家一軒丸ごとセルフペイント!_ルナファーザー+ペイント壁の特性など♪_日光の家

DSC07036s.jpg

日光の家!
いよいよ仕上工事に突入。

いいひの家...ふだん塗り壁が多いですが、
今回は...
ルナファーザー(壁紙)の上にペイント仕上。

Pさん達が住んでいらした、
13年前に建てた家と同じです!

前の家は二層分の吹抜けがあったので、
そこだけはプロに頼まれましたが、
他はセルフペイントをされていました。

今回は、施主さん自ら、
家一軒丸ごとセルフペイントします!!

今日は素材としてルナファーザーのことと、
セルフペイントの様子をご紹介いたします♪


いいひの家では聞き慣れない素材
『 ルナファーザー 』 とは...
( ↑ メーカーのサイトにリンクします )

いいひブログでも少しだけ抜粋。

ルナファーザーは、
紙と紙との間に木片を漉きこんだ、
いわゆる紙クロス。

↓ 梱包に入っているもの。

DSC06995s.jpg

↓ ルナファーザー施工中。

DSC07002s.jpg

日本のクロスと違い、
働き幅(寸法)が違うので、
施工も大変らしいです。。(^-^;

日本の家は尺貫法...
建材も尺貫法で歩留まりが良いようなサイズ。
施工しやすいようになっていますが、
ルナファーザーはドイツ生まれなので、
仕方がないですね。。

ふだんの倍は人工がかかると嘆いていらした。。
職人さん泣かせ...なのかもしれません。

↓ こんなトコロは特に大変そうでした。

DSC07001s.jpg

それでもこの素材を使いたーい!!
と、思わせるメリットは...

ビニルクロスと違い、『 長持ち 』 すること。

Pさん達の家での13年間が証明してくれます。

汚れてしまった部分を、
パッチワークのように張り替える部分的な補修も可能。

Pさんも、以前の家では、
継目の浮きや小さな割れ等、
気になったところを、
水で濡らしてローラーで押さえるという方法で、
きれいに補修されていました!
( 猫さん同居のあるオウチにお薦めしたら良かったのかも...; )
( でも粗相だと難しいかなぁ...ムズカシイ問題です(>_<) )

↓ メーカーさんのHPから商品説明を抜粋 ↓

- ヨーロッパで100年以上にわたり愛用されているルナファーザーは、
- 紙のパターンとお好きな色の組み合わせで、
- お部屋のインテリアを思いのままに演出できます。

- また、自然素材の持つ通気性や透湿性に優れ、
- 結露やカビの発生を抑えます。
- メンテナンスやリフォームは、そのまま塗り重ねるだけでOK。
- もちろん、他の色に塗り替えも可能です。

- 再塗装は7~8回程可能で、
- 長期間にわたり張り替える事なく使用できます。
- そのため、従来の壁紙のように改装時の張り替えによるゴミの発生が無く、
- 長期間にわたり廃棄物の減量に貢献します。


確かに、Pさん達が13年間住んだ家を売却するにあたり、
買い手である次の住まい手さんが気に入り、
リフォームもせずに入居となった理由も...

「 ルナファーザー + ペイント 」仕上だったから、
古びた感じが全く感じられなかったからなのかも!!!

経年劣化ではなく、
経年変化しても良さが活きる素材。

欧米の方々は家をメンテナンスして価値を高めます。
そういった意味での素材択びにも適しています。。

資産価値として評価される家には、
そういった目線での素材択びは、
必須なのかもしれませんね。

話は戻って、日光の家。

↓ ルナファーザー貼り上がったところ。

DSC07049s.jpg

この上に、水性塗料を塗っていきます。

↓ 水性塗料は、Sherwin-Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)社のもの。
( ↑ カラーワークスさんのHPにリンク )

カラーワークスさんへ行き、
サンプルをもらい、イメージ。

52C58915-5189-4A9E-9B03-71D214543240s.jpg

GreenRoom
BlueRoom
等々...

部屋ごとに色を変えます。

↓ カラーコーディネート。

C3AAAA5B-296C-4820-9D4C-F5EB06D2C25Fs.jpg

黒のPタイル。
オークの無垢フローリングに合わせて、
壁と天井の色をイメージ。

Pさんは色が大好きなので、
楽しまれてコーディネートされていました♪

さぁ!実践です!

牛尾が必要な㎡数を拾い、ペイントも発注。

DSC07042s.jpg

Pさんは前の家でも経験済みでしたが、
カラーワークスさんでのレッスンにも行かれ、
道具も揃えて、準備万端。

↓ まずは、木部をマスキングテープで養生。

3fed9ee82b79c6b1bf2d5ca4fef46b4676308173.jpg

パートナーのYさんが、
頑張っていらっしゃいました!

が、これが実は一番大変でムズカシイ!!

私達も先日お手伝いしてきましたが、
綺麗に貼れたかなぁ...
少し心配ですーーっ(^-^;

DSC07030s.jpg

私だったら、
目立たないトコロから始めますが、
Pさんは、流石に経験者!
LDKからスタート!!!

DSC07032s.jpg

美しいブルーがキッチン背面に塗られました!

DSC07035s.jpg

濃い色は一度ではムラができるので、
二度塗りが必要とのこと。

↓ GreenRoomの濃い壁も二度目。

DSC07056s.jpg

↓ GreenRoomは完成!

DSC07058s.jpg

2トーンで塗り分けられました。

助っ人の私たちは、
養生をしたり...
棚板や棚柱を外したり...

↓ 作業2週目の初日終わり。
↓ 塗り進められたLDK。

DSC07063s.jpg

おふたりともかなり疲れていらっしゃいましたが、
自分達の手を掛けたところは、
やっぱり愛着もひとしおになるものですね..^m^

DSC07064s.jpg

塗り終えたところを愛でてしまいます。

DSC07065s.jpg

そして家がL型なので、
リビングから個室エリアが眺められるのも素敵!
此処に佇むといつもニマニマしてしまいます。

あと気付いたのは、ペイントの色が入ったら、
新築の家のよそよそしさが一気に消えて...
あゝ...おふたりの家になったなぁ...と
ホントに感じ入りました!!!

そしてそして、
この時期の施主施工でも救いなのが、
日光が涼しいこと!!

この作業...灼熱の東京では
やりたくないですねぇと笑い合いました。

作業の後、食事に誘っていただきましたが、
次の日打ち合わせが二件入っていたため、
泣く泣くお暇。。

ビールで、くぅっと喉を潤したかったです(涙)

↓ 外観を撮るのを失念して、一週間前の写真。

DSC07029s.jpg

昨日時点ではポーチ壁の左官も仕上り、
足場も外れていました!!

↓ 庭側の外観はiphoneで撮っていました。

7257F32A-B1C8-4CA7-9AC8-CC61BB7653FAs.jpg

そうそう、
食事をご一緒出来なくて残念だったねと、
東京へと車を走らせていましたが、
良いこともありました!

この夜は隅田川の花火大会だったので、
帰りの荒川沿いの首都高から、
隅田川の花火とスカイツリー...
コラボ夜景が見られたこと♪

少し靄がかかっていましたが美しかったです。

いよいよ夏がやってきましたね!!

日光の家...
だんだんとカタチが現れていくことは嬉しいことですが、
現場が終わってしまうのだなぁという、
寂しさを感じることもしばしば。。

でもでも、気を引き締めてシッカリと監理すると共に、
二軒目をご依頼くださった大好きなおふたりと、
家づくりのこの時を最後まで楽しみたいと思います!!!

またレポいたします♪



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 施主施工その意味_DIY珪藻土&木部塗装@足立伊興の家 」
「 ふたりの小さな家、完成間近!_施主さんの'好き'が素敵に仕上がっています♪ 」
「 キッチン水色F&B社のアクセントウォールが塗られました!_雨の日の現場カフェ♪_杉並Nさんの家 」


コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 7d26649a8dabc3f1e985a9c36749543811cf5770.jpg
  • _R000755.sjpg.jpg
  • hohouse20190910s.jpg
  • R0000135s.jpg
  • 3464d3285abab50e8b961da7daa53313ffb3cf80.jpg
  • 2018trip_epilogue_S.jpg
  • nikkohouse20190825s.jpg
  • kamakurasanpo2019summer-s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年10月
  2. 2019年9月
  3. 2019年8月
  4. 2019年7月
  5. 2019年6月
  6. 2019年5月
  7. 2019年4月
  8. 2019年3月
  9. 2019年2月
  10. 2019年1月
  11. 2018年12月
  12. 2018年11月
  13. 2018年10月
  14. 2018年9月
  15. 2018年8月
  16. 2018年7月
  17. 2018年6月
  18. 2018年5月
  19. 2018年4月
  20. 2018年3月
  21. 2018年2月
  22. 2018年1月
  23. 2017年12月
  24. 2017年11月
  25. 2017年10月
  26. 2017年9月
  27. 2017年8月
  28. 2017年7月
  29. 2017年6月
  30. 2017年5月
  31. 2017年4月
  32. 2017年3月
  33. 2017年2月
  34. 2017年1月
  35. 2016年12月
  36. 2016年11月
  37. 2016年10月
  38. 2016年9月
  39. 2016年8月
  40. 2016年7月
  41. 2016年6月
  42. 2016年5月
  43. 2016年4月
  44. 2016年3月
  45. 2016年2月
  46. 2016年1月
  47. 2015年12月
  48. 2015年11月
  49. 2015年10月
  50. 2015年9月
  51. 2015年8月
  52. 2015年7月
  53. 2015年6月
  54. 2015年5月
  55. 2015年4月
  56. 2015年3月
  57. 2015年2月
  58. 2015年1月
  59. 2014年12月
  60. 2014年11月
  61. 2014年10月
  62. 2014年9月
  63. 2014年8月
  64. 2014年7月
  65. 2014年6月
  66. 2014年5月
  67. 2014年4月
  68. 2014年3月
  69. 2014年2月
  70. 2014年1月
  71. 2013年12月
  72. 2013年11月
  73. 2013年10月
  74. 2013年9月
  75. 2013年8月
  76. 2013年7月
  77. 2013年6月
  78. 2013年5月
  79. 2013年4月
  80. 2013年3月
  81. 2013年2月
  82. 2013年1月
  83. 2012年12月
  84. 2012年11月
  85. 2012年10月
  86. 2012年9月
  87. 2012年8月
  88. 2012年7月
  89. 2012年6月
  90. 2012年5月
  91. 2012年4月
  92. 2012年3月
  93. 2012年2月
  94. 2012年1月
  95. 2011年12月
  96. 2011年11月
  97. 2011年10月
  98. 2011年9月
  99. 2011年8月
  100. 2011年7月
  101. 2011年6月
  102. 2011年5月
  103. 2011年4月
  104. 2011年3月
  105. 2011年2月
  106. 2011年1月
  107. 2010年12月
  108. 2010年11月
  109. 2010年10月
  110. 2010年9月
  111. 2010年8月
  112. 2010年7月
  113. 2010年6月
  114. 2010年5月
  115. 2010年4月
  116. 2010年3月
  117. 2010年2月
  118. 2010年1月
  119. 2009年12月
  120. 2009年11月
  121. 2009年10月
  122. 2009年9月
  123. 2009年8月
  124. 2009年7月
  125. 2009年6月
  126. 2009年5月
  127. 2009年4月
  128. 2009年3月
  129. 2009年2月
  130. 2009年1月
  131. 2008年12月
  132. 2008年11月
  133. 2008年10月
  134. 2008年9月
  135. 2008年8月
  136. 2008年7月
  137. 2008年6月
  138. 2008年5月
  139. 2008年4月
  140. 2008年3月
  141. 2008年2月
  142. 2008年1月
  143. 2007年12月
  144. 2007年11月
  145. 2007年10月
  146. 2007年9月
  147. 2007年8月
  148. 2007年7月
  149. 2007年6月
  150. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ