2020年施主さんの暮らしを通してみえた真_一年ありがとうございました!

20201218-IMG_0655ss.jpg

陽はまた沈んで昇り
日々は重ねられて
一年が過ぎてゆく。

往く年来る年に想いを馳せてみます。

今年...この2020年の初めには
こんなに世界が変わるなんて
思ってもみなかったですよね。。

目標や予定を立てても叶わない。

自分自身のチカラ不足ではなく
否応のない大きなチカラによって
阻まれてしまう。

自分ではどうにもならない時勢にこそ
人はあたりまえに存在する日常を
大切にするものなのかもしれない。。

コロナ禍のステイホームで、
殊更に '家での暮らし' が心地よいことが
自分自身の充足にも繋がることを
感じ入った一年だったのでは?と思います。

何故かブログに向き合えなかった今年を、
駆け足ですが...
振り返ってみたいと思います(^-^;


まず、、個人的なコトですが...(^-^;

誕生月の二月に、、
長い時間を共に過ごした
愛車ラシーンとお別れがありました。

↓ ラストランは下田の海。

IMG_0214s.jpg

↓ 296,975km

IMG_0569.jpeg

300,000kmまでは頑張りたかったのですが、
叶いませんでした( ;∀;)

17年間の時間を共に過ごした車体。
ホワイトからドラえもんブルーにALLペンして、
愛してやまなかった車で、、本当に寂しかった。。

で、次の車は?

古~いランクル70や
中古のクロスロード、、
新車のjeepラングラーやチェロキー。
新車のNV200などの商用車まで観て...

結果、、再びラシーンに。(笑)

↓ 初めての遠出は伊豆の海キャンプでした。

IMG_1762.jpeg

ラシーン2代目のことは、
また別に記事にしたいと思っています!

この海キャンプの後、
だんだんとコロナの兆しが
日々に影響しはじめた頃...

3月の初めに、青梅の家が完成!

88e34d4afd4bf2c0774f1d4f8386a87ed3472008.jpg

引っ越して間もない頃はまだ春も浅く...
かなり寒い日もあったようですが、、
ペレットストーブの温かさのお陰で
心地よい新生活のスタートを切られたよう♪

bd9c297c15231932067de94352264735f41345db.jpg

また、、すぐに自粛期間中となり、
広々した家でのびのびと家時間を
過ごすことが出来たそうです。

本当に良かった。。(*^-^*)

そして春の訪れ。

↓ 2020年の桜。

DSC_3898s.jpg

現場が動いていたのは品川の家。

明るい施主さんの笑顔が、
どこか暗い時勢の空気をふきとばしてくれ、
現場が順調に進んで行きました!

9f9448e093a24ab205136645eb7dbea4301d332f.jpg

そんな頃...
実施図面まで終わり見積中だった
浜田山の家が一時ストップに。。

6eebac4080866418576677bd47a3a4262d2135c5.jpeg

一時ストップで中止ではないので、
そんな心配することも無かったのですが...
やはりショックもあり、
加えてこの先世界がどう変わっていくのだろう?
そんな不安が心を過ぎったり。。(>_<)

DSC_3474.JPG

でもでも、、
日常には猫が居てくれて...
設計中案件もあったので...

とにかく目の前のことを頑張ろう!
と、心に決め自粛期間に突入。

出歩くことは、品川の家、工事監理時のみ。

1559229623610aafdae2c1a0893d44b5f2071494.jpg

少しづつカタチを現わしていく現場が嬉しかった。

3480a9260a458aacdcd98f2f5b379160986cc1f6.jpg

現場の帰り道に立ち寄った運河散歩。

497c8bb1135aebafc631b6184d2bb6dc307a41ad.jpg

青い空や水辺を吹き渡る風、
咲く花々に心身ともにリフレッシュ♡

こんなにも外がキモチよいなんて...♪
と、外で過ごす有難さを感じたり。。

設計中のお施主さんとはZOOMでお打ち合わせ。

対面なら伝わるニュアンスなど...
やっぱり
ムズカシサを感じたりもしました。

連休中にはジャムを煮たり...

20200510-IMG_3127.jpg

ちょうど友人が入院(コロナではない手術)したので、
回復を祈りつつ、彼女の存在の大きさを改めて感じました。

会えなくても心は通じている友人の存在に
助けられた方もきっと多いでしょうね(*^-^*)

IMG_2506.JPG

猫達とベランダ時間を楽しんだり。

IMG_3137.jpeg

↓ ベランダ薔薇たち。

20200506-DSC_4020.jpg

ラシーンミニカーを買ってみたり(^-^;

IMG_3260.jpeg

この機会だから仕損じていたことをやろうとしましたが、
目の前のお仕事以外は結局そんなことばかりして過ごし自粛期間終了。

かねてより設計中だった足立の家も工事スタート!
三郷中央の家の施主さんからのご紹介でした(*^-^*)

IMG_4222s.jpg

お子さん達が
てるてる坊主を作ってくれたおかげで
雨に遭わず地鎮祭も滞りなく終了。

IMG_4593s.jpeg

元気なお子さん4人の仲良しご一家の家づくり。

3a4f830421011e31b4077afdf8cd735e9b26cd96.jpeg

お顔出しNGでしたので、
ブログにUPはしておりませんが、
ひとつづつをしっかりご検討くださり、
ご家族大満足な家が完成しつつあります(*^-^*)

来年1月下旬お引渡予定です♪

↓ 品川の家も完成に♪
7b58537f4e208478abd27b05a11bfde18b6dba03.jpg

施主さんがこだわられた
Blueのラップサイディングも
実に良い感じに仕上がり...お引渡し!

施主さんの笑顔で締め括ることが出来、
本当に嬉しかったな(*^-^*)

品川の家完成報告記事は改めてUPいたします!!

ちょうど、この時期に、
新しい設計のご依頼を2軒お請けし、
バタバタと夏に突入。

IMG_4786.jpeg

暑い夏は苦手なうえ、
コロナの影響への配慮で、
お盆休みも何処にも出かけられず。。(>_<)

ただひたすらに
新しい家々の設計に打ち込んだ時期でした。

あまり振り返りたくないけれど...(>_<)

そのお盆休み。。

ずっと設計中だった家の施主さんからTEL。
半年間以上に渡りかなり練り直してきたプランを
第三者の方のアドバイスにより変更したいと...

かなり真剣に向き合ってきたので、
正直とてもショックで。。

私達が一番大切にするのは、
施主さんとの信頼関係なのですが。。

設計過程でなかなか真意を汲み取るに至れず
この先、私達には無理なのだと判断し、
初めてお仕事を途中で辞退することにしました。

自由に旅に出られない鬱憤や
自分自身への将来の不安等が
積り積もって前半が終わりました。

あまりにもストレスがきつくて、
夏の終わりに海へキャンプ!

IMG_4868.jpeg

海にひたすらに潜って、
海に癒されました(*^-^*)

IMG_4877.JPG

その後は、
ブログにも触らず、、SNSも覗かずに、、
ひたすらに目の前に一所懸命!!

何を手放すと何かが得られる。。

IMG_4711.jpeg

百日紅が咲く道沿い...小平の家。
設計をお請けすることになりました。

ブログをずっと読んでくださっていた
読者さんでしたので...
やはり云わずもがな...
分かり合える方との設計は楽しい♪

大好きな秋が訪れました。

日常が戻ってきた感も出てきた頃、
能登島へもキャンプ。

IMG_5688.jpeg

ここでも海にチカラをもらって♪

IMG_5701.jpeg

そして、友人と大好きな軽井沢へ。

IMG_5957.jpeg

軽井沢高原文庫で開催されていた
立原道造展に足を運びました。

IMG_5981.jpeg

↓ 道造が設計したヒアシンスハウスが大好きで。。

78bc8f1c33819a46c8d1aae6adaf1e352d545876.jpg

展示会では、
道造の友人知人との書簡や

自筆の詩集や持ち物や写真、、

彼の人柄と彼の生き様が
ガツンと伝わってきて深く感動。。

なかでも
肉筆のアダジオの詩に
心揺さぶられ感涙。

『アダジオ』

- 光あれとねがふとて
- 光はここにあった!
- 鳥はすべてふたたび私の空にかへり
- 花はふたたび野にみちる
- 私はなほこの気層にとどまることを好む
- 空は澄み雲は白く風は聖らかだ

この詩には、
病を患い死と隣合った道造の
生きることの愛を強く感じました。

0c4ccaf4e0c82d9be5a58cc44374ce0e7f869744.jpg

結局、道造展に4回も足を運んでしまい...(^-^;
道造に関する書籍や文書を買い求め、
それらを読み耽る秋となりました。

↓ 軽井沢高原文庫の堀辰雄山荘。

IMG_5960.jpeg

簡素な木の家ですが...
やっぱり大好きな風情です。

↓ 軽井沢のショーハウス。

IMG_6183.jpeg

こちらも大好き♡

美しいものを観ること触れることで、
何が自分にとって必要なのか?
自分が何が好きで、何を残したいのか?

ぼんやりとしか
これまで捉えられなかったコトが
明確になり始めていて。。

DSC_4172.JPG

すると、だんだんと自分自身の心も整い、、
新たなチカラがみなぎってくるのを感じた秋。

↓ もうひとつ設計中の東松山の家施主さん一家と丘の家へ。

IMG_6253.jpeg

設計した家々で営まれる暮らし。
その心地よさに触れられることは、
やっぱり良いですね(*^-^*)

↓ 施主さんの娘さんと丘の家のぱんくん♪

IMG_6254.jpeg

少し設計が迷走していた時に、
お宅見学をさせていただいたこと。。

家の規模や方向性は違いますが、
等身大の暮らしに触れたことは、
とても参考になりますし、
施主さんの安心感にもつながったのでしょうか(*^-^*)

設計にスッと明確な道すじが現れてきたのも、
このお宅見学後でした。

今、施主さんと信頼関係を感じながら本音をぶつけ合い、
良い設計を進めています!!!

↓ 10月の終わり秋晴れの上棟日和に、
↓ 流山の家が上棟!!

IMG_9084.jpeg

都内から災害リスクの少ない郊外への住み替え。
お子さん3人のkさんご家族の家がスタートしています♪

会社員時代から旧知の鳶さんが入ってくださり、
時の流れの早さに驚きつつも懐かしい昔話に花が咲きました。

信頼できるつくり手さんと繋がって居られることも、
長年設計者をやらせていただいている冥利ですね(^^)v

IMG_9390.JPEG

勿論きちんと監理はしますが、
安心感がある現場は有難い!!

こちらはブログUPに快く了承いただいているので、
また改めて記事にいたします!

Kさんありがとうございますm(__)m

そして、秋が深まる頃、
10年を超えた練馬の家へ点検に伺いました。

ca8b38e3a97b4fc978892e2c5e37859d848c2563.jpg

無垢の木がこっくりと飴色に経年変化♡
工務店さんの監督さんも驚く位、、
10年経ったとは思えない綺麗さと、
当時と変わらぬ心地よさ(*^-^*)

20201126-IMG_9951.jpg

愛されている家に育ってくれて
本当に本当に感動しました(*^-^*)

↓ 杉並の家にも遅ればせながら暮らし後の1年点検へ。

20201117-IMG_9613.jpg

こちらも、とっても素敵に暮らしてくださり...

20201117-IMG_9630.jpg

GardenLoverな奥さまのお庭の素敵さ...
インテリア設えの心地よさ...を体感(*^-^*)

20201117-IMG_9618.jpg

在宅ワークしていらっしゃるご主人も、
家での暮らしをとっても楽しんでくださっていて♪

また奥さまとのイギリスや南仏旅バナシも楽しかった!
心通じ合う方とは、会えなくても繋がっているのだなぁと実感。

本当に嬉しきことでした。。

↓ 二世帯住宅の青梅の家にも1年の点検へ♪

IMG_0043s.jpg

インテリア好きなおふたり!

とっても素敵に設えてくださり、
ご両親世帯共に心地よく暮らしてくださっていました。

お母さまが本当に嬉しそうに、
とっても住み心地良い家ですよーと
仰ってくださったことも、
本当に嬉しかったな(≧▽≦)

点検させていただくことで、
設計した家の暮らしに触れ、
時を経た家の変化を知ることが出来、
メンテナンスや耐久性といったことにも、
新たな気付きも得られます!

この辺りのことは改めて記事にしますね♪

そうそう!
12月初めには日光の家にも伺ったのですが、
こちらも本当に素敵に暮らしてくださっていて涙。。

↓ ブレブレで全然うまく撮れなかったのですが...(^-^;

20201209-IMG_0369.jpg

Pさんのお庭も素晴らしい(≧▽≦)

aea8d284f7ed54acaf036190ba1c602534df7368.jpg

日光の家は、旧宅に続き二軒目の設計。

変わらず心地よく暮らしてくださるおふたりの姿は、
本当に本当に嬉しくて...

このお仕事をしていてヨカッタ。。
と、心の底から実感いたしました。。

伺った家々の暮らし。
来年撮らせていただくことを
皆さんにお願いしてまいりました。

そして、独立してから手掛けた家の施主さんから、
またまた二軒目の家をご依頼いただき...
こちらも楽しみながら現在鋭意設計中!!!

本当に有難く仕合せなことです。。(*^-^*)

実はお恥ずかしながら、更年期なのか?
ここ数年心身ともに感じていた不調が
やっと底をうったような感じがします。

自分って才能ないなとか...
人を羨ましがったりとか...
見えない誰かと比べて...
いじける...なんて時期も
正直ありました。。(^-^;

去年は違う仕事のスキルを身に着けようかと
真剣に考え行動しかけたこともありましたが、
今は違います。

今、この設計のお仕事に、
真剣に情熱を以て向き合えています。

冒頭に書きましたが、
コロナ禍のなか、家にいる時間が必然的に長くなり、
暮らしを営む家の大切さを改めて感じた1年。

誰かの幸せをつくるお手伝いができる仕合わせ。
ならば、そこを頑張る!!

R0003371s.jpg

設計者としての役目が終わっても、
家は残り、家族の暮らしが営まれ、
その家で思い出が刻まれていく。。

本当に素敵なことだと感じ入ります。

↓ 11月末にお宅見学でお邪魔させていただいた青梅Kさんの家。

20201122-IMG_9822.jpg

南側のカバードポーチで記念撮影☆
満面の笑顔がやっぱり嬉しい(≧▽≦)

設計者で居られる仕合せを、
施主さんの暮らしに触れることで、
この一年の出来事と共に感じられたことが、
2020年の収穫です(*^-^*)

20201218-IMG_0647.jpg

コロナ禍の2020年。

自分のことなんて書くのも憚られる雰囲気。

辛いこともあったしヨロコビもあったけれど、
ブログが書けず、ずっとおさぼりしてしまった。

でも、その静かな時間で十分に心に充電もして、
本当に大切なモノが何かも気付けました。

暮れ往く年に感謝を込めて。

どうぞ皆さま、
佳い年をお迎えください。

※ いいひ住まいの設計舎は1月7日までお休みを頂戴します ※



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 クリスマスローズと仕事納め 」
「 心から感謝♪_一年で一番大好きな'いいひ' 」
「 一年の終わりに。また新しい朝を迎えるために。 」
「 SPECIAL THANKS 2019!一年を振り返って♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • staub20210119s.jpg
  • adachihousetegata-s.jpg
  • mujireizoko2021.jpg
  • NEWYAER2021
  • 20201218-IMG_0655s.jpg
  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg

アーカイブ

  1. 2021年1月
  2. 2020年12月
  3. 2020年10月
  4. 2020年9月
  5. 2020年7月
  6. 2020年6月
  7. 2020年5月
  8. 2020年4月
  9. 2020年3月
  10. 2020年2月
  11. 2020年1月
  12. 2019年12月
  13. 2019年11月
  14. 2019年10月
  15. 2019年9月
  16. 2019年8月
  17. 2019年7月
  18. 2019年6月
  19. 2019年5月
  20. 2019年4月
  21. 2019年3月
  22. 2019年2月
  23. 2019年1月
  24. 2018年12月
  25. 2018年11月
  26. 2018年10月
  27. 2018年9月
  28. 2018年8月
  29. 2018年7月
  30. 2018年6月
  31. 2018年5月
  32. 2018年4月
  33. 2018年3月
  34. 2018年2月
  35. 2018年1月
  36. 2017年12月
  37. 2017年11月
  38. 2017年10月
  39. 2017年9月
  40. 2017年8月
  41. 2017年7月
  42. 2017年6月
  43. 2017年5月
  44. 2017年4月
  45. 2017年3月
  46. 2017年2月
  47. 2017年1月
  48. 2016年12月
  49. 2016年11月
  50. 2016年10月
  51. 2016年9月
  52. 2016年8月
  53. 2016年7月
  54. 2016年6月
  55. 2016年5月
  56. 2016年4月
  57. 2016年3月
  58. 2016年2月
  59. 2016年1月
  60. 2015年12月
  61. 2015年11月
  62. 2015年10月
  63. 2015年9月
  64. 2015年8月
  65. 2015年7月
  66. 2015年6月
  67. 2015年5月
  68. 2015年4月
  69. 2015年3月
  70. 2015年2月
  71. 2015年1月
  72. 2014年12月
  73. 2014年11月
  74. 2014年10月
  75. 2014年9月
  76. 2014年8月
  77. 2014年7月
  78. 2014年6月
  79. 2014年5月
  80. 2014年4月
  81. 2014年3月
  82. 2014年2月
  83. 2014年1月
  84. 2013年12月
  85. 2013年11月
  86. 2013年10月
  87. 2013年9月
  88. 2013年8月
  89. 2013年7月
  90. 2013年6月
  91. 2013年5月
  92. 2013年4月
  93. 2013年3月
  94. 2013年2月
  95. 2013年1月
  96. 2012年12月
  97. 2012年11月
  98. 2012年10月
  99. 2012年9月
  100. 2012年8月
  101. 2012年7月
  102. 2012年6月
  103. 2012年5月
  104. 2012年4月
  105. 2012年3月
  106. 2012年2月
  107. 2012年1月
  108. 2011年12月
  109. 2011年11月
  110. 2011年10月
  111. 2011年9月
  112. 2011年8月
  113. 2011年7月
  114. 2011年6月
  115. 2011年5月
  116. 2011年4月
  117. 2011年3月
  118. 2011年2月
  119. 2011年1月
  120. 2010年12月
  121. 2010年11月
  122. 2010年10月
  123. 2010年9月
  124. 2010年8月
  125. 2010年7月
  126. 2010年6月
  127. 2010年5月
  128. 2010年4月
  129. 2010年3月
  130. 2010年2月
  131. 2010年1月
  132. 2009年12月
  133. 2009年11月
  134. 2009年10月
  135. 2009年9月
  136. 2009年8月
  137. 2009年7月
  138. 2009年6月
  139. 2009年5月
  140. 2009年4月
  141. 2009年3月
  142. 2009年2月
  143. 2009年1月
  144. 2008年12月
  145. 2008年11月
  146. 2008年10月
  147. 2008年9月
  148. 2008年8月
  149. 2008年7月
  150. 2008年6月
  151. 2008年5月
  152. 2008年4月
  153. 2008年3月
  154. 2008年2月
  155. 2008年1月
  156. 2007年12月
  157. 2007年11月
  158. 2007年10月
  159. 2007年9月
  160. 2007年8月
  161. 2007年7月
  162. 2007年6月
  163. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ