 2008年12月
  133. 2008年11月
  134. 2008年10月
  135. 2008年9月
  136. 2008年8月
  137. 2008年7月
  138. 2008年6月
  139. 2008年5月
  140. 2008年4月
  141. 2008年3月
  142. 2008年2月
  143. 2008年1月
  144. 2007年12月
  145. 2007年11月
  146. 2007年10月
  147. 2007年9月
  148. 2007年8月
  149. 2007年7月
  150. 2007年6月
  151. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ