カバードポーチのある家~マディソン郡の橋_フランチェスカの家~

covered-porch.jpg

昼休みにちょっとだけ雑談...息抜き(笑)。

↑ 写真は、旅先で心惹かれたカバードポーチがある家の庭先。

籐の長椅子が似合うカバードポーチにウッドデッキが続き、、
こんもりとしたシンボルツリーが其処を覆っていて、、
居心地よさそうな空間♪

今日は、カバードポーチに纏わる映画のことを♪

カバードポーチとは...


covered porch (カバードポーチ)
アメリカの家でよくみられる屋根付の玄関ポーチのこと。
半屋外空間として利用。
椅子やテーブルを置いてあり、ご近所づきあいの場として
アメリカ映画・ドラマでもよく見かけます。
( デスパレードな妻たち でも皆でワイン飲んでましたねー♪ )



昨日は11月3日文化の日。

打合せが終わって晴れた都内を通り抜けた時、、
ふと思い出したことは、、
まだ20代の前半の頃、
ひとり有楽町へ映画を観にいったこと。。

その映画が「 マディソン郡の橋 」でした~~。

映画の内容もさることながら、、
私が気に入ったのは、、主人公フランチェスカの家。
アイオワの農家のフランチェスカの家は、、
白いペンキが塗られた下見板張りの家。
ブランコが吊るされ、、揺り椅子が置いてあるカバードポーチが印象的。


madison.jpg

↑ コレは映画の一場面。
↑ カバードポーチに佇むフランチェスカ。
( 画像はお借りしました )

ココで、玄関マットをバシバシ叩いていたとき、
ロバート・キンケイドと出合ったんですよねーー。。

夕食を共にした後、彼との会話の余韻に浸りながら、、
夜風で涼みながら、、イエーツの詩集を読む場面も好き♪

その後映画のビデオを買い求め、、一年に一回は観てるかな。
(ワタシ飽きないオンナなのです。。サントラも持ってます。。笑)
その度に、、土砂降りの雨の中の別れのシーンにマジ泣きしています。

でもでも、観るたびに気になるのは、フランチェスカの家。
ふたりがダンスを踊る、黄色を基調としたキッチンのインテリアが可愛いし、、
フランチェスカが声を殺して泣いている場面に出てくる、、
パントリー的主婦室みたいな空間も使いやすそうでいい!!
花柄の壁紙も、な~んかしっくりくる清潔感ある家がいいです。

↓ ↓ YOUTUBEからリンクさせていただきました。
フランチェスカの家のカバードポーチとふたりが出合うシーンが観ることができます。



カバードポーチって日本の縁側や土間みたいな役割もあるんでしょうねー。
室内と外を繋ぐ半屋外的なこの空間。。。個人的に好きです。。

輸入住宅でよく見かけますが、、、
このカバードポーチを、今度いつか、、いいひで建てる家で、
上手く採り入れてみたいなぁと目論んでいます。。
この空間、、結構好きな方もいらっしゃると思うのです。居ないかな?(笑)

ちなみにネットで検索するとフランチェスカの家のセットは実在していて、、
観光スポットになっていたようですが、今は廃墟らしいです。
いつか行ってみたいと思っていたのに・・・残念。。

男性陣に話すと、呆れられモードになる映画インテリア談ですが、、
私は大好き♪またupしたいと思います。。

ではでは、、雑談終了。。お仕事頑張りましょーー♪ (出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

≪ この記事に関連する過去ブログも宜しかったらどうぞ~♪ ≫
「 かもめ食堂の空色インテリア 」
「 「西の魔女が死んだ」おばあちゃんの家と間取り 」 

Comments [4]

いいひさんこんにちは

僕もマディソン郡の橋は見終った後なんだかミョーに
考えさせられた作品だと記憶しています
内容自体おぼろげな記憶でしかないけれど確か
フランチェスカが亡くなり、遺言でお墓はカバードポーチと
一緒にって感じだったような気がします
それを見て僕がフランチェスカの旦那だったら。。。とめちゃくちゃ自分勝手な解釈をしていたように思います
本当の趣旨はまったく違うところにあるのに
でも本当にいい作品で何度でも見れる映画ですよね!
ちなみに僕は戦争映画が大好きです!←全然関係ないですね

JIN様

こんばんは!
コメントありがとうございます
JINさんが マディソン郡の橋を観ていらしゃったとは以外でした 嬉しいかも!!
牛尾は一回だけ付き合って一緒に観てくれましたが
それ以降はひとりで観ています(笑)

この映画のことを話すと大抵の男の方が
「あぁ~・・・・・・・」とビミョーな反応をされます(笑)

この映画には今でこそ珍しくなくなった散骨シーンもありましたよねーー
私は戦争モノは苦手ですが JINさんがお好きなのは なんだか納得してしまいました

コメントありがとうございました!!!

こんにちは、はじめまして。
ヒナ☆モナと申します。

「イケアキッチン」で検索していましたら、こちらに
たどり着きました。
まさしく私が「今、聞きたいこと」がズバリ!書いてあったので夢中で読ませていただきました。
まずお礼を・・・「ありがとうございます」です!

築丸4年を迎えて、我が家の「キッチン」をなんとかしたい
と思っていた矢先です。
半分注文、半分建売の我が家のキッチンがどうにも
気に入らず・・・。
いろんなメーカーや住宅展示場を周り、最後に「IKEA」に飛び込んで行きました。
・・・・「目からうろこ」でした。
今の状態はまだデザイン?の途中ですが、多分これでいこう!
とやっと決心したところです。
なぜなら「先生」のブログを読ませていただいたから・・・。
背中を誰かに押してもらった気持ちです。

「安いのか」「高いのか」・・・わからなかったのです。
ただ商品自体はとっても気に入っています。
理念が「DIY」っていうところも気に入っています。
いわゆるセミオーダーってところでしょうか・・・?
でも我が家の主人は「DIY」大好き人間なのですが、
残念なことに10年前に(36歳)不慮の交通事故で右腕を失って
しまいました。なので「作りたい」けど「組み立てられない」
現実が発生。コストを抑えるにはIKEAさんに頼むといかがな
ものか、と心配でした。
でも今日、決心つきました。
お願いしちゃいます、IKEAさんに。
でも最後に「先生」のところでご存じな「職人」さんはいらっしゃるのでしょうか?もちろん、IKEAキッチンを・・・。
もし、安価でできるのならご紹介いただきたいです。
初めてのコメントなのに失礼なお話しで申し訳ございません。

でも私、決心できたことが一番うれしかったです!
また前向きに「我が家作り」ができそうです!
本当にありがとうございました。
日ごと寒くなってきました、どうぞお風邪などひかぬ
ように・・・。
埼玉県ふじみの市在住の主婦より。

ヒナ☆モナ様

おはようございます!!
IKEA記事、喜んでいただけて幸いです。

IKEAのキッチンの楽しさは、自分でカスタマイズすること。
それが自分の使い勝手や好みがピッタリしっくりだと嬉しいモノです。

IKEAは記事にも書きましたが、選び方で安くも高くもなります。
正直、国産メーカーで多く出されているシンプルなものを選ぶならIKEAを入れる必要はないと思います。
国産にはないIKEAならではのコーディネーションができるモノならば、費用対効果は高いと感じます。

ちなみに、参考までに我が家で使っているキッチンのこと、、

IKEAなのですが扉の面材を2種類使っています。
ホワイトのアップロードとイエデル。
アップロードは2年目にして、使う頻度の高い引出の面材は一部塗装がはげているところも出てきました。
ただ、IKEAは扉を変えることも割合簡単なので、、
コレもこの商品の特徴かと納得はしています。。。

また組立についてですが、IKEAに専属の工事会社が居ます。
商品を知っていますし部品等の手配段取りも煩わしくないと思います。
ウチは、工務店の大工さんにお願いすることもありますが、
商品の段取りは、コチラがやっています。
国産システムキッチンに慣れてると…
IKEAさんの段取りって慣れないと戸惑います(笑)

なので、、、、
①自分の描くキッチンを確定
IKEAのHPでダウンロードしてイメージを作り込むことができます
②IKEA売り場にて有償のアドバイスを受けて商品を決めていく
③施工段取りも、専門業者に依頼する

という流れがいいかと思います。
色々と面倒なところもあるかもしれませんが、
ただリフォーム屋さんにお願いして、知らない間についているキッチンより、、愛着が湧くこと必至。(笑)。。
大変なことを愉しんでくださいねーー♪

でもでも、、
築4年で、キッチンリフォームをさせてくださるご主人、
とっても優しい方なのですね。羨ましいです!!!

ヒナ☆モナさんのリフォームの成功をお祈りいたします!!
また何かあったらメールかコメントいただければ分かる範囲でお答えいたします。
頑張ってくださいね♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_2324S.jpg
  • shousecollages20200115s.jpg
  • kinounanitabeta_madori20200113-2.jpg
  • 3046e9f84077f561b07d47fbf8eb5ed928985b4e.JPG
  • 20191219-R0002691s.jpg
  • 2020newyears.jpg
  • P1050105s.jpg
  • 839F77EB-893B-4D8A-A04C-A3C69571282Bs.jpg

アーカイブ

  1. 2020年1月
  2. 2019年12月
  3. 2019年11月
  4. 2019年10月
  5. 2019年9月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2019年4月
  11. 2019年3月
  12. 2019年2月
  13. 2019年1月
  14. 2018年12月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年8月
  31. 2017年7月
  32. 2017年6月
  33. 2017年5月
  34. 2017年4月
  35. 2017年3月
  36. 2017年2月
  37. 2017年1月
  38. 2016年12月
  39. 2016年11月
  40. 2016年10月
  41. 2016年9月
  42. 2016年8月
  43. 2016年7月
  44. 2016年6月
  45. 2016年5月
  46. 2016年4月
  47. 2016年3月
  48. 2016年2月
  49. 2016年1月
  50. 2015年12月
  51. 2015年11月
  52. 2015年10月
  53. 2015年9月
  54. 2015年8月
  55. 2015年7月
  56. 2015年6月
  57. 2015年5月
  58. 2015年4月
  59. 2015年3月
  60. 2015年2月
  61. 2015年1月
  62. 2014年12月
  63. 2014年11月
  64. 2014年10月
  65. 2014年9月
  66. 2014年8月
  67. 2014年7月
  68. 2014年6月
  69. 2014年5月
  70. 2014年4月
  71. 2014年3月
  72. 2014年2月
  73. 2014年1月
  74. 2013年12月
  75. 2013年11月
  76. 2013年10月
  77. 2013年9月
  78. 2013年8月
  79. 2013年7月
  80. 2013年6月
  81. 2013年5月
  82. 2013年4月
  83. 2013年3月
  84. 2013年2月
  85. 2013年1月
  86. 2012年12月
  87. 2012年11月
  88. 2012年10月
  89. 2012年9月
  90. 2012年8月
  91. 2012年7月
  92. 2012年6月
  93. 2012年5月
  94. 2012年4月
  95. 2012年3月
  96. 2012年2月
  97. 2012年1月
  98. 2011年12月
  99. 2011年11月
  100. 2011年10月
  101. 2011年9月
  102. 2011年8月
  103. 2011年7月
  104. 2011年6月
  105. 2011年5月
  106. 2011年4月
  107. 2011年3月
  108. 2011年2月
  109. 2011年1月
  110. 2010年12月
  111. 2010年11月
  112. 2010年10月
  113. 2010年9月
  114. 2010年8月
  115. 2010年7月
  116. 2010年6月
  117. 2010年5月
  118. 2010年4月
  119. 2010年3月
  120. 2010年2月
  121. 2010年1月
  122. 2009年12月
  123. 2009年11月
  124. 2009年10月
  125. 2009年9月
  126. 2009年8月
  127. 2009年7月
  128. 2009年6月
  129. 2009年5月
  130. 2009年4月
  131. 2009年3月
  132. 2009年2月
  133. 2009年1月
  134. 2008年12月
  135. 2008年11月
  136. 2008年10月
  137. 2008年9月
  138. 2008年8月
  139. 2008年7月
  140. 2008年6月
  141. 2008年5月
  142. 2008年4月
  143. 2008年3月
  144. 2008年2月
  145. 2008年1月
  146. 2007年12月
  147. 2007年11月
  148. 2007年10月
  149. 2007年9月
  150. 2007年8月
  151. 2007年7月
  152. 2007年6月
  153. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ